Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 27日

スペイな休日(あれ、誰かのブログタイトルとカブるか?笑)

c0095801_214359.jpg
芦ノ湖の湖畔に、ずらーっと並んだツーハンドロッド達。

決してTSRの試投会…ではなく(笑)
2011年湖解禁日、そして記念すべきスペイデビューディなのでございます。

あれ…僕のsageだけ浮いちゃってますかぁ?

ま、そんな事は良いとして

やはり実際の現場に出ちゃえば何とかなる…って考えは
改めなくてはなりません。

流水でオカッパリからのキャスレ数回程度で
こと、スペイに関しては
何ともならん(爆)
c0095801_2141327.jpg

おまけにこの風ですよ。
ついつい、いつものOHで投げたくなる葛藤。
いやいや…今日ソレやっちゃ駄目でしょ(涙



この日が特別か…などと、常連さんに伺えば
決してそんな事もないのだとか

なんて“Mな湖”なんでしょう。
でも嫌いじゃないよ、そーゆーの(笑)


なんともならん、にわかスペイに持って来て、釣りさえままならない突風。
取り巻く環境が逆境と化すと、普通の方なら“キルスイッチ”が入るとこ
僕の場合、別のスイッチが入っちゃう。

c0095801_2142110.jpg
ま、その甲斐あって?7匹の釣果には恵まれました。

今回、あまりに余裕がなかったんで、ブログ用の写真…とりわけ魚の写真さえ撮る余裕なんてありませんでした。

…んなわけで、かずさんトコといないなさんトコから画像を無許可転用、無断転載(プ
c0095801_932642.jpg
えいやぁ!!
c0095801_1742791.jpg
とぉぉーー!!

気持ちだけは40ヤード越え(ぷ)
あせればあせるほど
ライズが近ければ近いほど…全くもって飛ばん!!
スペイ恐るべし(←お前だけや)


明らかにオーバーサイズのウェーダーと相まって、まーるでシロート丸出しの後姿。
ま、誰しも一度は通る道!!。
笑いたいヤツは笑うがいいさ(プ)←先に自分で笑っとく。


ただ、このまま中禅寺の解禁を迎えるわけにはいきませんので
早く…なんとかこの投げ方に慣れないとなりませんね。

目の前に山積みされた課題を前に
なんだかワクワクしている自分もおります。

そして、今回の釣行では、ツッチーをはじめ
褒美M谷君、k-styelさん、いないなさん、和さんはじめ
現場で知り合ったTSRオーナーさん大変お世話になりました。

by sureyamo | 2011-02-27 21:04 | Lake fishing | Comments(20)
2011年 02月 26日

湖解禁♪

c0095801_8324324.jpg
地元群馬の渓流解禁を目前に
三日早く解禁を迎える芦ノ湖に……今週末は行ってきます。

昨年駄目にして、新調を余儀なくされたネオプレーンのウェーダーを始め
スペイロッドやスペイライン等々……

入魂しなくてはならないものが盛り沢山。
はて、ちゃーんと魂が入れられるかしら?

芦ノ湖で釣りをするのも初めての経験で、全く勝手が判りませんが…
まずは楽しんで参りま〜す!!
c0095801_1059188.jpg
しっかし…
この年になって“ココロときめかせるモノ”があるということは
シアワセな事でございますよのぉ〜♪

by sureyamo | 2011-02-26 08:28 | Lake fishing | Comments(8)
2011年 02月 20日

祝?!ダブルハンド入門

遂にツーハンドの敷居を跨いじゃいました。
c0095801_1428111.jpg

何処のメーカーの、どんなシリーズにするのか散々悩んだ末
選んだのは

SAGE 7126-4

勝手知ったる“TCX”シリーズにしました。

c0095801_14275215.jpg

この日、土谷ラインコンサルタント(プ)にお願いしてロッドに合うラインセッティングを決めてもらう為、いつもの鏑川道場へ!!

ツッチーに、にわか仕込みのキャスティングをマンツーマンで逐一チェックしてもらいながら、
同時進行で、ロッドにマッチするだろうと思われるウエイトのラインを何本か試させてもらいました。

カスタムでテーパーをいじったラインも振ってみたけど、
たかだか1gの重さが、これほどキャスティングに影響するなんて!!
フライラインは実に奥が深い!!

さいわい、既成品で使えそうなラインが見つかりました。
高価なラインをぶった切るのは流石に勇気がいるもんね(笑)


スペイを勉強するようになってから、必然的に体の軸を使うキャスティングになり
安定してアンカーが入るようになる頃には、体もジンワリと汗ばんできました。

これで案外痩せるかもネ(プ)


今はまだ頭で考えて投げているから
別の事考えていると動きがバラバラになっちゃうんだけど(笑)
一連の動作を体が記憶するまでは、日々練習するしかありません。

なんとかツッチーのお陰でラインまでは決まったんだけど
実践デビューは、なんと今週末!!!
こんな調子で大丈夫なのかしら

かなり不安でございます。

by sureyamo | 2011-02-20 14:28 | item | Comments(26)
2011年 02月 13日

雪中極小毛鉤釣

c0095801_050152.jpg
昨日、終日降り続いた雪のおかげで赤城フィッシングフィールドも久しぶりの雪景色です。

さすがに、こんな日まで釣りにくる酔狂は、我々を含めて数名程度。

水辺までは、足下を確かめながら新雪を踏み分けて…

c0095801_0502812.jpg
折から降り始めた雪に、魚の高活性を期待し過ぎちゃったかな。

雪だから………

といって、特別な事は何もありませんでした。(笑)
c0095801_0503645.jpg
それでもライズしている魚は、シッカリ半沈みパターンのミッジに反応してくれました。

最近、この手のミッジングでは
10.5X前後の極細ティペット(ナイロン)を好んで多用しております。
c0095801_0504481.jpg
こんな暴れ方している魚を、少々強引に寄せて来たとしても、そうそう簡単に切れるようなことはありません。

実際の現場では、こんな状態の魚を強引なランディングをするなんてことは、まずないわけで…
障害物の少ないプールの釣りで、ましてや春先のサイズ(魚の)ならば
全く問題なく使えるレベルでしょう。

とはいうものの

地元解禁まで約半月。
残り時間を利用して、もう少し細糸に慣れておく事にいたしましょうか。

by sureyamo | 2011-02-13 00:50 | and others | Comments(8)
2011年 02月 06日

一足お先のライズゲーム

c0095801_23365859.jpg
地元関東勢のフライ仲間には申し訳ないけど(笑)既に解禁しちゃってる中部ブロック。
長良川水系まで出向き、一足早いライズゲーム(本番)に参戦してきました。
c0095801_23375735.jpg
今シーズン“解禁日釣行”は叶わなかったものの、まだ開いて数日。
去年の事を思い出すと、ついつい鼻の下が伸びちゃいます♪。

ライズさえ始まっちゃえばコッチのモノでしょ!!
c0095801_23382218.jpg
杭と化した山猿さん(プ
c0095801_23383824.jpg
杭と言うより橋脚のMちゃん(ププ
c0095801_23383029.jpg
いっつも渋い飯田の兄貴。後ろ姿から哀愁が溢れた瞬間。
c0095801_23395396.jpg
アイにティペットが通らずで大苦戦中のツッチー…って、これは人事ではなかったけど(笑)

あちゃー!
いないなさんやゴンちゃんの写真を撮り忘れちゃいました。(笑)

c0095801_2338577.jpg
予定より早い時間から始まったライズに向けて、初っ端から10x以下のティペットで真っ向からの直球勝負!。

呼吸が止まっちゃってるんぢゃないかって位、渾身込めたドリフトを繰り出すも…
このライズ共(笑)ときたら、前後左右と軽快にかわしやがります。

何がそんなに気にくわんのですか???!!!
(まぁ、当たり前っちゃ〜当たり前やね)
まぁ、とにもかくにも…僕らの思惑は自信もろとも木っ端微塵!!(爆)


フライ激戦区を多く抱える北関東ブロック。
その関東勢の意地で、一発バシィーっとカッチョAとこ見せつけてやりたいところなんですがぁ…
コッチの手の内は全て見透かされてるんぢゃないの?!と言うくらい、全く持って
なす術なし(プ)

沈めて引っ張れば、まぁソレなりに掛かっちゃうんですが
当然、そんな釣り方で納得満足できる僕らではありません。

あわや玉砕!!
その二文字が脳裏をチラチラ過る頃…
c0095801_23385069.jpg
どーにかこーにかライズの主のお顔を拝む事が出来ました。

これ釣るのに…どれだけ苦労したことか(-.-;)。

※ちなみに、この一匹で高太郎スナイパーも正式入魂!!
c0095801_23385758.jpg
気になるストマックは、ユスリカ、ブユ、ヒラタとオナシのニンフ等々!!

想像どおりに、別に選んでる風でもなく
強いてあげるとするならば、共通して言えるのは…どれも
ティペットが付いてない流下物ってトコ(爆)
c0095801_2339446.jpg
ま、そんな事はともかく…
河原に飛び交うバリバリの関西弁と上州弁。
出身の全く違う男達が、フライフィッシングという一つの趣味で繋がったひと時。

もちろん釣りだから、魚は釣れるに越した事は無いけれど
こんな風に気心の知れた仲間達と過ごすひと時もまた、釣果以上に楽しい思い出です。

僕らの遠征を、いつもサポートをして下さってくれる中部の仲間達には、月並みの言葉で感謝を伝えきることはできませんが…本当にいつもありがとうございます。

そして…顔を洗って出直してきます(ぷ)

by sureyamo | 2011-02-06 23:37 | River fishing | Comments(20)