Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 05月 10日

鼻ツン

c0095801_16533919.jpg
怒涛の10連休が終わり、静寂が戻った渡良瀬川桐生地区


現着は10時少し前

4月だったら、この時間から再びライズが見込める時間帯だけど
この時期だと流石に厳しい?


平日ではあるものの、見渡す限りで2人釣り人がいるだけの半ば貸切状態
地元のフライマンの大半は、すでにイブニング狙いなのか
いつもこの季節の日中は閑散としています


こんなドピーカンの日中のライズ

それもハイプレッシャーの後となると

それはそれは
一筋縄ではいかなくなって当然



でも

そんなライズだからこそ

取り甲斐もある

というもの


c0095801_16532889.jpeg
先日の増水で少し魚影が散ったような印象です

ライズ同士の間隔も広くなってます

ただ、どのライズも共通で、なかなか定位してくれません




護岸の高い位置で、魚影が目視できるポジションなら
ある程度は追うことが可能ですが
一旦ウェーディングしてしまうと、その所在は全く不明

ヤマメのライズに法則性が見出せず
さらに、それに追い打ちをかけるごとく、下流からの吹上げの風

その間隙を縫ったドリフトで
ようやく綺麗にフライが流れた時に感じる

『出るぞ!!』

の瞬間



からの〜





『鼻ツン』




いや、どれだけ教育されてるの?


連続10回の『鼻ツン』なんて前代未聞(泣)なんですけど






フライも俺も

かなり舐められてます(笑)

c0095801_16533055.jpg
でもソコは意地(ぷっ)


ボディだけ水面直下に入るフライで、それも極小サイズのフライを流し込んで
ようやく‥‥というか、たまたま釣れてくれました


ストマックから出てきた内容物は、そんな小さな虫ではないですけど

ほとんどが水面直下

c0095801_16533382.jpg
フライなんて浮いている限り『鼻ツン』なのも
理解できます
(教育が進む前なら、それでも出ちゃうんでしょうけど)



フックサイズを18まで上げて
一般的によく使うユスリカのフローティングミッジピューパのパターンに変更

フライのフロータントを一旦全部流し落とし


目視ギリギリの状態で水面に落ちた時だけ
フライをレーンにスライドさせ、スラックを追加

そこからライズまで
全ラインシステムをフリーで送り込む!

そして大事なのは、心の中でこう叫ぶこと



(ドラッグがかかる前に)早く出ろ!!』

c0095801_16533587.jpg
そんな感じの攻略法で
追加4尾のライズを立て続けに取ることが出来ました

(ただこの釣り方は、微細なドラッグが掛かっている状態でフライを食わせることになるので、2匹は手前でバレちゃいました)




フライもよく見てますけど、ドリフトもシッカリ吟味されてます

通常なら2〜3回のドリフトで反応がなければ、速攻でフライ交換なんですが
今回は魚が結構動くことで、魚の視界にフライが入っていないことも考えられました

その分、同じフライでドリフトする時間が多くなり
そうなると当然、失敗ドリフトも魚達に見られちゃうから

そこが何とも難しいところではあります




時間的な制約で、今日は12時半で納竿しましたが
何だかんだと

今年一番楽しい釣り

だったかも知れません
c0095801_16533754.jpg











by sureyamo | 2019-05-10 20:20 | River fishing | Comments(0)


<< ルースニング初級講座      レギュレーション >>