Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 07月 27日 ( 1 )


2014年 07月 27日

Tough conditions 2


c0095801_22110450.jpg
ようやく梅雨も明け、これから夏本番を迎える丸沼

夏の丸沼は、このブログでも何度も記事にしてきた通り
シーズンを通して一番厳しい季節

日を追う毎に厳しくなるのは重々承知の上だけど
そうは言いつつも、丸沼の懐の奥深さに期待する下心的な気持ちも多少はあったりして…

結局はそう悩む事もなく
湖畔に向けて車を走らせていました




夜明けを迎えた丸沼の駐車場
見渡す限り、釣り人と思われる車は数台だけ

さすがに釣れないのは覚悟の上ではあるけれど

もしかして、これって…

ソートーに釣れてない

と言うことなのか?

なんだか嫌な感じが…



そんな中、そそくさと支度を始める僕に近づく怪しい人影
あっ…台風カレーさん?!

良かったぁ〜

今日の道連れ(爆)一名見っけ!

…と思ったら、なんと今日の台風さんはボートで沖に出漁とのこと。

残念
c0095801_22124571.jpg
…で結局は、栄えある僕の道づれに選ばれた?のは

発券二番手のコチラの御方

実は前回の丸沼釣行の際、隣で終日ご一緒だった方でした


前の時もそうだったのですが…
岬の先端までフルウェーディングして、そこからとにかく
(タックルも自分が使っているシリーズのワンランク上ということもあり)
ブッ飛ばす方なのです


それも、ほとんど休憩無し!

自分も自他ともに認めるなのですが

いやはや…何事においても、上には上があるものでございます



ただ、このような鬼のような方(笑)が脇を固めてくれるというのは
非常に心強いモノでもあります

誰かしら振り続けている方がいることで、群れの回遊を休憩中でも見逃すことは少なくなりますからね
…とか言っちゃって結局は、自分もロクに休憩もせず、隣に負けじと振り倒しちゃったワケなんだけど…



ライズは決して多いとは言えないのだけれど、割とギリギリ届く範囲で良いサイズの魚が入って来ます
それでも当然

ノーバイト


やがて朝の凪ぎが終わり、正面からアゲインストが吹いて来ます

ここからが本番


なんかねぇ…
いつもそんなこと言ってる気がします(笑)
c0095801_22112243.jpg
いつものダブルハンドに加え、今日のメインは脇差し(スイッチ)。
なんだか最近、スイッチを振ってる時間の方が長く感じます。

アトランティックサーモン 5〜6番と8〜9番は共にスローインター。
折角二本あるのに同じシンクレートを揃えるなんて、正直あまり意味がないんだけど(笑)

現状この水量の流れ込みで使うには、このスローインターのレートが一番合っているいるみたいで
いい感じでブレイクの底スレスレをトレースしてきている感触はあります。
(浅いのでインターでも沈み過ぎちゃう)

まぁ、それでも

釣れないことに変わりはありませんけど…。







水際に置いたバックが、いつの間にか水に浸かっていました

ここで朝より僅かに水位が上がってることに、ようやく気づくワケです


急激に水位の上昇が認められる時って、東電が放水中であることが多くて(流れ込みにいると、放水の事実が判らないのです。)
こんな時、流れ込みを含めた手前のシャローって極端に魚っ毛がなくなってしまうのです
※実際に放水していました


まぁ…それを言った所でどうしようもありません


オカッパリに拘る…とは、そういう事象の全てをひっくるめて

結果を出す!

という事ですから
c0095801_22112692.jpg

その瞬間はあまりに呆気なく、あまりに唐突にやって来ました

サイズの割にはスキニーで、あまりコンディションも褒められたモノでは無く
また、この魚を得るにあたって得たノウハウ的なモノは何もなかったワケですが

貴重な…本当に貴重な一匹でありました

c0095801_22141655.jpg
そこから新たな『魔の沈黙』がスタート


…ですが、根本的に二週間ぶりの釣りと言うこともあり、釣欲、投げ欲は絶倫状態。
ほとんど萎えません

前日全く寝ていない…というのに(-.-;)自分でも飽きれます

ただ、これはどうやら隣人さんも一緒のようで
コチラもロクに休憩せずに振り倒しています




ここで、昨晩巻いたばかりのフライをテストしてみることに…

テーマはシュリンプ

丸沼の魚の食性を研究している訳ではないので判りませんが、
こういう甲殻類は魚種を問わず、魚達の大好物…と相場が決まっています

沈下姿勢とフォールスピードに関しては、まぁまぁ合格点だったのだけど
勢いで付けた尻尾が水の抵抗を受け、リトリーブの速度を少しでも上げると

フライを回転させる事が判明

慌てて現場でトリミングするものの、終始不安定でしたから
バランスに根本的な難があるかもしれません

ここら辺が、今後の改良の余地なのでしょうね

まぁ、そんなフライですから、ジックリとスローで引っ張る方法しかなかったワケですが
c0095801_22122486.jpg
それでも、そんなフライをクワえてくれた奇特な魚もいましたね

ランディング直前にバレてしまったから、フライが口元に刺さっている写真を撮ることは叶わなかったけど…

これはコレで釣れる…ということが判りましたから、次回はもう少し煮詰め
キチンとフレームに収めてきますからね

結局、このバラシのあとも鳴かず飛ばずで…

三時を少し回ったところで見切りを付けて
撤収してまいりました

頑張っても何ともならない事もある

今回、身に沁みた教訓は…こんな感じになるのかな


このタフコンディションに望まれた全ての釣り人の皆さん
お疲れさまでした

だけど…全然懲りていない自分もいるので
また行っちゃうかも知れませーん。

(ほんと馬鹿)







by sureyamo | 2014-07-27 22:09 | Lake fishing | Comments(14)