Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 15日

嵐の前の渡良瀬

c0095801_16202271.jpg
早朝に降った雨のおかげで

朝7時からの班内の公園清掃が中止!

思わぬ棚ぼたな展開に

仕事車に釣り具を突っ込んで、片道1時間の渡良瀬川に向かいます




週末は荒れ模様との天気予報のせいなのでしょうか
日曜日と思えぬほどに、渡良瀬川は閑散としていました

荒れ模様とはいえ、午前中は風もなく
そのタイミングで雲間から差し込む日差しは予想以上に強烈でした

しかしながら時間の経過とともに、なにやら怪しい雲行きとなり
徐々に風も吹いてきました

そうなると、さすがにライズ自体は止まってしまうものの
昼過ぎのハッチでは魚は浮きっぱなしの状態

一度入ってしまった『捕食スイッチ』は
もう止められない!と言ったご様子

c0095801_16201497.jpg
相川橋の下では割と早い時間帯で
散発ながらもライズがありました

しかしどれも、前後に『動く』ライズであり、なかなか予測がつかない中

運良く、三匹のライズを取ることができました



三匹目をランディングしているタイミングでライズした別のヤマメが結構大きそうだったので
写真も撮らずにリリースし、速攻でアプローチしたのですが

結局それっきりで終わってしまいました
c0095801_16201712.jpg
ストマックから出てきたのは、消化しかかったヒゲナガのアダルト
こいつは昨夜にでも捕食されたのでしょう

小型のニンフも若干溶けかかっています

コカゲロウのイマージャーやスピナーは、まだそんなに時間は経っていない感じ

この時はフローティングミッジピューパ♯20で釣り上げましたが
こういう時って、スピナーパターンの方が断然効きます

近日中に川に立つ予定のある方は
騙されたと思って、朝のライズに使ってみて下さいね




その後はライズが止まってしまったので
前回入ったポイント場所移動

この頃から、徐々に風が吹いている時間が長くなってきます


ライズこそありませんが、魚は水面を意識しながら、しきりにレーン変更を繰り返しています
これは『これからライズが始まるよーん』のサイン

一応『ブユ』のアダルトパターン(♯26)を結んで流してみますが

全く反応しません

ま、そんな単純じゃありませんよね
c0095801_16202639.jpg
風の止み間の釣りとなりましたが

再び♯20のフローティングミッジピューパに結び変えることで

入れ食いモードに突入


先日の釣りではバラシが多発したパターンですが
今日は口腔内まで飲み込まれてしまいます

状況によって変化するフライマッチングの重要性を
まざまざと見せつけられた気がします


やはり、ここらへんのシビアさこそ

渡良瀬川におけるマッチ・ザ・ハッチの釣りが

全国区で語られる理由

と言っても過言ではないでしょう
c0095801_16203181.jpg
ブラインドの釣りでライズだけを追っていると
ついつい深追いし過ぎてしまいがちですが

実際に魚達はフライをよ〜〜〜く見ているもの!
反応がないからといって、無視されたフライで延々とアプローチを繰り返すことは
魚達を必要以上に追い込んでいくだけです

そういったことを意識するだけでも
釣果は変わってくるものです







その後、ほどなくして♯20のピューパが見限られるようになって来たので

次は♯24のスパークルダン(テールなし)に変更したところ

再びバタバタと釣れ出しました

c0095801_16202468.jpg
結局、このポイントでは7匹追加となり
強風下の渡良瀬で『つ抜け』達成となりました

この気象状況を踏まえると上出来だと思うのですが

今日の釣りは釣った尾数はともかくとして
その内容がとても勉強になりました


by sureyamo | 2018-04-15 18:42 | River fishing | Comments(0)


<< ライズから分かる事      ダイレクトラインのライン選択 >>