Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 03月 06日

おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣

昨年9月の台風によって『おじか・きぬ漁協』の三依地区が
甚大な被害を受けたのは記憶に新しいところ

おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_21581557.jpg
今尚、その一部は復旧の見通しが立っていない状況であり
今季のシーズンを目前に控えているにも関わらず、休漁が余儀なくされた区間もあるようです

唯一被害の少なかった川治温泉地区のC&R区間においても
越年魚が非常に少ない状況なのですが、管轄の漁協さんは地元養鱒業者さんが
釣り場再生に向けてご尽力されています


今回は解禁前の漁場調査ということで、県から公的に許可を取った『試釣』を実施
僭越ながらオファーを頂戴し、参加協力させていただきました
おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_22042503.jpg
ここら辺の宿泊施設も中国企業に軒並み買収されているのでありましょうか?
奥の宿泊?施設が『センスを疑わざるえない』配色を放っています



台風による出水の影響なのでしょうね
全般的な印象は、川床はかなり上がってしまった感があります

水色も上流工事の影響で、特有の緑白色の体ですが
これでも随分と良くなってきているとの事らしいです





今回は、あくまで調査ですから
ライズへの(個人的な)こだわりは一切不要

とにかく釣るコトだけに専念します
おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_22114518.jpg
浅くなってしまった事で、魚の付き場は深場に限定されてしまっていますが
深ければどこでもいるという感じでもなく
かなり偏っていました

少しでも『筋』を間違うと全くアタリが出ません

そこさえ抑えてしまえば
ひと流しで一匹になるわけですが‥‥

レーンもかなりタイトなんでしょう
学習スピードも早いです(笑)

おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_22204465.jpg
今回は魚のコンディションにこだわって放流されている‥‥とのお話だったんですが
それはハッキリわかります。
ヒレ等の欠損は最小限であり、とにかく魚がパワフルなのです

オフシーズンは群馬のハコスチを経験している僕ですが
まぁ、彼らほど‥‥という訳にはいかないまでも、寄せるのは大変です

サイズも40センチクラスも結構入っていますから
釣り応えは十分

おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_22290010.jpg
おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_22282749.jpg
僕の今日イチは53cm

川底ベッタリのドリフトで
完璧に根掛かりかと思っちゃいました

ランディングまで相当に苦労させられました
おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_17555442.jpg
おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_17552881.jpg
イッチーさんから画像拝借(爆)

おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_17593657.jpg
おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_18003929.jpg
SHOWちゃんからも失敬(爆)


解禁する頃には、上がった活性で
今よりもより一層、ロッドをグリグリと絞り込んでくれる事でしょう

渓流の解禁というと、どうしたって
ヤマメ/イワナ色が強いワケですが

解禁早々から強烈ファイトのニジマスっていうのも
悪くありませんね
おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_22342346.jpg
今期の川治地区では
訪れた釣り人の為の特別メニューも用意しています。

その名も
『ドライフライカレー』

ルアーアングラーも訪れる釣場ですが、なんて
フライ贔屓
なメニューなんでしょうね(爆)


付属のソースは
某メーカーフロータント・パッケージのパクリという念の入れ具合ですからね
おじか・きぬ漁協協同組合川治支部解禁前特別試釣_c0095801_09334914.jpg
まだ試作の段階ですのでメニューには有りせんが
内容や盛りつけに多少変更があるかも知れません

話のネタに、川治に訪れた際には一度ご賞味下さい


by sureyamo | 2016-03-06 22:45 | event | Comments(0)


<< Selective Trout      2016群馬解禁 >>