<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 11日

ユスリカのフライバリエーション

c0095801_017151.jpg

フローティングピューパのパターンは
日本のミッジングステージの中でも定着した感がありますね。

それと同時に、皆の使用頻度の高くなるフライパターンというのは
案外と早く見切られる…というのもまた事実。
特に人気河川の激戦区の現場などにおいて、その傾向は顕著に現れます。

そんな時、ひとつのステージに対して切り口を替えた幾つかのパターンを準備しておかないと
八方塞がりになってしまうこともしばしば。

ドリフト技術だけでどうにか出来るものではありません。



これは、浮力と視認性の要となるCDCの代用に
獣毛を使用したフローティングミッジピューパのパターン。
もっとも、CDCなんていうマテリアルが一般的になる前は、こんなフライに頼っていたわけで、
フライパターン的には、むしろコッチの方が『先輩』にあたりますね。



リフレッシュに掛ける手間はCDCほどシビアさは求められませんし
耐久性に関しては段違いです。
水切れも良く投射性もあるので、ロングティペットとの相性も良好です。

そしてなにより、着水した後は、まず間違いなく「吊る下がり」姿勢を保持してくれので
信頼してライズに流し込むことが出来ます。


もちろん良いことばかりなら、CDCよりも主力になるわけなんだけど
そうならないにはソレなりの欠点がある、とも言えるわけで…。

●視認性が低い。
※CDCと比較して。

●タイイングが面倒
※CDCと比較して。

●浮力の持続性に難あり

といったところでしょうか。

そしてやはり『視認性』というのが最も致命的であり
CDCを超えないうちは、あくまで脇役なのですね。
c0095801_017052.jpg

使用するフックを変えるだけでも印象は大分変わります。

色々試してみると反応に差が出るかも知れません。

by sureyamo | 2013-01-11 09:19 | under ♯20 Maniaccs | Comments(8)
2013年 01月 01日

謹賀新年

c0095801_22373927.jpg

新年明けましておめでとうございます。
本年も旧年に引き続きまして宜しくお願い致します。


今となっては埼玉県民になっているものの、中身は生粋の上州人。

今迄も…そしてこれからもずっと

群馬の釣り場がいま以上に充実し、

より多くの釣り人に愛されるフィールドがひとつでも増えて行くことを

心から願っています。




素晴らしいフィールドを恒久的な遊漁場として継続してゆく為に必要なこと

それは一にも二にも

僕ら釣り人の“フィールドに対する思い入れ”に尽きると考えます。



魚は放流すれば、とりあえず釣り場としての体面は保ててしまいます。

それより大事なのは…

まぁ、平たく言うと

そのフィールド(ポイント)で魚を釣ってみたい…と思えるか否か

かなり乱暴な言い方ですが

極論はそういう事だと考えます。



そこを利用する釣り人に、そんな意識がある以上

川(湖)は何度でも甦る可能性を秘めていると信じています。


そういうことを前提として…

当方、拙ブログの掲載記事の断片から

「あぁ…ここに行ってみたい」

読者様の、そんな『釣り魂』を呼び起こす事ができて

更にそのフィールドを気に入って貰えたとしたら…

こんな嬉しいことはありません。




ともかく、皆様の健康と

今年一年のご多釣を、心よりお祈り申し上げます。


2013年 元旦

by sureyamo | 2013-01-01 22:55 | and others | Comments(20)