Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 06月 12日

旅猿DVD


旅猿DVD_c0095801_22332164.jpg

昨日、映像会社から発売となるDVDが送られてきました
昨年の「旅猿」のロケから、早いもので一年近く経っていたのですね

僕自身、深夜枠で放映された番組を見たのが最後
仲間から録画を頂戴したりしていたのですけど、雑誌と同様、基本的に見直すことは無いのですが
(恥ずかしいので)

地上波では放送されなかったテロップ等が、若干追加が入っているようでした



正直、このお仕事のオファーを受けた時に
「旅猿」という番組自体を全く存じ上げていなかった(笑)のですが

この手のバラエティー番組ではありがちな「仕込み」的な部分というのは
この番組に関しては、ほとんどと言って無く

ガチに

「行きあたりバッタリ」


その中で展開されるアドリブが「一番の売り」のようで
道中のハプニングをスタッフ含め(折衝役のスタッフ以外)
全員で楽しんでるような感じでした


東野氏のフライフィッシングとテンカラを勘違い?!という
ありえない展開からのスタートも(笑)

現場のスタッフさんのガチの慌てっぷりから
仕込みでない感じ
(もしかしたら、東野氏の脳内では仕組んでいた事かも知れないけど)



まぁ、今にして思えば
先生役が僕のような「三下」で良かったようなもので…
これが業界を牽引する大先生だとしたら

「おいおい、ふざけんじゃねぇ〜よ。やってらんね〜俺帰る」

的展開に(間違いなく)なるので(笑)

そういう意味では
映像会社はラッキーだったと思いますよ
旅猿DVD_c0095801_22020376.jpg
事前のロケハンでは、釣り初挑戦のスタッフさんでも
中ノ沢では、ほとんど入れ食い状態で…
魚が浮いていない状態を想定したルースニングの試釣では
「これは釣れ過ぎちゃうから辞めましょう」
と言わしめるほどでした

しかし、肝心のロケ日となる日曜日
現地となる中ノ沢は、前日の土曜日にシッカリ責められた後で…
なおかつ追加放流もない状態だったので

リアルに渋い状況


演者、カメラマン、ディレクターを含めた大人数を渓谷に詰め込んでの撮影となると
釣れたのは「奇跡」みたいなもんです(笑)


飲まず食わずで8時間の強行ロケでしたが
なかなか出来ない貴重な経験ではありました
旅猿DVD_c0095801_22253864.jpeg


by sureyamo | 2020-06-12 22:35 | and others | Comments(0)


<< D750      手強し!神流川 >>