Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 25日

時すでに‥‥

c0095801_20535998.jpg
連日の真夏日に訪れた

待望のお湿り

これはもしや‥‥‥いやいや絶好のチャンス?!



と、こんな時に限って10時までアルバイトだったりするのですね(泣)

下道で、たかだか1時間程度のドライブが
何だかとても長く感じてしまうので

迷うことなく藤岡インター→伊勢崎インターまで高速移動
よく考えると勿体無いケド、深く考えないようにします(笑)


お目当のポイントは、案の定ボッコボコでした

流石に定位置には先客(あとで挨拶したらお仲間でした)
仕方なく、下流に陣取るも


なぜかビミョーに射程外?!

はは〜ん、もしかしたら、すでにやられちゃった後かな?
(後で確認したところ、その通りでした)



それでも、ちょくちょく射程に入ってくるライズに
何度かフライを送り込むことは出来ました

しかし

コレが出ない!

♯26サイズのフタバBFDを、一度は吸い込んでくれたものの
痛恨のラインブレイク!
(結びが甘かったらしくノットが解けちゃいました)


その後は様々なパターンを試し
c0095801_20540594.jpg
なんとか執念で(笑)

一匹は取れました


c0095801_20540945.jpg
虫の全長は、平均して5mmって感じ

ダークウイングが特徴的ですが、どのウイングも開き切っていません

捕食された後、ヤマメの胃袋の中でウイングパッドが解れた
という解釈もできますから
このままの状態をフライでコピーすることが適切かどうかは
ちょっと疑問ではありますが

まぁそれでも
この手のライズはBFDでも対応は可能だったりするわけです


そもそもBFDとは、生活排水流入による界面活性剤の影響で、水面張力に乗れず羽化に失敗し
溺れたイマージャー(マスキングハッチ)が水面直下に大量に流下する、という
恐ろしく釣れなかった時代の救世主的フライであったわけですが

当時とは水質も変わって(良くなって)しまった今となっても
未だに釣れるフライであることに違いありません


ただ今回の場合には

ヘアウイングの♯24クリップルで仕留めることができました







by sureyamo | 2018-04-25 17:41 | River fishing | Comments(0)


<< ダイレクトラインアウトリガー、その後      スクーリングライズの法則性 >>