人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ
2024年 03月 14日

川の駅

木曜日にようやく予約が取れました(^_^;)

久しぶりの川の駅
川の駅_c0095801_17491629.jpeg
去年の暮れから見慣れた光景

水温的には、冬季とさして変わらないはずなのに
ハコスチは心做しか活き活きと、気持ち良さそうに泳いでいますね


ハイパーヤマメが放たれている!とのことで
今回の釣りは、そちらが主役の予定で来ているのだけれど…
川の駅_c0095801_17493794.jpeg
釣れてくるのは全部が赤帯君(^_^;)
それも…狙ってないのに何故か大型ばかり(笑)


掛けると分かるけど、やはり冬季の時と比べると

その引き味は段違い!



さしずめ

リードを付けた大型犬と散歩に出かけた小学生みたいに
アッチ行ったりコッチ行ったり(笑)

終始振り回されっぱなし
川の駅_c0095801_17494499.jpeg
まずは定番のクロカワゲラのフライで…
川の駅_c0095801_17495119.jpeg
でも全然入ってないし…(笑)
川の駅_c0095801_17495680.jpeg
糸鳴りなんて久しぶり(笑)

今回はティペットが0.3号ということもあって
ファイトは強気(自分的には)




今日は不思議と
バラシやラインブレイクの類が数匹程度で収まっていて

順調に尾数を重ねてます
川の駅_c0095801_17500589.jpeg
…にしても

掛かる魚掛かる魚、みんな大きいのばかり(^_^;)

嬉しいことは嬉しいけど
ファイトも、だんだんと億劫になって来ちゃいます



いかんいかん
それじゃ〜いくらなんでも魚に対して失礼というものです
川の駅_c0095801_17501137.jpeg
ブユフライも、段々と在庫がなくなって来ちゃって
変な失敗作しか残ってないんだけど…

でも釣れちゃう(^_^;)

川の駅_c0095801_17501825.jpeg
ストマックから出てきたクロカワゲラは
元気いっぱいに動き回ってます


でもなぜか
今回はクロカワゲラのニンフの効きが…

なんかイマイチ?

川の駅_c0095801_17502481.jpeg
そこで、スケルトンニンフに変えてみると…

川の駅_c0095801_17503088.jpeg
掛かり所が悪いと一発で壊れちゃいますが…

反応的には、この手のフライが
一番良い感じがします
川の駅_c0095801_17504244.jpeg

川の駅_c0095801_17505276.jpeg
どうしたって長丁場となる、ハコスチとのファイトは
フライの耐久性も求められます


フライのオーバーデコレーションは
「目立つ」と同時に「見破られる要素」にもなり得る…ということ、と
使う素材が増えれば、それだけ壊れる可能性も増すことから

できる限りシンプルに…余計なものは盛らない

※ある程度達観してきたら…そこから、あえて盛るのは全然OK!だし、自分はそうしてます

鱒が瞬間的に
虫だと誤認してくれるようなものなら、なんでも良いと考えています


理論立てた考え過ぎは、結構な確率で蛇足で終わることがほとんど
答えはいつも、そんな小難しいことではなく…
いたってシンプルだったりします







それでいて…願わくば、極力本物に近いほうが
使い手としての感情移入もしやすくなります

あっ、これはマッチ・ザ・ハッチマニアの性…かな(笑)
川の駅_c0095801_17510613.jpeg
マーカーに現れる変化は
想像で補うドリフトが、現実として結実した瞬間ともいえるわけです


こういう感覚は
ドライフライも含めたサイトフィッシングとは、また違った意味で

深い達成感がある!

ここで深く頷ける方は…紛れもなく同類(笑)





沈めるフライ、見えないフライに苦手意識がある…という方の気持ちは分かるけど
フライフィッシングを嗜んでいて…

でも、こういう世界感を知らずにいるのは
とても勿体ないことです
川の駅_c0095801_17510960.jpeg
ドライフライの…
ライズのない時間帯に埋め合わせ…帳尻合わせ的なニンフィングっていうのが
多分、大半のフライマンの認識かと思うけど

…そういう向き合い方をしている限り
ニンフィングのスキルアップを望むことは、なかなか難しいです


一度、騙されたと思って(笑)
丸一日、ニンフと向き合って見ることをおすすめします
※ドライフライのボックスを家においてくる…とか(笑)

特にライズしている時間帯でのニンフィングは
かなり勉強になる…と

コレは断言できます
川の駅_c0095801_17511149.jpeg
そんなこんなで

怒涛の5連続


壊れない時は、トコトン壊れないものです

羽化中のユスリカピューパに圧倒されちゃってるけど
ピンチョロ、カメチョロも入っているから
フライのチョイスも、満更間違ってもいない…と思いたいものです(笑)

カメチョロをチョン掛けした釣り針が
ひらひらと舞いながら流れに揉まれていく様を、一度でも見たことがある方であれば

このフライの流され方から
その“ヤバさ”はご理解いただけると思います







そんな調子で11時にはカウント11に到達したものの
そこから、ちょっとだけ食いが悪くなってしまいました

今回はハイパーヤマメとの御縁はなかったものの
百戦錬磨のニジマスとの駆け引きは

熱くなってしまいます



追記

3月31日(日曜日)にニンフィングスクールの開催を予定しています

今までのスクールは、主に初心者・中級者向けでしたが
今回は初の上級者までカバーする(かなり突っ込んだ)内容を予定しています
基本的に参加者のレベルは問いませんが
ある程度、基礎的な認識をお持ちの方のほうが、ご理解は早いと思います



人並みのニンフィングでは見向きもされなくなる…
国内でも稀に見る超絶ハイプレッシャーフィールドとも言える「神流川C&R区間」で
みっちりフルシーズンで三年間(冬季も含め)熟成させた
完全オリジナルな最新のニンフィングタクティクスを体感してください

常々詳細はブログに掲載させて来ましたが
知識として知っているのと、実際の現場で体験するのとでは大違いです

「最近、なんかマンネリで…」って方には、特にオススメ(笑)
ニンフィングに対する認識は激変することで
フライフィッシングが、今よりもっと面白くなります!




なにぶん、急な開催なので
人数が集まらなくても仕方ないですが…希望者がいれば一名でも開催します
(その場合、2回目の開催はないかも知れないけれど)

内容的にもかなり更新されていますから
以前に参加された方も、この期にどうぞ!

お申し込みはコチラから




by sureyamo | 2024-03-14 20:03 | River fishing | Comments(0)


<< いよいよ厳しい神流川      風が吹く前に… >>