<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 27日

wakasagi fishing

c0095801_182066.jpg
キーンと耳鳴りがしそうなほど、張りつめた高原の朝。

磐梯高原 桧原湖を囲む山々は

既に薄ら雪化粧。



いつも大変お世話様になっている

FluxのNさんとセクトラ副会長のNさんのお誘いで

恒例となりつつあるというワカサギ道場?!に参加させて頂きました。

自分自身、ワカサギ釣りは釣り人生初。
c0095801_18201083.jpg
…であると同時に、ドーム船での釣りも初体験。



湖上に浮かぶビニールハウス?!内での釣りは(案の状)快適そのもの。

この時期にして、寒い思いをすることもなく

100%釣りだけに没頭出来るなんて最高の贅沢。


c0095801_18203164.jpg
ワカサギとうと、一束、二束というのが代名詞のような釣りですが

誰でも簡単に釣れちゃう!!というのは大間違い。

言い換えれば

簡単に釣れちゃってるうちは、この釣りの本当の難しさは見えてこないのでしょう。



ここ数日の桧原湖は、ターンオーバーの真っ最中との話。

群れは中層〜下層に小規模で散っていて、おまけに足が速い!

魚探を駆使し、群れの層にシンクロさせながらタナを合わせるのだけれど

余程大きな群れでない限り、仕掛けの沈下が間に合いません。


ただ、そんな刹那の駆け引きが

何とも堪りません。

ライズ地点にドライフライが差し掛かるとき…

ついつい呼吸が止まっちゃうのと一緒(笑)
c0095801_18201329.jpg
あたりも超シビア。

一匹釣るまでは、本当に苦戦しました。

イメージとはかけ離れた展開に最初は躊躇したけれど

これはコレで非常に面白い。



フライフィッシングも奥深い釣りだと思っていましたが

市場が広くて徹底的に研究されている

タナゴやヘラ、ワカサギといった釣りの懐には到底かないません。


ベテランのフライマンが、こういう釣りにハマるのも

よーくわかります。

もちろん

by sureyamo | 2011-11-27 21:21 | Lake fishing | Comments(10)
2011年 11月 23日

荒川冬期にじます釣場

c0095801_16281385.jpg
二年振りの荒川冬期ニジマス釣り場に行ってきました。

自宅から20km強。

時間にして30分ほどのドライブで峠を二つ超えれば…あっけなく着いちゃいます。

思えば、いま自宅から最も近い釣場のひとつなんですね。


既に釣り仲間のブログでご承知の通り

この日の荒川は、前日に降った雨のせいで、増水+ささ濁りのダブルパ〜ンチ。
c0095801_1628974.jpg
当然、期待していたライズも終始散発という有様。

寒気が流れ込んでいる影響で、午後から吹き始めた風は冷たい。

状況の好転なんて全く望むべくもなく…

この日は誰も魚を手にすることなく撤収となりました。
c0095801_16274469.jpg


日を改めて…

by sureyamo | 2011-11-23 16:31 | River fishing | Comments(8)
2011年 11月 13日

丸沼2011〆釣

c0095801_20273443.jpg

気がつけば丸沼も禁漁まであと僅か。

今年の丸沼は減水やらナンやカヤで

一番盛り上がらなくちゃ〜ならない時期

ご無沙汰しちゃってました。



これに追い打ちをかけるように、今年は丸沼ブログから

有り得ない数のアクセスが…(ひぇ〜)

当然のことながら、何の情報も発信出来ない現状(汗)


この怠慢を大いに反省しつつ…

残すところ半月となった丸沼を、例の如く

いつのメンツで強襲。

c0095801_20274791.jpg
おぉ……

噂の減水は更に進行。

もはやこのアングルは、この時期ウチらに釣られていた魚目線

足下の倒木には、見慣れたフライ達が屍の如く

彼方此方に朽ち果ておりました。(笑)


一世を風靡したメインの流れ込みは、もはやこんな状態ということもあり

今回はポイント変更。
c0095801_20273148.jpg
平常水位なら餌釣りの独壇場。

立ち込みに制約(地形的)の多いけど、数少ない流れ込みを有する牛舎跡

ここでフライを振れるのも、こんな大減水だからこそ…か。
c0095801_20272959.jpg

魚っ気があったのは早朝だけ

日の出と共に、遠のくアタリ。

コチラの意識も寝不足ゆえに遠のきそうに…

をっと!! ヤバいヤバい。



陽が高くなり、風が吹いてくると

なんだかいい感じになり…

でもね

やっぱ、そー簡単に釣れませぬ。

いい感じ…なんて“気のせい”なのね(ぷ)


おーい、肝心のお魚達は何処いったぁ〜??
c0095801_20475085.jpg
風が吹いてくると、OHよりスペイ強し。

半年放置の酸っぺいキャスト

くっ…練習しときゃ〜良かった、と騒いでみたところで

After a festival !!

c0095801_21333319.jpg
ぬぉぉぉぉぉ

ループがあらぬ方向へ骨折?

風だな、風のせいに違いない。(ぷ

※単なるテーリング
c0095801_21301691.jpg
高いのは「志」だけで充分(笑)放出角度、高過ぎ鱒。


練習の成果というのは

現場でミスキャストがどれだけ減らせるか…って事なんでしょう。

まぁ、どんな凄いループも、俺的には釣れなきゃ一緒♪♪ですが…


そんな感じで振り倒すも

唯一フォール中に一度だけブルブルって来ただけ…

もう、たったそれだけです?!
c0095801_20274483.jpg
場所を変えても

本日は、もはや

そういう問題じゃ〜なさそう。
c0095801_20275096.jpg
秋の一日は、とても短い。

三時そこそこなのに、お天道様は山の向こう側。

…無情ですなぁ。



来週は洗車に徹しましょー(笑)

乙です。

by sureyamo | 2011-11-13 20:28 | Lake fishing | Comments(16)
2011年 11月 08日

みんなと遊ぼうフィッシング祭in川越2011

c0095801_2239097.jpg
11月6日の日曜日は(財)日本釣振興会主催

みんなと遊ぼうフィッシング祭in川越 2011

…のイベントのお手伝いに行ってまいりました。


危ぶまれた天候でしたが、なんとか持ちお耐えてくれましたぁ。

どこぞの雨男と晴男の凌ぎ合いの末、僅差で晴男の勝ち。

と、そんなとこでしょうか。



鈍るであろうと思われていた客足も、時間の経過と続々と増え続け

今年も余裕の1万人越え。

異釣種合同イベントは流石に凄いです〜。




僕の担当コーナーは

「はじめてのフライフィッシング教室」


基本、初めてフライロッドを持つ…という方が対象になるのですが

毎回数名は、何故か経験者が混じります。(ぷ)

道場破り?なんでしょうか…ちょっと緊張感が走ります。(笑)

ともかく500円を払って頂ければ

皆さん大切な生徒さん♪でございまーーーす。




「穂先が円運動にならないように…」

なーんて説明したところで、殆どの方は何故か肩と肘を固着させ

リストだけで振ろうといたします。

うむっ…ナイス円運動!!。(泣)



ここで、ロッドエンドを手首ごと縛っちゃうと話は早いのだけど

どうしてもぎこちない。

そしてなにより…投げてる本人が、かなり辛そう。


辛い=フライ辛い

それだけは避けなければなりません。



肩と肘を使うことで(←これが意外に難しいらしいけど)

リストの開度は自然と抑えられますから

最近は、そーゆーふーに教えてます。



さらに調子に乗って

「ここからここまでは水平移動の…いわばダーツを投げる時のイメージで…」

なんて教えたら

その時の生徒さんだった“海なでしこ”4人組が

一斉に猫パンチを始めたのにはビックらコキましたぁw。



もちろん、リストなんて開いたってかまわないから

慌てて普通に振らせましたよw。

「ダーツ」を引き合いに出すのは危険だということが分かりました。

いやぁ〜人に教えるのは実にムツカしい!!


でも

フライフィッシング=楽しい釣り

少しでも、そう感じてもらえたようなので

良かったみたいです。




今年は円形のプールに変更となり、以前よりずっとやり易くなりました。
c0095801_2239215.jpg
プールでは可愛いサイズのニジマスが群れ群れ♪。

こんなの見ちゃうと、無性にチョッカイ出したくなっちゃいますネ♪

大人げない…と言えばそうなんだろうけど

釣り人なんて所詮はそんなモンですわ(笑)
c0095801_2239433.jpg
1Round45分の講習が6回。

これを、僕を含めた「お呼ばれ講師」4名と複数名の運営スタッフ総出のマンツーマン形式で行われのですが

毎回がこんな調子(前述)ですから、これはこれで結構ハードです。




長島さんの向こう側では、安田大サーカスがTVの収録中。

※HIROくんて、マジでけぇ。(笑)
※クロちゃんの、あの甲高い声は“地”のようですね〜。


ま、そんなこんなで

閉会時間まで慌ただしくも、あっという間に過ぎ去って行きました。



当日、知り合いの方も多数お越しになられていたようですが

とても全員にお声かけできるような状況でもなく…

大変失礼致しました。


by sureyamo | 2011-11-08 22:39 | event | Comments(5)
2011年 11月 05日

YACHIHO FINAL

c0095801_2321349.jpg
今シーズンの営業も残すところ後二日の八千穂レイクへ
ツッチーと共に駆け込み釣行に行ってきましたぁ。

「カメムシ」が一段落したこの時期の八千穂では、ライズの主役はユスリカ。
※晴れていればスパイダーですが、生憎(笑)コチラもミッジサイズ。

この釣りは、アベレージ50cm(時に60cmオーバー)ヒレピンのハイパーレインボー相手に、どこまでティペットを落とせるかがキモ。

二人のオッサン、こんな矛盾いっぱいの釣りが大好きでなのであります。
c0095801_2321782.jpg

魚の向きが予測可能な流水の場合、ティペットをどこに置くかで太糸を誤摩化すことができますが、全方向からフライにコンタクトしてくる可能性のある止水では、細糸の優位性は揺るぎないものがあります。

コレが使えないとボコボコのライズの嵐でオデコを食らう事など、ここではザラなんです。
悲しいことに(笑)これが現実。
c0095801_2322944.jpg
7Xより8X。8Xより9X。
同じフライを使っていても、魚の反応は全く変わってまいります。

細ければ細いほど、魚も自然にフライをくわえてくれますが
調子に乗って細くしていくと…掛けてからが、さぁ大変。

沖に向かって一気にバッキングまで引き出してしまう魚を掛けてしまうと
もう少し太いティペットを使っていれば良かったと後悔しきり(笑)
※でもそんな糸では魚は出ないんですけどね。
c0095801_2322067.jpg
散々振り回されましたけど、45cm程のニジマスを10.5X(9X相当)で連続二匹捕ることに成功。
ランディング直前、股ぐらに二回突っ込まれた時は流石に諦めましたけど…ね。

ラインは♯6のSH仕立てでしたが、後半が軽いランニングなので
沖まで走られても、魚の動きになんとか着いて行けました。

この日は活性もイマイチでしたが、一匹づつ丁寧にファイトを堪能できたので
午前中で腕が痛くなり、すでにお腹いっぱい♪。

そして、お腹の現物は(笑)こちらで満タンに…
c0095801_2323059.jpg
ツッチーの地元、下仁田の食堂「エイト」。
いま、町を挙げて宣伝している「カツ丼」を頂きました。
なかなか品のある味付けでございました。

by sureyamo | 2011-11-05 23:10 | Lake fishing | Comments(6)
2011年 11月 02日

吾妻川冬期釣り場  下見編

吾妻川冬期釣り場」を、ちょっと偵察してきました。

気になるC&R区間は、エリアの最上流部。

ここへエントリーするには日陰道(←群馬県人しか通じない?)から桔梗館を目指してください。

この看板(渋川から来る時は右折)を左折。
c0095801_1854371.jpg
坂を下ると右手に桔梗館があります。
c0095801_185465.jpg
おぉ、ポスターが貼ってありますな!!

ニジは丸沼のだけどね(プ)
c0095801_185867.jpg
水量が少ないせいもありますが
“坂東子持ち”冬期釣場を、心持ちコンパクトにまとめたような渓相。

なかなかソソります。

ライズがあればですけど…。
c0095801_186988.jpg
隣接は総合グランド。
綺麗に整備された遊歩道と砂利道が川沿いに伸びています。
c0095801_185514.jpg
岩盤のプール。この界隈の特徴ですね。
c0095801_1855534.jpg

c0095801_1852688.jpg
唯一のフライマンでした。
その他、上流に一名。

インジケーターのような色のCAPは強制着用とのこと。

全員が同じ色の帽子だなんて
まるでスクールやってるみたいw。


ルースニングで果敢に責める、この方にお声掛けしましたが

全く釣れていない

とのこと。

……

この時は、確かに「魚っけ」なかったもんなぁ。
c0095801_1861089.jpg
こちらはエリア中心部のキープ区間。

いかにも怪しげなプール。
c0095801_186151.jpg
オレンジ色の“のぼり”が乱立。
小野上温泉の真横の流れ。

釣り人皆無。(大丈夫か)
c0095801_1863120.jpg
さらに下流部のエリア。

言うまでもなく、釣り人なし!

この下流にある「箱島堰堤」までが冬期釣り場。
c0095801_1863676.jpg
冬期釣り場の感想ですが
想像以上のボリュームがあります。

点在するプールの懐も大きいから、最低でも1tくらいの放流量は欲しいと判断しますが…
実際どのくらい放流しているのでしょう?

入れた魚がプールに溜まられても居たら、暖簾に腕押しですけど…。

事前に確認(泥臭いけど、放流場所も確認したほうが良いかも)してから行かれた方が良さそうです。

※冒頭のHPに飛んで確認して下さい。

現状の雰囲気のままなら、僕は100円プラスして
丸沼の方を選ぶけど…(笑)


ともかく、始まったばかり。

是非とも、漁協の本気を見せてもらいたいもの。
結構、期待しております。

by sureyamo | 2011-11-02 19:07 | River fishing | Comments(2)