Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 11月 24日

ヤリタナゴ救出作戦

ヤリタナゴ救出作戦_c0095801_13104241.jpg

群馬県内では「ヤリタナゴ」唯一の聖地である藤岡市。
今回はriverwalkersさんの呼び掛けで、そこで年2回行われる「ヤリタナゴ捕獲移動作業」のお手伝いにおやぶんさんと共に参加してきました。
 この活動の目的は「産卵に不適とされる下流域に落ちてしまったヤリタナゴを採取して、もう一度上流部に戻す」こと。
自分達に与えられた使命は、指定された区間の魚の出来る限り全てを捕獲する事のようです。

 片田舎の住宅街に流れる用水路を、捕獲網片手にぞろぞろと徘徊を開始します。
ひと跨ぎ出来てしまうような水路を覗き込みながら、目的の魚影を求めます。
最初は澄んだ水色の用水路も、捕獲の際に堆積した泥を巻き上げると“あっ”という間に泥濁り。それでもお構いなしに、U字ブロックの隙間や流れに垂れた茂みの中に網を突込んで行くと…これが面白い程獲れるワケなんです。
時間の経つも忘れて無我夢中。
軽い腰痛で…ふと、我に返ったりするのであります。つくづく年はとりたくありません。
ヤリタナゴ救出作戦_c0095801_13323088.jpg

 捕獲された魚の選別と生息数の調査。これらが(当然)全て手作業で行われます。
タナゴをはじめ、鮒、オイカワ、泥鰌、ナマズ…云々。せいぜい、その程度の見識しか持ちあわせていない自分など、お手伝いしたくても出来ない状況でございますので、しばし傍観させていただきました。
ヤリタナゴ救出作戦_c0095801_13372630.jpg

 集計後は上流部二箇所程に移送され、無事に再放流されました。

 最後に、水沼神社の池に不法入国した害魚達の駆除を行いました。
小さな池ですが、最大で40センチ程のナマズを筆頭に、ブラックバス、鯉(←ここではヤリタナゴの産卵母貝となるマツカサガイを食害してしまう事から害魚扱いとなるそうです。)等々…蒼々たるメンツを次々と捕獲してゆきます。
 これでこの池も、ヤリタナゴ達にとって束の間の?平和を取戻せたのではないでしょうか。
ヤリタナゴ救出作戦_c0095801_1475574.jpg

↑そんな今回の騒動で、この池の住人である食用ガエルも所員から“職質”を受けております。

 天然記念であるヤリタナゴを守る事にご尽力されている関係者の方々は、実は神流川C&R区間の裏方を支えて頂いた方達なのです。群馬の魚達は、日々こういった方々に支えられている事を、この機会に是非皆さんにも知ってもらいたいと…そんな事を感じた一日でした。

↓一日一回バナーをプチプチっとお願いいたします。
にほんブログ村 釣りブログへニンキブログ ブログランキングサイト

by sureyamo | 2006-11-24 13:10 | event | Comments(4)
Commented by oyabun at 2006-11-24 15:34 x
inaxさんお疲れ様でした。
雨の中の作業を予測してたのですが良天に恵まれよかったですね。でも寒かった。
始めは採れるの?と思いましたが、あんな狭い一箇所で十数匹もとれるなんて・・・・思わず童心に返ってしまいました。
しかし天然記念物を残すと言うことは並大抵なことではありませんね。
明日はヤマメの産卵?を見に行ってきます。
Commented by inax at 2006-11-24 22:17 x
●おやぶんさん

お疲れ様でした。
ちょっとだけ筋肉痛であります。
明日は上野村でしょうか?
紅葉のピークを過ぎてしまいましたが、まだまだ上の方は見頃ですよ。
お気をつけて!
Commented by ゴリ松 at 2006-11-25 07:14 x
大プロジェクトですね!
inaxさん、おやぶん、お疲れ様でした。
こういう活動は、見ていて、ジッとしていられなくなります。
来年は、是非とも声をかけて下さい。
私も童心に帰りたいです。
本当にお疲れ様でした。
Commented by inax at 2006-11-25 08:38 x
●ゴリさん

おはようございます。
お誘い出来ずに申し訳ありませんでした。今回は、あまりに急だったものですから… (-.-;)
 人手はとことん必要な活動でしたので、是非とも次回はヨロシクお願いいたします。

 


<< エルクヘア・カディス      鉤選び >>