人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ
2023年 10月 30日

ハコスチ釣行第二戦

ハコスチ釣行第二戦_c0095801_17320172.jpeg
ここ数日、芳しくないという噂?の冬期ハコスチ釣り場ですが
どんな感じなのでしょうか


それに加え…
前日の日曜日には遊漁者数70名超えとのこと(^_^;)
まぁまぁのプレッシャーの掛かり具合

今回もハコスチ達に

どんな仕打ちをされるのでありましょうか(笑)


鉄板となるアトラクター系のフライでは、早々に見切られことは容易に想像がつくので
※そうは言っても、フライを選ばず何が何でも釣りたいって方は、その手のフライが一番釣れると思われますけど


自分的にも手慣れた安定のデフォルトシステム
(0.3号ナイロン+#18ハーズイヤー)

なんと第一投目で
流れ出しの駆け上がりについていたラスボスクラスのハコスチがいきなりヒット


フッキングが甘かったのか
早い段階でバレてしまいましたけどね(T_T)
ハコスチ釣行第二戦_c0095801_17320381.jpeg
…で、その後は
全般的に掛かりが浅く、即バレが続きます



水量が落ちてきていて
前回のウェイトバランスではフライが全然流れてくれませんね

底波が想像している以上に遅く
ショットを徐々に軽くしていっても、すぐに底付きしてしまう



結局、今回はスプリットショットなしのフライウェイトのみのシステムが
正解だったみたいです
※超軽量ニンフでは、流石に極小スプリットを付けないと無理だけど



マーカーに掛かる負荷の具合から
タナとフライ(ウェイト含め)のバランスをコマメに変えるような釣り方にはなっちゃうけど


このバランスの模索が結構面白いです
※ここの領域に達せた貴方は、かなりの変態と言えます(笑)


あぁ、なんとなく違和感なく流れたなぁ…というドリフトには
痛快なストライクが応えてくれます
ハコスチ釣行第二戦_c0095801_17320517.jpeg
別に魚を持ち帰るわけではないので
僕はハコスチのレッドバンドには、ほとんどこだわりません
※逆に掛かると回りのお客様に迷惑かけちゃう。


このぐらいの血気盛んなハコスチが相手にしてくれれば
僕の求める釣りは充分完結します



by sureyamo | 2023-10-30 22:55 | River fishing | Comments(0)


<< ダツ釣り      ハコスチ開幕戦 >>