人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ
2022年 02月 09日

進化するSidewinder

いま現在販売させていただいている「Sidewinder」なんですが
自分の釣りで製品版を実戦投入することは殆どなく

実際に使っているのは

試作品ばかりです




マーカーの感度を究極的に求めていくと
結局のところ、浮力と相反する部分が避けて通れません

個人的な釣りであれば「慣れてしまえば」どーってこと無いって事も
市販品として販売する…となると事情は変わってきます

どんなレベルの方が、どんな使い方をするか
こちらの想定外の使い方で(笑)評価されてしまうことを考えると
感度を落としてでも、使い勝手を優先させなければ
商品としては駄目


いくらマーカーの性能を上げた所で
それと引き換えに、視認性や浮力の犠牲は我慢してくれ…とは言えませんもんね



個人的に「凄いのが出来た」と思っていても
受け手の側の理解や技術が付いてきてくれないと
(時期尚早)


誰からも評価の得えられない
「ひとりよがり」なアイテムで終わってしまう(笑)わけです


まぁ、そういうモノは
世の中にゴロゴロ転がっていますけどね
進化するSidewinder_c0095801_08321873.jpg
僕が個人的にテストしているSidewinder(かれこれ一年)は
製品版とは、ちょっと別素材で
半分以下の細さです

しかるに、キャスティング時の抵抗は
一層軽減されます

もちろん、浮力的には格段に落ちるんですが
足りない分の浮力は全長を伸ばし、全体の的な質量をあげることでカバーしています

長くなることで視認性も若干上がり
水面に引っ掛かる面積が稼げる(アンカーが効く)分
メンディング等の力加減に(シビアでなくなる)幅が生まれました



高感度に関しては
フライ(ショット)の着底で“スッ!”と沈んでしまうくらいに敏感

特に軽いニンフ(イマージャー)を使った
中層から表層にかけてのイマージャー的な釣り方との相性は抜群です

まさに本来の「Sidewinder」の持ち味は
ココに全て凝縮されている!と言っても言い過ぎでない気がします




このタイプ(仮称:SSL)は製品化対象外(非売品)(笑)
※無茶苦茶な使い方で低評価されたくないので

ご自身で製作されるか…
僕に直接ご相談下さい(笑)


by sureyamo | 2022-02-09 09:56 | item | Comments(0)


<< 増水を見込んでの…      カワゲラの季節 >>