Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 31日

激渋?今季初丸沼釣行

春先から通いに通った渡良瀬川。
日中の釣りもかなり厳しくなってきました。

それでも瀬を叩けば、コレくらいのサクラは反応してくれますし
イブニングまで頑張れば、まだまだ充分楽しめる事でしょう。
c0095801_08373323.jpg
尺上な本流ヤマメ、戻りヤマメに関しては
言うなればコレから本番というトコロではありますが…

日中の釣りに拘る僕の興味の対象からは外れづつあります。

それでも…梅雨に入れば天候次第で日中再びチャンスはやってきますから
何か進展がありましたら記事に致しましょう。


ーということでー

丸沼ファンの方々(笑)大変お待たせしました。
昨日、ようやく今季初の丸沼に行ってきました。
c0095801_08272314.jpg
直近の丸沼情報では芳しく無い…というか…
かなり厳しいとのこと。

先日入られた餌釣りの方が『ボートの釣りでなんとか一匹』
とか聞いちゃうと、我々疑似餌組の、ましては陸釣り班なんて
お先真っ暗です(-.-;)

そんな手合いの情報が蔓延してしまったらしく
早朝の丸沼はガラガラ?!。
いやいや…発券が朝6時からなので、この時点(4時)では当たり前(笑)

高崎の餌釣り常連のTさんと発券までの間、しばし情報交換。
流れ込みを含めた手前のシャローは、釣り人が入る前に川鵜にかき回されてしまっていたりだとか、水温の関係?かも知れないけど、とにかく手前は魚影が極端に薄い…ようなお話でした。
これは他の常連さんとも意見が一致。

ただ、手前のシャローが釣りにならないと
我々オカッパーは何処を釣れば良いのか…(-.-;)

話を統合し、今の時点でアソコが狙い目だろう…ということで
c0095801_09001595.jpg
一番発券で迷わず現直。
ここですね(笑)

早々にライズだかボイルが頻繁に起きていましたが
沖合100mってとこです(笑)

うっすらと判別出来るブレイクまで距離は35mって感じで
この辺が今日の最前線ってところでしょう。

反応は割と直ぐにあって
c0095801_08275425.jpg
まずは42cm。

フォール中のアタリこそ必ずモノにしたいので、凪ぎは『重めのフライ』+『フローティングライン』で攻めることが多いのですが、今回も風で湖面が波立つ前は、そのパターンからスタート。


軽めなフライとシンキングラインによる、上下にたわみの少ない同軸上のリトリーブと言うのが理想的ではあるのですが、現時点で市販のシンキングライン自体、沈下姿勢にかなりバラツキがあると言うこと。さらにリーダー&ティペットの沈下も加味するとなると現状のシステムで理論上の同軸を望むより、放物線を描きながらも、むしろ適度の張りを保ちつつ常にフライ先行で沈下してしまう従来法?も、そんなに悪くはないと考えています。

まぁ、ここら辺は諸説あると思うので多くは語りませんが、皆さんはご自身で信じた釣り方をされて下さいね。


その直後にも同じようなサイズ(たぶん)が掛かるも、これはフックオフしてしまいました。
とりあえずボウズは逃れたので、あとはジックリと探りに専念できるというものです。

風も出て来てきます。
表層に漂わせたラインに要らぬスラックが入るため、ここでようやくスローインターにラインチェンジ。
その後も、なんとも形容し難いアタリが多く…これが全くフックに乗せることが出来ません

c0095801_08272899.jpg
c0095801_08272679.jpg
c0095801_08272919.jpg
フライをチェンジし、数あるアタリの中から、ようやく一つ取れました。(-.-;)

40cmに満たない魚体にも関わらず、かなりのファイターで、思わずリールファイトに持ち込んでしまったくらい。

この位のサイズで、14ftのダブルハンドを引き回してくれますから堪りません。

しかし、この後が続きません。
c0095801_08273167.jpg
アタリはピタリと止まってしまいました。

流れ込みの様子が気になり、逐一眺めているのですが…やはりロッドが曲がっている様子はありませんでした。

改めて、今日はこの場所が正解だったと実感。
c0095801_08272401.jpg
それでも風が吹いてくると、ボイルだかライズだかは、割と頻繁に発生します。

相変わらず遠い(笑)ですけど、それでも頑張って投げているとソレなりの頻度でアタリはあります。

とは言うものの、相変わらず乗らないし(笑)乗ったとしても、ラインの弛みを取っている最中にバレてしまいます。
c0095801_08272132.jpg
一人で振っているので、逆に全然休めません。

強烈な睡魔に襲われて、度々湖畔で横になるのですが、さまけたたましいライズの音で起こされて、結局は直ぐに振り出す有様。
体力も精神力も…その原動力は釣欲なんですね。
このパワーが仕事に昇華されていたら…(笑)


そんな中、2時間に一回位ですが
強烈なアタリがフライを定期的に襲い…
その都度、4Xフロロが瞬間的に切られるのです。



長時間振り続けていると、フリーノットのループ部がアイと擦れて
ループ部のヒゲだけ残して切れたりはするのですけど、ノット部を残さずアッサリとやられます。
完全にフライを飲まれているのかな?


…かといって、この状況(ショートバイトでなおかつ、2時間おきにしか来ないようなアタリ相手に)では、なかなかティペットを3X、2Xにします!とも出来なくて(-.-;)

されるが侭(爆)

c0095801_08271976.jpg
かなり課題を残してしまいましたけど
やはり湖で過ごす一日は気持ちいいですね。

そんな感じで、この日は5時くらいまで頑張りましたけど、匹数を延ばす事は出来ませんでした。

総じて風が吹いているとき(ダムサイト側)が最も活性が上がるようですね。
その時には、流れ込みでも結構な頻度でロッドが曲がっていました。

徐々にですが、丸沼も良くなって来ているように感じますね。

得てして『良かった』情報の後が、それを越して『良かった』ということは
大概の場合ないですから(笑)

こういう上り調子の時こそ
行くべき
だと思うんですが。

僕も子守りさえなかったら、今頃はまた…(笑)














次回開催のフルックスイベントです。

神流川C&R区間を舞台に
現場状況に合わせフライフィッシングの総合力を高めることを目的としております。

フライタイイング(屋外)と実釣レッスンを同時開催。
当日は、試釣り用フルックスN1のデモタックル(ロッド&リール)も用意します。


by sureyamo | 2015-05-31 10:42 | Lake fishing | Comments(4)
Commented by 埼玉のSO at 2015-05-31 20:47 x
お久しぶりです。中禅寺湖、丸沼ともに今年も厳しいですね。
そのUVマスクかっこいいですねー。いきなりの真夏日突入で標高の高い湖でも日焼け止め必要ですね。
Commented by inax at 2015-06-01 08:06 x
埼玉のSOさん

ご無沙汰しております。
丸沼は少し良くなるんじゃないかと期待しております。
魚影は相当濃いハズです。

UVマスクは色々な柄がありますが、偽装の観点から見ると顔の肌色って結構重要なんですよね。
これはサバゲで(笑)学びました。
水辺の遊びは水面の照り返しもありますのでUVケアは特に重要ですね。
少し遅過ぎかも知れませんけど(笑)
Commented by 台風カレー at 2015-06-01 18:51 x
こんにちは!
今年の丸沼は、まだシブいみたいですね~。
それでもしっかり結果出してるInaxさんは流石ですね。
もう少し活性上がった頃オカッパリでチャレンジしてみたいと思います。
Commented by inax at 2015-06-02 08:13 x
台風カレーさん

おはようござます。
良くなったり渋くなったり…を繰り返しているようですね。全体的な活性は上がっていると思いますので、釣行されるなら、なるべく早めが良いかも知れません。一雨来ると尚良し…といったところですよ。


<< 天の邪鬼      贅沢な悩み >>