Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 23日

新刊

先日、フライロッダーズが発刊されました

この手の雑誌も
初心者の頃には発行が待ち遠しく思うものですが

釣行を重ね、様々な経験を積み
己のスタイル(信念)の確立とともに
いつしか縁遠くなってしまうものでもあります

かくいう自分の中の、フライフィッシング黎明期には
欲する情報は『つり人』『フィッシング』と言った、総合誌の中で、たまーに掲載される
僅か数ページに満たない記事であったり
はたまた
とじ込み付録的な中綴じの冊子というのが関の山でした

その記事のために
要らない情報満載(笑)の雑誌の発刊を心待ちにしていたものです


まぁ、これは実際のフィールドに出ても同じで
渓流ならいざ知らず、人目の多い里川でフライなんか振っていた日には
釣りを知らない人からは、ちょっとした『変わり者』扱いなわけです


同じ川でフライマンと出会う機会も、本当に少なくて
偶然に出会った時の親近感は尋常ではなかったです

出会うフライマンは一人の例外もなく、皆さんいい人ばかり
本当に良い時代でした

今では同じフライマン同士なのに
嫌悪感を覚えることも少なくなく、それがとても悲しく思いますね
古き良い時代を知っているだけに‥‥


最近この趣味を始められた方は、情報に溢れ、道具にも困らず
恵まれた環境で堂々とフラフィッシングが楽しめるようになって
本当に羨ましい限りです


c0095801_13403248.jpg
今回の発刊に関しては、自分はノータッチ
(そもそも、自分で書いた記事は一切読まない)
でしたが

知っている仲間が沢山登場しているので読んでいてい楽しいですね

内容も月間誌の時よりは随分と濃くなっていますから
巷での評判も、なかなか良いようです

ただ残念なのは
同月発刊の『FLY FISHER』誌は、今回の発刊を最後に季刊になるようです

まぁ、創刊当時はもともとが季刊発行だったので
元に戻った‥‥という話でもありますが
個人的には『よく、ここまで月間で頑張ってきたなぁ』というのが本音ではあります

ある意味ライバル関係にある『ロッダーズ』誌での掲載がメインではありますが
もともと、僕もデビューは『FLY FISHER』(1997年)からだったので
思い入れは人一倍あります

今後の内容の充実には、本当に期待しています
双方、切磋琢磨して、共にフライ業界活性の底上げに、貢献していただきたいものです


c0095801_13403696.jpg
ロッダーズの話に戻ります

今回も新しいフィッシャーマンが続々紹介されています
手前味噌ではないですが、タイイングレベルの高さには目を見張るものがあります

こういう形で人の目に触れる機会というのが、実は己のタイイングの技術向上の
一番の特効薬でもあります

釣る為だけの性能に特化したフライというのは
実は、ビジュアルに耐えられないものの方が多かったりします(笑)けど

メディアでは
人に『釣れそうだなぁ』と思わせ、巻かせる気にさせる‥‥ということも、とても大事です
こんな中から、次世代を背負うフライマンが、沢山育ってくれると素晴らしいと思います

c0095801_13403909.jpg
ただ‥‥ね

職業的に苦言を言わせてもらうなら

全般的に写真が暗すぎます(爆)
写真のクォリティーに差があるのは仕方ありませんが
(持ち込みデータもあるので)

c0095801_13404215.jpg
それとページレイアウト


マコちゃんのページですが

これ
すっごく読みにくい(^_^;)




内容は凄く良いのに台無し!

自分の部下がこんなラフ校上げてきたら
直々に洗面所で顔洗ってやるレベル(爆)

‥‥とか思っちゃいます
まぁ、時間がないのはわかっているのですけど‥‥


余談

渡良瀬川桐生地区では、先日ヤマメの放流があり
ライズも少し見られるようになってきました

ポイント的なバラツキはありますが、これから良くなって来ると思います










by sureyamo | 2017-04-23 15:04 | and others | Comments(0)