Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 21日

スクーリングライズの法則性

c0095801_10463262.jpeg
ようやく今季の利根川で、居付きヤマメのライズを見つけて来ました

がしかし、ライズしているレーンは

ど真ん中の流芯

うむむっ、一体全体どうやってアプローチして良いものやら?

現在思案中です
(考えてDOなるものでもない気がするケド)





さて話変わって今回は、スクーリングライズのお話です


一般的にスクーリングライズとは

流速が緩やか、かつ穏やかで
一定の水深で単調な流れが延々と続くような長い区間などにおいて
(プールや深瀬)
複数のお魚が群れで移動しながら
ライズを繰り返していることを差します


特に降海型で銀毛化した小型のシラメ(ひかり)は
好んで群れを形成するため
こうしたスクーリングライズの主役となることが多いです



放流後間もない成魚ヤマメも、養魚場での生育環境のせいか
最初は群で行動したがるようですが
こちらの場合には放流直後『流れ』に馴染むまで
どうしても緩い流れに溜まり易く
結果としてスローウォーターで一時的な群となっている
と考えた方が良さそうです


そもそもヤマメ自体は縄張り意識が強い魚

一団となって移動しながらライズしている‥‥‥というよりは、

単に、過密放流による互いのテリトリー(レーン)争い

みたいに見えます

と勝手に仮定して(笑)ここでは後者のライズは除外いたします






スクーリングライズで最も多いケース
c0095801_22164438.png
基本、一方通行です


自分の経験では、上流に向かって『食い遡る』パターンが圧倒的に多いのですが
稀に『食い降る』パターンもあります

面白いのは『終了地点』から再スタートの地点までの過程で

ほとんどライズしないということ

その様子は、まるで“馬跳び”を連想させます(笑)





また広大なスローウォーターでは
群れが複数存在することもあります

釣り方としては
タイミングを計り、途中のレーンで待ち伏せする方法というのが誰もが考えうる策であり
常套的でもあります


魚が上がってくるタイミングを見計らって
ナチュラルドリフトのフライを送り込み、その出会い頭を狙います

ここで注意しなくてはならないのは、仮にフライがスルーされたとしても、すぐにピックアップしないこと
群れを必要以上に刺激してしまうことで
ライズの難易度が一気に上昇すること間違いなしです

ボコボコとライズしていると、ついつい熱くなってしまいますが
実は、たかだか数匹の魚が連続してライズしているだけ‥‥‥というカラクリだったりすることも少なくありません

こんな場面では
ライズをじっくり吟味して

コイツ!

と思える奴だけ狙った方が良いです

どう頑張ったところで
全部のライズなんか取れっこないですから(笑)



c0095801_22164740.png
『上り』と『下り』がある場合もあります
レーンが重複する事は稀で
大概の場合『オーバル』な周回コースになるようです


これに限らずですが

魚がフライ(ライン)を嫌いはじめると
レーンを変えられちゃいます

こうなる前に勝負を付けた方が良いです


c0095801_22165174.png
こうした不規則なライズは本当に厄介です

多少なりとも流速があればライズは整ってくれますが
止水に近くなると不規則になりやすいです

こうした場合には
照準を定めた一つのライズ(魚)の方向性を読んだ
流動的な先回りのプレゼンテーションを繰り出します

観察していると不規則に見えても
一定の法則(リズム)がある場合も多いので
それが掌握出来るまで、手は出さない方が良いです

“戻り”系?のヤマメは数匹で連んでいる事も多く
また、常に移動しながらのライズになるので
基本的に、こうしたスクーリングの時と同じ釣り方になります





by sureyamo | 2018-04-21 22:40 | tips | Comments(0)


<< 時すでに‥‥      洞察力 >>