Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 12日

マイクロニンフの仕掛け

マイクロニンフというと

フライの少し上に小型のマーカーやヤーンなどを装着し
中層〜表層を釣るイメージであったり

ビーズヘッドやヘビーショットを使って
魚の鼻先にダイレクトにフライを送り込むアウトリガースタイル

などをイメージされている方が結構いらっしゃるようなので
改めて(再度)説明しておきますね


自分の推奨するマイクロニンフは
別に何の変哲も無い、全く普通のルースニングです

ただフライが小さいだけ



実際には『全く普通』という部分には語弊があるかもしれません
この機会ですから特別に(爆)

マイクロニンフに特化した部分だけご紹介しておきます





これは実際に釣りをしていくと分かるのですが
ノーウェイトのニンフ(♯24〜♯28)というには、スプリットショットをセットして使っていると
結構な頻度でショットとティペットが絡むトラブルが多発します

一般的な♯16前後のウェイテッドニンフの場合
(恐らくフライの自重があるからだと思います)
ここまで酷く絡むことはないのです

これを回避する方法として、以前の記事(ダイレクトラインアウトリガー)に記した

『本線から分岐した枝糸』にショットを付ける方法が効果的です
c0095801_21244255.jpg
ただ、この仕掛けを現場で作るには
あまりに面倒臭い!

そこで


僕的には、このような細かな仕掛けを、事前に作っておくことをお勧めします

仕掛けの内訳は以下の通り

c0095801_21203018.png
用意するものは
『ニンフ』『ナイロンティペット』『丸カン』『フロロティペット』『ショット』

丸カンは市販のモノの中で最小(SS)を使っています
金属製の安価なもので十分です




釣り場では、この丸カンに
マーカーを装着したティペットの先端を結束することで仕掛けは完成します
(これを現場でやろうとすると、間違いなく丸カン何個か紛失します)
c0095801_21243397.jpg
全長は長くないので
こんな感じの仕掛け巻きを用意しておくと便利です

あぁ、フライフィッシングから釣りを始めた方は
『仕掛け巻き』自体をご存知ないかも知れませんね(笑)

フライコーナーには間違っても置いていないので
ご注意ください


by sureyamo | 2019-03-12 21:40 | tips | Comments(0)


<< ROD CLIP その後      マッチ・ザ・ニンフ >>