人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 05日

GW後半の渡良瀬川

最後の釣行から5日間ほどサボってしまいましたが
GW後半の渡良瀬川釣行です

少しゆっくり目のスタートが裏目に出て
あたりをつけていた各ポイントは、どこもかしこも満員御礼

しかし


渡良瀬川のフライ黄金期を謳歌した
かつて往年の名ポイント市民広場に来てみると

なんと貸切状態

GW後半の渡良瀬川_c0095801_14535534.jpg
渡良瀬歴17年目くらいのフライマンですと
ご存知ない方が大半でしょう

実は、ココこそ往年の渡良瀬川語る上で
『団地裏』と共に欠かすことのできない名ポイント

『市民広場』

とは、この流れを指していたのです


当時の渡良瀬川でのマッチング・ザ・ハッチは
『日本屈指の高難易度』と囁かれ
首都圏から近いということもあって、全国から腕自慢が続々と訪れていたものです

『ヤマメ1匹の重さ』を思い知る釣り場として
その名はメディアを通して全国区であり

特に当時の『団地裏』における高難易度は
いまだ『アレを超えるモノはない』と言っても過言ではないくらい
極限的な難しさだったと記憶していますし

当時を共に釣った仲間であれば
誰一人として、そのことに異論を唱える者はいないでしょう



2000年の河畔林の伐採以降、一気に川底が埋まってしまい
当時の面影は多少は残っているものの
釣りのポイントとしての価値は急落

釣り人の姿はパタリと途絶えてしまっています

それでもダメもとで覗いてみると‥‥‥
GW後半の渡良瀬川_c0095801_14540479.jpg
あらまぁ、ライズしています


お世辞にも魚影は濃いとは言えないものの
この流れでライズを見るのは、かなり久しぶり!

テンションを上げるな、というのも無理な話



そんな流れの中のライズの割に、結構フライを選んできます

すでに誰かにヤラれているか
それとも
ヤラれた魚が落ちてきたのか?

ちょっとだけ手こずりましたけど
GW後半の渡良瀬川_c0095801_14540026.jpg
こんな綺麗なヤマメがライズの主でした

一つ取ると、また別のライズが始まって‥‥
それぞれを慈しむように

一つ一つ丁寧に釣っていきます





ウイングの浮力に耐えながら、最後の力を振り絞って
産卵のために川中を目指すダイビングスピナー達

目的を達成した末に、力尽き、流され
己のウイングの浮力(気泡)で水面直下まで引き戻されたであろう雌達で
ヤマメたちのストマックは満たされていました

朝のライズの正体は、一部のカディスの捕食を除き
ほとんどがコレなんですよね。
GW後半の渡良瀬川_c0095801_14540230.jpg


GW後半の渡良瀬川_c0095801_14540956.jpg
GW後半の渡良瀬川_c0095801_14540750.jpg
流石に、当時のようなテクニカルなドリフトが求められるような
複雑怪奇な流れではなくなっていて

少し物足りなかった‥‥というのが本音ではありました




その後は、女渕樋管の少し下流にある
皆がよく狙っている?『カタ』に、ライズ二つ発見!
GW後半の渡良瀬川_c0095801_14541140.jpg
『あれ‥‥‥もしかしてスレ掛かり?』
と思わせるほどの強烈な引き味

10xティペットと♯28のフライの組み合わせで掛けちゃった事を一瞬後悔しちゃったけど
下流の瀬に降られたら最後、間違いなく「取れない」ことはわかっていたので
ここはグッと堪えて

‥‥‥なんとかゲット!
GW後半の渡良瀬川_c0095801_14541385.jpg
奥の『カタ』前に出来る『鏡面』で啄ばむようなライズを繰り返す奴は
その時、この流れで一番元気で強い(大きい)魚であることを実証するような

かっこいいオスのヤマメが釣れました

サイズこそ28cmですが、しっかりと体高が出てきた魚体は
かなり強烈にロッドを絞り込んでくれます

この日はこんな感じでライズにも恵まれ

イブ前に7尾のヤマメに遊んでもらいました






明けて翌日も(懲りずに)半日だけ同区間に挑戦

天候だけ見ると、前日よりも断然良さそうが感じだったのですが
ライズの数は激減

1日でこれだけ変わってしまうとなると
事前情報は悉くあてにはなりません

この日は
朝一番もイマイチで

結局は朝8〜10時くらいの
普段なら、あまりよろしくない時間帯が、一番反応良かった気がします
GW後半の渡良瀬川_c0095801_14541444.jpg
GW後半の渡良瀬川_c0095801_14541796.jpg
『時合い』と考えていた時間までに、なんとか5尾まで稼げたものの

それ以降がパッタリ

北の空に雷雲が広がり始め
気圧の急降下に羽化の乱れを期待していたのですが
生憎、ここでタイムアップとなりました

その後は雷雨で増水してしまったそうですが

イブニングは良かったようですね


また少し時間を開けて訪れてみようと思います



告知

上野村神流川においてルースニングのスクールを開催いたします



5月12日(日曜日)の初級・エントリー編

会場は、上野村『川の駅』に決定しました
(実は自分も初めて入ります)

漁協事務所さんの事務所で昼食と座学
その後は『川の駅』‥には戻りません(笑)
C&R一般(激戦区)での実釣ですが、スクールの効果を実際に体感していただきます

まだ空きがございますが、5月9日に締切させて頂きます

ご都合つく方はご参加ください


by sureyamo | 2019-05-05 15:58 | River fishing | Comments(0)


<< レギュレーション      渡良瀬ライズ合宿(後半) >>