<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 27日

ライズゲーム イン 渡良瀬


c0095801_23241905.jpg
GW初日の26〜27日の二日間

渡良瀬川桐生地区にて
Flux主催

ライズゲーム イン 渡良瀬

を開催いたしました

これは広く多くのFFM達に少しでも渡良瀬川のライズゲームを堪能して頂きたい…という思いから
ベストシーズンを迎えた渡良瀬川桐生地区を舞台にライズを巡るツアーとして
Fluxさんのバックアップの元、企画したものでした

そして今回このイベントでは僭越ではございますが
僕がツアーガイドを担当させて頂きました

なにせ告知から締め切りまで一週間(笑)という前代未聞な

突貫企画!

人なんか集まらないんじゃないか?という心配もありましたが…

結果として
三重、長野、神奈川、埼玉、そして地元群馬から総勢6名の参加者を従えて
なんとか開催まで漕ぎ着けることができました

感謝感謝であると同時に
見えないプレッシャーがヒシヒシと肩にのしかかって来ます
c0095801_23245772.jpg
ここの来て、ようやくベストシーズンに突入した渡良瀬川桐生地区のライズゲームなのですが

二日間とも好天に恵まれたものの、同じ状況が二日と続くことはなく

大方予想はしていたものの
日替わりで変化するヤマメの活性と水生昆虫のハッチには終始翻弄され続けたのでした
c0095801_08471546.jpg
ライズに対峙する前に、下流のライズに影響の出ない流れでのワンポイントアドバイス
しかしながら当方、目の覚めるような(爆)スーパーテクニック等神業の類いは

残念ながら持ち合わせておりません(-.-;)

(そーゆーの期待されていた方…誠に申し訳ありません)


この釣りで一番大事なのは
フライとティペットの置き方と…

さらに付け加えるとするならば、可能な限りのロングドリフト
これに尽きます

理想的な置き方が出来るのであれば
どんなアプローチでも正解であると僕は解釈しています。

ただ…

下手な鉄砲も数撃ちゃ…って感覚だけはココのヤマメではタブー

投げれば投げるほど魚は警戒し…
仮にライズは止まらなかったとしても
警戒した魚は食い方が浅くなるから掛け損ないやバラシが多発

まぁ…そこまで追い込んだのは
他でもない自分自身であることを自覚すべきなんですけどね
c0095801_23260391.jpg
水温であり、気温であり、風向きであり
本当にちょっとした微妙な変化が魚達に与える影響は計り知れません

ましてや、この位の規模の川となれば
魚さえ居れば、いつ行っても釣れる‥‥
なーんてことはないわけで

渡良瀬川では当代著名な諸先輩方がスクールを開催したがらない?理由も頷けたりします
c0095801_08485933.jpg
事前調査では、もっとも期待されていたポイントも
フタを開けてみれば想定外?にシビアな展開

この場所におけるライズとの間合いも、おおよそ17ヤード前後
初参戦の皆さんには苦戦を強いらせてしまいました

今こうして当日の状況を総じて振り返ってみると
この日はライズと対峙することが出来ただけで良かったようです

c0095801_23262839.jpg
ガイドとして僕の最初のお仕事は、ストマックサンプルを採取すること!

えっ

お前が釣ってどーすんだって??
いやいや…ほらぁ(-.-;)そこは仕事ですからぁ

ねぇ


オオクマも一段落し、メインの流下はガガンボとフタバのイマージャー

大概の場合、偏食と言うよりは流下比率なので
多少はフライが違っても(程度はありますが)何とかなりそうなもんなんですが…(-.-;)
c0095801_08494392.jpg
結局はライズを求めて団地裏、市民広場と名所を渡り歩き

この日、参加者全員というワケには行かなかったものの
計6匹ほどのヤマメの顔は拝むことが叶いました



夕食は桐生名物“ソースかつ丼”に舌鼓を打っていただき、温泉に浸かり

ビジネスホテル内のスナックを貸し切って恒例のプチタイイングの後は

速攻撃沈!
c0095801_23270112.jpg
明けて翌日

増員メンバーを含め
流石にこの人数を従えてポイントを廻る訳にはいきません。

前日に『釣れてない組』と『釣った組』に分け

『釣ってない組』は
比較的ライズの多かったポイントへ直行する
イベントスタッフのゴリさん引率の
鉄板班

既に『釣った組』は
全く情報のないポイントに強制送還
玉砕班

当然コチラは僕が介錯人(笑)を請け負います。



…以降、玉砕班のレポート…

朝一で僕らの班が向かった先きは
噂通りの沈黙

再びポイントを移動し

今年一度もライズを見ていない
いつものポイントへ向かいました

c0095801_23272662.jpg
すると、何と言う事でしょう。
あろうことか

ライズ
してる(-.-;)

それも一つや二つではありません。
無欲(?)が呼び寄せた奇跡なんでしょうか

テンションは一気にMAX

c0095801_23280062.jpg
一番遠方からのお越しで
去年のスクールにも参加していただいたYさんに決めて頂きます

これはもう写真を見て判る通り
水面はでろ〜んでろんにヨレています

如何にも渡良瀬らしい川面。
こういう流れのセレクティブライズを捕ることこそ、この川一番の醍醐味です

(昨晩は、うなされた参加者も居たようですねぇ)

c0095801_23281844.jpg
でもウチの(元)生徒さんは、皆さん(元々)優秀でございますから
ココ一番は“バシッ”と決めてくれます

ついつい感情移入して、自分が釣った気分になってしまいます
c0095801_23291954.jpg
さらに地元の仲間でもあるN君に決めてもらいます

本流ライズゲームの経験値を着実に稼いでいる彼ですから
安心して見ていられます
c0095801_23295955.jpg
26cmのスレンダーな美ヤマメ

水の濁りが取れてから撮影すれば良かったなぁ…と少し反省
(でもいっか、俺が釣った魚じゃないし…ぷっ)

c0095801_23302835.jpg
ふぇ〜
ナルホド…こんなの食ってるんですね。

昔っからいっつもそうなんだけど
必ず一匹はシマトビケラのピューパが入ってるんですよねー
なんでだろー??

c0095801_23310455.jpg
玉砕班のトリを決めるのは
激戦区の桂川をホームにするMakoさん



彼と釣りをするのは、今回が初めてですが
桂川で得た豊富な経験が、ここ渡良瀬川で通用するのか

お手並み拝見♪

c0095801_23313842.jpg
仕事はえ〜(-.-;)


魚の動きを予見したフィーディングレーンの読解力は大したものです

その対価は29cmの見事な体躯

いーなぁー
俺だって今年はまだ

こんなガラの悪そうな上から目線のヤマメ

釣ってないぜ〜(-.-;)
c0095801_23320636.jpg


結局、玉砕班が二日目も釣りまくってしまったのでした


…レポートおしまい…

この日は漁協の成魚放流日ということで
各放流ポイントは大盛況

全員が、その恩恵に預かることはなかったものの
皆さんには新旧のヤマメ入り乱れた渡良瀬川で

終日精一杯振り倒して頂きました

c0095801_23323439.jpg
最期には、去年スクールに参加して下さった二名の(元)生徒さんとも
現地で合流し

なおかつ、放流作業を終えた当該漁業組合長夫妻とも共に
尽き果てぬ釣り談義に花を咲かせ

今回のイベントも怪我人もなく
(傷心した人は居るかも知れませんが…)

無事終了いたしました
c0095801_18081420.jpg
食べてる時だけは、全員静かです(爆)

あれ、N君の注文したカレーがまだ来てない…



ともかく

参加下さった皆様、お疲れさまでした。
またこれを機に、渡良瀬川にも足を運んで下さいますことを切に願っております

皆様、素晴らしいGWをお過ごし下さい




by sureyamo | 2014-04-27 23:37 | River fishing | Comments(2)
2014年 04月 23日

吉報


c0095801_17240791.jpg
上流に放たれ落ちた成魚は、

ある程度深さがあって流れのない、こんなトコに溜まっています。


付近にはカワウの姿が頻繁に見られるものの

毎年この場所でのライズは確実に望めます。





行ってみると案の定

白昼堂々

沢山のヤマメがライズリングで水面をくゆらせていました。



もちろんここは放流区間外(おまけにC&R区間外でもあります)ですから

一見さんが入ってくることは、まずありません。



今回はこんなポイントのヤマメ達と

ゆっくりとライズでの対話を楽しむことが出来ました。
c0095801_17242983.jpg
平均サイズは25cm前後

これだけあれば、引き味を楽しむには充分です。


この日のヤマメ達は

川底から水面の流下物目掛け、迷わず一直線

…って感じで上がってきます。

これ以上釣り易いライズもありません。




水面にはミッジやらフタバやら、大量の流下物が流れていましたが

ライズの主は大き目なオオクママダラのフライに

次々と反応してくれました。
c0095801_17244554.jpg
4匹釣るのに、ものの30分も掛かりません。


良く観察していると

ライズによってはフライをジックリ観察する仕草も見られたりするので

もしかして誰かに一度は釣られているのかも知れませんね。


まぁ、その位のキャラクターの方がゲームとしては楽しめますけどね。
c0095801_17245252.jpg
調子こいて追い込むと

後々自分の首を絞める事になるので(笑)今回はココまで。

『今日一』の26cmで〆です。
c0095801_17252632.jpg
この調子だと

まだまだ、人知れずライズしている場所がある筈です。


次回は一番気になるあの流れに張り付いてみよう!



by sureyamo | 2014-04-23 17:25 | River fishing | Comments(2)
2014年 04月 21日

再びの沈黙

c0095801_18502706.jpg
ようやくライズも安定したかのように思われた
渡良瀬川桐生地区ですが

雨による増水以降は
再びパッとしない日が続いています。

時間になれば羽化はそこそこに始まるものの
この時期なら、もう少しあっても良さそうな感じがしますけどねぇ。

そんな中で見られるライズも、そのほとんどが散発的なモノばかりです。
ちょっと他のライズを探し廻った方が良さそうですね。

本来、魚釣りというお遊びは
魚(ライズ)を探すことから学ぶべきなのでしょうね。

そういうのを含めた総合力こそ
真のフィッシングスキルと考えます。


まぁ渡良瀬川でしたら、過去の実績から
幾らでも心当たりはありますから

いずれ吉報をお伝えできるとは思います。

c0095801_18501169.jpg

話題は変わって

先日の週末は、地元を流れる三波川を偵察してきました。

近所に住んでいながら、一度も訪れた事が無かったのですが
意外に奥が深い渓谷でした。

叩き上がりの釣りなら遊べる場所は幾つかありそうでしたが
先般の雪の影響なのか、杉の倒木等で渓相は荒れていました。

結局、ズイズイと林道を突き進んで
東御荷鉾林道(支線)に合流

林道アタックとなりました(笑)

スーパー林道に合流すべく突き進むと

残雪の自然ゲートによる通行止めとなりました。
c0095801_18505012.jpg
こういう林道も、少しずつ舗装化(必要性を疑ってしまうような)が進み

やがて消え去る運命になるのでしょうね。

そんな事を考えながら、来た道をトコトコと戻ってきました。


by sureyamo | 2014-04-21 18:51 | River fishing | Comments(0)
2014年 04月 15日

オオクマ祭り


そろそろ来る頃かなぁと、そんな予感めいたモノはありました。


11時30分。


待ちに待ったオオクママダラのまとまった羽化。

チャージされたばかりの成魚ヤマメ達も、この流下劇には挙って水面に浮いてくれました。

今年の渡良瀬のオオクママダラカゲロウはチョット小振り。
…とは言え、同時期同時刻に羽化する他の水生昆虫と比較すれば
その存在感は圧倒的。

ヤマメ達は、本当にこの虫が大好物なんですね。

真っ昼間の羽化=真っ昼間のライズっていうのも溜まりません。
c0095801_18414979.jpg

幸運にも、こんな機会に初陣を飾ったのは、秩父のカリスマ美容師でもあるコチラの方。

僭越ではありますが、お昼前後のひと時をご一緒させて頂きました。




初めての川で、なおかつこの手の本流は、あまりご経験がないとのことで

不安と期待で胸いっぱい(笑)だったのではないでしょうか。
c0095801_1842038.jpg
水面を割るライズリングの数が次第に増えて行きます。


帆立て流れるダンが目立ち始める中、最初のうちは水面を割るように始まったライズも

時間の経過と共に水面直下へと移行。

オオクママダラを捕食しているとは言え、ステージを意識したパターンに替えていかないと
ライズに全く相手にしてもらえなくなります。


ただ、そこは百戦錬磨の彼のこと、余計な心配は無用というもの。
c0095801_18424509.jpg
キッチリと仕事をこなすあたりは流石ですね。

さてさて本流のライズフィッシング…如何だったでしょうか?

彼にとって、新たな刺激になったようですから
今日の教訓を彼のホームで活かした結果を期待して待ってます!

こんなゲームが、あと一週間くらいは楽しめそうですね。


by sureyamo | 2014-04-15 22:50 | River fishing | Comments(2)
2014年 04月 13日

遅い春

c0095801_8265046.jpg

終日子守りの予定だった日曜日。

予想外にも素晴らしい釣り日和となってしまい、矢も楯もたまらず、
お昼を挟んだ前後一時間だけ実家の母親のトコロにチビを預かってもらって
渡良瀬川のライズ戦線に参戦。

この区間も、一応は上野村神流川と同様のC&R区間になるのですが
川のスケール、区間全長共に単純に比較はできません。

すでにご承知の通り、C&R区間=常に魚影が保たれている=釣れて当然!
的な考えで望むと手痛いデコピンを食らう羽目になります。

この川には『たまたま』とか『偶然』とか
あんまり期待しない方が良いです(笑)


あくまで魚の密度は、ごく普通の一般河川並み。

もともと、区間設定以前から潜在的なリリース率が高かった川ですが
設定後は以前にも増して賢くなったヤマメ達に手を焼きます。

釣りの難易度は魚影の濃さとはなかなか比例しません。

スレ切って、本物の虫さえも疑るような慢性的なライズや
ティペットを極限まで細くしないと相手にしてくれないような厳しい展開は
それはある特定な激戦ポイントだけの話。

自分の足を使って、魚(ライズ)を探す労力さえ惜しまなければ
流下に従順無垢なヤマメ達に必ず出逢えるものです。

どちらも楽しい釣りであることに変りはないんですが
小難しい釣りは、すでに食傷気味な僕が選ぶのは
断然後者です。

こんな風にポイントの見切り替えてから
グッドコンディションの尺ヤマメに出逢える確率も一気に高くなりました。

巷で言われているほど敷居の高い川ではないので
臆することなく、どんどんチャレンジしてもらいたいものです。

c0095801_20561524.jpg
生憎(笑)この日は成魚放流日と“かち合って”しまいました。

川と平行する峠道沿いから放流箇所の人垣を横目に
向かう先きは、当日放流されていない橋下。

まぁ、こんな日は焦らなくても誰もいませんから…(笑)


サクラも散り、周囲は春全開。
だけどどうも、川の中は少し季節が遅れているようです。

ハッチはあるものの
魚達に引き金を引かせるほどの勢いは、まだ足りないように感じます。


c0095801_20562290.jpg
ライズがないことには話になりません。
放流地点の下流部で、あまり人が居ないポイントへ移動。

今の季節なら、午前中はガガンボ。
お昼前後はオオクマで、あとは無難にフタバで良いと思います。



ただし、ガガンボって早い時期から率先して食われるようですけど
他のハッチと重なってくると、割りとスカされる…そんな印象を昔から持っています。

ナ二が理由なのかは魚に直接来てみないことには判らないのですが
単純にハッチしている虫に合わせていれば釣れちゃうワケでないトコロこそが
この釣り、マッチ・ザ・ハッチの佳境ですもんね。


まぁ、そんな感じで首尾よく始まった“無垢”なライズを
今回の同行者N君と二人でパッパと片付けて…

僕だけは子守り戦線へ復帰したのでした(笑)
c0095801_20562500.jpg
もう少し学習が進んで、捕食のスキルも向上すれば
来週あたりから更に面白くなるでしょう。

ルースニングも楽しいですけど
ライズさえ始まっちゃえば、やっぱりドライフライが一番萌え〜ですね。




by sureyamo | 2014-04-13 20:56 | River fishing | Comments(0)
2014年 04月 13日

今回は手堅く…

念願の(笑)終日釣行が叶いました。

ここに来て、ようやくライズが見込める水位に落ちてきた利根川本流をやるか

はたまた、水位は若干高いモノの勝手知ったる渡良瀬川桐生地区に入ろうか…

最期まで散々悩んだ挙げ句、今回は終日魚と向き合いたい…と、そんな思いから

神流川C&R区間に決定しました。

奇しくも、この三つの釣り場に掛かる所要時間は、今の住まいからはほぼ一時間。

そんな事もあって、出発時間ギリギリまで悩んでしまいました。

気がつけば7時過ぎ(-.-;)


急がねば!!
c0095801_22225365.jpg
前回の釣行時とは明らかに魚影の濃さが違いました。(笑)

魚の活性も上々で、割と浅い瀬にもその隊列が見えます。

何かしらの流下が始まると中層から上にも出てきますし、当然ライズしたりもするのですが
それでも圧倒的に捕食のステージは9割以上が水中といった感じです。

ドライフライ信奉者でなければ、やはり今回の攻略も
ニンフィングがもっとも手堅い攻略手段になりそうです。

今回は『新しいマーカー』と『ルースニング用リーダーシステム』を試したかったこともあったので
丁度良かったです。
c0095801_22241507.jpg
今日は魚も良く見えるので、あくまでマーカーを追いながらも
視界の中の魚影の動きにも対応できました。

魚が上ずっている時はマーカーに反応してしまうので駄目ですが
中層以下に定位している時は、まさに独壇場。

おまけに魚も大きいのから釣れてくれる。
(コレは狙ってるからですが、狙った魚が反応してくれる確率は非常に高いです)

ヘアーズイヤーとフェザントテールのローテーションで
瞬く間に『ツ抜け』を達成。

僕の回りのフライマンも最初は一様にドライフライでしたが
気がつけば皆さん、マーカー付けていました。(笑)

しかしながら、魚へのインパクトもドライフライなど比較にならないほど強いので
ミス(魚がフライを食っているに気がつかない)が続くと“あっ”という間にフライにスレてしまうのも事実。

沈めるフライ全般に言える事ですが

『油断は禁物』なんですね。
c0095801_22224962.jpg
今回テストした新しいマーカーはタイトループでもノントラブル。

大きさと視認性も良かったので、思わず合格!と言いたいトコロでしたけど…

残念ながら浮力がイマイチ。

リーダーシステムに関してはキャスティングまでは良かったモノのドリフトが駄目。

ここら辺のバランスは『万能』というようなワケには行かなそうです。(-.-;)


う〜ん、奥が深いカモ(-.-;)

結局、終日出来る釣りでしたが

三時を前にお腹いっぱいになってしまったので(笑)早めに上がってしまいました。

ただ今になって(深夜)少し後悔してます(-.-;)


by sureyamo | 2014-04-13 00:04 | River fishing | Comments(0)
2014年 04月 05日

質実剛健

c0095801_21190453.jpg
正に質実剛健を地でいくようなフライリールが日本初上陸です。

CHEEKY

聞き慣れないブランド名ですが、ソレもそのハズ。
まだ4年前に生まれたばかりの新しいメーカーなのです。

巷に溢れるフライリールは、どれも何処かで見たようなデザインだったりで
似たり寄ったり…といった感が否めません。

もちろん、今回紹介する“CHEEKY”も、そんなリールの一つにはなるのですが。

奇抜、斬新なデザイン!!というワケでもなければ
特に軽量!!!!というワケでもなく…

強いて上げるとするならば、各モデルで二づつのフレーム色とスプール色が用意されていて
それらを組み合わせる事で4パターンのカラーバリエーションが出来る!
というところでしょうか。
c0095801_21190945.jpg
手にした瞬間、シッカリ感が伝わってきます。
無骨というか、骨太というか。

色以外、地味な印象で、正直新鮮さは無いかも知れませんが、頑丈で壊れにくく
地味だけど飽きのこないモノって


道具としては末長く連れ添えます。


c0095801_21190899.jpg
フレームの曲線的なカットが色っぽいですね。
やはり一番特徴的なのはカラーですね。

MOJOというモデルの場合シャンパンゴールドのフレームにターコイズブルーのスプールでの組み合わせがあります。
僕も一応、本職はデザイナーなのですがこういう色の組み合わせ方は、ちょっと思いつきません(笑)
スプールはそんなに幅広ではなく、ラージアーバーとしてはスマートです。
ただその分、大口径になっています。
実際にロッドに付けてみると、大口径に、このカラーリングはかなり目立ちます。
僕は好きですね、そういうの。(笑)

スプールの穴はスクエアで大胆に肉抜きされていて一般的な『丸穴』よりも格段に軽量になっていますが
好みの分かれるトコロ。
ただ今風ではあります。

現在日本ではFLUXのみ取り扱っております。
興味がある方や、もっと詳細を知りたいという方はHPに飛んでみて下さい。

完全密封式のドラッグシステムは
公称ではメンテナンスフリーを謳ってます。

ドラッグの調整幅はツマミ二回転+α。

メーカーのパンフレットはソルトウォーターのイメージが前面に押し出されていて
ドラッグ性能にかなり自信を持っている、という事でしょう。

低番手から高番手まで、一律で同じドラッグシステムが採用されています。
メーカーによっては低番手と高番手でシステムに差を付けているモノもありますから
そういう意味では良心的かもしれません。


※その為なのか判りませんが、低番手用のリールは若干、重めになってしまっているようです(-.-;)




c0095801_21190082.jpg
























by sureyamo | 2014-04-05 21:25 | item | Comments(2)