人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ
2023年 11月 26日

テンショナー

今回紹介するアイテムは、どちらかと言うと

ニンフィング初心者向け「お助けアイテム」



マーカーが早い表層流に捕まって暴走しちゃうと
ショットやフライが、せっかく捉えた底波から引き抜かれてしまう…
なんてことが往々にして起こります

INAX流ルースニング(ゼロテンションニンフィング)のように
軽量ショットを使っている場合には特に注意が必要で…

そうならないためには
マーカー軌道を流芯から僅かに外すような、マメなコントロールが求められるのだけど


コレは

「ヤレ」って言って、すぐに出来るものでもないです
※逆に簡単に出来ちゃったら、ずっと練習してる「俺が困る」(プッ




そこで考えました


マーカーコントロール云々…ではなく
一度波に乗ったショットの方に

踏ん張ってもらえば良いじゃん!…と
テンショナー_c0095801_11005589.jpg
そこで登場するアイテムはコチラ

↑蛍光イエローの方ね




これをスプリットショットの直前に通す

ほんと…

ただソレだけ(笑)なんだけど
テンショナー_c0095801_14370522.jpeg
引く方向側に抵抗が生じ、ブレーキが掛かるようになると…
仮にメンディングの加減を間違えて、マーカーをリフトし過ぎても

底波からショットが抜けにくくなる!

また、ショットの沈下速度も抑制されるので
錘だけが、さっさと先に沈んでしまうようなこともありません











今までであれば単に

“ショットを重くする”

ことで、同じような効果が見込めていたけれど
水の抵抗を利用すれば、なにも重さだけに頼る必要はない…というわけです




最初に初心者用と言いましたけど
使うことに

“デメリットは、ほとんどなし”

ですし…
他にも色々な恩恵が見込めることから、皆さんにもどんどん使ってもらいたいアイテムです
テンショナー_c0095801_16103756.jpg
肝心のブツは
全く目的が違うものですけど(爆)ね


磯釣りのフカセで使う“潮受け”をヒントに、ここにたどり着いたわけですが
市販されている“正規の潮受け”だと

サイズが大き過ぎその割に受けが小さすぎ

繊細なフライ用としては、流石に使い物になりません

この商品に辿り着いたのは

本当…たまたまの偶然(笑)






既に実釣で使っていますけど

何も付けていない時よりも
マーカーの負荷が感じやすく、とても使いやすいです


もう、このまま「基本システム」としても良いくらいですね



by sureyamo | 2023-11-26 00:07 | tips | Comments(0)


<< 調整日      しもり玉 >>