Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 28日

8点式ロールケージ

僕のJBにも、念願のケージがようやく入りました。
c0095801_21033483.jpg
当初はリア4点式だけの予定でしたが、ひょんな事から6点式を組むことになり

・・・・でも乗ってみた感想から結論を言わせてもらうとフロントも組んで正解
結果オーライ(笑)ってヤツです


組む前から判っていたことではあるのですが
シャシーの剛性感がかなり上がっていることはハンドルを切った瞬間から実感できます
サスペンションの動きもハッキリ判りますね


今回はBピラーも留め(ココを留めるのと留めないので結構違って来ますね。)していることとクロスバーを追加していることが要因だと思うのですが
過去に組んだ2台の時よりも遥かに剛性感は高いです

車はコーナーリングに適度に捩らせながら走っているモノ
何でもかんでも剛性を上げて硬くしてしまうと、結果的に『曲がりにくい』車になってしまいます

以前、ジムカーナをやっていた時、迂闊にCR-Xに7点式を組んでしまったら
競技で曲がらない車になってしまい、この車の良さを殺してしまったという苦い経験が有ります
c0095801_21040848.jpg
これはJB23にも同じことが言えますね

剛性をあげることでコーナーリング中の粘り腰は期待できなくなっちゃいますけど
限界ギリギリの挙動が察知しやすくなるし、その後の挙動も読みやすいので
僕のようなヘタッピでも早い時点で対処できます



ただ、飛ばし慣れていないJB乗りの方が安易にフルケージを組むのは
ちょっとお勧めできません

転倒から運転席を保護する目的のケージですが
実はノーマルよりは横転(転倒)するリスクは高くなるという、この矛盾(爆)
c0095801_21041009.jpg
内張りギリギリで這わせる多角的なカーブのせいでしょうか
フロントパイプが意外に視界の邪魔にならなかったですね

一般的にロールケージはスチール、クロームモリブデン、アルミとあります
重量増は致し方のない所ですが、僕はいつかジムニーがJAF公認競技として確立した時(そんな時がいつか来て欲しい)を想定して
スチールを選びました。
※ちなみに公認競技で許可されるケージはスチール以外は認められていません(だったと思いました。)


副次効果として
運転席の乗り降りがラク(ぷっ)になりました
c0095801_21040444.jpg
ネガキャンとの相乗効果ですけどコーナーリング出口でのインリフトでタイヤの空転が多発するようになってしまいました
・・・・となれば、次はいよいよLSDを入れないと駄目ってことですね

またコツコツとヘソクリ貯めないと



by sureyamo | 2016-02-28 22:47 | JB23w | Comments(0)
2016年 02月 28日

群馬フィッシングショー

c0095801_14111915.jpg
ビックサイトや『しらこばと』で開催されるフィッシングショーには何度も足を運んでいるんですが

『群馬フィッシングショー2016』
地元群馬(今は埼玉在住ですが)で開催されているにも関わらず、このイベントに足を運んだのは初めてです。

解禁直前の休日。
この陽気も手伝って、会場は想像以上の賑わい。
駐車場に入るのも一苦労でした。
c0095801_14112504.jpg
ニューモデルなんでしょうか?!

釣具全般ということになると、やはりメインは鮎釣り。
ルアーも演出は派手ですから、どうしても目に留まります。

餌もルアーも鮎釣りも、日進月歩で進化しています。

こういうのを見ちゃうと、我々の嗜んでいるフライというジャンルは

なんというか
時代に取り残されちゃってる気がしてきます。

まぁ、なんでも
進化すれば良い
ってわけではないんですけどね。

フライ関係のブースは、実に寂しい限りです。
我々にはお馴染みのC&Fさんも出展されていましたが
c0095801_14112396.jpg
やはりルアーがメイン。
企業としては『正しい選択』(笑)

本来であれば、こういう他釣種(造語)が一同に介す会場こそ
フライ業界が新規顧客を獲得する絶好の機会なんですけどね。

フライの世界は、勝手知ったる身内だけで
コソっと集まるのが大好きな人種が多いようですが

少ない市場の客を取り合い、互いに首を絞め合う現状から
もういい加減、脱却してもらいたいものです。

c0095801_14112706.jpg
いつもお世話になっている
ビデオメッセージさんも、この群馬フィッシングショーだけは出展されています。
当然、ご挨拶に伺ってきました。

こんなパッケージデザインを手掛けさせて頂くようになって早いもので51作目。
ちなみに最新作にDVDは大ヒット中とのこと。
『パッケージのせいで売れなかった』なんてことになってなくて安心しました。(笑)






さぁ、後数日で
群馬県の一般河川も待望の解禁日を迎えますよ。

準備は出来てますか?








by sureyamo | 2016-02-28 20:15 | event | Comments(0)
2016年 02月 20日

ネガディブキャンバー

我が釣り車も今回で3回目の車検を終えました
c0095801_11553130.jpg

この車検も年々厳しくなって来ています

特に軽自動車に対する数々の基準が厳しく見直されてきているみたいで
今までは問題なく合格(スルー?)していた改造が、あっけなく『OUT』になったりするようです


特に今までが寛大(笑)に黙認されていたジムニーの場合には、この風当たりを強く受けるのは必至
ノーマルでは物足りないジムニー乗りには受難の時代到来
今後は今まで以上に(時間的金銭的)覚悟は求められてきそうです


かくいう僕の車も随所に問題点があるわけ(爆)ですが
そういう時代だからこそ信頼の置けるショップさんとのお付き合いは大事になってきますね
これはジムニーという車を、末長く楽しむ裏技の一つと言えるかも知れません


さて

今回の車検では、意外にもボンネットの突起物(エアスクープ)が引っかかりました
車高が上がっていることで前方の近接視界が、くだんの突起物で死角になってしまうというのが理由
『車高を上げるな』ということの遠回しなのでしょうかね


僕のボンネットは社外品のFRP製
エアスクープの高さだけ見ればノーマル形状よりも同等か
逆に低いくらいなハズなのですが
それでもOUTだというと、車高次第ではノーマルボンネットでもOUTになる恐れがありますね


c0095801_11553726.jpg
今回は車検後に(笑)
フロントタイヤにネガティブキャンバー(ネガキャン)をつけました
ネガキャンというパーツがあるわけではありませんよ。(笑

角度的には2度程ですが、大口径のタイヤなので『ハの字』切ってるのが
結構ハッキリわかります

たまに街中でも鬼のような角度でキャンバーをつけている車がいますけど(爆)
恐らくはファッション(なのでしょ?)としてはあまりに危険過ぎます
こんな車に煽られたら直ぐに進路を譲った方が良いと思いますね
恐らくまともにブレーキ効かないハズですから


キャンバーを付けることでメリットがあるのは
2〜3度程度の角度までかな、と思います

c0095801_11553430.jpg
実際に走ってみると、ハンドル切り込み時のフィーリングが変わったのがハッキリとわかります
直進時のハンドリングはやや重くなった感じで、路面をシッカリと捉えている感覚
ただ路面のウネリや轍には少し敏感です

ハンドル切った瞬間ですが、MTタイヤのブロックが撓むせいもあって
初期のレスポンスは怠いものの、直ぐにイン側に回り込むようなフィーリングに変わります

今までアンダー傾向のハンドリングがオーバー傾向に一転
車が切った方向に積極的に回り込もうとする挙動で、これは慣れないと少し怖い感じがするくらいです

旋回中はフロントタイヤのアウト側の接地感が増したのか
なんとなく安定感があります

これなら今まではアンダーステアと相談しながら踏んでいたアクセルを
ガツンを入れられるので、結果として今までよりは少し早くコーナーを脱せているはずです


当然デメリットもありますが、車いじりは所詮『メリットとデメリット』の鬩ぎ合い
永く大事に乗って、適正価格で下取りに出すことを考えているのなら
おとなしくノーマルのままで乗るのが一番なのでしょうが
こうしてチョコチョコと弄りながら、微妙な(笑)変化を楽しんでいると
すでに7年近く乗っている車にも関わらず、乗り出しはいつもドキドキワクワクしてしまいます

そういう車って、僕の今までの30年近い車歴(9台目)の中でも
ジムニー以外に経験ありませんよ。年式を超えた不思議な車です

キャンバーのお話に戻って

キングピンに変更することで、このようなキャンバーを付けることができます
費用対効果の比較的高いパーツになりますが、実はパーツの選択が重要で
『価格が高く』ても『造りがマズい』パーツも多数出回っていますから要注意
全国的に有名なショップの製品といえど油断できないとか


今回取り付けたパーツは
クロモリSCM435の削り出しでHRc40程度の硬度
価格も流通している最高値のモノより10000円近く安いのもですが
精度面の視点から『正解』のパーツと思われます

一定の期間以内であれば、たとえレースで使用して破損したとしても
無償で新品交換してくれるようなのでメーカー側にもそれなりの自信があるのでしょうね

ただし、在庫が切れると次回生産分が未定
僕も結局1年以上待ちましたけどね




by sureyamo | 2016-02-20 16:05 | JB23w | Comments(0)
2016年 02月 07日

安心してください、生きてますよ(笑)

みなさま ご無沙汰しております

私事ではありますが、先日無事に第二子が誕生いたしました

50年近く生きてきて、恐らく最も慌ただしい一ヶ月だったのではないでしょうか
いや、それは今現在もシッカリ進行中ではあるのですが
現状から逸脱の目処が立ちそうなので今回は思い切ってブログを更新しています

今回の出産も前回同様定体重児での出産となり
またまたNICUのお世話になるわけですが

第一子の時よりは体重もシッカリあって
非常に元気です

元気に育ってくれれば
親としてこれを超える悦びありませんね

それにしても、この年にして新生児の面倒を見るのは
身体的にかなり厳しいものがあります

少なからず、あと20年は
川で溺れ死ぬわけにはいきませんね(爆)
c0095801_08122673.jpg
あっ、ちなみに今回も男の子です
名前はまだ決めていません

第一子の命名の時、亡父が
『鱒男』が良いとか
ほとんど暴言としか思えないこと言ってたのを思い出しましたけどね

今回はどうしましょう




c0095801_08342343.jpg
今月に車検を迎える我が家の釣り車を
昨日は洗車してあげました

結構マメに洗車する方だと思うのですが
今年はこんな調子で洗う暇がなくて


シッカリとワックスまでかけてあげたら
昨晩は霙が降りました(泣)


しばらく現状維持で乗っていましたが
今回の車検を機にフロントのキャンバーを2度付け
さらにロールケージを追加する予定です
(愛車にケージを組むのは3台目なので、あまり新鮮味はありませんけど)

当然6点式フルケージも考えたのですが
運転席が狭くなるのが嫌なのと、さらなる重量増を懸念
主要な目的はリア側の剛性を上げたいだけなので、今回はリアのみ4点式で様子見です

車はトータルバランスなので、なんでもかんでも付ければ良いってわけではありません
少しづつ様子を見ながらセッティングを楽しむ…っていうのも有りだと考えます


本格的な競技車両にするとかクロカン仕様にするワケでもないので
まぁ、そうしたい時はその時はまた考えます


とはいえ、この車もようやく60000km超え
(なるべく乗らないようにしているんですけど…)

各機関部のメンテ&交換も、随時考慮しなくてはならない頃合いを迎えます




by sureyamo | 2016-02-07 09:08 | and others | Comments(6)