2016年 06月 18日

アクリルツールスタンド

フルックス社より
新しいイタイプのツールスタンドが発売になりました
c0095801_16020326.jpg
フライタイイングを嗜む人なら
すでにツールスタンド自体はお持ちの方も多いことでしょう

ツールスタンドというとウッドが人気でしたが
(フライマンは何かにつけウッドを好む傾向にあります)
なかなか良いお値段です

また

経験とともに徐々に増えてくるツールの整理にキャパシティーが追いつかず
ソフトフォームに買い換えたり、追加で買い足したりした
僕のような人も多いんじゃないでしょうか?


でも‥‥

ある程度まで行くと
いつも使うツールって意外と限られてくるもの


大容量のタイイングツールスタンドというのは机の片隅の何処かに一つあれば良くて
使用頻度の高い必要最小限のツールだけ収納できる
小型のツールスタンド(最初に購入するようなタイプ)の出番が最近は多かったりします


そんな背景が事の発端ではありませんが

今回はひょんなことから、この企画がスタートし
僕も少しだけ携わらせて頂きました
c0095801_16015270.jpg
本体はアクリルを使用した
非常にスタイリッシュで清潔感のあるスタンドです

こういう雰囲気は
今までありそうで無かったですよね



我々一般ユーザーにとって
組み立て式のメリットはないのですが‥‥
(組み立てる余計な手間が課せられるだけ)

販売する側にとっては計り知れないメリットがあるのです


‥‥というのも、売る側にとって商品陳列スペースというのは、結構馬鹿にならない問題なのです

それが、こんな風に組み立て式にすることで
ラックさえあれば、吊る下げるだけで済んでしまうというワケですから
『陳列スペースを新たに準備する』
手間がなくなるワケです

とまぁ、これはあくまで
売る側の都合なワケですけど

お店側の負担をなくすことで店頭には並びやすくなりますから
最終的には皆さんが現物を手にする機会が多くなる

‥‥ということに繋がると期待したいところなのですが
店頭にない場合には注文してもらってください

お店が近くにない場合には、直接フルックスへの通販で購入も可能です

その場合
コンパクトさの恩恵は送料に跳ね返ってくる‥‥かな
c0095801_16015585.jpg
底板と上板の中間に
もう一枚のアクリルを挟む形になります

それぞれの板の間に長さの異なる2タイプのスペーサーが用意されています

これにより中板のみ、好みの高さで調整可能になりますから
収納ツールの種類に合わせることができます

アクリルは丈夫なので、ニードルやシザースの先端でも傷自体は付きにくいのですが
気になるようであればウレタンフォームを貼って対処すると良いでしょうね




# by sureyamo | 2016-06-18 18:06 | item | Comments(0)
2016年 06月 09日

10年選手

たまたま顔出しに行った赤城FFの駐車場で
なかなか気合の入ったJB23を見つけちゃいました

ココまで逝っちゃってるのも(笑)
珍しいです
c0095801_18420298.jpg
ボンピン付きカーボンボンネット&カーボンエアインテーク
LEDイカリングヘッドライト

ボンネットの日焼け具合といい、各部位の使用感といい
随所に顔を出す経年のヤレ感が
なんともいい味出してます

その他、見慣れないパーツもチラホラ



丁度、お昼で上がってきたオーナーさんにお願いして
ボンネットの中も拝見させてもらいました

剥き出しのエアクリーナー
デカ(笑)!


その他
何処かで見たことのあるようなパーツは
c0095801_18344210.jpg
なんか‥‥手作りっぽい


バッテリーに断熱材が巻いてあったり、ワンポイントで塗装をしていたり‥‥と
細部を見ると芸が細かい

ここら辺は僕には真似できない芸当です(笑)

オーナーさんは結構マメなんですね
c0095801_18345073.jpg
雑誌のアンケートで当たった懸賞品なんかも随所で使われているそうで
見た目以上にお金は掛けていないんだとか

タイヤはスペーサーにて9mmモールのツライチ

ホイル内側のクリアランスも確保されているから
チェーン装着時、タイヤの干渉は回避できそうです

でも僕はスペーサーはちょっと‥‥(笑)

c0095801_18345719.jpg
社外バンパーを惜しげもなく‥‥

こういう思い切りの良さは素直に感服

c0095801_18350123.jpg
なんと

ステッカーを貼る位置が偶然にも一緒

どうもオーナーと僕のセンスは
かなり近いモノがあるみたいです(笑)



このJBは5型
今年で10年目の10万キロとのこと

でも一番驚いたのは
c0095801_18390545.jpg
このヤンチャなJB23のオーナーは

僕より24歳も年上

自分もその年になるまでJBに乗っていられるのかな
?!





# by sureyamo | 2016-06-09 11:48 | JB23w | Comments(2)
2016年 06月 07日

完全燃焼

前回の釣行から2週間空いてしまいました
c0095801_09451670.jpg
ターンも少し落ち着いた湯ノ湖
好調な話もチラチラと聞かれたこともあって
また来てしまいました


なんて書いてますが本当の理由は
前回身内に懇願され、渋々持ち帰ったホンマスがあまりに高評価

ようは

もっと食いたいから釣ってこい!
ってこと


でもね、餌釣りならまだしも
フライだと早々数釣れるモンでもないんですけど‥‥ね



まぁ、それは一番最後(イブニング)のお楽しみにとっておくとして

とりあえず
いつもの釣りからスタート

今回も店長さんと‥‥

c0095801_09453073.jpg
店長のキャスティングは、まだまだ課題は多いものの
ココに来てかなり様になってきました

去年からフライを始めて、その年にダブルハンドデビュー
そして前回からスペイに挑戦していて‥‥
もうこの飛距離

まぁ、普段から練習していなければ、こうは行きませんけどね

もうそろそろ
上手な先生にキチンと習った方が良いです(笑)

c0095801_17160678.jpg
今回はこっそりニューウェポン投入

3Mアトランティックサーモン ショート
レートは『クリアインター』

ロッドはお気に入りの一本、TSR1156のスイッチ

デルタ♯6〜7(19g)とのキャストフィールが良かったので
今回も近似値20g(♯7〜8)をチョイス

オーバーヘッドで投げると、ちょっと重過ぎるかな?といった感じですが
水面に一旦ラインを置くポークでは、当然ほとんど気になりません

8.4mのショートヘッドは、アンカー抜けが気になって
ロンチもソコソコに、速攻シュートに移行したくなってしまうのですが

逆にそういう投げ方と1156の張りを持ったアクションがピッタリ!
コンパクト&クイックなモーションで速度の乗ったループを打ち出せます

スイッチのスペイが苦手だった僕のような釣り人は、まさに目からウロコ
今までのフラストレーションを晴らすように(笑)ダブルハンドをほっぽらかしに
コッチをずっと振っていました

c0095801_09455123.jpg
記念すべきファーストキャストで釣れちゃったニジマス

いくらなんでも出来過ぎです


ただ釣りの方は、そういう訳には行きません
良かったのは朝一だけでした

このサイズよりは少し大き目の
ニジマスとホンマスが一尾づつ釣れただけで

午後一時、午前の部終了まで、全く
アタリなし

天気まで危うくなってきました



所用の店長さんとお別れし
僕だけレストハウスで昼食&情報収集

支配人のFさん親子と楽しいお話の後は
イブニング決戦に向けての準備(昼寝)の予定でしたが

何が狂ったのか(笑)
そのまま釣り仕度でボート乗り場周辺でマーカーフィッシング
c0095801_17182906.jpg
最終決戦のインレット部に陣取る餌釣り師が帰るまで
少しは休めばよいものを‥‥

午後になり吹き始めた風は
一向に止む気配なし


修学旅行(遠足?)の小学生がいなくなると
湖畔には一気に静寂に包まれます

ライズらしいライズもほとんどなく
それでもソフトハックルを性懲りも無く引きまくっていると
忘れた頃にひったくり(笑)に合うのですが

そんなの
ほとんどフッキングしません

c0095801_09461215.jpg
最後の最後まで粘っていた餌釣り師も帰り
(よっぽど釣れてなかったのか6時過ぎまで粘っていました)
ようやく僕一人


事前情報通、イブニングは7時30分過ぎに始まりました
なんと前回より1時間遅れ
おまけにライズの数も前回の10/1程度とお粗末くん


結果は
ニジマス1匹、ホンマス2匹、ヒメマス1匹

面白いのはホンマスは♯10のソフトハックルでも釣れるけど
ヒメマスは♯20まで落とさないと釣れないということ

F田さんの言った通り(笑)
c0095801_09461803.jpg
同じ位のバラシ数ではあったけど

老眼と光量不足につき
全然フライ結べない

この歳で迎えるイブニングにフライフィッシグの限界を
痛烈に感じたのでした

とほほ



# by sureyamo | 2016-06-07 13:07 | Lake fishing | Comments(0)
2016年 05月 25日

ターンオーバー

前回、予想外の寒さに釣りに集中できずで
何とも心残りだった『湯ノ湖』
c0095801_15162934.jpg
今回は再挑戦

前の天候が嘘のような快晴に恵まれました
やはり日光の釣りはこうでないと‥‥



ただ、濁りの方はかなり酷く
太ももまで立ち込むと踝は見えないくらいにマッディー

波打ち際にはターンオーバーを意味する白泡が打ち寄せられていた


ライズも少なくて、何とな〜くしていた嫌な予感は
見事的中

日の出前の二発は順調に取れたものの
以降は、パッタリとアタリが途絶えてしまいました


同行の店長さん

確実に釣果を伸ばしているので
湖のせいではないみたい(笑)ですけど‥‥ね

でも釣れないものは釣れない!
c0095801_15165956.jpg



c0095801_15180923.jpg
マトモなアタリがないまま、あっと言う間に昼が過ぎ‥‥

結局、こんな風景画像しか撮れてない、ということは
それだけ、一生懸命釣りしていた
証でもあるのだけど(笑)


これは結構マズイんじゃない?

ようやく重い腰を上げ、半ば見飽きた(ぷっ)場所とは決別
c0095801_15183861.jpg
一旦ロッドをたたみ、ウェーダーを脱ぎ捨てて
(通常ならこの時点で二回戦復帰はない)

レストハウスのF田支配人さんのところで
お話を伺ったところ

やはり、かなり

お渋い状態とのこと

イブニングまで待てば、ライズはあることにはあるらしいのだけど

これが

なかなか釣れない‥‥というのですから

なんだか本気で帰りたくなって来ました
c0095801_15194763.jpg
それでもせっかくなので
釣れる釣れないに関わらず、ライズくらいは拝んで行こう‥‥ということで
奇跡の(笑)二回戦目突入


本格的なイブに突入する前
岸から数メートルほどのところに、風の合間にできた潮目の鏡面地帯が発生
そこで始まった三連ライズにフライを送り込むと

ドンガバチョ!

と、いきなりギンギラ系がヒット

&速攻リリース(とほほ)



c0095801_15211357.jpg
夕刻が迫るにつれ、だんだん人も少なくなってきました


昨夜3時間くらいしか寝ていなかったツケが、ようやく回ってきたみたいで
時々、記憶が飛んだりするのですが(笑)

フライを振ることで何とか意識を繋ぎとめたりして




風が止んでくると、静寂の湖面にライズリングが無数に広がり始めます

ライズ地獄の始まり始まり
c0095801_15213792.jpg
確かに釣れない!との話通り

このライズの数を考慮すると納得‥‥とは思うのですが



よくよく観察していると
飛んでる虫を空中で捕食しているようなライズパターンが特に多いのですね
こんな時は、水面に置きっぱなしのフライは逆に出にくいもんです

おまけに、このライズの張本人達は(大半は本鱒)は非常に足が早いのです
ライズのあったに場所に速攻でフライを入れても、かなり無意味(笑)

ここら辺のタイミングは
普通のライズの感覚
と大きくズレますし、それに気づかないうちは

典型的なモグラ叩き
になること必至


割と、ライズとライズの間の何もない水面の方へ
フライを置いたほうが
確率的には高かったりするのですから面白いものです

こんなイブニングでは、パニック状態になっているのは魚の方も同じ
食い損じなんて『当たり前』に発生しますから、フックミスに一々落ち込む必要なんてありません

先に書いたライズの先読みも大事ですけど、それとて限界があります

やはり一番重要なのは
違和感なく?!目立つ
ことになるのでしょうか

目立つから‥‥といってハッチを無視したフライには、やっぱり反応しないんで
そこは難しいですね


c0095801_15220905.jpg
具体案は、皆様の思考回路を停止させてしまうでしょうから書きませんけど(笑)
ちょっとしたコツさえ掴んでしまえば、これが結構

普通に釣れちゃう


なんだかかんだ言いながら、二人揃って余裕のツ抜け
久々に面白い釣りで締めることができました

ライズの釣りは、言うなれば

魚との対話

こちらから一方的に喋るだけではダメなんだと、つくづく思い知られた気がしました




# by sureyamo | 2016-05-25 21:59 | Lake fishing | Comments(2)
2016年 05月 18日

Rainy lake 2016

ようやく
c0095801_16543901.jpg
今季初の湖釣行に行ってきました

別に決めているワケでもないのですが
シーズン最初の湖釣行は自然と『湯ノ湖』に足が向いてしまいます

今が旬な天下の中禅寺湖に、後ろ髪引かれる思いもあるのですが
初釣行となるとマイペースの釣りを許容してくれるコチラに来てしまうのです


まぁ僕にとってのFFは、やっぱり本流のマッチ・ザ・ハッチがメインであって
湖のFFはサブカルチャー

何が何でも釣る的な気合いと
ストイックに現場に通いつめる熱意は、最初から持ち合わせてなくて‥‥

でも
それくらいの程よい距離感が、無意味に視野を狭めることもないみたい
逆に、いろんなモノが見えてくるようで‥‥

c0095801_16544569.jpg
平日の‥‥それも雨の日とあって、釣り人は数えるほどです

もちろん僕が一番乗り



水が少しだけ濁ってます

この湖の場合、こんな色に濁ってる時って、あんまりいい釣りできないんですよね

こんな雨も、そのうち止むだろうとタカをくくっていたのですが
これが一向に降り止む気配がない


防水機能をほとんど失った『以前はレインウエア』みたいなジャケットは
雨水の侵入を寛大に受け入れ

上から袖から‥‥と、ものの一時間ほどで脇までビッショリ
濡れてないのはウェーダの中だけ
c0095801_16545959.jpg
気づけば吐く息まで白い

季節的には不思議でもなんでもない気温も
連日の夏日に近い陽気を思うと軽く裏切られた気分です


そんな感じで

開始早々から三節棍のように折れかかった心も
アタリの一回でもあれば容易に立ち直るはずなのですが

なんと一度もアタリなし


ならば‥‥至るところでライズを繰り返すホンマス&ニジマスでも釣ってやろうと
小型のソフトハックルに結び替えてみたものの

あれれ?
此方もアタリなし
c0095801_16545692.jpg
そのうち、投げて浮いているランニングラインに向かって
二羽の鴨が横切ろうとしたので

慌ててラインを高速で巻き取っていると

ガツーン!


ライズしているヒカリモノ達が、あっけなくヒットしてしまいました

そうなんです、要はリトリーブのスピードだったのです


そうとわかれば‥‥
c0095801_16545373.jpg

あっ、と言う間にσ(^_^;)

基本的に群れで動いているので、釣れる時と釣れない時はハッキリ分かれますが
とにかく目一杯遠投、リトリーブの距離を稼げば必然としてヒットの確率は上がります

足元から沖目まで、全く問題なく表層で食ってきますし
サイズの割には引きは良く、これはこれで楽しめますね
c0095801_16544922.jpg
これはホンマスかな
c0095801_16550132.jpg
こっちはヒメマス(ですよね?)
c0095801_16550461.jpg
ホンマスの方が若干サイズが大きいです

小さくても♯12クラスのソフトハックルを目一杯頬張って(笑)くるので
全くバレません

群れが去った後は、おきまりの沈黙

デカニジ用のマラブーに結び替え、いつものリトリーブに変えて
なんとか本命も二つほど釣りましたけど

サイズはやっぱりこんな感じ

雰囲気だけは釣れそうなのですが
50〜60サイズのライズやボイルもなし
c0095801_16550703.jpg
気が付けば期待の時合いはとうに過ぎていました


雨も止まず、さすがに身体も芯まで冷えてきたし

なんだかキャスティングまでオカシクなってきたようで
シュート後に常に2〜3mほどランニングが残るようになってしまいました

まだまだ時間はタップリあるのですが
今回はここまで


次回はスカッと晴れた日に
終日振り倒したいですね
c0095801_16551226.jpg





# by sureyamo | 2016-05-18 08:43 | Lake fishing | Comments(0)
2016年 05月 15日

175 Design works

一部の方々にしかお話はしてきませんでしたが
この度、先月の20日付けで30年以上勤めてきた印刷会社を退職いたしました

そして、早速今月から

c0095801_18045916.jpg
新たに個人でデザイン事務所を立ち上げる運びとなりました

今まで培ってきた経験と人脈を頼りに日々、邁進致す所存でございます
何かと至らない点があるとは思いますが、今後とも何卒よろしくお願いいたします

僕の作ったデザインでも皆様のお役に立てるようでしたら、これほど嬉しいことはございません


群馬県内、埼玉県北部の方でしたら、僕の方から直接お伺いさせていただきますので
ご連絡をお待ちして居ります

営業品目
名刺、封筒、DM、ポイントカード シール、帳票類、バナー、チラシ、パンフレット、パネル、ポスター、看板、のぼり旗‥‥などなど

当方、デザインの起案とデータ作成がメインとなります

僕と納得いくまでデザインを煮詰めていただいた後は
お抱えの印刷会社さんにデータをお渡しして印刷していただくこともできますし
ネットによる出力サービスをご利用になられても

それは自由です

ここら辺の融通は、以前印刷会社に勤めていた僕には出来なかったことでもあります


もちろん、印刷まで含めて‥‥というご依頼にも今まで同様にお応えできます
ご協力頂ける印刷会社さんもございますので、お気軽に何なりとお申し付けください



175 Design Works


175(いちななご)でも(イナゴ)でも
舌を噛まない方の呼び方で構いません


『イナゴ』は僕の小中学校時代のアダ名からとりました

ちなみに僕自身

イナゴは大の苦手なのは

内緒です(笑)




# by sureyamo | 2016-05-15 23:12 | works | Comments(4)
2016年 05月 15日

バランス

なかなか釣りに行けてないので今回も再びジムニーネタでお茶を濁します(笑)
※でも安心してください!明後日は今季お初となる湖に行ってまいります※



さてさて

車と言うのは、なんでもかんでも馬力を上げれば良い
というものでもありません
c0095801_19151507.jpg
かくいう僕のJB23は、ご存知の通りスーパーチャージャー(遠心式)がボルトオンされております
ジムニーには元々ターボチャージャーが付いていますから、実質ダブル加給のツインチャージャーという仕様になります

この加給方式は、古くはWRCのグループB時代にデルタS4にも搭載されていましたし
僕らの世代では日産マーチRのスーパーターボですよね

僕がラリーをしていた頃も、このマーチRはバリバリに現役であり
群馬シリーズ戦で残すところ2戦。
シリーズ優勝争いしている車両に、一度だけナビで乗せられたことがあります

慣れる意味で練習走行(深夜の栗原林道)に何度か付き合わされましたが
740kg(実際にはガード類やロールケージがつくので、もう少し重たい)というペラッペラの車体に
過激に出力を求めたエンジンを無理やり乗せて、こいつを超クロスレスオのミッションで引っ張り回すのですから

それはそれは

恐ろしい

乗り物でございました、ハイ


ツインチャージャー(マーチの場合はダブルチャージと呼んでいますけど)は
そういうイメージを持たれている方が大半だと思います

となると僕のジムニーも、凄〜く速そうに思われているようですが実際は

そんなでもありません(笑)

これは僕が、最初にこの車両に初めて乗った時に感じたインプレッションから変わりません

やはりツインチャージャーという言葉から来る過度の
期待感
が、そう思わせちゃうのかな


ただノーマルのJBと比較しちゃうと、その差は歴然
今となっては、この加給器を外したJBになんて乗る気にはなりません
そのくらい仕様としての完成度は高いと感じます


残念なことに、同じ仕様のキットを装着されている方の中には燃調が取れず
泣く泣く外される方もチラホラおられるみたいです

僕の車もインジェクターの容量的にベストのモノが入手困難なので、お世辞にも理想的とは言いがたい状態ではあります
始動性に癖もあるし、たまに不整脈(笑)を起こすこともあったりします

ですから、あまり細かい性格の方には向いていないかもしれません

僕は逆に、そんな不完全ぽいっところも
割と気に入っていたりします
c0095801_19150991.jpg
ジムニー業界でも、簡単に馬力を上げるパーツとして
フルコンに始まってビッグタービンに至るまで様々なパーツが出揃っていて
ポン付けで100馬力とか出ちゃうようですね


ジムニーに搭載されているK6Aというエンジン自体が元々タフなところに持ってきて
エンジンルーム内にクリアランスが残されている点もチューニングの自由度が高いです

でもね

車体がジムニーであることを忘れてはいけません


馬力を上げれば必然的に高速域までの到達速度も早くなります
ただ直線を走っているだけなら良いんですが、普通は(地元の場合)その先にコーナーがあったりします

元々車高が高いところに持ってきて‥‥そこから更に車高を上げちゃってる僕のような車両の場合
高い速度域でのコーナーリングは
非常に危険


とにかく馬力を上げるのなら、足回りはガッチリ固めて車高はノーマルか、せいぜい2インチアップまでに止めるべきです
ブレーキ強化は必至だし、もちろんMTタイヤなんか自殺行為です

試しに一度くらいは大きなタービンに変えてみたい気もするのですが
僕のJB23では現状(恐らく85馬力ちょい)以上のパワーは
持て余しちゃいます


ちなみに僕の仕様(5インチ以上のアップ+ネガキャン+8点ロールケージ)に少し固めの足廻りも相まって、コーナーでは簡単に肩輪走行になります

車を操る醍醐味は、やっぱりコーナーワーク!
アクセルなんて誰でも踏めます

いくら直線で速くても、一か八かのコーナーリングなんて

真っ平御免

ですから



エンジンと足廻り(車高を含めた)のバランスは
とーっても重要というお話でした



# by sureyamo | 2016-05-15 21:59 | JB23w | Comments(0)
2016年 05月 11日

渡良瀬川第二幕

この時期の雨は
c0095801_16544863.jpg
願っても無い好条件

降水による増水は、程度の差こそあれ
釣りにはプラスに働く要素が多数含まれている


水位の増加は魚たちの活性(遡上)を引き上げ
増水による“ささ濁り”と雨雲により遮られた直射日光は
魚達の‥‥GWから引きずったフィッシングプレッシャーから解放してくれる

高湿度の大気は、羽化の完遂を目指す水生昆虫たちの事故を誘発し
そして何より
雨の日というのは釣り人が少ない(笑)のが良い


ここのポイントは、どう言う訳か魚の移動が少なく、そして何故かヤマメの比率が高い

c0095801_16545299.jpg
となれば必然的に釣りの難易度は、他のポイントと比較してもかなり高くなる

だから‥‥

ライズが有るからと言って、誰それ構わずココに案内する気にはなれない

他に行けば釣り人に優しい魚達は沢山いるし
サイズだって、ここの魚より一回り以上大きい

こんな場所にこだわる必要はどこにも見当たらないのだけれど‥‥
c0095801_16544361.jpg
流れが際立って難しいワケでもない

その流れについているヤマメは
無防備に見えるほどに、おおらかなライズを延々と繰り返す

それなのに、なんで

こんなライズが取れないの?!

c0095801_16545911.jpg
雨が降り続いてくれれば多少の勝機もあるとは思われたけど

生憎、雨は朝の段階で上がってしまい
天気は僕らの期待を見事に裏切り、普通の曇天に転じてしまった

正午前後に見込んでいた、アカマダラやエラブタマダラの羽化は
不発もいいトコロ
c0095801_16544065.jpg
こういう天気は普通は羽化もダラダラ続くし

結果として、ライズに長い時間向き合うことができる

最高のライズ日和であることに異論を唱える人はいないだろう

だけどその反面


羽化がダラダラと長時間流下している状況では、魚たちの目が座りやすく

ライズの嵐に苦戦を強いられることも多い

c0095801_16543626.jpg
結局、この日は朝から頑張ったのだけど

この28cmと
c0095801_16545592.jpg
すこし小ぶりなヤマメが相手をしてくれただけ


実際、フライには二桁以上の魚が反応してくれたものの

合わせ切れ×1

それ以外はフックに乗らないのばかり



朝の内容物はアカマダラのスピナー

それ以外のフライは口も使ってくれない


この日はそんな流下もコロコロ変わってしまうようで

的を絞りきれない状態のまま、ただ闇雲に時間を費やしてしまった




# by sureyamo | 2016-05-11 23:19 | River fishing | Comments(2)
2016年 05月 07日

パワーエクストリームR マグナム マフラー

2月に車検を終えたばかりですが
購入当初から、ず〜〜っと装着してきたマフラーも
いよいよ次の車検には通らない‥‥ということと

いい歳したおっさんが
いつまでも爆音撒き散らして走り回っているのも

どうか?


ということもあって

今回、マフラー交換することになりました。

今までのマフラーが音質(音量は、最初はまだ少し静かでした)もルックスも結構気に入っていたので
それに変わってわざわざ入れ替えようと思えるマフラーとなると

これがなかなか見つかりません


そんな中

トラストから先月の初めに発売されたばかりな
グレッディ エクストリームR

という新製品があることを知りました

一応webで調べてみたものの、出たばかりということもあって
レビューそのものが見つかられませんでした


でも

そこは天下のTRUST

社名通り『信じて』みることに(笑)

c0095801_21203765.jpg
堂々と、センターから突き出たマフラーは
ド迫力を通り越して、少し下品なくらい(笑)

でもね、こんなのはすぐに見慣れちゃうもの
慣れたら慣れたで、逆に物足りなくなっちゃったりするワケですから

これくらいで丁度良いのです

ヒートグラデーションは最近の流行りのようですが
オプション設定だったらいらないかな‥‥といったところではあります


音量はグッと静かになりました

まぁ、今までのマフラーが勇まし過ぎたということもあるんですけどね

静か過ぎて少し物足りないかな‥‥という危惧もあったですが
少し走っただけで、これくらいが丁度良い気がしてきました


c0095801_21204243.jpg
僕が今まで乗り継いできた車歴は、このJB23で9台目

そのうち2台を除いた全ての車両がマフラーを社外品に交換してきました
(例外の2台は、当時のJAF競技車両の規定でノーマルマフラーしか認められていませんでした)

無限、TRUST、5ZIGEN、SUZUKI SPORTS、ウルトラパフォーマンス、タニグチ、フジツボ‥‥

ただ、そのほとんどの車種でマフラーを入れたことにより

おぉっ!と言わしめるほどにパワーアップを体感できるモノ

は残念ながらありませんでした



しかし、今回のマフラーは違いました


全域で抜けが良くなっているようで
レブの上がりが明らかに早くなりました

まるで
クラッチが滑ってるんじゃないか?!
と思うほど

ハイギヤからの無理な加速も、ほとんどモタつきがなく
立ち上がりは以前より断然早くなり
キチンと速さを感じることができました

正直、マフラーでここまで変わるとは思っていませんでしたね


僕のJBはエンジンが弄ってあるんので、通常のJBの参考にはならないかも知れませんが
これは結構いいかも知れません


今日は軽井沢まで足を伸ばしてみたのですが
旧碓氷峠ではシフトダウンをサボっても、グイグイ登りきってしまいましたし
燃費も今までの中では一番良かったです
(図にとって飛ばせば、そうはいきませんけど)

このスタイルが嫌いでなければ(笑)結構オススメです



# by sureyamo | 2016-05-07 22:27 | JB23w | Comments(2)
2016年 05月 04日

GW後半の神流川C&R

早朝、目を覚ましてしまうくらいの雨音に
思わず二度寝

そんな雨足も、夜が完全に明けた頃にはすっかり上がってしまっていて
慌てて荷物を車に投げ込んで、神流川C&Rに向かって車を走らせた

道中の路面はまだまだウェット

ジムニーに今履いているMAXXISは、センターグルーブに刻まれた浅いスリットが摩耗で消滅するあたりから
舗装路におけるウェット路面のグリップ性能がいきなり落ちるみたい

さして飛ばしているわけでもないんだけど、コーナーの進入では割と小刻みにタイヤのグリップを失います
タイヤの外径だけは無駄に大きいので(笑)いきなり制御が効かなくなるようなこともないんだけど
運転に余計な気を遣わなくてはならないのは

ちょっと辛い
(もう年なのかな)
c0095801_21313971.jpg
今季はずっとヴィラ裏ばかりだったけど
興和橋上流の工事も終わったということなので、真っ先に向かってみることにしました

上野村C&R区間といえば、やっぱり、ここで釣らないと
始まりません

河原の至る所にテントが設営されていて
あぁ、世間はGWなんだなぁ‥‥と改めて実感

魚影はすでに浮き気味で
ヤマメ特有の白っぽいシルエットが波間にゆらゆら見え隠れしています

そのうちの幾つかはライズもしています

とはいえ、すでにココのヤマメも散々弄られているわけで‥‥
ドライフライに興味はあるものの、そうそう口を使う魚はいません

中層付近でフラフラしているヤマメの方が断然型も良いので
其方をルースニングで狙うことに‥‥

されど、このゾーンでもしっかり教育が行き届いているらしく
c0095801_21344238.jpg
上がってきたのは泣き尺でしたが

スレ掛かり

水中を流れ下るフライも相当キャンセルされているようです

それでも、やはりニンフは強い
ドライフライよりはヤマメと出会うチャンスは遥かに多いです

ドライフライ並みにリアルサイズのニンフに変えることで、反応は多少増えますね
c0095801_21361332.jpg
この子は、恐らくこの地で生えた地ヤマメかな

その他にもウグイも二つほど‥‥

流れに馴染んでいる魚ほどリアルニンフの誘惑(笑)には勝てないようです

c0095801_21335173.jpg
役場前に移動すると

これ見よがしにライズしているヤマメ達が
たくさん


反応の悪さに関してはヴィラ裏と大差ないです

何度もキャンセルされたフライでも、アプローチのタミングや見せ方を変えることで
釣れちゃうこともあります

フライじゃないのかなぁ‥‥?

もう
良くわかりません
c0095801_21295404.jpg
c0095801_21270346.jpg
27cmくらいですが、カッコイイ雄のヤマメだったので
何枚も写真を撮らさせてもらいました

その際使ったのは
故、古川雪浩さんから生前頂いたミッジのクリップルダンの♯28

最初は散々見切られましたが
仇は取りました(笑)


ここでも中・下層にいるヤマメの方が一回りは大きいし
そういうの見ると、やっぱりチョッカイ出したくなるじゃないですか?!

というわけで再びニンフ登場
c0095801_21330026.jpg
結果的に、一番大きいやつ(推定35cmクラス)は釣ることはできませんでしたけど

ほどほどに楽しむことができました

今日は所用で、釣りは午前中で終了しなければならなかったのですが
後ろ髪を引かれる思いも無かったので(爆)引き際的には、ちょうど良い案配だったのかも知れません
c0095801_21370448.jpg
最後に釣ったヤマメのストマック

シリアルと緑黄色野菜?!

ダイエット食かよ(笑)




# by sureyamo | 2016-05-04 22:55 | River fishing | Comments(0)