<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 18日

タイヤ考

c0095801_818354.jpg

昨日、タイヤを交換致しました。

前回車検の時に交換したのが、ほぼ1年半。
走行にして10000kmちょい、といったところでしょうか。

僕が普段使っている営業車のタイヤなんて普通に4〜50000km位は持ちますから
多分(笑)走り方の問題ではありませんね。

恐ろしい短命ぶりではありますが…まぁ、大体いつもこんな感じ。


タイヤは車のパーツの中で最もライフの短い消耗品ですから、あまりお金を掛けたくない気持ちも判りますが、車をいくら弄ったところで、タイヤ以上の性能を超えて走る事は出来ませんし…そもそも命を預けて走るモノ。
必要以上にコダわることも無いとは思いつつも、あまりケチりたくもないですね。

マッドタイヤ(以降MT)はブロックパターンが深いため、スリップサインが出て来てもヤマが消えるギリギリまで乗れる(=ロングライフ)と考えている方が意外に多いようです。

しかし、残り2割程度の残り山でのグリップ力(舗装路での)なんて、あまり期待しないほうが身の為。
たしかに見た目だけでは勿体ない気がするのですけど、実際のウェットの舗装では
全然曲がらないし止まりません。

センターグルーブが無くなるまでスピードを抑えて走り続けられるほど
僕は辛抱強くはありません(笑)




僕の住む周辺の生活道路のほとんどは舗装路化していますし
今時こんなタイヤでないと辿りつけないような釣場に頻繁に行く訳もなく…(笑)
ただ、ドライブの延長で林道を走る機会が多い僕にとっての需要は残されています。


あっそうそう…
通行の邪魔にならないように釣場の山斜面や路肩に乗り上げて駐車する時
こんなタイヤは重宝します(笑)


なかなか時間が取れずに釣りに行けませんので
しばらくは車ネタ(意外に高アクセス率)で間を繋ごうと思いますので、ご容赦下さい。


by sureyamo | 2015-07-18 10:33 | JB23w | Comments(0)
2015年 07月 12日

予想通りの苦戦

c0095801_15261193.jpg
早朝の国道の外気温は8度。
恐らく湖畔周辺は、もっと下がっていたはず。
薄着できてしまった事を現着早々後悔することになりました。


厳しい丸沼…ということで、相変わらず釣り人の数は少なめ。
顔ぶれを見ると、ほとんど知らない方ばかり。
聞けば『今回初めて』と言う方が多く、どうやら現状はご存じない方が大半のようです。



常連の餌釣りの方と発券までの間(またまたいつもの)談笑タイム。
情報交換がてら情報を聞き出すのですが
やはり厳しいとのこと。


その他、現状の丸沼に関するお話等も交えて
個人的なご意見等を色々伺わさせて頂いたのですが…
それはまた後日(笑)


c0095801_15253233.jpg
今回も懲りずに牛舎跡。

着いて早々魚っ気を感じたので
あまり立ち込まず…さらにはイキナリ遠投もカマさず慎重にアプローチ(笑)

早々にグッッとラインに重さが乗って上がって来たのは…
c0095801_15255875.jpg
このサイズ。
写真に納めるサイズではありませんが、この状況下での一匹は貴重ですから。

無風状態から、ようやく待望の風が吹き始めるものの…
なんと追い風。


この風向きは、陸ッパリにはヨロシクありません。
魚は、ますますダムサイトから動かなくなってしまいます。


ほのかな期待の東電の放水も今回は無し?(放送なし)
当然、魚信も一発もなし。
c0095801_15261878.jpg
誰が作ったか…ロッドホルダー発見(笑)
作った方も、恐らく釣れなくて時間を持て余したのかな。

今回は小休止が多かったので大活躍?!。
ロッドをガレ場に直接置くのは、どうも嫌だったんですよね。

c0095801_15254327.jpg
午後になり、風向きが向かい風に変わります。

ヌルかった水温に時々冷たい水が混ざります。
今回水温計は持って来ていませんでしたが、16度℃くらいでしょうか。
水温的には悪くないですね。

風向きが変わり、一時間半程経過した頃に
ようやく目の前(といっても沖目)でライズ(ボイル)が見られるようになってきました。

群れが入って来ているようですが…
なかなか岸には寄ってくれませんね。

一応、頑張るだけ頑張ってみました。


c0095801_15255318.jpg

前回、前々回と経験した『何とも形容しがたい乗らないアタリ』

どうもコレ、目の前の10〜15m付近の湖底に沈んでいる木の枝が原因ということが
遂に判明(ぷっ)しました。

茶色のマラブーに変えた時だけ反応?があるので
てっきりアタリだと思っていたんですが…

どうやら茶色のマラブー自体、若干重かったみたい(笑)


まぁ、今回のめぼしい成果はコレだけですけど
c0095801_10161621.jpg
まぁ、負け惜しみではありませんが…

久々の湖で思う存分かっ飛ばせて、コレはコレで結構気持ち良かった。
魚の活性は運もあるので仕方がない所でしょう。


まぁ、こういう状況も受け入れ、それなりに楽しめれば
湖では無敵ですからね(爆)


こんな状況ですが
時間があれば、もちろん再挑戦したいところです。
僕は全然懲りてませんから…。




by sureyamo | 2015-07-12 15:27 | Lake fishing | Comments(4)
2015年 07月 06日

沖縄

c0095801_08233575.jpg
唐突ではありますが沖縄に行って参りました。

当然?!
釣りが目的である筈もなく(ぷっ)
今回は家族旅行というヤツです。


羽田から約2時間のフライトを経て那覇空港へ。
機外に出た瞬間から、湿気をたらふく含んだモワッとした熱気に包まれて…
これから四日間、この気候の中で過ごすのか、と思うと少し気が重くなりました。




レンタカーに乗り込んだら、まず最初に向かうは海!

最南端は無視(笑)し、横移動で南城市に向かい…
太平洋を望む海岸線に出ると、目前に広がるのはこの景色。
c0095801_18063846.jpg
子供の頃から海といえば『日本海』で育ってきましたから
珊瑚礁の海は新鮮です。
ついつい見入ってしまいますね。



ただ…やっぱり暑いことに変わりません。
エアコンを効かせた車内からは、正直出たくはありませんでしたね。


頂けないのは交通事情。

元々の交通量自体もさほどではないし、それなりに流れてくれるものの
市街地に入ると結構な頻度で渋滞にハマってしまいます。

c0095801_18133485.jpg
信号の待ち時間が長い気がします。
特に市街地を抜ける国道の渋滞は酷いです。

まぁ、あくまで観光で走っているんで、そんなに焦る必要もないんですけどね。
ナビの所要時間通りにはいきません。




ユックリ走っている車のほとんどが、我々のような観光客の『わ』ナンバーのレンタカー。
それに引き換え、地元民の平均速度は速く(当たり前ですが)速度差が気になりました。

警察も観光客にもおかまい無しの取締りで、随所で真面目にお仕事しておりました。
こんなトコロで捕まったり事故ったりしたらシャレになりませんから
とりあえず(笑)安全運転で観光スポットを巡ってきました。

c0095801_08205748.jpg
沖縄と言えばソーキそば。

『道の駅』人気、全国一位という『道の駅許田』で頂いたのですが
割安感はありますし、味も良いですね。

ソーキそばを売りにしているお店は沢山ありますが
失敗したくない…と言うのであれば、ここはお薦めできますね。




旅の詳細は一気に省かせて頂くとして(笑)

c0095801_08225584.jpg
今回は持参の釣り道具で、時間があったら“ちょいの間”の釣りを目論んでいたのですが
目的が叶ったのは、滞在三日目の夕方(爆)

一応、直前までフライのタックルも準備していたのですが…
いかんせん勝手が判らなかったので、今回は無難にルアータックルのみです。

何が釣れるとか、どんなルアーが良いとか…
ほとんどリサーチしていなかったので、あくまで今まで蓄積してきた?釣り感が頼り。

滞在ホテルのプライベートビーチの外れに
丁度良い感じの小川が流れ込んだ汽水域があったので、そこに決定。

ルアーはペンシルベイトのトップ(しか持ってない)なので、あくまで狙いはシャローです。

波打ち際を見てみると、40〜50cmクラスの魚(判別不明)が膝下程度の水深を
頻繁に回遊しています。岸際と言うのは魚達にとって、格好の餌場なんですね。

コイツにルアーを投げると、最初は逃げるのですが、すぐに近寄ってきて戯れ始めます。

ただ…これはマスと一緒で、食わせようとルアーと止めてしまうと
あっという間に見限って、どっかに行ってしまうのです。

一度でも見切った群れは、何度投げても駄目なようで
そうなったら新たな群れを求めて、ひたすら歩き回らなければならない感じです。
c0095801_08223303.jpg
とにかく、ルアーを止めることが出来ないので
投げ続け…運悪く?フッキングしてくれるのを待つしかありません。

可愛いサイズの小判アジがメチャクチャ追いがよく、波打ち際までチェイスしてきます。
シングルフックでもガッツリ!
そんな彼らも、やはり群れで移動しているみたいで
いなくなると、これまたサッパリ釣れなくなります。(笑)


正味1時間程ですが、膝下程度の波打ち際付近での釣り。
ライトタックルでマラブーでも引っ張ってやれば、結構釣れちゃうかも知れません。


次回、もし機会があるなら挑戦してみようと思います。
まぁ、それが何時になるかは全く不明ですけど。


by sureyamo | 2015-07-06 18:06 | and others | Comments(6)