Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2023年 01月 03日

Sidewinder Phase2


Sidewinder発売から一年後
製作の初期段階から使用していた某接着剤が

まさかの廃盤(-_-;)


代替品の接着剤を急遽探してきて、製作を再開したまでは良かったんだけど
ヤーンと接着剤との相性なのか

数投でリングが外れてしまったり、数投でクビレの基部が解けてしまったり…といった
致命的トラブルが発生するようになってしまいました
Sidewinder Phase2_c0095801_23384258.jpg
接着面積を広くとったり、リング基部をネマキ糸で補強したりと
対策はこうじていたものの…

最終調整となる冬季ニジマス釣り場のテストにおいては
低水温が原因による接着面の硬化で、かなり脆くなってしまって

50cm近いハコスチを二匹釣っただけでコブが崩壊してしまうという事態に直面(-_-;)





何か策はないものか…





そんなとき
たまたま嫁のネイルアート用のレジンが目に止まり…(@_@)
モノは試しと…
Sidewinder Phase2_c0095801_23363907.jpg
なんと

問題は意外にあっけなく解消してしまいました(@_@)




実際には作業部屋の湿度に合わせて
二種類の接着剤と二種類のレジンを粘度で使い分けたりしないと…でしたけど

※最終的にネイル用は駄目でした(-_-;)



なんとか形になりました\(^o^)/
Sidewinder Phase2_c0095801_23391266.jpg
こんな変態極小コアも
実用可能になりました\(^o^)/




レジンを使うことにより、全体的に分散した質量UPで
ターン性能の向上する!という効果も得られることになり…

まさに一石二鳥!!








これらは

Sidewinder- Phase2

として2月から販売開始となります
Sidewinder Phase2_c0095801_23390168.jpg
一時はお蔵入りを覚悟していた

Sidewinder-SS

ですけど、今回の変更で実釣に耐えられる仕様となって復活!
※普通に売れるとは到底思えないので(笑)販売チャンネルは考え中


フロートマーカー(浮き)とインジケーター(目印)の中間的な「フローティング・インジケーター」という概念で

軽量ニンフやサーフェス・イマージャーを使った

今までであれば「経験則」や「勘」頼りの感覚的な釣りから


しっかり視覚的なモノへと昇華


Sidewinder Phase2_c0095801_23394562.jpg
一般渓流でイワナ・ヤマメのルースニングにオールラウンドで、もっとも使いやすいサイズ感

極小ニンフから#14程度のウェイテッドニンフまで幅広くカバー!


ループスピードを上げたタイトなマーカーコントロールができる


INAX的に一押し!


Sidewinder-S






Sidewinder Phase2_c0095801_23400813.jpg
大きめのコアで視認性が高く、浮力もある。収縮率も高いので不意の大合わせでも糸切れを最小限に抑え

ルースニング初心者、Sidewinderを初めて使用される方にオススメの


Sidewinder-STD

※もちろんSidewinder F もあります





コアの数、全長等を見直して
このマーカーは必要以上に長すぎると、失速した時にトラブルが多くなる為
※Sidewinder-SSに関しては、コアが小さい分長さで浮力を稼いでいるので、多少長めとなります

全体的に短めに仕上げる予定でいます



 
コアのサイズは効率化の為の目見当(笑)につき
個体差が出てしまうのは………ご勘弁〜♪




Phase2で、一段と使いやすいマーカーになっていると思います
最初と比べると、手間と時間、資材が余分に掛かってしまうことになりましたけど
当面は価格据え置きで頑張ります(笑)



そんなこんなで
Sidewinderの進化は、まだまだ止まりません



by sureyamo | 2023-01-03 11:26 | item | Comments(0)


<< フカセ錘      大晦日 >>