人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ
2020年 05月 05日

Partridge(Brown Back)nymph

緊急事態宣言が月末までに延長確定

これで、今季の渡良瀬のマッチ・ザ・ハッチ釣行は
ほぼ絶望的となりました
(僕なりの考え方ですが苦渋の決断とします)
検索ワード「渡良瀬川」で、当方のブログを訪れてくれる方には
大変申し訳ありません

m(_ _)m



僕の42年に及ぶ渡良瀬歴(?)でも
初の「無釣果」な年として、己の記憶の中に刻まれることでしょう(笑)

塞ぎ込んでも仕方ありませんね

来たるべきシーズンに備え、次に作戦でも練るとしましょう




さて


釣りをしていないと
持て余す時間は腐るほどあるもので(笑)

こんな時こそ
フライの量産体制を敷いていられる方も沢山いらっしゃると思います


私的には
定番のフライパターンを、何十本も巻き溜めることを
しなくなって久しくて

その代わり…と言ってはなんですけど

常識に囚われない、色々な(無駄な?!)工夫を凝らしつつ

常に新しいフライパターンを巻く!

ここ最近は、そんな感じのタイイングが圧倒的に多いです





同一パターンで、己のタイイングの精度を上げるのも良いですが…
ソレに飽きたら
是非皆さんも、独自のパターンの創作にも挑戦してみて下さい


完全オリジナルパターンで釣る「1匹」…というのも

格別です!!


Partridge(Brown Back)nymph_c0095801_20182723.jpg

使用しているマテリアルの名前が
そのままフライ名になっているパターンって、結構ありますが

そういう観点から言うと
このニンフは

Partridge Brown Back nymph


という名前になるのかな


テールのフェザントテール以外は
すべて1本のブラウンバック・パートリッジのみで構成されています



転がるように流されるクリンガー系のニンフパターンなので
あえて表面、側面、裏面と
其々が違った印象になるように!
Partridge(Brown Back)nymph_c0095801_20183548.jpg
特に裏面の淡い色合いは
このフライの

一番の肝
(それ故のブラウンバックです)


こういう「裏表」の色調の違いって
実は結構大事に思います

「腹を向ける」っていう行為は、捕食する魚側にとっては
刹那的な捕食の引き金になってる気がします



まぁ…所詮は「ニンフ」なので
何でも釣れちゃうんですけど(笑)

「同じ釣れる」のなら
ソレっぽいフライで釣りたいじゃないですか(笑)

そうでないと
「何でもあり」の、シラけたツマラナイ釣りに成り下がっちゃうのも…
フライフィッシングです

Partridge(Brown Back)nymph_c0095801_07161862.jpg
Partridge(Brown Back)nymph_c0095801_07162274.jpg
ちょっと面倒だけど(笑)こーゆーのも出来ます

なんか「マツモムシ」みたいになってしまいましたけど…(爆)


一発で破壊されそう(プッ)で
実戦向きではないかなぁ



この手のパターンは、実は密かに実績も有るので
巻いておいても無駄にはなりません


それにしても
「パートリッジ」のマテリアル自体
いつの間にか、かなり良いお値段になってて

ビックリ?!

プレミアムなパートリッジになると
CDCよりも高くなってる…(泣)




by sureyamo | 2020-05-05 21:22 | fly pattern | Comments(0)


<< パートリッジニンフのタイイング      フッ素グリス >>