Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

スパイク付き金属チェーン

c0095801_16233604.jpg
今年の丸沼釣行ではスタッドレスタイヤの無力さと共に、改めて金属チェーンの重要性を思い知ることとなりました。
そこで今回は巷で『最強』と噂のハイパワーチェーンを購入。

次に同じような状況下に陥ったとしても焦らずに済みますし…
もしこれで尚も何かがあったとしても諦めがつく(笑)というものです。

『スパイク付金属チェーン』
市販されている自動車用金属チェーンでは恐らく最強でしょう。

僕のジムニーに履いているタイヤの適合品は定価で¥24200。
某有名オフロードショップのwebサイトでも¥15000は下らないという
金属チェーンとしては価格面からも最強?なのですが(笑)

なんと製造販売元の直販で¥8300?!。

それも送料と消費税が含まれての価格ということで当然即決。
メーカー仕事納め前日でのメール注文でも、二日後には着荷。
対応が早かったです。


立派な樹脂ケース付き(cainz製)
案の定…コレがビックリするくらい重いです(-.-;)はい。
c0095801_16233012.jpg
※調整前なので連結部分が間伸してますけど(笑)ご愛嬌。

ラダーチェーンよりは重い…と言うだけで装着に関しては普通。
乾燥路面なら慣れれば片輪で5分(掛かり過ぎ?)くらいでしょうか。

スパイクがついている分、ヨレ具合が明確になるので
案外、一般的なラダーチェーンよりも履かせやすいかも知れませんね。
c0095801_16233202.jpg
普通の圧雪路でしたらオーバースペック?!
間違っても、こんなので踏まれたくありませんよね。(-.-;)



基本的に凍結路面はケースバイケース。
特に山間部ではコーナー毎に路面状況がコロコロと変化するのは当たり前です。
それなのに…

『氷に効く』とか、巷に溢れるCMを鵜呑みにスタッドレスタイヤを過信して、アイスバーンでもすっ飛ばす輩が多いですね。(スタッドレスを履いてても刺さっている方達は、概ねこの類い)



僕も雪道の運転は嫌いではありません(…というか、むしろ好き)。
タイヤは滑ることを前提で、全ての操作を丁寧に…前倒しにしてやれば
そんなにビビる必要もありません。

それが適わないのであれば悪い事は言いません。
慎重にゆっくり走るしかありません。
c0095801_16231967.jpg
以前も記事に上げたICEMANをリアに履いた四輪装着であれば
大概の公道ならナンとか、よほどの事が無い限り生還は可能でありましょう。

基本は駆動輪に装着するチェーン。
四駆の場合は全輪装着が理想的であるとしても、前輪後輪のいずれにかに装着するのであればどちらが良いのでしょう?。

発進時のトラクションやエンジンブレーキを効果的に活用しようと考えると、駆動輪である後輪(ジムニーの場合)に巻いた方が理にかなうのですが、なにより最後まで操舵性を失いたく無い自分の場合、前輪に巻くようにしています。

これは(ジムニーの場合)リアタイヤ内輪側のクリアランスが少なくて、タイヤによってはチェーンが干渉する場合があるのと、なにより装着もラクなことが理由です。


ただ…その副作用として、コーナー入口でハンドルを切った瞬間からリヤの荷重が抜けるわけですが、その時に車の荷重が残っている方向に向かって後輪は簡単に滑り出します。
直ぐに当舵を入れないと簡単にスピン状態に陥ってしまいます。

馴れてスライド量がコントロール出来るようになると、逆にハンドルを切る手間が省けるので(笑)
これはこれでラクなんですけどね。

『どちらに装着するか』については賛否両論あるようですが、いずれの場合も、ゆっくり走ることが前提であればどちらでも構わないとは思います。


by sureyamo | 2013-12-31 16:48 | item | Comments(8)