人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ
2022年 08月 06日

中通し式からカン付き式へ…

以前にも記しましたけど
市販のフロートは圧倒的に「中通し」式のタイプが多いです


…ということで
市販の中通し式を簡単にカン付き式に変更する為の…
INAX的必殺技が(笑)今回のネタ

※もちろん完全オリジナル版(笑)!
中通し式からカン付き式へ…_c0095801_11021394.jpg
用意するのは市販の中通し式フロートと
0.8mのパイプとティペット…そしてライター

たったコレだけ(^_^;)

中通し式からカン付き式へ…_c0095801_11123022.jpg
今回使用するのは「TICT M-FLOAT」
内径はピッタリ0.8㍉なので、このチューブがドンピシャのサイズ

※市販フローターの内径は、ほとんどがサイズ的に一緒!
でも、個体によってはキツキツの場合もあります

中通し式からカン付き式へ…_c0095801_11173473.jpg
2.5号のフロロカーボン

手持ちで一番太いのがコレだっただけで
もっと太くて良いです

なんなら不要となったリーダーのバットでもいいくらい




写真では分かりにくいんだけど…

Uターンして折り返したティペットの先端は
画面右側のチューブから必ず出るように!
中通し式からカン付き式へ…_c0095801_11211687.jpg
長さを調整(ループ側のチューブが本体に埋め込まれる感じ)した後
チューブとフロロカーボンを

一緒にカット!

中通し式からカン付き式へ…_c0095801_11230999.jpg
チューブの先端をライターで炙ります

溶け出した部分を、机等の平面で叩きながら冷やして
平らに潰します


この部分がストッパーになるとともに
内包されたフロロカーボンティペットとチューブは
溶着されて一体化!


我ながら素晴らしい発想(笑)

中通し式からカン付き式へ…_c0095801_11243416.jpg
ループ側を引き出して


これで完成!

どうでしょう…超簡単でしょ?



これの良いところは
必要に応じて、すぐに中通し式に戻せること!


「フロート本体」を加工してしまうと、元には戻せませんからね

フロート自体も、そんなに安くはないので
なるべく加工は避けたいところ






お友達にアジングのフロートをされている方がいらっしゃったら

この方法を教えてあげて下さい(笑)

同じ悩みをお持ちの方であれば
この仕掛けは…多分、目から鱗です(爆)




※ちなみに今回のはサヨリング・ブリッジ仕掛け専用として
遠投時の空気抵抗と引き抵抗減少用(あまり水面を騒がせない)として使う為の
試験用フロートです



by sureyamo | 2022-08-06 11:40 | tips | Comments(0)


<< 遠投カゴ      フライマンが作るサヨリ仕掛け2 >>