Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2021年 01月 16日

新調!New Line

先日、譲り受けた中古のフライラインが
何気に気に入ってしまい

迷うことなく
新品のDT2Fを買い足してしまいました


サイエンティフィックアングラーズ
アンプリチュード
新調!New Line_c0095801_18005566.jpg
古参のフライマンだと
たかだか渓流用のフライラインに16,000円以上の出費は、普通に

ありえない

んですがぁ…(笑)



なにこれ、こんなに寒くても癖が付かない…(-_-;)

こういう些細なことことが、微かなストライクを拾うために
重要なことを再確認

実際の釣果に直結することを実感したのでした!



フライラインて、やっぱり大事なんですね(笑)


# by sureyamo | 2021-01-16 19:41 | River fishing | Comments(0)
2021年 01月 13日

外気温-5℃

バイトが休みの(待望の)水曜日!
釣りに行くと決めたら最後

前日に雪が降ろ〜が、槍が降ろ〜が
んなこと知ったこっちゃありませんからね

中里村の外気温度計は-5℃?

それが何か(爆)
外気温-5℃_c0095801_17211925.jpeg
でも…さすがにコレは(笑)
プチビビりました

それでもまぁ
なんとか無事現着


たとえこんな日であっても
遊漁者は僕で8人目(-_-;)


釣るところには困りませんが…
外気温-5℃_c0095801_17422523.jpeg
「Sidewinder」も、あまりの寒さに
ナナフシみたいになっちゃいました(プッ)

※濡れると戻って、普通に使えますからご安心を♡

外気温-5℃_c0095801_17451816.jpeg
釣りは…ほぼワンキャストワンフィッシュ!

おニューのリールも、あっという間に

祝入魂♡

※濡れて凍って
早々にスプールロックからの〜バラシ

なんていう初トラブルまで「おまけ付き」でしたけど(笑)




それと今回
リーダーに4X・16ft(→バット4ft詰め)を使ってみました
 
使った感想は、メンディング自体は楽だけど
今までのような小技が効かないので、個人的にはボツ

ちなみに今までのリーダーは7X・16ft(→バット4ft詰め)で
コレが割と「Sidewinder」との相性が良いです

リーダー選びで悩んでる方がいたら、一度試して下さい
(あくまで自己責任で)
外気温-5℃_c0095801_17583530.jpeg
立て続けに好反応だったクロカワゲラを意識したシンプルニンフだったけど
ストマックの中身は

……全部、オナシカワゲラ……

なのね(-_-;)


あらま、フックまで唖然(伸びちゃった)としてます。(笑)

外気温-5℃_c0095801_18071315.jpeg
その後、外気温はぐんぐんと上昇
極小ユスリカが、水面上をバンバン飛び始めると

どーゆーわけか

ハコスチの活性は急降下?!


なかにはライズを始める個体も居るには居るものの
その何十倍の魚影は、川底に身を寄せ合ったまま

ロクに口を使わなくなってしまった


今回は動画の撮影機材を持ち込んで挑んだのですが
あまりに釣れないRECが延々と続くので(笑)バッテリー切れが心配になるぐらい

それだけ釣れませんでした
外気温-5℃_c0095801_18195310.jpeg
以前であれば、こういう時こそ「マイクロニンフ」…
となっていたワケですがぁ

最近は、その手のフライでも散々掛けられちゃってる(笑)らしく

さすがに

効かなくなってきてるみたい

まぁ、無理もないかぁ(-_-;)





タナ・フライ←→ショット間・ショットの重さを
こまめに調整したり

ティペットの交換頻度を上げることで
魚信自体は戻ってくる(長続きはしないけど)ので

こういう状況下になってしまうと
逆に、フライはあまり関係無いのかも知れませんね
外気温-5℃_c0095801_18234502.jpeg
ハコスチたちも
「痛み具合」が激しくなって来ました


自分の釣りも、その傷の一端を担ってしまっている以上
綺麗事を言えた義理ではないけど…





一時半の納竿までに
掛けたハコスチの数は二桁いったものの
ランディング出来たのは8本

勝率50%と、そんなに悪くはない結果なんだけど…


なんだ?この敗北感(-_-;)



今までなら、確実にストライクが出るパターンのドリフトがスカされた
精神的ダメージが、どうやら大きいようです
(自己分析)


# by sureyamo | 2021-01-13 19:54 | River fishing | Comments(0)
2021年 01月 09日

Danielsson midge

今年から、何かにつけ登板させてきたOrvis CFO123ですが
ここ最近のハコスチ通いで、ギャンギャン悲鳴を上げさせてきたツケが回ったのか

なんとなくクリックの効きが甘くなってきた感じです

まぁ、それが理由ってワケでもないんですが
もぉ〜そろそろフライリールを新調しても良いタイミングと思い
リールを購入

渓流用フライリールの新調は
十数年ぶりです
Danielsson midge_c0095801_18453851.jpg
何にするか少しだけ悩みましたが

程なく選んだのは

Danielsson midge

最近、フライを始められた方には馴染みが薄いと思いますけど
今では半ば常識となりつつある、ラージアーバースプールの
先駆け的モデルだったリールで
発売当時(1984年)はLOOP社のリールとして販売されていました

よくよく考えると、もう34年前のリールなんですよね(笑)


発売当時は、この異質のデザインに驚愕したものですが
確か価格も6万円近くしたような気がします(勘違いならゴメンね)
もちろん
たかが糸巻き機ごときに(爆)にこの金額は、流石に出せませんでしたけど


実は心の奥で、ずっ〜〜と憧れていたのです
(たしか田代兄弟が愛用していましたよね)



LOOP社がリールの製造拠点を韓国に移す際、Danielssonのブランドとして残り
スェーデンで製造され、今現在も流通している現役のリールなのですが
Loop社の圧力?により、日本への流通はほとんど無いみたいですし

そういう意味では、いつ入手不可になってもおかしくないリールではあります

まぁ、そんなお家事情
一般ピーポーにはDoでもEー話



このリールはデザインが全てでしょうね
普通にカッコ良すぎです


心臓部は完全密閉が常識の
昨今のリールですが
現行モデルにして

機関部剥き出し

の潔さ(笑)

無精でズボラで無神経な方なら
砂利を噛む都度、ぶん投げたくなってくる(笑)かも知れません

そういう部分では、ティペットがシャフトに回り込んだら即終了的な
トラディショナルスタイルの両軸フライリールにも同じことが言えますね

ただし


そんな扱い難さも道具(リール)の味として付き合っていけるだけの
「気持ちの余裕」は持っていたいものです


# by sureyamo | 2021-01-09 21:13 | item | Comments(0)
2021年 01月 06日

水温3℃

水温3℃_c0095801_21331940.jpg
2021年の釣行二回目にして、ようやく待望の(笑)今季初モノ
これで晴れて

「釣り師の年明け」

でございます


今回の冬季釣り場では、知った顔ぶれが集結

釣りをしている時間より、おしゃべりしている時間の方が長かった気が
しないでもないですが…
(僕だけ)


まぁ、それはともかくとして

暖かな陽光が全く望めない…“我慢比べ”のような釣りとなりました




水温3℃

川の中に手を入れると
冷たいと言うより「痛い」という感覚でした

そんな状況にも関わらず
ハコスチたちの活性は、さほど低くもなかったのだけが幸いでした




とりあえず、最初の一匹目は
お約束のストマック採取

本当は冷たくて嫌なんだけど…
今までの経験から

思い込みはNG!
水温3℃_c0095801_21330719.jpg
(Hさん撮影の写真を無断拝借)

ということで、今回もしっかり確認

予測では、この水温でも捕食されている可能性が高いのが

クロカワゲラ

と言う読みでしたが…
水温3℃_c0095801_21332758.jpg
クロカワゲラだけでなく、オナシカワゲラも…


ねっ? こんな事があるからストマック採取は怠れないわけです

まぁ…フライパターン的には似たり寄ったりですけどね(笑)




今回は、結構ライズも有ったのですけど
ユスリカの羽化が期待できる水温には程遠いので

恐らく、前日あたりに羽化した飛翔アダルトの捕食なんでしょうか
水温3℃_c0095801_21333588.jpg
ハコスチの上顎に止まったアダルトが
その存在を証明しています

まぁ…それにしても、小さい(-_-;)こと



微量ながらも、こうした羽化はあるワケで
捕食が本業である魚達の記憶力?に期待

水温3℃_c0095801_21333136.jpg
その読みが当たっているのかどうか、真偽はわからないけど
極小ニンフ(ピューパ)は、相変わらずの

効きまくり状態




おしゃべりが弾みすぎた対価として(プッ)
掛けた総数はツ抜けには届かず…でしたけど

ランディング6本

うち2尾はスレ

最初は口に掛かっていたハズなのに、いつの間にか尾ビレに掛かり治る?というイリュージョン(笑)で
ウンザリするほど

引き味は楽しめました


そして…フライラインの「良いストレッチ」にもなりました(笑)
水温3℃_c0095801_21334030.jpg
追記

サイドワインダーのテスター募集は定数に達したので
締め切りいたします

ご協力、誠にありがとうございました



# by sureyamo | 2021-01-06 21:34 | River fishing | Comments(0)
2021年 01月 05日

耐久性

「Sidewinder」って、どのくらい持つのか?

気になっている方もいらっしゃるようなので
実際に使用してきたモノを見てもらった方が話が早いですね


下の写真は
上野村で4釣行ほど使用した「Sidewinder」になります

4釣行と言っても、フルで終日使ったのは1回ぐらいで
平均すると3時間程度ですけどね

ただ…いい加減(笑)数だけは掛けたので
それなりの参考にはなると思います
耐久性_c0095801_00044460.jpg
「Sidewinder」のもっとも弱い部分は、リングとの接続部分

流石にホツれてこそ来ましたけど…まだまだ普通に使えるレベルです

でも、ささくれた部分にフライが絡んでしまうことあるので
ここまで来る前に、できれば補修して下さい

即興なら瞬間接着剤
もしくはタイイング用のスレッド(鮎釣りに使う「ねまき糸」が理想)で
巻き上げて入くれれば、まだまだ普通に使うことが出来ます
 
元々、このマーカーは軽量と繊細さが売りなので
そこまでの補強は施していません

ご自身の釣り方に合わせて
必要に応じて補強してお使い下さい


一般渓流の釣りでは、ワンシーズン2本あれば足りると思います
(ヤマメ相手でも流石に伸びてきます)



もっと持ちが悪ければ、それなりに消費の回転率も上がるのですが…(笑)


# by sureyamo | 2021-01-05 00:41 | item | Comments(0)
2021年 01月 01日

謹賀新年

謹賀新年_c0095801_22553803.jpg
新年明けましておめでとうございます
 旧年に引き続き
本年も、どうぞ宜しくお願いいたします


何故海釣りの写真なのか…特に深い意味はございません(笑)




そんな中、本日は上野村漁協さんへの初荷!(笑)
(元旦の朝からアルバイトだったので、その勢いで午後に納品に伺いました)


ハコスチ専用のストライカーを製作いたしました
材料の関係で数量は40本のみ


「上野村ふれあい館」のみ
期間限定での取り扱いとなります
謹賀新年_c0095801_23075912.jpg
そのついでの、初釣りも済ませて来ました
魚の溜まっているポイントに入れなくて…早々に

オデコ

を決めてしまいました(笑)けどね

この借りは、近日中にキッカリと返して頂く予定でございます




# by sureyamo | 2021-01-01 23:14 | and others | Comments(0)
2020年 12月 31日

本年最後のご挨拶と諸々のご報告、お知らせでございます。

本年最後のご挨拶と諸々のご報告、お知らせでございます。_c0095801_22452875.jpg
地元清掃センターへの廃棄物の持ち込みは
年末の恒例行事の一つです

今年は、さほどの量ではありませんでしたが
帰宅後に
「アレも、コレも」と出るわ出るわの

手際の悪さ

(-_-;)


えーい、残りは来年に後回しじゃぁ〜


本年最後のご挨拶と諸々のご報告、お知らせでございます。_c0095801_22543052.jpeg
少し前に、特許庁から郵便物

中身を確認したら、なんと書類不備(-_-;)
一番肝心の印鑑押印がなかった…らしいです

我ながら情けない


特許庁に限らずですが、こうした公的の形式ばった書類の作成って
とにかく苦手です


特に今回の「Sidewinder」に関わる意匠権出願申請前に
すでにブログとか、FB、HP、等々で公開してしまって…
更に、販売までしていたことから

新規性喪失の例外証明

なる面倒な書類を別途で作成し、提出しなければならず

群馬県の知財局に足繁く通い…
弁理士さんの無料相談会にも参加してきました
本年最後のご挨拶と諸々のご報告、お知らせでございます。_c0095801_23010194.jpg
先の不備の書類は即日で対応
一応、全ての書類の受領通知も届きました

まぁ簡単な意匠であれば、出願自体は一枚の書類でも済んでしまうくらい
最も簡単な部類であるにも関わらず

うちの場合には
付帯書類は、有に20枚超え(笑)



弁理士さんにお願いせずに個人での申請としては

結構ハードルが高かったです



まぁ、これからが本番で
受理されるかどうかは、また別問題ですけどね





ここまでが「ご報告」で
ここからが「お知らせ」になります



現在、販売させて頂いております「Sidewinder」ですが
来年から実質、私の手から離れることになります


いままでは、本業の空いた時間での製作ということで
ご注文を受けてから作成でしたが
販売と製作を「Flux」さんに委託する予定で調整をしています

これにより、一気に販売店さんのルートが拡大されることとなりますし
そうなりますと、当然僕の方では手に負えなくなります(笑)


まぁ、僕よりも手先の器用な方に作っていただけるようなので
クォリティー的には、かなり良くなりますから
ご安心ください


それに伴い、販売価格も一部見直しとなりますが
何卒ご理解いただけると助かります




それと前回の記事で一部紹介させていただきましたけど
ドライフライ用の「Sidewinder」の試作品が用意できました

実質の販売は来年の3月1日(解禁)を予定しているのですが
それまでに、このマーカーのテスターを募集いたします
本年最後のご挨拶と諸々のご報告、お知らせでございます。_c0095801_23190168.jpg
募集は先着で10名

ご希望者はHPのお問い合わせフォームか
以前に僕とメールのやり取りがあった方であれば、直メールで構いませんので
ご連絡ください


条件としては、3月解禁前(できれば流水の管理釣り場)に1回で構わないので
レビューをいただける方です
テスターをお願いする方で、具体的な使い方を知りたい方にはメールにて解説いたします

結果、あまり芳しくない(使いにくい)と判断した場合には
一部の改良、もしくは販売見送りもございますけど
その際はご了承ください



こういうことを僕一人でテストしていると
当然時間も掛かりますし…自分で言うのもアレですけど
ジャッジメントも怪しい(笑)

そもそも
「独り善がり」な商品が受け入れられるほど、この市場は生ぬるくありませんからね

色々な方に、自分なりの使い方をしてもらい
総合的な判断が必要と考えます

是非、ご協力のほどお願いいたします





ついでも、もう一つ
いま販売させていただいております

「Sidewinder」

に関することなんですが

構成上、軽量化に拘って作製している分
金具との結束部が、強度不足であることが否めません

1号以上(4X〜)のティペットを使われたり
テンカラ仕掛けの一部としてご使用していただいた場合に
最悪、破損する事故も起きております

「Sidewinder」としては想定外の使用方法になりますが
もし使用される場合には、予め補強処置(詳しいやり方は後日)をお願いできればと思います



まぁ、そんなこんなで
バタバタですけど


今年一年、お世話様になりました

良いお年をお迎えください




# by sureyamo | 2020-12-31 00:11 | and others | Comments(4)
2020年 12月 26日

Sidewinderの新しいラインナップ紹介

沢山のご注文を頂いております「Sidewinder」ですが
来年販売予定の、新しいラインナップの紹介です



その一

上野村冬季ニジマス釣場の

ハコスチ専用モデル



ティペットと金属リングの結束箇所からの断線

これは何も「Sidewinder」だけでなく
異なる材質同志の結束部位では、よく起こりうる問題

ここで何度か書かせて貰っていますけど…
通常のヤマメやイワナ釣りでは、ほとんど切れることはないのですが
相手がハコスチとなると、少しばかり事情は異なります



金属リングからOリングへの変更

実釣テストで30匹ほどのハコスチとのファイトで
もし一度でもリング部分からの断線が起きてしまったら辞めてしまおうと考えていたのですが

その数を軽く凌いだ現段階に置いても、全く問題なく現在に至っています

なので

思い切って販売化


ただし、このバリエーションのみ
販売は上野村漁協(ふれあい館)受付窓口のみ

期間は2月一杯までで、限定数(材料の関係で40本)が売り切れた段階で終了とさせて頂きます

予定価格は税込500円
店頭に並ぶには…もう少しだけお待ち下さい(笑)





何度も言いますが
他のフィールドなら、通常版「Sidewinder」で充分ですからね
(正しく使って頂ければ)
Sidewinderの新しいラインナップ紹介_c0095801_15564892.png
その二


ドライフライ用のSidewinder



ミッジドライや、ドライフライ遠投後の視認性補助

でも一番は
ノーウェイトのニンフやトリミングして浮力が乏しくなったドライフライを
水面直下のステージで、ライズに流し込む際の目印って感じですね



今までなら

「ライズしたら合せる」

とか

「なんとな〜く流れている辺りを注視する」

だった不可視なドライフライにアルアルな
曖昧模糊な部分を、ちょっぴりサポートしてくれると思います





ちなみに

プロモーションビデオの冒頭と最後のヒットシーンは

「Sidewinder」を使った水面直下の釣りになっています

Sidewinderの新しいラインナップ紹介_c0095801_16504138.png
マーカーを見てアワセても良し!
ライズでアワセても良し!



イメージの参考になると思いますので
一度見直してみてください






「Sidewinder」で僕のブログにたどり着いた方は

「こいつ、ニンフしかしねーのか?」

って思われてる方も多いと思うのですが…
(まぁ、半分当たってはいる)


実はライズの釣りも大好きなんですよ(笑)


来シーズンの、渡良瀬川における
あの…いやらしい水面直下のライズの攻略アイテムとして
上手く紹介できるといいなぁ…
(そのための機材購入だしね)





今考えているネーミングは…

「ちょっとワインダー」


なんて…どうですかね?(笑)

駄目?








# by sureyamo | 2020-12-26 16:59 | item | Comments(0)
2020年 12月 24日

釣り納め

週間天気予報では、今日は暖かいっぽいと言うことと
年末はクッソ寒い!らしいので


ちょっと早いんですが

釣り納めのつもり

で、再び上野村に行ってきました



今日はバイトが休み、ということで9時半には現着
受付で何番目か伺ったところ…なんと僕で6人目(笑)

寒いからなのか、コロナの自粛なのか…
はたまたミッジの釣りが皆さん大嫌いなのか(笑)判りませんけど
こんな貸し切りチックな冬期釣場は久方ぶり


河原はキーンと張り詰めた空気で覆われていて
ジンクリアーな神流川の川底では、いつもの潜水艦軍団が
ヤル気なさそうに(笑)ユラユラ


風もなく、春のような日差しの中では
昨日羽化したであろう極小ユスリカの飛翔が見られました


とりあえず今日あたりも…
普通にドライフライで釣れる気は

しないです
釣り納め_c0095801_11102156.jpg
この、最初の一匹めを釣るのには、ちょっと苦労しました

正確に言うと「ランディングするまで苦労した」というのが正しいのですが
この模様は動画を作成してみたので、良かったら覗いてみてください

ドキュメント的な内容なので、編集は極力しない方向の
誤魔化せない長撮りにしたので、尺は20分くらい(笑)あります

寝落ちには最適な動画でしょう




結果的には
延々とバラし続ける自虐的動画になってしまいましたけど(笑)
これだけの短時間で、これだけストライクが得られる…と言う見方もできるので
敢えて恥を承知でアップしました


本当はこんなの…アップしたくなかったです(笑)



釣り納め_c0095801_10483290.jpg
バッテリーが切れ、録画が出来なくなってしまったので機材をしまったら
以降は不思議とバレずに(5匹)釣れました

ほんと、何なんでしょう(笑)






そうそう

いままで、結構大事なこと言って無かったけど

釣りをしていて、ストライクがパタッと止まったときは
ティペットは全交換してくださいね
釣り納め_c0095801_11173313.jpg
間違っても
こんな状態で続行しちゃ駄目

レギュラーサイズのヤマメなら、まだしも
ハコスチ相手となると、いいとこ2匹ぐらいで
全交換です



勿体ないのは判るんだけど、こういうのを面倒くさがらずに
出来るか出来ないか…で
その後の結果(釣果やヒット数)は

かなり変わってきます


高価なフロロカーボンをケチケチ使うより
ナイロンティペットを湯水の如く(笑)使う方をオススメします
(ただ結果からすると…ソッチのほうが高くつきますけどね)




当日、お声掛け頂いた方とお話が盛り上がってしまい
話の流れでフライボックを見せていただくことに…

釣り納め_c0095801_23485755.jpg
あぁ…あぁ、すでに

逝っちゃってる方(爆)でした


ミッジマニアは、もはや絶滅危惧種かと思ったのですが(笑)




ちなみに、僕の勝手な推測だけど

左側のフォーム上段にランダムに刺してあるフライ

恐らく、これが実際に使って釣れてるフライでしょうね
(ビンゴ?)


実に怪しい






# by sureyamo | 2020-12-24 11:53 | River fishing | Comments(6)
2020年 12月 22日

理想郷

「Sidewinder」を置いていただいている「上州屋つきみ野店」のスタッフであるTさんが

上野村のハコスチを釣りに来られる…と言うので

ご挨拶がてらに、冬季釣り場に向かいます


温浴施設の清掃バイトをこなしてからなので

合流できるのは、早くてもお昼ですけどね



ちなみに

先日購入したばかりの「ウェアラブル式ビデオカメラ」のテスト撮影で

上野村に向かう道中の撮影を始めたのですが…


あーでのないこーでもない、としているうちに
理想郷_c0095801_18451913.png
現地につく頃に…すでに


バッテリー切れ(^_^;)


折角、今回の釣りの動画を撮ろうと画策していたんですけど…

馬鹿だねぇ〜(TдT)





話戻って、上州屋つきみ野店さんといえば…

納めさせて頂いた20本の「Sidewinder」を三日間で売り切ってしまう程(^_^;)

総合釣具店としてはフライフィッシングにも、グッと力を入れておられる

貴重な店舗さんの一つ


お取り扱いを頂いている「Sidewinder」を

こうして実際の現場で、僕が直接ご説明できる機会として

またとないチャンスなのですが…


本音を言うと

最近の冬季ニジマス釣り場が、ここ最近になって


ようやく普通に面白くなってきて…自分的には


まさに理想郷!


…な事もあって、何かにつけ理由付けしてでも

行きたくて仕方がない!



こんな場所で釣りは

理想郷_c0095801_18352531.jpg

マッチ・ザ・ハッチ、マッチ・ザ・ドリフト

の基本中の基本


魚の実際の食性に、どこまで合わせられるか



自分の釣り方を、自然の一部として溶け込ませること


そうすることで

「釣れない」「厳しい」と言われている現状の冬季ニジマス釣り場でも

終日、安定して釣ることは、決して難しいことではないです

ただ…終日の釣りは寒くて辛い(笑)





いままで考えてきたバラバラなことが、ここにきてようやく一つに繋がって来て

結実していることの証明は、全て釣果として現れてくれています


「Sidewinder」は、そんな紆余曲折の中から

生まれてきた「おまけ」に過ぎません


理想郷_c0095801_18351785.jpg

Tさんには禁断の領域を、チョロっと覗いて頂きました


写真だと分かりにくいですけど

普通の感覚の方なら、現物を見ると絶句間違いなし(笑)





今回は(も)二時間半程度の釣りの中(ほとんど、おしゃべりでしたが)で

三匹掛けて三匹取れたので

ランディング成功率は100%


上出来上出来(笑)


理想郷_c0095801_18352817.jpeg

実際に使っている道具を、そのまま使っていただいて


僕の拙い説明にも関わらず

またたく間にヒット!


あんな微細なストライクを、キチンと仕留めるあたりは

流石ですね


「Sidewinder」のセールスは、この方に安心して任せられます(笑)




# by sureyamo | 2020-12-22 22:14 | River fishing | Comments(6)