Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 26日

Silky net

c0095801_20320972.jpg
来シーズンに向けて、新しい本流用ランディングネットが届きました


ブログには記しませんでしたが、実は今シーズンの渡良瀬川釣行の際
自分の不注意で、長年愛用していた本流用カーブネットを流失してしまったのです

10年近く愛用し、何度も雑誌の紙面を飾ってきた思い出多きネットでしたので
喪失感も半端なかったのですが‥‥

ビルダーの細川氏に事情を説明し、次の相棒となるネットも
当然彼の作品‥‥ということで注文したのでした


出来上がってきたのは想像をはるかに超える仕上がり!
さすがSilky-net!

彼特有のアイデンティティーも健在で
見ていて惚れ惚れする仕上がりに大満足です

世の中には、彼並みに手先が器用なビルダーもいるとは思うのですが
彼に並ぶほど釣り馬鹿というのは僕は知りません

長きに渡って、自分の手足となってくれる道具こそ
本物の釣り師の手から産み出されたものを使いたいと、常々思う僕としては

彼以外のビルダーの選択肢はありませんね



寸法に関しては、以前愛用していたカーブタイプより、若干小振りのストレートにしてもらいました
実用性は変わらないとのこと

掬うことばかり考えて、いたずらに大き過ぎるネットというのは
写真に収めると、魚が小さく感じてしまいますからね(笑)

尺ヤマメクラスが、最も自然に、嫌味なく‥‥綺麗に収まるフレームサイズで製作してもらいました
早く魚を収めて写真を撮って見たいのですが、その前に尺ヤマメを釣らねばなりませんけどね(笑)


追記

前述のランディングネットですが、実は‥‥

後日、別の釣り人の方に拾っていただき
東京のサンスイ様経由で、無事に手元へ戻って来たのでした。
(拾ってショップへ届けてくれた釣り人の方、さらには郵送して下さったサンスイの白川氏には、本当に感謝感謝です)









by sureyamo | 2017-09-26 21:03 | item | Comments(0)
2017年 09月 12日

ようやく丸沼へ‥‥

c0095801_20584844.jpg
日々の仕事に追われ続け‥‥
気がつけば、もうこんな季節なのですね(^_^;)

かなりご無沙汰にしてしまいましたが
ここに来て、よーやく丸沼釣行が叶いました

しかし



到着早々事件?発生

なんと


リールケースを積み忘れてしまった!



久しく釣りに行かないとこんなものなのですね
情けないったりゃありません


今日は見学?それとも帰って仕事かな‥‥
と、一旦は腹を括ったですが

c0095801_20584010.jpg
心優しいお仲間にシングルハンド一式を貸していただくことに‥‥

本当に助かります
(ありがとうございます)

往復のガソリン代が無駄にならずにすみました(笑)





そもそも今回の作戦は
ライトラインでのシャロー攻略!

ライトラインのスウィッチを画策していたので、シングルハンドは好都合♩

c0095801_20585209.jpg
お隣は常連のTさん

相変わらずよく釣ります‥‥というか

釣りすぎでしょ!



好調にしなるロッドとは対照的に
朝一に入った当方のポイントは、全くもって

異常なし(^_^;)



事前情報からの状況から
かなり進んでしまっている感はあるものの

流れ込みのシャローには、産卵を控えたサクラマスたちの魚影が
ぞろぞろと見受けられます

c0095801_20585889.jpg
散々弄ばれたのか?

それとも既にフライになんて興味がないのか??

タイミングを合わせて魚の鼻先にフライを落としても
此方が期待するような挙動は、ほとんどありません。

『誘い』なんてもってのほか!

せっかく結んだフライのネタバラシを、早々に披露しているようなものです。





全く駄目か?‥‥というと案外そうでもなくて

何度も何度もフライを素通りしてきた個体が
何の拍子か?パクッと咥えちゃったりもするもんだから、なかなか踏ん切りがつきません。


『フライの色って関係あるのか』

賛否両論別れるところですが、この時期の釣りに関しては
『色』による反応の違いは明白みたい


おまけにフライを動かしちゃダメ‥‥となると

サイトフィッシングでないと、なかなか釣果を伸ばすことが出来ませんね
c0095801_20590361.jpg
c0095801_20590703.jpg
c0095801_20591105.jpg
魚影を見る限り、そんなに大きくはないかなあ?と思っていたのですが

掛けてみれば、どれも40センチ近い個体


産卵を控えた個体を釣る行為に、後ろめたさを感じない‥‥
わけでもないのですが

本命のニジマスが、なかなか釣れてくれません

c0095801_20591585.jpg
昼前後は理想的なアゲインストで

魚っ気も微妙に感じるのですが

6番のシングルハンド&フローティングラインだと

暖簾に腕押し(笑)




いやいや
今日は釣りが成立しているだけで感謝しなければなりません。




お客様より電話が入ってしまい

今夜中に校了までもっていかねばならない案件でしたので
いつもより、かなり早めの納竿としました。


そして

by sureyamo | 2017-09-12 09:02 | Lake fishing | Comments(2)