<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 18日

閉幕間近

c0095801_21252962.jpg
放射能、セシウムの問題で波瀾万丈な解禁を果たした今期の中禅寺湖も

残すところ、あと二週間ほどで(岸釣り)終了。

今回は、この方と共に

旬の『過ぎ去った感』を見届ける?べく

閉幕間際の中禅寺湖に向かいました。



釣れなくなった…という噂が蔓延すると共に

この地を訪れるアングラーの数も激減。

そこに減水という状況も相まって、ポイント選びに自由度があったものの

午後に吹き始めた風は、次第に強さを増し

沖合ではウサギがピョンピョン♪
c0095801_196393.jpg
モンカゲロウの羽化(残党)に期待を込めて、前夜にしこたま巻いて来た8番サイズのニンフを、しっかりカウントダウン。
スローリトリーブに没頭していると…

開始後6時間にして、ようやくこの日のファーストコンタクト。

あっけなく手前まで寄って来ちゃったので、どーせ大したサイズぢゃないだろうとタカを括っていたら、目視直前で猛烈な首振り攻撃を受け、あえなくフックアウトしてしまいました。(-.-;)

今思うと、もっとシッカリ合わせをくれていれば良かったのかな〜と思うけど

そんな事は後の祭り。

で、結局はそのままリミットの5時となり

あえなく終了。

中禅初レイクの夢は、そんまま来年まで持ち越し…ということね



初釣行で、いきなり食らっちゃたワケですが

ある意味、これが本来の僕の良く知っている中禅寺湖の姿。

こんな事くらいでは全く動じません!!!(うそ800)

追記

おっと、そういえば…お隣のツッチーはナニか釣ったようでございますよぉ〜(笑)

気になる方はコチラをクリック♪

おしまい

by sureyamo | 2012-06-18 21:32 | Lake fishing | Comments(4)
2012年 06月 06日

ナノスムースコートの実力たるや如何に。

c0095801_0124051.jpg

現在、ガマカツ社からデリバリーされている「ナノスムースコート」という処理を施したフライフック。
この、何とも形容しがたい異次元のフッキングフィールは、よほど鈍感な方でない限り(笑)
誰しも認めるところでありましょう。

このフッキング性能を渓流のドライフライの世界だけにしておくのは何とも勿体ない…と、考えた僕は
このフックを使って湖用のソフトハックルを巻いてみて、実際の現場でちょっと使ってみました。

…とはいえ「ナノスムースコート」が採用されたフライフックは、今のところ「R17-3FT」という渓流のドライフライ用に開発された細軸軽量フックでしか採用されていません。

このようなフックでアベレージサイズの大きな湖の鱒を釣る事自体無謀なのですが
今回はあくまで「ナノスムース」のフッキング性能のみのテストという事でご理解をお願い致します。

ちなみに、今回のソフトハックルにはR17-3FTの最大サイズでもある12番。

丸沼と湯ノ湖。
この二つの湖で実際の釣りをしてきました。

核心のナノスムースコートはどうなのか…というと

これは想像以上に凄い

いつの間にか魚が掛かってる…?といった感じなんですね。

チョッカイを出して来た魚が、ほとんど
フッキングしてしまう…
んじゃないかという勢いです。



ただひとつ問題なのは…
やたらめったらバラしが多い。(笑)

これは
刺さり易い=抜け易い

という単純なことではなく

普通のフックならフッキングまに至らないような微細なアタックまでもフッキングさせてしまうため、口以外の部位に(皮一枚で)スレ掛かりしてしまっていることが、大半のバラしの原因になっているような印象を受けました。

キチンと口に掛かっていて…さらにしかるべき対応が出来ていれば
バーブレスとは言え早々にバレてしまうことはないと考えています。

ま、それを差し引いたとしても

アタリ=即フッキングには痺れちゃいます(笑)

いずれにせよ、湖で使うにはこのフックが軽過ぎますし(フロロティペットの張り方が勝ってしまいアクションが堅い)ワイヤーも細すぎます(単純に弱い)。
根掛かり率も高いでしょうね。

今後、大物用に太軸にマイクロバーブ(本音ではバーブレスにしたいところだけど)仕様のナノスムースコートを施したフックが出れば、ソレなりに面白い釣りが展開出来そうな手応えを感じました。



追記
ちなみに、ここの巻かれているソフトハックルに使用しているフェザーは
「ヨーロッパ産の烏」(爆)を使用しています。

噂では聞いていたけど、これは掛け値無しに良く釣れますね。

パートリッジとは比較にならない程、良く動いてくれますし
見た目以上に丈夫。
今年一番お気に入りのマテリアルです。


by sureyamo | 2012-06-06 06:13 | fly tying | Comments(10)
2012年 06月 04日

湯ノ湖でガッ釣り

今週末の釣りは奥日光は湯ノ湖に行ってきました
c0095801_10492535.jpg
いつもなら、もう少し暖かくなってから(下界が暑過ぎて何処も釣りにならないような時)年に数回訪れるだけの湖ですが
最近とーっても釣れてる?っていう噂の真偽(笑)を確かめるべく…


釣りに行ける日が限定されつつある近況に、折角の釣りは夜明けから日没までガッ釣り(笑)しないと、どーにも気が収まりません
貫徹明けとて、お昼寝タイム無しのぶっ通しで投げ倒します
c0095801_10493931.jpg

全く釣りをしない方のお話を黙って聞いていると
釣れる魚の大半が「鮎」だと思ってる人が意外に多い(笑)

こういう看板が設置されてから、観光客相手に釣れた魚の説明(笑)をしなくて済むようになりましたネ

ちなみに、滝上の希少なスペースを土日に確保するには入漁券は現場売りしかありません
いつも思うのだけど、赤沼茶屋と湯ノ湖湖畔こそ『釣り券君』のような無人券売機の導入が望まれます

これは湯川に入る釣り人も同意見なハズなんですよネ?
c0095801_10494194.jpg
水草が繁茂する夏場に比較して水色はマッディーで、なかなか沖目まで立ち込む気にはなれません。

湖の釣りでは飛距離は釣果を握る要のひとつ
この湖の場合は特にその傾向が…

確かに手前でも釣れることは釣れますが、同じ状況なら、ある一定の距離をコンスタントに飛ばしている方のヒット率は格段に違います

一見するとバックヤードが取れそうなロケーションも、オーバーヘッダーにとっては背後の立木が微妙に邪魔
必然としてシングルハンドのOH組の常連においては脚立使用率は高いのも頷けます
※ま、僕個人としては如何なる状況下であっても使いませんが…

14ft前後のダブルハンドに高番手(ここでは8番以上)のフローティングラインにドライフライという組み合わせも
この湖では割と多く見受けられます

殆どバックの無いような場所でも35m程の距離をコンスタントに攻めて居る方は
やはりソコソコの数を釣っているようです

しかしながら、ライズしている30センチにも満たない大半の鱒は
竿を立てればラインの自重だけで寄って来てしまいそうで…

それも……なんだかなぁ(笑)
c0095801_10494326.jpg
湯ノ湖でライズフィッシングを沢山楽しもうと思ったら
使うタックルは6番以下のシングルかスイッチに
16〜20番のドライフライという組み合わせが良いでしょうね

ユスリカかクロカワゲラ(みたいな)が沢山ハッチしているので
16番前後の黒いハイフロートがあれば、終日こと足りちゃいそうです

ただ、そういうのに反応してくる魚達ですからサイズは期待出来ません



湖で釣りをする以上、それなりの魚は狙いたい…というのであれば
「マラブーの引っぱり」が、やっぱり鉄板
c0095801_1049129.jpg
今回は48cmが最大でしたが、周囲で釣れている魚のサイズを考えれば
これはこれで上出来


実は、湯ノ湖吐き出し部分で良型を上げるには、一日に二回やってくる「時合」がキモです

この時だけは神経をひと際尖らせてリトリーブに集中
ここ数年同じ場所を釣っているので、朧げながら判っていましたが
今回も例外なく!


時合は「何時頃」とココで明記するのは簡単ですが…そんな事は通っていれば自ずと判ってくること
こんな一つ一つの発見が後々繋がってきて初めて、湖の釣りは「釣れちゃった」から「釣った」に昇格すると思うので
敢えて記載はしません(笑)


魚は居れば、かなりの確立でフライを食ってくる(と思っているので)そこに居る魚をどう釣る…のではなく
水温、湖流、天気、風向き…等々の様々な条件の組み合わせから魚の動きを推理する

湖の釣りの醍醐味は、実はソコにあると勝手に考えてます




午後の湖流では、吐き出し付近に浮遊する水草(浮き藻)が毎回毎回流れ込んできます

こうなると、僕の立ち込んでいるポイントではアタリが激減で
その塊の向こう側にまで投げないと魚信は戻ってきません

代わりに、この塊の後半(左隣のFFMさんの前)はライズの嵐

リトリーブする度に絡んでくる水草に

イライラ

お隣さんの爆釣劇に…さらにイライラ(爆)
c0095801_10493749.jpg
先に書いた通り、ドライでの釣りは型が小さいのですが、いたずらに数は稼げます
なおかつブルック、ヒメマス、本鱒、虹鱒と魚種も多彩

この手の魚は僕は7匹程で充分で…
後は開き直った「引っぱり」で引き倒し

それが功を奏したのでしょうか、30センチ以上の魚体だけでも午前中には二桁釣れてしまうほど
噂に違わぬ魚影の濃さでした


夕方の土砂降り前に運良く納竿を済ませたのですが、帰途の運転では流石に意識が飛びそうになったので(笑)
白根魚苑先の路肩に車を停めて爆寝してしまいました

こんな強行軍(…とも言えないレベル)なんて、依然ならヘッチャラだったんですが
確実に老いているのですね

(とほほ)


by sureyamo | 2012-06-04 05:49 | Lake fishing | Comments(8)