Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 30日

第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告

第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告_c0095801_945584.jpg

去る4月27〜28日の二日間、渡良瀬川桐生地区において
Flux主催のフライフィッシングスクールが行われました。

今回のイベントに参加して下さった方達は6名。
遠方の参加者では、高速バスで三重からお越し下さった方までいらっしゃってくれました。
第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告_c0095801_911994.jpg
釣場でのマナーやルールの講習から…。
これはFlux主催、一連のスクールの中で一番伝えたかった事。
僕が自ら経験してきた事例を盛り込んでお話させて頂きました。
皆さんの心に響いてくれたら良いのですが。


事前に準備出来ることは、スタッフ一同頑張って来たつもりだったのですが
さすがに当日の天気まではどうする事もできません。
イベント当日は晴れやかな青空と引き替えに、地元の常連も出撃を躊躇するほどの強風に見舞われる事になってしまったのです。

…とは言え、川そのものの状況はすこぶる良好。
第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告_c0095801_912480.jpg

ライズを待つ時間は、河原で座学に費やします。
「ドリフト」や「ドラッグ」の説明も、多分ここまでは(面倒くさくて)誰も説明しないだろう(笑)…というレベルまで掘り下げたつもりですが…ご理解頂けたでしょうか?

生徒さん個々のスタイルを尊重したいので、実際の具体的な釣り方やシステムの強要はしません。
…というか、特に要望が無い限りは、そういう方針です。
釣る為の正解は『決して一つだけではない』し、僕も皆さんから吸収しようとしてますから油断しないでくださいね。(笑)
第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告_c0095801_945114.jpg

強風の吹き下ろし、という状況はキャスティングそのものは大変ですが
風の切れ間や少し弱まった瞬間を利用してやれば、逆にライズに対しては『フライ先行』で送り込み易いものです。
第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告_c0095801_9165829.jpg
吹き下ろしの場合は、なかなか上手くフッキング出来ない場合が多いことを、僕が身を以て実践いたしました。(爆)


もともと、今回参加してくださった方は、普段から鬼怒川や桂川をメインに結果を出されている方達でレベルが高かった…ということもあり、参加者の皆さんは次々とライズを仕留めていきました。
教える立場のコチラ側も、いつしかギャラリーとなり、皆さんの投じるフライの行方を固唾をのんで見守る場面も…
どんな釣りの達人をもってしても、たった一匹のヤマメを超える教師は誰一人としておりません。
皆さん、個々で良い教師に恵まれたようです(笑)


あっという間に一日目の釣りは終了です。
第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告_c0095801_9185693.jpg
市内某ビジネスホテル内のスナックを貸切り(爆)で座学の続きとタイイングです。
ちょっと不思議な雰囲気でしたね。

気がつけば、日付が変わるまで1時間を切ってしまいました。
早く休まないと…(汗)ていうか、みんなタフ過ぎ。

第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告_c0095801_9185724.jpg
明けて二日目はポイントを替えます。折角の遠征(皆さんにとっては)ですから、色んな表情の渡良瀬川を見て頂きたいですからね。

この日は漁協の放流日ということもあり、放流ポイントでは大勢の釣り人が川面を眺めておりました。
僕も、少なからずはその恩恵を期待していたのですが…

今回の生徒さんは違いましたね。
そういう魚には一切目もくれず、すでに流れに馴染んでライズを繰り返しているヤマメ達にドップリ釘付けだったようです。
第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告_c0095801_9265123.jpg

第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告_c0095801_9264086.jpg
この日も前日ほどではないにしろ、風は強い吹き下ろしだったわけですが
順番にライズに対峙してもらいました。

結果、スクール中でもアベレージで27cmクラスのヤマメ達を7匹前後(スクール終了後と翌日も釣りをされた方は、さらに…)と、まずまずの結果。

沢山の楽しい思い出と、ルールとマナーの再認識。
そして、ノウハウをちょっとだけ持ち帰って頂いて…またひとつ、FLY FISHINGを好きになって頂けたら
言うことはありません。

第一回 渡良瀬川マッチングザハッチスクールのご報告_c0095801_854469.jpg
お詫び
大切なスクールだというのに、数日前から風邪をこじらせてしまった結果、ガラガラ声になってしまい
参加された皆様には、大変お聞き苦しい説明になってしまった事を深くお詫び申し上げます。

by sureyamo | 2013-04-30 08:46 | event | Comments(5)
Commented by inax at 2013-04-30 19:17 x
S4さん

お疲れ様でした。
ゴメンなさい。誤ってコメントを削除してしまいました。
宜しければもう一度書き込みの方をお願いいたします。
Commented by rise_hunter at 2013-05-01 13:14
inaxさま、体調すぐれない中お疲れ様でした。
おふざけあり、真面目な話あり、そして水面で我々をからかってくれる沢山のライズあり、大変楽しい2日+αでした。
噂に違わぬ渡良瀬、組合はじめ地元の皆様に感謝しつつ、鱒鱒の修行と精進を積み重ねてリベンジに再訪したい◼でした。
Commented by inax at 2013-05-07 08:39 x
rise_hunterさん

おはようございます。

大変お疲れ様でした。
スクール終了後もご一緒したかったのですが…申し訳ありませんでした。残った皆さんにおかれましては、その後も事故も無く、充分に釣りを満喫されたとのお話を伺ってます。
これが機となり、再び渡良瀬川に遊びにきていただければ本望です。

今後とも宜しくお願い致します。
Commented by S4Cream at 2013-05-07 23:33 x
今頃は体調も復活された後で、釣りまくり、疲れきっているのでは
ないでしょうか?(^^;)

スクールでは課題攻略の自信を高めるレクチャーをいただいた
ため、そういう状況が発生した時に凄く楽しめると考えてます。

この度はありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
Commented by inax at 2013-05-08 18:41 x
S4さん

再コメントありがとうございます。
実はスクールの後に再び調子を崩してしまいました。
今年の風邪は本当に厄介ですね。

皆さん上手な方ばかりでしたので、二日目はスクールというよりもガイドになってしまいましたが(笑)釣りは魚に教わるのが一番ですね。

そういう意味で、良い教師(ヤマメ)は斡旋出来たと思います(爆)

初めてのスクールということですので至らない場面をお許し下さい。
今後とも宜しくお願い致します。


<< 2013年中禅寺湖初釣行      サクラは散っても… >>