Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 22日

今期初丸沼釣行

今シーズンは仕事の関係や、不慮の負傷等があったりで、かなり出遅れてしまいましたが
ようやく丸沼釣行が叶いました

丸沼の情報目当で、たくさんの方がブログを覗いてくださっているようですが
皆さんのご期待に添えずに申し訳有りません

ここ数年
丸沼だけに限らず、釣りに行ける回数が激減していますが
自分が選んだ人生ですから、これも仕方がありませんね

今の状況では、釣りに行けるだけにでも
良し

としなければなりません




自宅をAM3:00に出発し、向かう丸沼までの道中は、当然下道
今日の相棒はジムニーではなくて営業車。

MT操作に使うスナップを(笑)少しでも釣りに回そうというエコな選択!
(うそうそ、単にラクしたいだけ)




久しぶりの丸沼!

何度訪れても素晴らしいロケーションです
c0095801_19092951.jpg
朝一番は貸切状態でしたが、手堅い一匹を求めて鉄板のメインの流れ込み‥‥

ではなく(笑)サラリとスリットへ


今年巻いたキールフライは
どういう訳だか、早々にロスト(原因は様々)する【定め】がある?!ようで
今回も、まず一本奉納(^_^;)


その後は、ざまざまな状況を想定して
表層から中層、下層(ずる引き)まで、割とこまめに探って見たのですが


どうに反応が薄い
(いや正確には、何もなし)
c0095801_19093986.jpg
早朝から湖尻を巻くように吹き荒れた風

シュートのタイミングと追い風のソレとがピタリと合うと
ボーナス飛距離

核心部を飛び越す勢いなのにも関わらず、肝心のあたりは皆無


ライズらしいライズもあるので
もしかしたら『浮かせ』た方が良かったのかも知れないけど‥‥

でもね、最初の丸沼は

引きづり倒して釣りたいのでありますよ



魚都合より自分都合

こんな感じで良い釣りができる

わけはありません

c0095801_19094542.jpg
お魚に相手にされずに閑古鳥(笑)

スリット→メイン→スリット

と放浪を繰り返し


たまたま回って来た回遊に、少しだけ相手にしてもらえました

c0095801_19095075.jpg
自分としては初ですが、今年釣れている魚のコンディションは
メチャメチャ良い感じです。

ヒレの欠損は皆無(少しだけスキニーですが)でした

実際には、数年前から稚魚放流を継続しているので

単純に

今年入れた成魚のコンディションが良い

という事だけでもない‥‥ということが言えるのは

素晴らしい事でしょう






思った以上に水温が高かったのが気になりましたが
気がつけば、すでに6月下旬

ろくに釣りに行っていないから、こういう風に感じちゃうわけですね




この日は仕事の関係で、釣りは午前中で切り上げて来ましたが
次の釣行が待ち遠しいです

ていうか、次はいつに行けるのか‥‥(^_^;)















by sureyamo | 2017-06-22 21:19 | Lake fishing | Comments(4)
2017年 06月 13日

遅ればせながら‥‥



前回の釣りから、だいぶ日を空けてしまいました。

‥‥というのも、実は左手親指の付け根を負傷!
(自分のミスで、錆びついた手斧でサックリ!)
八針を縫う負傷を負ってしまい

とても釣りどころ


ではなかったのです


その傷もようやく癒えて(完全ではないですが)久しぶりの釣りに行ってきました


場所は中禅寺湖!

湖の釣りは今シーズン初でもあります
c0095801_19044936.jpg
結果から申しますと

見事にオデコを食らっちゃいました


今季も絶好調だった、この湖も

さすがに旬を過ぎてしまった感が否めませんでしたが

それでも、隣の岬に入られたフライマンは、パタパタと魚を釣られているので

言い訳は見苦しいですね(ぷっ)






僕が初めてこの湖で魚を釣ったのは、遡ること36年前
16歳の生意気な小僧でした

当時はFenwick ♯8のグラスロッドに♯9にType II Wet Celのヘッドを乗せて(いたにも関わらず)
我流も我流で、ヘタレな20ヤードキャスター(ぷっ)だったわけですが

それでも、かなりの確率で魚は釣れていた記憶があります


その後、助平根性に火がついて

学生という身分でありながら
Orvis BORON power Flex+CFOを買い揃えたあたりから

この湖との相性は

よろしくない

方向へと転換して行ったように思います

何だか自分の『身分不相応』を見透かされているように‥‥




当時から今現在まで、もっと真剣に中禅寺湖へ通い込んでいたとしたら

たいそうご立派なスペシャリストになっていたのかも知れませんけど(笑)ね



この器(中禅寺湖)は一生かけても攻略できる気がしないのは
今でも変わりません

中禅寺湖は、深入りすると抜け出せない
妖艶な魅力を持った湖です

いまの自分には、年の数回だけの【お付き合い】ぐらいで
丁度良い気がします
















by sureyamo | 2017-06-13 18:48 | Lake fishing | Comments(4)