Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 25日

Stainless steel body

c0095801_16322214.jpg

頭上は雲一つない青空。
風もなく穏やかだったのは、朝の“ひととき”だけでした。

折から吹き始めた強風が、冬空特有の雲を
西の空から続々と運んで来ます。

陽光が雲で遮られる度、体感温度は急降下。
貴重な休日は、とんでもない天気になってしまいました。
c0095801_16322712.jpg

ここは渡良瀬川でも、以前からライズチェックしていた流れのひとつに来ています。

今月号のFF誌で、刈田さんがドリフトチェックをした記事が掲載されているのですが…まさに、この場所です。
※記事の写真を拝見して、ちょっと焦りました(笑)


群馬県側の県境。両毛漁協管轄の最下流部付近。
戻りヤマメのポイントの一つとして、本流餌釣りやルアーマンには既にお馴染みの流れなんですが、地元以外のフライマンには、あんまり知られていない?コアなポイントです。
c0095801_16321923.jpg
なんといっても、実家から5分。
車の暖気運転が終わらないうちに現着です。
子供の頃から遊んでいた河原ですから、ここら辺は昔から良く知っています。
流れは大分変わってしまいましたけど…ね。




漁協の行う成魚放流地点よりも、ずっと下流ということもあって、釣人の影はまばらです。

この界隈で見掛ける釣り師の大半は、年越しor戻りヤマメが本命の餌師です。

この日、この場でお逢いした長竿師の方も例外無く
ソッチ方面(笑)の方でした。

「ここは放流してませんよ」と教えてあげましたが
そーゆー魚には興味がないんだとか。
僕と一緒なんですねぇ。
こりゃ〜大変失礼致しました。(笑)




足利地区では、既にオオクマのハッチが始まっていて…もちろん桐生地区も例外ではないのですが
水面は、朝のハッチが一段落してから沈黙を保っています。

正午のサイレンが鳴り響いても、未だ一発のライズも確認出来ません。

もしかしたら、すでに水面下で流下が始まっていて
水中では捕食されているかも…

こういう状況下でブラインドの叩き釣りは
あまり好きじゃないのだけれど…
c0095801_1632303.jpg
結果的には読みは的中♪。

ひと流しづつ、筋をづらしながら流し込んで行くと…
流芯側で生体反応があります。

ただ…

「水しぶきが上がる」とか「引ったくられる」とか、そういうのではなく

ドリフト中のフライが、一瞬止まるだけなのです(笑)

色々な「出方」があるもんなんですね。
この釣りは、何年やってても新しい発見があるから面白い!
c0095801_16322597.jpg
糸鳴りするリーダーの先きにはステンレスの金属片のような魚体が付いています。

全然寄って来ないから、案外デカイかも♪
なーんて思ってたら魚体が浮いて来て

見ればサイズは26cm前後ってトコだったんだけど
ローリングでグルグル巻き!

おまけにフライは既に口から外れちゃって
頭の付近でプランプランしてます(-.-;)

やっばぁ!と思ったのも束の間で…





今回は本流ヤマメの勝ち。(-.-;)

馴れない『たたき』なんかスルからですね。
出直してきます(-.-;)

by sureyamo | 2012-03-25 16:33 | River fishing | Comments(5)
2012年 03月 20日

The forsaken weekend

c0095801_1991073.jpg
前回、高津戸ダムからの放水で

「決め」損なったライズを拾い、再び同じ川岸に立ちました。

燦々と照りつける朝日の元

最後に確認したライズの場所を、じーーーーっと睨みつけます。


事情を知らない人から見たら

「あの人、ナニを思い詰めているのかしら」って感じでしょうか

まぁ、ライズ無さ過ぎで…まんざら外れでもないですが(笑)




時間の経過と共に

流れは俄に生命感に包まれてきます。

コカゲロウの羽化は、今日はいつになく早目に始まりました。
c0095801_1991427.jpg
ここんとこ、渡良瀬川では真っ先に結んでいるフライ。

使ってるヘアーも「濃い目」なので、逆光でも視認性バッチリなんですが

ライズがないことには…。

c0095801_1991654.jpg
そうこうするうちに…

非常にもサイレンが…(泣)

「コチラハ、タカツドダムデス…」

おいおい

またですか?



お昼を待たずして、10cmほど増水。

前回ほど濁りはないんだけど

この時期の増水は、わずか数センチでも

ライズを止めるには充分。

今回も、泣く泣く退散。



仕方がありません。

釣りなんて、所詮は道楽の一つ。

ダム点検の為の放水を、止める理由にはならないのです。

つくづく…その無力さを噛み締めるのでありました。(泣)
c0095801_1991981.jpg

ちなみに、僕の大好きな流れの一部。

いまのトコロ、ライズもないので価値はありませんが(笑)

デカイヤマメの大好きな石が沢山沈んでおります。


チョーーーーヨレヨレなんですが

尺ヤマメを多々輩出している流れでもあります。

レーンはシミツ♪ですけど…

by sureyamo | 2012-03-20 19:09 | River fishing | Comments(2)
2012年 03月 18日

渡良瀬三昧

c0095801_1521540.jpg

渡良瀬川でライズを求めて、今週末は(我ながら)良く動きました。

結果から言ってしまうと

唯一ライズが確認出来たのは、こんな黒白鳥が戯れるA地区のみ。

それも見事に出遅れて

時既に…(-.-;)

c0095801_152958.jpg
成魚放流前日の桐生地区。

「ライズがない」という情報がシッカリと蔓延しているのでしょうか?

釣り人の姿は殆どなく、閑散としておりました。


それでも一縷の望みに掛けて

下は境野地区から(実家から5分)上は相川橋まで

フル装備で駆け抜けてみたモノの

異常なし。

ライズが安定するまでは、数回の成魚放流を経ないと駄目なのは

今年も同じ様です。




翌日曜日(今日)は、無事放流が行われたのも束の間に…

高津戸ダム放水開始。(-.-;)

ようやく一つだけライズは見つけたものの

放水サイレンで撤退を余儀なくされましたぁ〜。

つくづくついてませんねぇ

と、余談なんですが…

by sureyamo | 2012-03-18 15:02 | River fishing | Comments(11)
2012年 03月 15日

go out scouting

c0095801_17301623.jpg

様子伺いで偶然に遭遇したP尺のライズに

過大に期待し過ぎたようです。




ハッチそのものは例年より多い印象ですが

あれ以来、全くライズに恵まれません。


“居付き”とは名ばかりで、一体何処に行っちゃったんでしょう。


オオクマが早いか、戻りが先か…

今現在は、そんなトコロです。

by sureyamo | 2012-03-15 07:05 | River fishing | Comments(2)
2012年 03月 11日

土用(土曜)隠し?

c0095801_154241.jpg
朝から冷たい雨が降り続いています。

ライズは期待出来ないことなど、重々承知の助なんですが
やっぱり自分の眼で確認しないことにはどうにも落ち着かず…結局は出撃。

水位も僅かに上昇気味。
水温は測っていないけど、まぁ確実に雪代も混ざっていることでしょう。

意外だったのは、定刻通りにコカゲロウがポツポツと羽化を初めています。

だけど、もしかしたら…

は結局最後まで起こりませんでした。
c0095801_1565343.jpg
帰りがけに渡良瀬川の団地裏に顔を出してみました。

雪代のない渡良瀬川のことだから、きっとライズがボッコボコなんだろうな…
と期待していたのだけれど

なんともコチラもライズらしいライズは殆どありません。

古くからの地元の常連さんで、同じ高校の先輩。
そしてフライフィッシングでも、僕なんかよりもキャリアも腕前もある
漁協理事のAさんに、対岸で唯一のライズに対峙してもらいましたが………

魚の気配がな全く感じられない一日でした。
こんな日もあるのですね。

鮎釣り用語に土用隠し…という言葉があるけれど
今回はさしずめ「土曜隠し」といったトコロ。(笑)

明けて翌日は

by sureyamo | 2012-03-11 15:07 | River fishing | Comments(4)
2012年 03月 09日

利根の初物

c0095801_192188.jpg
当たり前だけど、この時期の雨は活性を下げてしまいます。

もう少し暖かくなってくれば、逆なんですけどね。

昨日のライズは何処に行ってしまったのでしょう?。




そんな中、水面に定期的に作られる鏡の部分でライズを発見。

相変わらす目敏いですなぁ…この人は(笑)
c0095801_1922779.jpg
タイミングを測ったアプローチ。

ものの数投で…

もう少し楽しませてもらいたかったんだけど、ここは流石!!と言っておきましょうか(笑)
c0095801_1923251.jpg
はいはい、ドヤ顔はいいから

とっとと取り込んで下さいなっ!!
c0095801_1924898.jpg
ほよ〜♪

サイズこそ可愛いですが、こりゃぁ見事な年越し。

悔しいけれど(笑)これは完璧。
c0095801_1925530.jpg
何も流れていないように見えた水面だけど、実際にはこんなにコカゲロウの流下が!!

水の中にも着実に春が来ています。

河川工事で心配していただけに、ちょっと安心しました。

by sureyamo | 2012-03-09 19:03 | River fishing | Comments(8)
2012年 03月 08日

P尺健在

河川敷で稼働を続ける重機。

積み上げられた石の山の脇で、強引に流れを変えられた本流。

こんな光景を目の当りにしてしまうと

今年の利根川でのライズ釣りは絶望的だ。





それでも僅かながらの可能性に掛け

ライズを求めて彷徨ってしまう。


こんなトコロでライズするなら、あそこの流れかなぁ…

漠然と眺めていた水面が突如弾けた。
c0095801_1881418.jpg
反転する時に

太陽光を受け、ギラリと光る魚体。

明らかに年越しの、それも尺近いヤマメがシッカリと定位している。
c0095801_1874077.jpg

時計の針は12時20分。

これを釣れば立派なP尺。

今までの経験では、フライを流せば呆気なく釣れてしまう…のだろうけど

こんな時に限って車載工具(釣り道具)なし(泣)
c0095801_188718.jpg
あまりに見事なライズに夢中でシャッターを切る。

30回位はライズしたかな。

いい加減、見飽きて来た。

もーいいや

明日の昼休みに行って、釣ってしまおう(ぷ

by sureyamo | 2012-03-08 19:08 | River fishing | Comments(10)
2012年 03月 04日

群馬解禁

c0095801_1871016.jpg

解禁を迎えたばかりの渡良瀬川桐生地区。
開けて4日目の本日、ようやく川に立つことが出来ました。

群馬の解禁は、神流川のC&R区間で初物を手堅く…という算段だったけど
嫁の搾乳を厚生病院に届けなければならなくなってしまい予定を急遽変更。
NICU搾乳受付開始の朝7時に速攻で届けると、最寄りのポイント「団地裏」(約10分)に直行。
10時を回った頃に、ようやく放流開始。

放たれた成魚ヤマメ達は、しばらくすると流れのアチコチでライズを始めます。
c0095801_1955827.jpg

おやおや?
手前の外人さんは、何処かで見覚えが…(笑)
c0095801_19575814.jpg
それにしても、この方ほど「ニコパチ」が似合う方もいらっしゃりませんね。

このサイズのヤマメが成魚放流のアベレージ。
色艶の良い、なかなかの美形揃い。

皆さん、是非逢いに来てやって下さいね♪

肝心の僕の釣りは…というと

by sureyamo | 2012-03-04 18:07 | River fishing | Comments(31)