<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 28日

アイテム雑感

湖の釣りではリトリーブ後のライン処理は人それぞれです。

モノフィラ系のランニングラインは無風状態で、なおかつドレッシング直後であれば問題ないのだけれど、風などで水面が波が立っているときなどは、いとも簡単に沈んでしまいます。

さらに湖流が発生している時などは、立ち込んでいる足元で知らないうちに踏んでいる…なんてことは誰しも一度や二度は経験あるでしょう。

シンキングタイプのランニングラインは言うに及ばず、立ち込んでいなくてもガレ場や砂地にラインを回収したラインを落としておきたくない場合の必須アイテムとしてラインバスケット(もしくはラインパレット)を愛用されている方は多く見受けられます。
またバスケットに関して言えば、厳冬期には手元の風よけ(結構暖かい)という副次効果も期待出来たりします。

自分もラインバスケット愛好者の一人なのですが…

●前方足下の視界が遮られる。
●屈むと邪魔。
●荷物としてはガサばる部類。

などなど問題点もあります。

今シーズンの後半、そんなラインバスケットに代わるアイテムを見つけました。

ストリッパー・クリップ
c0095801_00161506.jpg
詳細は
を参考にして下さい。

ラインキャパシティーに関しては購入前に懸念していたのですが
僕程度の飛距離(ランニングラインが、せいぜい25m前後)でしたら、実釣上の問題はありませんでした。

ただし、ランニングラインが縒れてくると、回収途中のループに癖が出て来てしまうので
少々注意が必要かも知れません。
シュートで絡んでしまうとすれば、恐らくソレが一番の原因になるでしょうね。

リトリーブの後にラインを引っ掛ける動作はブラインドで直ぐに慣れます。

実際、このアイテムを使うようになってからラインバスケットの出番はなくなりました。
充分に使えるアイテムだと思います。

ただ…稼働部が壊れると全く使い物にならなくなることと…
値段がちょっと高いかな(-.-;)。




ネットホルスター
c0095801_00162190.jpg
ルアーマンの間では、ランディングネットを腰ベルトに留めるタイプの革製ホルスターが流行っているようです。(僕のようなディープウェーディングマンには革製品は勿体ない)

保守派多数(笑)のフライ界ではランディングネットは『ベストにぶら下げる派』が圧倒的ですが、湖で使うような大型ネットは風でバタついたり、フライやラインがネットに絡んだりして、イライラの元になったりします。

この収納方式では柄の部分でほぼ固定されるカタチになるので、ネットが振り子のようにバタつくことはありません。またネットの重さで肩が凝ることもありません。

服を着込む冬の釣りではネットの『あたり』が強くなるので、それが少し気にはなりましたが
ソレ以外は全く問題なく使えています。

実は来期用に新しいランディングネットを新調する予定(既に完成しているらしい)なのですが
そのネットは特注で重く作ってもらってあるので、この収納方式がもってこいなのです。




c0095801_00162450.jpg
某ショップのオリジナルなのですが
コチラも優れもの。

ウェーダーのサスペンダーに両端のループを通し
下を向いてもプラプラしない(笑)ランヤード。

更にいざと言う時に解けばロープになります。
シューレースが切れてしまった時の応急処置なんかにも使えますね。

ベストに直接ぶら下げておけない小物類なんかも、
このランラードの上からベストを着込む事で邪魔にならなくなります。
おかげでベストの前面がスッキリ!
ライントラブルもだいぶ減りました。




by sureyamo | 2013-11-28 09:43 | item | Comments(4)
2013年 11月 24日

2013丸沼〆釣行

今期の丸沼の遊漁も残すところ一週間を切りました。
そして多分、今日の釣りが今シーズンの丸沼ラスト釣行になるでしょう。



当日深夜。
毎度お約束になりつつあるのですが、3時にセットした目覚ましを見事スルー(-.-;)
それでも体内時計のアラームが30分遅れで起動?してくれたお陰で、今回もなんとか致命的な遅刻(…といっても、今回はピンなので誰にも迷惑はかけてません)にはなりませんでした。

いつもの道程を…これまたいつものペースで突き進みます。

高速道路の外気温時計は−2℃。
満点の星空が、これから訪れるであろう朝の放射冷却を予感させます。
c0095801_22492239.jpg
沼田インターを降り、しばらく進むと
兼ねてから工事中だった椎坂峠のトンネルが開通していました。
これで凍結路の峠を走るリスクは一つ回避できたことになるのですが、

私的には旧椎坂峠の登坂車線がなくなってしまったので
遅い車に阻まれた時の合法的なパスが出来なくなってしまった事だけが少し残念です。



今回は路面凍結の不安はほとんど無く
丸沼にはノーチェーンで到着。
c0095801_23084313.jpg
前回の雪景色を見てしまっているので、季節の逆戻り感をお憶えてしまうのですが
水温はシッカリ下がっていました。

もうすぐ禁漁なんですね。(しみじみ)



こう寒くなると釣り人の数も減っていると思っていたのですが
いやはや、元気なアングラーがいらっしゃります。
皆さん好きですね〜。

その殆どが、ウェーダーを履き込んだオカッパリ派。
満水でウェーディングゾーンが制限されていますから、こりゃ〜タカを括ってると目的の場所に入れないかも知れません。

案の定?真っ先きに埋まるのはメインのインレット。
自分はいつもの立木の角。
当然この日も一番乗り♪
c0095801_23205424.jpg
今日は風も穏やかで比較的(あくまで比較的)温かです。
こんな日は、やはりユスリカしかないでしょう。

シャローではライズも頻繁にありますから、今日はソフトハックルデー…かな。


至近距離のライズも多いのでツーハンドを繋ぐ前に
まずは5〜6番のスウィッチロッドで様子見。

投げ始めて数投目。
反応は早かったのです。

この時パイロットフライで結んだゴールドボディの10番ソフトハックルが
どういうワケか馬鹿当り。
(他のフライも試したのですが、結局は終日コレだけで済んでしまいました。)

c0095801_8204262.jpg
このニジマスは44cm。

14ftの8番手の相手としては物足りないモノがありますが
11ftの5〜6番スウィッチでのヤリトリは、当然エキサイティングです。
それはもう癖になる面白さ。


魚は自分の直ぐ目の前まで頻繁に回遊(ライズ)して来るようですが
こいつらは意外に食いません。

沖合から連れて来た(笑)魚達が手前まで追って来て
慌てて食うパターンが多かったように感じました。

フォール中でのアタリも多かったかな。

ただし、鋭いショートバイトのほとんどが乗ってくれません。
マラブーなら対策品もありますが、ソフトハックルの場合はサイズを落とす事くらいしか考えつきません。
しかし今回は、サイズを落とすとアタリの数が激減。
リアル思考より存在感ということなのかしら。

前々から気にはしていたのですが、沈下中とリトリーブ中のフライの姿勢(尻下がり)が怪しい…と気付いたところで
どうしようもありません。
ということで、これは来年の課題。



そんな感じだけど、取れるアタリだけでも結構な数。
すると人もボートも(笑)自然と寄ってきます。
廻りはあまり釣れてないのかな??。


一艘のボートがちゃっかり(案の定?)射程まで入って来たので
ここで主砲(ツーハンド)に持ち替えて威嚇射撃(爆)
c0095801_23432155.jpg
ついでに(笑)今日一も出ちゃいました…の54cm。


ちなみに今回もラインは全てフローティング。
満水で全般的に浅い場所がポイントになっていることや、活性の高い時間帯(適水温で表層を回遊してくるケースが多い)を効率よく釣ることを考えるのであれば、僕はインタミよりもフローティングをお勧めします。
根掛かりのリスクはないし、キャストもラクです。
※活性が落ちて来たり、風が始終吹いている時にはシンキングラインに歩がありますけどね。


気がつけば昼食も食わずで…時計の針は三時を回っておりました。(-.-;)
お天道様も、後少しで山の陰に隠れそうです。

そうなったら気温は一気に急降下。
釣りは魚との知恵比べから、寒さに対する我慢比べにシフト。
c0095801_23455761.jpg
まぁそれにしても、ボート釣りのマナーは最後の最後までガッカリでした。

ワカサギを釣ってるワケじゃないのに(笑)何故かポイントの真上に係留したがるボートマンは多いですね。
湖底の形状やローカルポイントが読めていないってことなのでしょうけど、様々なアプローチでポイントを共有する以上、最低限の気遣いが欲しいものです。


結局最後は投じたルアーが倒木に引っ掛かってしまい、それを回収するべく
あろうことか倒木に横付け。

倒木ギリギリをタイトに攻めてる自分のモチベーションを木っ端みじんにするには
充分過ぎる出来事でした。


こんな事もあって、まだまだ投げ足りないトコロですが
早めに納竿を決断。



ただ…僕が退いた後直ぐに他のフライマンの方が殺到?!

入りたかったんですよね…
粘っちゃってゴメンナサイ。(-.-;)

c0095801_23460478.jpg
また来年宜しくお願い致しますよ。
ロクマルに成ったら、また釣れてよね〜♪


丸沼で出逢った全てのアングラーの皆様
今年もお世話になりました。

また来年も、この丸沼の湖畔(発券所の列で)でお逢い致しましょう。
それまでお元気で♪
c0095801_23460127.jpg
おしまい



by sureyamo | 2013-11-24 23:04 | Lake fishing | Comments(6)
2013年 11月 14日

冬将軍

c0095801_1054739.jpg
正直、とんでもない日に来てしまったな…というのが本音かな。


関越自動車道、沼田インターを下りる頃にパラパラと舞い始めた降り始めた雪も
片品村に差し掛かる時には路肩の景色を銀世界に塗り替えていました。



それでも、まだ山のたっぷり残ったマッド&スノータイヤ+四駆いう事もあって、然したるペースダウンもしないままに登って行くのですが…
思いのほかに滑る四輪。

しかたなく丸沼スキー場の駐車場でチェーンを装着。

ペースを落とすことなく走り始めたのですが…
大尻沼湖畔付近の中・高速コーナーで出過ぎたテールの収拾が追いつかず
そのままクルンと180度スピン。

対向側の側溝にリアタイヤが脱輪する直前で無事に止まってくれたから良かったものの…

こんなとこで、この程度のスピードでスピン?なんて(-.-;)
焼きが回ったのか…有り得ない。
 
まぁ…そんなこんなで、慎重に丸沼の湖畔道を下りて行きました。
c0095801_22513851.jpg
駐車場で、いつも当ブログにコメントを書き込んで頂いている『栃木のFFマン』さんと合流。


挨拶もソコソコに入漁券を購入して、気になる現場に向かいます。




沢水は刺すような冷たさですが、やはり…と言うか、水温はこの時期にしては幾分高い気がします。
今年の夏の蓄熱が尾を引いているのでしょうね。

ただ外気温だけに関しては厳冬期並み。
いやはや、こんなの11月の寒さではありません。
少しでも水に浸かってしまったラインやリールは、あっと言う間に凍り付いていきますから。


早朝にはソコソコ見られたライズも
時間の経過とともに消沈。
それでも日が高くなってくれれば、ユスリカの羽化が始まって
少しは活性もあがるハズなんだけど…

お天道様は厚い雪雲に阻まれたまま。
c0095801_1055115.jpg
なかなか顔を出してくれそうもありません。
寒さも相まってモチベーション維持もままならない状況に…

そんな中、待望の一匹目がヒット。
c0095801_22523876.jpg
リトリーブのスピードを落とした途端に食ってくれました。

活性は高くは無いようです。

その後もデッドスロー、もしくはフォールでそれぞれひとつづつ追加は出来たものの
サイズは到底満足いくものではありませんでした。
c0095801_22515745.jpg
あまりにソフトハックルへの反応が鈍いので、今年実績の出ている白系マラブーに結び替え
様子を見ることに。

戯れるような手応えはあるものの、なかなかフッキングまでには至りません。
最期は鉄板カラーでもある茶系にしてみたところ
c0095801_22522128.jpg
ようやく…の一匹。

その後、恐らくは今日一になるハズ(笑)だった一匹に
ティペットを食いちぎられ(-.-;)

3時過ぎまで振り倒すも
これ以上状況の好転は叶わないと判断し、今回はここで納竿としました。

この寒さが継続すれば月末ほど期待できるかも知れません。
あと一回、頑張って来ちゃおうかな。
c0095801_1055738.jpg

さて、ここで
残りのシーズンを丸沼で計画されている方に注意です。

特に今年は路面の凍結には注意です。

一見するとスノータイヤでも
ゆっくり走れば行けそうな気がするのですが…
これに騙されてはいけません。

完全凍結してしまった上に新雪が乗っているにすぎない状態です。


面圧の高い細タイヤのマッド&スノーを四駆で回しても
ほとんどまっすぐ走ってくれません。

スタッドレスタイヤも過信しないで下さい。

お越しの際はチェーンは必着でお願いします。
僕はもう四輪に履かせたいくらいです。

趣味で色々な雪道を走っていますけど
本当に注意して下さい。

決してオーバーな言い方ではありません。
宜しくお願い致します。



by sureyamo | 2013-11-14 10:06 | Lake fishing | Comments(4)