<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 27日

湖を読む

c0095801_18314973.jpg
実績の高いポイントに陣取って、いつ来るかわからない鱒の回遊を待つ。

湖の釣りって、概ねそんな感じだと思っていたのだけど
今期の中禅寺の釣りを通し、そこを徹底的に通い倒す常連さんの思考回路に触れる機会を得て
改めて『湖を読む』ことの重要性を強く感じたのでした。





湖のことを『止水』と言うけれど、実際の湖では常に何らかの流れが生じているのが普通です。

湖の中に発生する流れは『湖流』と呼ばれ、その最も基礎となる流れが『傾斜流』と言われるものです。これは、インレットからアウトレットまでの高低差で発生する流れのことを言います。
湖の流れを考えるとき、まずはこの基本湖流を抑えることが大前提です。


そして、そんな基本湖流に『吹送流』というのが乗じてきます。
『吹送流』とは風との摩擦によって湖面の表層が移動することで発生する流れのことです。

湖の表面積が最も広い区間において、強風が一定方向から長時間吹き続けた場合に
もっとも強い『吹送流』が発生します。

ただ注意しなければならないのは『吹送流』は、なにも表面の流れだけに留まらない点です。
風下側に打ち寄せられ水圧の高まった流れは、圧力の低い水域に潜り込むような対流を発生させるのです。

つまり、表層から下の層には風向きと逆に沖に向かう流れ(下層離岸流)が発生することもあるわけです。
※立ち込んだ足下をシャッフリングしてやると、そこで舞い上がった砂や沈殿物が風向きとは違う方向に流れて行くので容易に確認できます。


岸から沖に向かう流れは沖の魚を手前に呼び込みますから、当然釣り的にはチャンスとなります。
実際、アゲインストの時はキャスティングに苦労するものの、良く釣れることがソレを裏付けています。

これはホンの一例に過ぎませんが
湖においてはこの『吹送流』がもっとも釣りに影響するように感じています。


ソレ以外にも聞き慣れない言葉では『密度流』というのがあります。
これは水の密度(温度や圧力等)が起こす対流のことを言います。

湖の季節循環の代表でもあるターンオーバーもこれに属します。



通い詰めた常連の釣師達の会話の中で

『西風の時には、アソコの岬が良い』とか
『北西の風では、あのワンドが…』という言葉を聞かれたこともあるとは思いますが

つまりは…そういうことなのです。


本来であれば、その時の天候(気温/水温/風向き)から湖流を推測し
そこに地形を加味してポイントを割り出したいところですけど
風向き次第でコロコロ変わる湖流を完璧に把握することは…まず無理です。

そもそも湖流の解析は、トラウトの回遊コースの目安の一つに過ぎず
絶対的な釣果を約束するものではありません。



ただ、だからと言って、ただ何も考えずに実績のあるポイントで闇雲に魚の回遊や時合を待つよりも

湖流を求め、積極的に攻めた方が、魚に出逢える確率はグッと上がることには間違いないでしょうね。




今回から、そんなことを色々と考えながらの釣りをしてきました。

そのとっかかりとして、まずは『丸沼』と行きたいところですが…
今回は釣り大会が開催されていて、思ったポイントに入れない事を危惧。
そんなワケで、少し足を延ばして日光湯ノ湖に決定。


湯ノ湖は周囲3kmほどのこじんまりとした湖で、水表面積も水深も、さほどではないので
風による『吹送流』の影響は、さほど深読みしなくても良いと考えます。

それよりも名瀑『湯滝』を抱えるアウトレットだけあって、明確な基本湖流を持っている湖ですから
ポイントは絞り込み易いと言えます。
(…というかフライで岸釣りという条件では、そもそも場所が限られています)
c0095801_10311083.jpg
湯ノ湖には湯滝に向かう吐き出しが二箇所ありますが、メインの吐き出しは左奥の方になります。

吐き出しのワンドには、常に大きくゆっくりとした『巻き』が発生しています。
※今のところ図柄はかなり大雑把です。後で細かく調べておきますね。

これは、投じたフライラインの引き重り感や、浮き藻の移動具合から判断出来ます。
どうやら魚達は、この湖流に向流するカタチでワンドに入って来てくるようです。

そう考えると、このワンドでは、なるべく右奥(インレット方向の対角に見える建築物を目安)
に向かって投げた方が群れにフライが接触する時間が長い…ということが言えると思います。

実際投げてみると、岸から35m付近には、沖に向かう強烈な引き重りを感じることが出来ましたしね。
c0095801_18315452.jpg
この日は6匹程の虹鱒を掛ける事が叶いましたが、全てこの湖流の中にフライを投じたときだけ当りました。


この調子で…と思っていたら、午後になって天気が急変。
イキナリの落雷と嵐のような雹に見舞われてしまいました。
c0095801_18315826.jpg
断続的にではあるものの、約一時間ほど続いた雹のせいで水温が一気に低下。

水温は4度になると、もっとも比重が重くなりますから
ターンオーバーまではいかなくても、それに近い状態の表下層間の対流が、これから起こることでしょう。

状況的には厳しい状況に向かっていると考えられるので、今回の釣りはここでストップせざる終えませんでした。
c0095801_1832051.jpg
まぁ、初回はそんな感じだったワケですが…
これを機にポイントに縛られずに彼方此方で湖流を探ってみようと思います。

今まで見落としていた新しいポイントが見つかるかも知れませんね。


by sureyamo | 2013-05-27 18:32 | Lake fishing | Comments(8)
2013年 05月 07日

2013年中禅寺湖初釣行

c0095801_18205528.jpg
湖派のFF仲間達と共に、ベストシーズン突入直前の日光中禅寺湖に行って来ました。

既にご存知の通り、昨年の厳しいレギュレーションが緩和。
魚類の一切の持ち帰りが禁止となって、1年以上が経過した中禅寺湖ということもあって
この地を訪れるアングラーの誰しもが、期待に大きく胸を膨らませています。


深夜2時からの発券ということもあって、今年から再び遊漁が認められた『山側』の駐車場は、夜明け前から満車状態。
もはや目指すポイントに入ることは出来ないのか?と思いつつ、歩みを進めてみると
先発隊の釣友達のお陰で、すんなりと入ることが出来ました。
c0095801_18211189.jpg
開始時間の4時となり、早速アプローチ開始。

ほどなくして、左側に入った別グループのFFMが良型を連続で取り込みます。

ほんの十数メートルしか離れていない我々には…

一切アタリなし。


今年の中禅寺湖は超減水ということもあり、ブレイクラインは目と鼻の先。
竿先からドン深なので、沈みの遅いインターミディのカウントダウンにイライラが募ります。

そんな中、ヘッドがトップガイドに入るか入らないか…という距離でゴクンゴクンと唐突なアタリがあったものの、フックには乗らず。

人から聞いた話では、どうらやこの手合いはレイクらしいのですが
未だレイクなんて釣ったことがない(バラしてばかり)自分には、如何せんピンと来ませんね。

その後も、リトリーブ中に一回とフォール中に1回、手元にゴンと来るようなアタリが一発と、フライをチェックしようとリーダーを持って引き上げている最中に、チェイスしてきた40cmクラスのブラウンと同サイズのヒメマスを確認したのみ。

アタリらしいアタリが無いという中、自分は良い場所で釣りをしていたのでしょう。
c0095801_18281761.jpg
一人、また一人と、湖畔で寝堕ちする仲間を尻目に振り回し続け…

午後の時合で、なんとかお姫様を一匹ゲット!
36cmくらいでしたが、激しい抵抗にちょっとビビりながらも無事ランディング。

恐らくカワウにやられたであろう「挟まれた痣」が痛々しくて
写真は撮らずにリリース。

その後も、仲間と場所を交代しながら振り倒すものの
結局ノーバイトのまま、一日目が終了となりました。

c0095801_182139.jpg

明けて翌日は、場所を国道側へ移して、一か八かの大博打。

結果的には、時期早々!!…という事なんだろうけど、射程圏内ではシッカリとライズもありました。

ホンマス祭りが始まっちゃったら
とてもじゃないけど、入れないんだろうなぁ。
c0095801_1821912.jpg
前夜にたっぷりと睡眠をとったことが功を奏したのか、払いきれない睡魔に襲われることもなく…

最後の最後まで…それこそロッドティップが折れるまで(爆)振り倒しました。
c0095801_1821616.jpg
結局最後は、皆で仲良く『お凸♥』

結果はどうであれ、改めて中禅寺湖の難しさと、その魅力を再確認した釣行となりました。

ご同行の皆様、大変お疲れ様でした。

by sureyamo | 2013-05-07 06:03 | Lake fishing | Comments(4)