Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 31日

ミライ・桂川第1回清掃会

ミライ・桂川第1回清掃会_c0095801_16284787.jpg

ミライ・桂川第一回清掃会に参加してきました

前日の天気予報では、朝から雨天ということで
午前中のみの開催という強行を覚悟していたのですが

懸念された雨も朝のうちで上がり
絶好の清掃日和?となりました

釣り人を始め、各行政担当者、地元住人を含め
約100名の参加者が、あらかじめ決められていた担当エリアに散開
一斉に着手
ミライ・桂川第1回清掃会_c0095801_16285101.jpg
ウチらの担当エリアは、清掃区間の

本丸

ともいえる中洲

ゴミの短冊がヒラヒラ(^◇^;)


遠路遥々、来た甲斐があるというものです(爆)



ミライ・桂川第1回清掃会_c0095801_16290308.jpg
しかしながら、流石にそこは人海戦術

見る見るうちに、ゴミは回収されていきます



ゴミの種類は様々で

全般的には衣料品や日用品といった生活ゴミなのですが
ビニール紐、基盤、コードといった工業系のゴミも相当な量


これらは、そのほとんどが上流にある富士吉田から流れてくるのでしょうね

地元、群馬の渓流でも河川清掃では、いろんなゴミを見てきましたが
この川を見ていると


正直

民度を疑ってしまいたくなってしまうレベル




エコロジー、環境汚染が叫ばれて久しい昨今なのに

ここだけは


高度経済成長真っ只中かっ?!てくらい

悪い意味での昭和が色濃く残っています
ミライ・桂川第1回清掃会_c0095801_16284941.jpg
過去のブログでも、この川のゴミについては
思い切りDisらせてもらいましたし

こういう流域住人の意識なんて
早々に変えることなんて、ほとんど不可能なんだろうな〜と思っていましたが

釣り仲間の有志たちが、ここにきて遂に立ち上がり
行政を巻き込んでのイベントに発展させてくれました

頭では分かっていても、なかなか出来ることではありません
本当に頭がさがる思いです
ミライ・桂川第1回清掃会_c0095801_16285531.jpg
このようなイベントを行う必要性がなくなることが

もちろん一番なのですが

それにはもう少し時間がかかるかも知れません

しかしながら、着実に『より良い方向へ』と動き出したことを
まずは一番評価したいところです
ミライ・桂川第1回清掃会_c0095801_21173981.jpg
ごくごく当たり前の中州の光景

この当たり前の光景を、普通に望むことができることを
願ってやみません



適時更新中
こちらもチェック!お願いいたします

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ



by sureyamo | 2018-10-31 21:41 | event | Comments(0)


<< 更なる減水      減水とターンオーバーの丸沼 >>