Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 23日

手強い初秋の丸沼

c0095801_931830.jpg
三連休中日。
今回はツッチーと一緒に初秋の丸沼に出釣してきました。

この方との釣りは『中禅寺湖のホン鱒祭り』前以来だから
結構久方ぶりだったりします。



発券開始45分前に関わらず、レストハウスの前には既に釣り人の列が形成。
皆さん、相当気合い入ってます。

大半はボート釣り客のようですが…
それでもメインの流れ込み周辺から順番に、岸釣りのポイントは見る見るうちにオカッパリルアー&フライのアングラー達で埋まっていきます。

ウチらが入漁券を手にした頃には入れる隙間もなく…
…というか、そうなる事は始めから判っていますから、まだ釣り支度すらしてません。(笑)


確かにメインの流れ込み周辺が、魚達と出逢える確率で言ったら、もっとも高い事に変わりはないのでしょうけど、あれだけの人数が…恐らくは連日殺到していることを考えると
相応のプレッシャーに晒されていることも容易に想像出来ます。

仮に場所に入れたとしても苦戦を強いられることは必至。


原生林に囲まれた自然豊かなフィールドに、わざわざ来ているのですから
管理釣り場(丸沼も拡大解釈すれば管理釣り場みたいなモノですが)のような窮屈な釣りもしたくは無い…という事で意見が一致してた我々が向かった先きは…
c0095801_924333.jpg
まぁ、ほとんどバックスペースなんて無いので、ここを訪れる岸釣り師は、せいぜい延べ竿の餌釣りか転戦派のルアーマンくらいでしょう。

かくいう自分もスペイを憶えるまでは、全く無縁のポイントだったわけですが。



丸沼の湖畔林も徐々に色付きを始めてきています。

湖畔に張り出した木々が、時間の経過と共に紅葉へと変化していく様を
実際目の前で見ていると実に感慨深いものがありますね。

c0095801_932487.jpg
さて肝心の釣りの方ですが
ライズもソコソコあって雰囲気は抜群だったものの
ラインに負荷の掛かるイベント?(ココはあまり根掛かりしないんです。)は起きません。


それでも幾つかの取りこぼしたアタリの中で
ようやく一匹。
c0095801_932898.jpg
サイズも小振りで、いささかスキニーな個体。

ここでは放流直後の魚が出る確率は非常に少なくて、こういう体躯の魚が多いように感じます。
ヒレが欠損しているような魚など、このポイントに限っては過去に遡っても皆無。

となれば、俄然気合いが入るのですが…
c0095801_9111964.jpg
何故かアタリはパッタリと止まってしまうのでした。(-.-;)


半日はこの場所で振り倒す予定だったので、小休止を挟みながらも続投。
ただその後、先ほどよりも幾分大きめのサイズのニジマスが一つ追加できただけでした。


先日の台風後の濁りも若干残っているような状況で
おまけに、ちょっぴりターンオーバーの兆候も見られます。

隣の餌釣りもポツリポツリで
そんなに釣れていません。

餌釣りならば、もっと釣れても良いモノなのですが
やはり状況は良く無いと判断。

こうなった時の丸沼は手強い
c0095801_933335.jpg
思い切って場所移動です。
メインの流れ込みは相変わらずの人垣状態でしたが

温泉スリットにはすんなり入れました。


ただ、この日は風も弱く
本来なら風で岸に打ち寄せられるべきゴミ(木の枝や葉)が一帯に浮遊している状態。

湖底にも、かなり葉や水草が浮遊しているようで
リトリーブ中にかなりの確率でソレらを拾ってしまうんです。
c0095801_932381.jpg
それらを…極端に言えば一投ごとに取り除く!という実に根気のいる作業を伴う釣りを強いられてしまいました。

ついつい、リトリーブの後半から次のキャストへと移行したくなってしまうのだけど
そんな気持ちを抑え、目視出来るギリギリ手前まで気を抜きません。

その甲斐?あってか
c0095801_933040.jpg
30cm&40cmクラスのニジマスが一匹づつだけど、フライをくわえてくれました。
※大きい方の魚はピンボケでしたので却下。

まぁ、たまたま釣れちゃったって感じなので釈然としませんけど…ただ、この日釣れた魚一匹を除いては
全部同じカラーでしたから、もしかしたら何か有るのかも(笑)知れません。

c0095801_933216.jpg
4時迄頑張りましたが
好転の見込みも感じなかったので、そこで納竿としました。

これは毎年の事ですが、フォールターンオーバーを控えた丸沼は
非常に気まぐれで手強いものがあります。

ただ、このまま涼しい日が続けば10月頃には循環も一段落し
かなり安定してくれるばず。

その前に『悪あがき』をもう一回位はしておきたい気もしますが…。

by sureyamo | 2013-09-23 09:04 | Lake fishing | Comments(10)
2013年 09月 02日

苦行は続く…

c0095801_8392168.jpg

恒例?のトライアスロンも終わり
再び水位を取戻しつつある丸沼へ(またしても)行ってまいりました。

ほぼ2週間振りの湖畔ですが、釣り客はまばら。
この時期、日曜日の丸沼は本当に空いていますね。

ただ…だからといって「浮かれる」ワケには行きません。

前日の土曜日に、散々攻められていることは容易に想像がつきますし
事実、環湖荘のUさんとの後日談では、土曜日は大会を思わせるほど、オカッパリ派のルアー&フライマンで主要な岸釣りポイントは満員御礼だったとのこと。(汗)
今回も試練の釣りになること間違い無し。




とりあえず誰もいないメインのインレットに刺さって、まずは様子を探ってみることに…。

意外にも、至近距離でのライズや、水面直下を走り回る魚影もチラホラと確認できて

魚っ毛はまずまずなのですが…

案の定、何度フライを通しても一向にカスリもしません。(-.-;)

やはり、相当虐められているのでしょうね。



春先のマッチング・ザ・ハッチに匹敵する勢いの、鬼のフライローテーション(-.-;)で
ようやくなんとか1匹目が釣れてくれましたが…その後が続きません。
c0095801_8332443.jpg

結局、何度も何度も等速のリトリーブを見せつけた後、
突如ポーズを入れることで、ようやく口を使ってくるって事が判明。

あれだけ無反応だったニジマスが、二連続でフライ丸呑み。

だけどソレも決定打という風でもなく長くは続きません。

これじゃぁ、いくら『引出し』があっても足りないっつーの(-.-;)

前回の釣行では、見事に機を逸した『温泉スリット』に移動するも
今日は、なんというか…“魚の気”が感じられません。


これだったら、まだメインの方が良さそう…ということで
流れ込みへ出戻り。
根性を据えて『投げ倒し』を誓います(誰に?)

ここら辺の自由なポイント移動だけは
日曜日の丸沼で、唯一のメリットかな。(笑)

沖目の水面から波が立ち始めます。
本来ならば、ここからが本番…なわけですが
c0095801_8374292.jpg

ここ最近の丸沼は
アゲインストが吹き、程よい湖流が発生しても
群れがスリットの中に、なかなか入ってきてくれないんですよね。

決まって釣れているのは、沖目100mライン付近にアンカーを打った
ボート釣りくらい。

見てると、結構根掛かりしているので
きっとあの場所のボトムに魚が固まっているのでありましょう。

ま、いくら足掻いたところで
オカッパリマンにはどうしようもありません。(-.-;)

たまたまフライボックスの中に入っていた
超ヘビーウェイテッド ソフトハックル(何の為に巻いたのか意味不明)を結んで
スリットの縦方向を岸際スレスレまで
超スロー・ズル引きで…

すると

あらら、あっけなく
c0095801_8345730.jpg
サクラ鱒ヒット!
その後も、全く同じ誘い方で

なんと三投で三匹ヒット。(なんじゃそりゃぁ〜)

ふっふっふっ

今日のパターン見極めたり

なーんて思う間もなく

二連続でフライロスト。

残弾尽きて、あえなく強制終了となりました。

所詮は付け焼き刃。

ま、幕引きとしては良い頃合いでしょう。


さぁさぁ、次回の丸沼釣行は月末かしら。

一度くらいは有給使って、平日に来てみたいなぁ。
c0095801_21555169.jpg


今回の釣行に新兵器を導入しました。

by sureyamo | 2013-09-02 08:34 | Lake fishing | Comments(4)