Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 14日

ダイレクトラインのライン選択

先日、いつもお世話になっている店長さんから

こんな糸を紹介していただきました

c0095801_17403455.jpg
投げ釣り用の『ちから糸』

全長15mで12号から3号までのテーパーのついたナイロンです


もしかしたらダイレクトラインに使えるかも?ということで
早速、リールに巻き足して、上野村のC&R区間に持ち込んでみました



正直、手元のラインが12号というのは、さすがに太すぎましたし、ライン自体も腰が強く、何度ストレッチしても
糸の巻きグセがなかなか取れてくれません

ハンドツイストなんて至難の技ですね




しかし、総合的に見た結論から言うと

慣れない方は、むしろ

こっちのほうが良いかもしれません

c0095801_17403634.jpg
1号前後のナイロンラインをハンドツイストで扱おうとすると
慣れるまでは、かなり厄介なのモノなのですが

ハンドリングは、釣りに集中する上でとても重要ですもんね



ということで現在

別銘柄で1号〜6号の『ちから糸』を取り寄せています
細さ的には、このくらいがベストな気がしますから


また今回、N1(DD2)を使用してみましたが
粘り強く、よく曲がるソリッドティップとダイレクトラインアウトリガーの相性が
想像以上に良いことも判明しましたので

次回が楽しみです




ただ、この釣りのアタリの出方には
相変わらず困惑しています



たしかに釣れることは釣れるのですが

もう少し明確なあたりが出るような仕掛けなり、流し方が
今後一番の課題とはなりそうです

そこをクリアにしないことには
一般(フライから釣りの世界に入ってきた方達)にとっては
なかなかハードルが高い釣り方になってしまいますから



by sureyamo | 2018-04-14 20:50 | item | Comments(0)


<< 嵐の前の渡良瀬      真髄 >>