人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ
2024年 03月 24日

錘の重要性


フライフィッシングのニンフィングにおける
スプリットショットの重要性


かれこれ10年以上前の記事にはなっちゃいますけど
フライ業界の方で、スプリットショットについてキチンと語っているのは
後にも先にも、この方のこの記事ぐらい…です

参考になると思うので
是非、ご一読いただくことをオススメいたします
錘の重要性_c0095801_13544260.png
錘の号数表記というには
フライフィッシャーマンには実に馴染みが薄いモノです

我々がお世話になるのは
ガン玉(スプリットショット)の中でも“ジンタン”と呼ばれるカテゴリーになります

#3前後のフライキャスティングを考慮すると
実用的にはG6ぐらいが重さの限界?…かなぁ







僕自身も、ついこの前(数年前)まではG6〜G8をメインとして使っていたわけですが
ここ最近の釣りでは、G10(もしくはショットなし)の出番が多くなって来ました


スリットにティペットを通すだけのことなのですが
モノが小さいだけに…

この作業が微妙に難儀(^_^;)


ブログでは何度も書いてるけど…
たった一粒付ける作業で、何個も落としてしまう(T_T)

ラクに…そして、無駄にすることなく付けるにはどうしたら良いのか?
錘の重要性_c0095801_16305810.jpeg
そこで、こんな補助具を作ってみました(笑)


親指の腹で抑えたティペットを、スプリットショットのスリットに上から沿わせ…
それを保持した状態でプライヤーを使ってかしめる


たったそれだけのことですが…
失敗することも無く、一発で装着完了!


想像以上に便利(笑)でした





by sureyamo | 2024-03-24 16:48 | River fishing | Comments(0)


<< ガラガラな日曜日      フロータントケースのリニュアル >>