<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

晩夏の湖

c0095801_06234931.jpg
朝夕こそ、肌寒くなってきたものの
夏の余熱を充分に溜め込んだ表水温は、まだまだ鱒達の適水温には程遠い

そんな晩夏の丸沼であるが
何故か、ココ最近は良く釣れているらしい


八月は“竿休め”を決め込んでいたのだけれど
そんな噂を聞いてしまうと矢も盾も溜まらずに…
気付けば週末の深夜、降りしきる雨の17号線を北上していた

一気に高度を稼ぐ山間部に差し掛かると、フロントガラスを叩く雨は深い霧へと変わり
湖畔に着く頃には、そんな霧さえも晴れてしまった
c0095801_06233585.jpg
発券一時間前到着

車から出ると少し肌寒い
雨上がりの湖畔に佇む温泉宿から立ちのぼる湯気が
この寒さが“気のせい”でないことを視覚的に証明しているようだ


発券場に並ぶ人達も、よくよく見れば知った顔ぶれ
そんな方々と拙い世間話を交わしていれば、一時間なんてアッと言う間




とりあえず今回は“温泉スリット”から様子をみることに

前回釣行時より水位は若干上がっていて、思うポイントが微妙に届かない。
フライを投げ入れようと焦れば焦るほどループは乱れ、結果距離も出ない。

気が付くとディープ過ぎるウェーデングで腕はびちょびちょ
肘を上げないと濡れちゃうくらい立ち込んでいるのだから
上手く投げれなくて当たり前か(笑)
c0095801_06244449.jpg
スリット対岸の天然釣り人さんは快調に魚を掛け続ける

丸沼の常連さんの中で、岸からのウェーディングでここまで釣る方を僕は他に知らない
いくら勝手知ったる…とは言え、つくづく『天晴れ』としか言いようが無い

魚運もお持ちなのだと思うが、それを遥かに上回る行動力と探究心は(無礼と知りつつ)お年を全く感じさせない



最近の僕のスリット攻略は、少々重めのフライとフローティングラインの組み合わせ…というのが定番
これは仮にタナがボトム付近だとしても変わらなくて、インタミを含めたシンキングラインは殆ど使わない(厳密にはカケアガリの斜度によって勝手に決めている)

実に“ありきたり”なシステムなんだけど、刻々と変化する状況を考えると
小細工無しのこのシステムが、実のところは一番実戦的…という結論に(私的)到達している


沈下の最中にリーダー部に発生するスラックを相殺してしまうほどフライの沈下が大先行なので、スラックに起因するアタリのボケも個人的には許容範囲。
…というか、むしろシビアなアタリが出るようにロスを最小限にしたところで
40m程先の微細な変化に対応出来る自信など、僕にはないのだから

このくらいアバウトで丁度よい(爆)
 

勿論、狙いはボトムである以上、根掛かり自体は避けようがないのだけれど
シンキングラインに比べれば、その確率は遥かに少なくなる

ちなみに『根掛かり』の原因の全てが湖底に介在する障害物だけではない…ということも知っておきたい
減水時に湖畔を注意深く観察して歩くと判るのだけど、泥底の湖底から僅かに突出した

『ただの底石(もしくは、ほとんど埋まってしまって僅かに露出している倒木の一部)』
実になんてことはないモノをハリ先が拾ってしまっている、ということが案外多いことに気付く

c0095801_06241070.jpg
いきなり…引ったくるようなアタリは、やはりボトムから
スリットのアベレージは40〜45cmといったトコロ

丸沼のニジマスのファイトは相変わらずパンチが効いてて
ネットに収められても尚、遁走を諦めない個体は、当然ヒレの欠損なんてのもない


こんな風に、いきなりドカン!とくるアタリの殆どは(前アタリに気付かず、イキナリ“来た”ように感じてしまうのだろうけど)
フライを飲まれてしまうことでティペットが歯で切られてしまったり…
さらには『合わせ』も効いていないことからフッキング自体が中途半端で割と
アッサリ、フックオフしてしまうことも多い

そんなことを繰り返し、朝のマズメ時だけでも結構な数の魚達を無駄にスラセてしまっただけに終わってしまった


ただそんな中、ボート乗り場のミヨ筋沖に入られたダブルハンドのフライマンのロッドだけは頻繁に曲がり続ける
沖からのフレッシュな群れが入ってくるポイントとして『良い目付け』なんだけど
このポイントで、こんなに頻繁に釣っている様子は初めて見た

釣れているサイズから察すると、昨日放流した残党が
どうやらその付近に溜まってる印象

ただ…
そんな『一人だけ爆釣』劇を演じていると、回りのボート釣り師が黙ってません(笑)
一艘のボートがチャッカリ近づいた途端、さっきまでの爆釣劇は終了
…いや正確には、終止符を打たれたって感じ
c0095801_06223996.jpg
ボート釣りのルアーマンがスリットのポイント真上に集結
湖上でバタバタやられたら釣れるモノも釣れなくなるので
スリットは諦め、流れ込みに移動

ポイントを譲って頂き、いきなり一等地(笑)

このタイミングでアゲインストも吹いて来て、待望の湖波が発生
速やかにラインをスローインターに変更。
丁度良い群れが回って来ていたようで、中〜表層付近でアタリ頻発
ただ…当然乗せ切らないアタリはココでも多数(-.-;)

そうこうするうち、二艘のボートが急接近
お約束のアタリ消沈(-.-;)



しかしながら、お昼休み?でボート衆が湖面から姿を消すと
程なく遠のいていた魚信が戻ってくる

こんなことを何度も何度も経験していると
湖上のボートがどれだけ魚達に多大なプレッシャーを与えているか
岸釣りをしていると痛いほど良く理解出来る

(初めて丸沼で釣りをするなら、いきなりボート釣りではなく
最初は岸釣りで、キチンとマス釣りという遊びを根本から理解されてからボートに乗られることをお勧めしたい。これは周囲の為、強いては自分の為。)


人気のなくなった湖面に向かってフルキャスト
その直後、いきなり沖に向かって引ったくられたライン
半ば強引に止めよう…としたけど止められず(笑)バンキッシュは残りのランニングラインを一気に放出
その刹那、沖目で何度も飛び上がる巨体
c0095801_06243822.jpg
c0095801_06243393.jpg
ゴーマルちゃんゲット♡


その後も、この場で数匹釣っていると
いつの間にか視界ににじり寄る、さっきの二艘

もちろん、この時点でアタリは消沈
フライ着水点からの10mも離れていない湖上でウロウロされて
それでもフライを追うような図太く無神経な鱒などここには居りません

折角こんなに状況が良いというのに、こんなことが繰り返されると
非常に残念ならないのですが…悲しいかなこれが現実



その頃から雲行きが怪しくなり、ポツリポツリと天粒が…
c0095801_06242306.jpg
そんな『通り雨的』なお湿りも、程なくして去り
西日で温められ湿気を含んだ重量感のある大気が、一気に湖畔を包んでいる


今日のポイント選択で非常に重要なのは
魚は居るけどボートの居ないとこ(笑)

…ということで、僕は朝の爆釣劇のあったミヨスジへ

一艘のボートがドッカリ居座る間は、何のアタリもなかったのだが
そのボートがいなくなって間もなく、頑張って一番奥のブレークまで投げると
ちょくちょくアタリが出始めた

釣れてくる魚も一回りほど小型で、ヒレを含めたコンディションはお世辞にも良いとは言えない個体ばかりだった
当初の読み通り、これらは放流直後の個体にまず間違いないだろう

結局はこの場所での釣りを本日の〆とし、暗くなる前に納竿とした

振り返れば色々なことがあったけど…この時期にして、コレだけの数の魚信が得られる丸沼には正直ビックリ
今年の秋のベストシーズンを迎えるにあたり、なんだか過剰な期待をしてしまいそうである



ボート釣りのマナーについて

by sureyamo | 2014-08-31 06:25 | Lake fishing | Comments(14)
2014年 08月 16日

Summer day

c0095801_09214445.jpg
フライマン達の夏の日の過ごし方は人それぞれだ。

鮎釣りに切り替える人(今年の鮎釣りは良くなさそうだけど)がいるかと思えば、涼を求めて山岳渓流を渡り歩く方も多い。

はたまた解禁から飛ばし通づけて、ここにきて少しばかリ釣りから遠ざかる…
なんて方も僕の回りには意外に多かったりする。

僕も釣りという趣味を嗜むようになって、色んなスタイルでこの季節を乗り越えてきたのだけれど、49回目の夏の日の一日を日光湯ノ湖で過ごそうとしている。



15歳の夏休みだったろうか。

同級のフライ仲間と夏休みを利用して遠征釣行に出掛ける(守門方面)約束が、あろうことか出発数日前にドタキャン。
完璧にへそが曲がり切った僕を宥める為?か、急遽祖父母が一泊二日の奥日光に連れ出してくれた。

電車とバスを乗り継いで、向かった先きは湯ノ湖。
その日の釣りは午後からのボート釣りだったのだけど、今でも思い出せるほど脳裏に焼き付いた感慨深い釣りとなった。
翌日早々、宿を出発する予定だったのを無理言って午前中だけ釣りをさせてもらい…その際、時計を持っていなかった自分に祖父が腕時計を貸してくれた。
c0095801_09591373.jpg
その時撮られたスナップ写真の中の自分には、大人モノの腕時計が落ちないよう、腕までたくし上げられて写っている。
正に『腕時計』である。



あれから三十数年の時を経て…
優しかった祖父母も、既に他界してしまったけど
この夏の日に僕だけがこうして、この地に戻って来ている。

釣れる、釣れない
釣りになる、ならない…という選択肢だけが単に僕をこの季節、この地に駆り立てているだけではないらしい。








お盆に殺生は厳禁…と、一般的には言われている。

僕も以前、寺の住職に『C&Rの場合はどうなのか』真面目に聞いたことがあった。
そう…たしかあれは祖父の葬儀、火葬場の待合室だったと思う。

魚は釣っても逃がす。殺さない…という話をしたら妙に感心がられたりもしたが
やはり『血を流す』ことは生き死に関係なく、あまり良く無いということらしい。

フライの場合、よっぽども活性が高い場合で、なおかつアタリに気付かず口腔までハリが吸い込まれてしまった場合、もしくは運悪く舌にフッキングしてしまったりとかを除いて、魚が流血の惨事になることは意外に少ない。

…だから正当化するってワケでもないのだけれど、
僕は時間が許す限り、お盆であろうがお彼岸であろうが釣りに行っている。
真夏には、意外に大きなヤマメが釣れたりもするから余計。

ただ、人にはあまり薦めないようにはしている。
時として、余計なモノが憑いてくることもあるらしいからだ。

恐らくは今まで、僕自身も何かしらの障りも受けていると思うのだけど(笑)…
ソレを踏まえても、魚達との一期一会を想うと
僕の出す結論は毎年変わらない。


c0095801_09220308.jpg
そんなこと、知ってか知らずか…
なんだかんだと、お盆でも釣り人は多い。

この日、滝上には僕を入れて総勢10名ほどで釣り人の人垣が形成された。

僕を境界に右手はルアーマン、左手はフライマン。
共通して言えるのは、どちらも芳しく無い…ということ。

水面に描かれる波紋の正体は、体長15センチにも満たないホンマス達。
好奇心旺盛な彼らは、恐らくは水面下で執拗に疑似餌を追っているのであろうけど
サイズ故にフッキングまでは至らない。
たまに運の悪い個体だけが、スレ掛かりというカタチで釣り上げられてしまうようだ。
c0095801_09221079.jpg
おっ、少し大きいかな…と思っても
上がって来れば大概このサイズ。

それでも頻繁に釣れてくれれば、それなりに楽しいのだけれど…
そうもいかず…(-.-;)



ポイントのキーとなるのは、ブレイクライン付近で遊動する浮き藻の存在。
フライは必ずと言っていいほど藻の中を通すハメになるのだが、その際の手応えと魚のアタリが全くと言って良いほど区別がつかない。

当った!と思えば水草で…
水草か?…という手応えの20回に1回くらいが魚信…と、そんな感じ。

そんな中でも、ルースニング(どうみても浮き釣りなのだが)での攻略が
ココでは(やっぱり)最も理にかなっているようだ。

だから最も魚を釣っている方は、概ねそんな釣り方のフライマンになる。
c0095801_14160951.jpg
魚の活性が今ひとつ上がらない状況下や、ポイントが『点』の場合だと
リトリーブの釣りはかなり不利だ。


それでも…
この滝上では、時合になれば必ず数匹はビッグサイズが回遊してくることは
今までの経験上で判ってる。

フライのサイズを意図的に大きく、派手なタイプに結び直し
その瞬間だけに照準を定めて振り倒す覚悟をする。

ウェイトもシッカリ入っているので、今まで以上水草が絡んでくる確率が多くなったものの…

リトリーブする手が一瞬引き戻されたかと思ったら、
次の瞬間、もの凄い勢いでラインが走り出した。

読みは的中!

ローリングこそしなかったが、初速を受け止めた時の重量感でゴーマルクラスと確信。

SPポイントなのでランディングまではヒヤヒヤ。
ネットイン時、魚に向きが変わるキッカケを与えるとバーブレスはあっけなく外れる。
掛けてから取り込むまで、お互いの位置関係を極力保持したまま岸まで誘導。
そして浅場で確実にネットイン。
c0095801_09220707.jpg
c0095801_09221240.jpg
慎重過ぎるヤリトリって、一見格好悪そうだけど
これがもっとも確実なランディング手段。
逆に言うとランディングがラフな方って、普段からバーブレス使ってないことがバレちゃいますので(笑)お気をつけあそばせ。

ゴーマルの♂ニジ。
コンディションも悪く無い。

峠の向こう側にある湖では、ある程度釣り慣れたサイズではあるけれど
常連さんに『交通事故』と言わしめるくらい、湯ノ湖での遭遇確率は極めて低く
その分貴重。



で、これが釣れちゃうと次の二匹目を狙いたくなってしまうんですが…
これが実らないのが湯ノ湖(笑)
時間はお昼を少し回った時間でしたが、今回の釣りはコレで〆にしました。
※最初から、50オーバーが釣れた段階で終わりにするつもりでしたので!

二時後くらいにも時合いが来るんだけど、前夜に寝ないで来ているので集中力が限界。

好釣…とは言い難い夏の湯ノ湖。
されど気合いさえあれば、まだまだグッドサイズの魚の顔は拝めそうです。


これから実家に寄って、仏壇にお線香上げてくることにします。



by sureyamo | 2014-08-16 09:22 | Lake fishing | Comments(6)
2014年 08月 10日

ソルトゲーム?!

c0095801_00025113.jpg
ソルトゲーム

…と言っても、コッチ側ですけどね(笑)

久しぶりに、物置からスピニングリールを引っ張り出してきました。

最期に使ってから数年は完全放置でしたが
何でもかんでオークションで捌かなくて(笑)良かったです。

3lbのフロロも巻きっぱなしですけど
まだ大丈夫でしょう。



ダウンショットリグは初体験♪
c0095801_00025648.jpg
なんでもそうですが
新しい領域は全てが新鮮でワクワクします。


昔なら本屋にすっ飛んで行って、釣りの教本を立ち読みして来たものですが
今のご時世、情報はインターネットで幾らでも、好きな時間に入手できるのですから便利になりました。
(全てを信じるような真似はしませんが…)



たかだか、こんなショット一つに実に色んな形状があって
いかにも的なキャッチがあるようです。


たまに他の釣法に浮気すると感じるのですが
保守的なフライフィッシングとは温度差を感じざる終えません。
それが『悪い』とは思わないのだけれど…

合理性を求めた技術(ノウハウ)の進化というのは、とにかく凄まじいモノがあります。
(市場規模の違いなのかしら?)



まぁ、ある意味フライフィッシングという釣りとは
既に完成されている…と言えなくもないんですけどね。
c0095801_00025970.jpg
今やワームも餌を超えそうな勢い何ですね。

成分解なんて、もはや当たり前。
匂いだけでなく味まで付いている(笑)らしいです。

餌付けの際に、いちいちイソメに噛まれる思いをしなくて済むというだけで
僕的には、かなり敷居が下がる思い(笑)



余り知識を詰め込み過ぎてしまうと、逆に思考回路がガチガチになってしまいますから
最小限の仕掛けだけもって、後は現場で色々試して見ようと思います。

悩むのも楽しみですから♪

あぁ…いまから待ち遠しい!
c0095801_00030632.jpg



by sureyamo | 2014-08-10 00:03 | and others | Comments(4)
2014年 08月 03日

Tough conditions 3 中締め

c0095801_06425133.jpg
厳しいながらも、またこの湖に来てしまいました。(笑)

そして今回も、前回ほどでは無いにしろ
訪れる釣り人の数は大したことはありません。

早朝湖畔道を下って行く途中、二台の釣り人の車が止まっておりました。
見ると既に湖畔に降りて釣りをされている様子。

既に明るくなってはいるものの、発券まで一時間以上前。
丸沼の『現場売り』料金ってたしか倍額。
これって遠回しな言い方で…つまりはキチンと発券を待って釣りをして下さいね!って事だと僕は解釈しているのですが違ってるかな(笑)
概ね、入漁料倍額も厭わないお金持ちか
監視の裏をかいた確信犯(十中八九、後者なんだろうけど)のどっちかということで黙殺。
僕らはいつも通り、おとなしく発券を待つことにいたしましょう。

見知らぬ(笑)餌釣り、ルアーマンと情報交換しているうちに6時。
湖畔一番乗り(厳密には三番乗り)です。

今回は、スリットへ向かいます。
c0095801_07003209.jpg
最盛期ほど魚影は濃く無いのでしょうが
それでも常に数匹?は居着いているようで、終日見ていると数回はロッドが曲がっているのを見るポイントです。


今日は自分もその一人に仲間入り(笑)することを期待して
引き倒してみるのですが…



c0095801_07323436.jpg
あらら…
あっけなく願いが叶っちゃいました(爆)
アベレージサイズですが、ヒレが完璧で綺麗なニジマス。

ただ、手前に寄ってくるまでファイトらしいファイトは全くしてくれません。
重いだけで、木片を引っ掛けてしまったのと全く同じ感触。
暑さ(魚だから温さ?)で参っちゃったのかしら。

折角釣れてくれたのに、ちょっと申し訳なく思っちゃいます。

c0095801_06461394.jpg
ガラ空きなメインの流れ込みに移動。

もはや丸沼の朝のべた凪は
釣れない風景の代名詞ですね(爆)

今日は手前にニゴイの姿も見られません。
湖流らしい湖流を感じることもなく、風待ち状態。

最近、デジカメのAVCHDで自分のキャストを録画しては、夜な夜なフォームの研究?をしていて
いま、その資料を蓄積している最中なのです。
こんな朝のべた凪というシチュエーションは、録画にはまたとないチャンス。

風が出るまで(釣れなくても)休み無く振り倒します。
こんな事してるから、いつも翌日はヅタボロになっちゃうんだけどね。(笑)

c0095801_06462064.jpg
はい、風!頂きました(爆)

されど、そーカンタンには釣れませんね。
どうした事でしょう。(判ってるくせに〜)

前回はフィッシングキャップを釣り上げましたが
今回は木片ばかり。
回りの釣り人でロッドを曲げている方は…
僕と全く同じ状況のようです。

朝にお話ししたルアーの方も
沖合で一匹釣れただけ…とのこと。
c0095801_07560898.jpg
水位は更に下がりました。

水位にして数十センチ、岸から数メートルの程度の減水も
場所によっては数十メートルもポイントが奥に移動してしまう…なんていうのはザラです。

減水により岸から立ち込めるポイントは増えるから、魚を沖に追いやる結果にも繋がるわけだけど
今日に関しては、こんな弩シャローに魚っ毛はないんで関係なし(笑)



こんなことは滅多にしないのだけれど…
c0095801_06465004.jpg
休憩(爆)


川のライズを釣る時は、ライズが始まるまで、その殆どが休憩なんですが
湖を釣る時は休みなし。
いつ回るかもしれない群れが相手なので、当たり前と言えば当たり前。



…でもたまには、休んでみるもんですね。

ほどなく雷雲が出て来て、間一髪。
あっという間にザンザン降りです。


小降りになったのを確認し、釣り再開。
この雨が契機となって状況一変!
c0095801_06464085.jpg
なんて旨い話は、今回もありませんから…(笑)


雨が降ったら再び風が止んでしまい
魔のべた凪タイム再来。

管釣りだったら、こんな凪ぎでも問題なく釣れちゃうんでしょうけど
丸沼はそんなに甘くはありません。

朝釣れた状況を読んで、スリットの中ではなく
カケアガリを重点的に攻めると、再び木片の手応え。

c0095801_18023260.jpg
画像はイメージです(ぷっ)

…と思ったら、朝釣ったのと同じサイズのニジマスでした。(笑)
ヌターと腹を浮かせて寄って来たので油断してたらフックオフ。
直後に脱兎のごとく、またたく間に視界から消えて行きました。
ヤル気のなさも、また振りなのでしょうか?

さらにもう一匹掛けるもフッキングならず。

フライのサイズを落してから魚信が来ています。
(ちなみに12番は全く反応無し。今回はシュリンプ隊も総スカン状態)

…であるならば…

羽化しているユスリカのリアルサイズで攻めてやろうではありませんか。
ティペットを5Xに落して、結んだフライがコレ。
c0095801_06464204.jpg
どんな魚がくるか判らないので、いくらなんでも6Xまでは落せません。

第一投目に…

いきなりグワーンと来ちゃいました。

で、当然こんなフライですから一発で飲まれちゃったようで
あっさりティペットごと持って行かれちゃいました…けどね。(-.-;)

恐るべしリアルサイズミッジ。

ソフトハックルで『サイズは関係ない』とはいう話は聞きます。
コレに限らず、フライサイズに無頓着な方が意外に多いように感じます。
※マッチ・ザ・ハッチをやる方は異常なほど(笑)固執しますけどね。

たしかにフライ的には大きい方が…目立ったほうが優位。
広大な水域を目前にした釣り人は、誰しもそう考えたくなる気持ちがわからないでもありません。

ただ実際の魚は、こんなサイズのユスリカを日常的に捕食しているわけで

『小さい』ということが=見落としやすい理由にはならないと考えます。


そういう事からも湖の釣りって、まだまだ未開拓だし
スキだらけなんですね。
そんなところも、僕がハマる理由の一つでもあるんですね。
c0095801_18003374.jpg
…で、その後も二匹目の大鱒を狙ったものの、そんなにカンタンに釣れるはずもなく

さっきのは出会い頭の交通事故だったという
確固たる確信を得たのでした(爆)


夏の丸沼。
それもオカッパリという『縛り』では非常にタフなコンディションです。
とりあえず今回の釣行で、湖の釣りはひとまず中締めします。


フライ、キャスティング(タックルもね)を充実させて
9月からの釣りに備えたいと思います。




by sureyamo | 2014-08-03 06:49 | Lake fishing | Comments(4)