Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 13日

-0.41

今日はこの時期になると恒例となる

渡良瀬川の河川清掃

のお手伝いに行ってきました


清掃会集合前に、ちょっとした事?があったものの
イベントの方は滞りなく終了



その後は、遠方からお越しの釣り客人をプチガイド

c0095801_16333021.jpg
と言いましても、今回は国交省HPの
川の防災情報

から利根川水系-渡良瀬川
(高津戸橋下流100m)
の水位計数値

-0.41

もっともライズが見込める水位-0.55〜-0.56より
やや増水気味の数値ではあるものの

この数値で中二日ほど安定しているので
ライズは見込めると判断
c0095801_16333211.jpg
雨前の曇天と言うことで、結構な期待大なのですが
今期の渡良瀬は、なぜかこういう天気でも裏切られることが多いです

ハッチも中途半端とくれば

ライズもまた同様

一応、抑えたポイントでは、それなりのライズは見込めはしましたが
渡良瀬初挑戦のO氏には、ちと荷が重かったかも知れません


しっかりと期を伺ってのプレゼンテーション
ドリフトも悪くない

だけど、フライのマッチングに関しては
ここのヤマメは妥協してくれません





選手交代

まずは手本ということで‥‥
(お前が釣ってどーする!)

c0095801_16333851.jpg
尺には及びませんが、そこそこのサイズ

フライは、先般記事にあげたマテリアルを使用したミッジフライ

案の定、凄く良く見えました

サイズが♯30というだけあって
ゆっくりと吸い込むようなライズで捉えてくれました
c0095801_16333935.jpg
全体的にコカゲロウ主体のストマックですが
ブユも見受けられます

見た感じ、大半が水面から脱する前のステージ

この後は、両毛漁協の組合長達と遅めの昼食をとり
食べ終わるころには雨は本降り

自分だけはSTOP FISHINGとなりました

もう少し水位が落ちれば、広範囲でライズが期待できますね
ただし、ドリフト自体は現状くらいの水位が一番楽ではあります





by sureyamo | 2018-05-13 17:02 | River fishing | Comments(0)


<< ショットシステム      ルーペ >>