Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 31日

80万アクセスミレニアムステッカープレゼント

c0095801_08332585.jpg
Down & across

80万アクセスを記念したミレニアムグッズを考えていたのですが
グダグダしているうちに84万に成ってしまいました

かといって90万アクセスまで待っていたのでは
これまた何時になるかわかりません

というわけで
凄く遅れちゃったとは言え、一応80万の節目ですので(笑)




80万!というとちょっと凄そうですけど
ブログを初めてカレコレ10年近くになる訳で
チリも積もればナントカ

‥‥と言いながらも、日々200件以上のアクセスを頂戴している計算になります

チープで稚拙な内容に、うすら罪悪感すら覚えてしまいますが(爆)

これは本当にありがたいことです

そんな感謝の気持ちを込めて
閲覧者の皆様にオリジナルステッカーを
プレゼント
させていただきたいと思います



応募方法ですが
僕の立ち上げているHP
に記載されている申し込みフォームを利用して
送り先のご住所をご記入ください

なにぶん数に限りがございますので、お一人様1枚とさせていただきます

今回ご案内している初回ロット分に関しては無料で配布
基本的になくなり次第終了です

ただし、製作枚数を超える応募となった場合には再製作いたします
その際には、大変申し訳ないのですが有料とさせてください

販売価格は1枚400円(税込)送料込み

複数枚購入したい!という奇特な方は、こちらをご利用ください
ありえないと思うのですけどね(笑)



ステッカーの仕様ですが
サイズ:H 47×W 138
(デカ過ぎず小さ過ぎずの微妙なサイズでしょ?)

素材は白塩ビのツヤ有りラミネート加工
角丸ハーフカットですので、四隅の角から極力剥がれにくくなっています

もちろん屋外用耐候仕様ですので、車に貼っていただいても大丈夫(なはず)ですが
温度の高くなる夏場の車内(特に最近は異常)では
塩化ビニールという素材の特性で、どうしてもテロテロになってしまいますのでご注意ください

発送は再来週明けから随時行いますので
ふるってご応募ください





by sureyamo | 2016-07-31 09:16 | and others | Comments(0)
2016年 07月 30日

久しぶりの取材

続くときは続くもの
c0095801_21565595.jpg
今週は週末を待たずに、再びロッドを握って来ました

それも久しぶりの取材

最後のソレから、かれこれ1年半ぶりくらいでしょうか?

でもね

もう僕なんて出涸らしもイイところ
いくら絞ったところで(出るのは加齢臭くらい)ロクなモンは出ませんよ


身体の彼方此方にガタが出始めて、無理が利かないお年頃でございますから

これからは、どんどん新しい方に頑張っていただいて
この素晴らしいフライフィッシングの世界を、さらに多くの方たちに広め
深めて行ってもらいたいものです



この日、関東では梅雨明け宣言が出されたのですが‥‥

なんとも微妙な天気

もちろん、今回の釣行記の詳細を書く訳には行きませんので
それは是非、秋に発刊予定の『Fly Rodders』を立ち読みじゃなくて(笑)買って頂いて
読んでいただければ‥‥と思います


by sureyamo | 2016-07-30 22:13 | and others | Comments(0)
2016年 07月 26日

試練の中ノ沢

久々の釣行は見事な天候に恵まれたものの

やはりこの季節は、ひと雨ふた雨欲しいところ
c0095801_15124196.jpg
上野村の中ノ沢特設釣り場に釣りで入るのは、実は今回が(なんと未だ)二回目!

今回予約したC〜D区間に入るのも初めて



もちろん、特設区ということですから魚影に関しては申し分ないはずなのですけど

ご承知の通りの渇水と

それに追い打ちをかけるフィッシングプレッシャーは想像以上
c0095801_15115327.jpg
深山幽谷‥‥とまでは行かないまでも

苔むした岩肌や朽ちかけた巨倒木等々



それなりの雰囲気の漂う渓相には、おおよそ似つかわしくない肝っ玉の座ったヤマメたちを想像していたのですが

岩場の影からヒョイっと水面に顔を覗かせれば、あれだけ無防備に‥‥

それこそ、ついさっきまで

背ビレが水面から出ちゃうような勢いで浮いていたハズの魚影は

いつの間に消え去っています



でもまぁ、よくよく落ち着いて考えれば

本来の渓流釣りでは

基本中の基本

当たり前の事象なんですけどね
c0095801_15115901.jpg
大半の魚は『流れの中』というより

大場所の深場だったり、岩盤のエグレの中に相当数ストックされているようです




倒木や切り立った岩、流れを遮る障害物も多いのだけど

中ノ沢は天井が開けた場所が意外に多くて

フライをバックキャストで引っかけちゃうような場所はそう多くありません





こういう場所こそ、ラインをあまり長く出さずに空中に保持できる

長めのロッドが有利になります



逆に自称ドエスな方は

超ショートロッドがお勧め(爆)

c0095801_15114629.jpg
まだ梅雨が明けていないくせに

晴れの日は盛夏を思わせる日差し

捕食物は陸生昆虫がメインだろうとタカを括ってきたのだけれど

もう終わったかな的な水生昆虫の羽化がパラパラと見られ

プールの開きでは、しきりに流下するユスリカを定期的にライズするヤマメまで見られます


プレッシャーに抑圧された魚たちも、そんな時にはソワソワし出します
c0095801_16293611.jpg
同行のテンチョーさんも、今回の釣行の目標である

岩魚を無事にGET!!



この後、この堰堤の奥に投げ入れた僕のビックカディスに

これまた特大サイズのヤマメが食らいついてきて


僕は痛恨のラインぶれいく〜💔


う〜む、多分
直前の『蜘蛛の巣アタック』が仇になったのでしょう

c0095801_15114964.jpg
気がつけば目の前は

A区間の行き止まり砂防堰堤



釣り全体を見ると

お世辞抜きキツイものがありますね

少し雨でも降らない限り、この状況は暫く続くんじゃないかと思います

(この記事を書いている今日(雨)あたり入られた方はウハウハなんじゃないでしょうか?)
c0095801_15115677.jpg
そうこうするうちに梅雨も明けそうですが

今年の夏も、なんだか短そうな気がします


by sureyamo | 2016-07-26 20:59 | River fishing | Comments(2)
2016年 07月 20日

御荷鉾スーパー林道

もう以前のように
気楽に釣りに行けなくなってしまった身

ブログの更新もままならない近況ではありますが、細々と‥‥
そして相も変わらず元気でやっております
c0095801_16521070.jpg
今回
僕の貴重な(笑)クライアント様である
千葉県の某車屋さんが開催を予定しておられる

林道ツーリングの下調べ

‥‥というのは名目で(笑)

久しぶりに地元、御荷鉾スーパー林道を縦走


そして今回

主催者様ご夫妻を従えて

真面目な下見(笑)

今週だけで、ここには二回(支線も入れると4本)来ているのですが

こんなに気持ちが良い林道はいくらでも走れます

今住んでいる町は、本当に何もない町なのですが
40分も走れば此処に来れてしまう‥‥というのが唯一のメリット(笑)
c0095801_16524061.jpg
かつては県内屈指のロングダートを誇り

“林道”の頭に

スーパー

の称号を許された御荷鉾線


今となっては未舗装で残されている区間は、正味12km程度です

僕がオフロードバイクで林道を走り回っていた頃は
まだフルコース40km超えの未舗装路面が健在であり

延々と終わらぬダートに尻が痛くなり
もーいー加減

舗装が恋しくなるほど



話は逸れますが‥‥

当時、県内の林道という林道を愛車MTX125で頻繁に走り回っていたのですが
(ミラーレス&CRサイレンサーの見た目“モトクロッサー仕様”は白バイ警官に止められて、よく怒られてました)

赤城山の某林道にて

白昼堂々、一反木綿に遭遇し、追いかけられる
という恐ろしい体験をしたのも、その頃でした
この話は誰にしても、あまり信じてもらえないのですが


ある時、暇に乗じてwebの体験談に投稿したところ
後日、噺家(その筋では有名な)の語りで紹介されていました
※you-tube動画のどこかに埋まってるはず

話がかなり歪曲されてましたけどね(ぷっ)

ネタの埋め合わせて、後日ブログで紹介してみましょうか?

そちらが本来のオリジナル

話が一人歩きして、事実と異なっていくのは
あまりに忍びないので(笑)









話を元に戻しましょう

尾根を縦走するコースは高低差が少ない硬質ダート

ついついアベレージが上がってしまいそうですが

場所によっては両路肩から外れたら最後!

▲0m垂直落下に近い場所も

普通にあります

くれぐれも調子に乗るのは禁物
c0095801_16524556.jpg
ついつい上がりがちな車速に注意しながら

木々のトンネルを抜け続けます


コースは終始穏やかであり
乗用車でも通行出来てしまう程度ですから

林道初心者にはお誂え向きですね
c0095801_16561654.jpg
c0095801_09343727.jpg
コース中盤にある、御荷鉾スーパー林道の隠れた名物?

崩落現場

谷に吸い込まれそうになり
一瞬水平感覚が失われそうになりますので注意してね。


そんなこんなで無事帰還

c0095801_16525839.jpg
前回と今回の走破で

洗車のやり甲斐テンコ盛り

なジムニーが仕上がりました

あっ、ちなみに、僕のジムにはー買ってから一度も洗車機に掛けたことがありません

常に優しい(笑)手洗いを心掛けているんです

そうすることで未然に防げるトラブルも過去に多々ありました

誰か言っていましたが

洗車が一番のメンテナンス

まさに

言い得て妙
c0095801_16525007.jpg
お金にならない余計な手間が増えた

‥‥とも言えますが


by sureyamo | 2016-07-20 17:36 | JB23w | Comments(0)
2016年 07月 03日

第17回神流川C&Rフォーラムと本谷近況

今期の神流川C&Rフォーラムが無事に終了いたしました
c0095801_20572327.jpg
本来であれば禁漁間際に行われる本イベントなのですが
毎回、産卵間際で精神的に不安定な(笑)ヤマメたちに翻弄され
釣り的には結構苦戦を強いられる‥‥という教訓から
今期は開催を早めた訳ですが

皆さんご存知の通り関東圏の釣り場はどこも水不足
この渇水に拍車を掛けるフィッシングプレッシャーで

今回は今回なりの苦行を強いられる羽目に‥‥



流れの随所に確認できる良型の殆どはヤマメ達が大半であり
表層を意識する素振りで中層を徘徊する尺越えの魚体の数々は
いつもの本谷ならでは光景ではあるものの

フライを投じた瞬間、条件反射的に逃げまどう魚影に
もう苦笑いしか出ません(笑)
c0095801_20572999.jpg
流下する虫に対してはライズもするし
一見すると、その様子は如何にも容易に釣れちゃいそうでもあるけれど

通常感覚の定番とされるマッチザハッチパターンは、おおよそ経験済みなようで(笑)
結構早い段階で見限られたりします

それでも色んなパターンを流していくと
まぁまぁ反応の良好なパターンというのもあるようで‥‥

そういうフライは場所(魚を)を変えても有効なようです

この日は●●●●●●の♯10

もちろんドライフライですが、こいつを沈めて誘って‥‥
誘って誘って誘って誘って誘って誘って誘って誘って誘って

最後にようやく‥‥といった感じ

ヤマメらしくない釣りになりました
c0095801_20573339.jpg
本谷における尺ヤマメの比率は
他の一般河川では到底有りえない濃度を誇ります

ただ現状では
その濃度の割に釣ることはかなり難しいので
それなりの覚悟して臨んだ方が良いかもしれません

c0095801_20573650.jpg
これより一回り大き太いヤマメも掛けましたが

釣り上げられなくても良い、掛かれば良い

‥‥なんて気持ちで結束した10xのティペットなので
当然瞬殺(ぷっ)されました

c0095801_20573900.jpg
釣りに行く元気も、気力も
全てを仕事に転化してきた数週間でしたが

良い仕事するためにも
たまには釣りはしないとダメですね(笑)




by sureyamo | 2016-07-03 21:42 | event | Comments(4)