Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 08月 31日 ( 1 )


2014年 08月 31日

晩夏の湖

c0095801_06234931.jpg
朝夕こそ、肌寒くなってきたものの
夏の余熱を充分に溜め込んだ表水温は、まだまだ鱒達の適水温には程遠い

そんな晩夏の丸沼であるが
何故か、ココ最近は良く釣れているらしい


八月は“竿休め”を決め込んでいたのだけれど
そんな噂を聞いてしまうと矢も盾も溜まらずに…
気付けば週末の深夜、降りしきる雨の17号線を北上していた

一気に高度を稼ぐ山間部に差し掛かると、フロントガラスを叩く雨は深い霧へと変わり
湖畔に着く頃には、そんな霧さえも晴れてしまった
c0095801_06233585.jpg
発券一時間前到着

車から出ると少し肌寒い
雨上がりの湖畔に佇む温泉宿から立ちのぼる湯気が
この寒さが“気のせい”でないことを視覚的に証明しているようだ


発券場に並ぶ人達も、よくよく見れば知った顔ぶれ
そんな方々と拙い世間話を交わしていれば、一時間なんてアッと言う間




とりあえず今回は“温泉スリット”から様子をみることに

前回釣行時より水位は若干上がっていて、思うポイントが微妙に届かない。
フライを投げ入れようと焦れば焦るほどループは乱れ、結果距離も出ない。

気が付くとディープ過ぎるウェーデングで腕はびちょびちょ
肘を上げないと濡れちゃうくらい立ち込んでいるのだから
上手く投げれなくて当たり前か(笑)
c0095801_06244449.jpg
スリット対岸の天然釣り人さんは快調に魚を掛け続ける

丸沼の常連さんの中で、岸からのウェーディングでここまで釣る方を僕は他に知らない
いくら勝手知ったる…とは言え、つくづく『天晴れ』としか言いようが無い

魚運もお持ちなのだと思うが、それを遥かに上回る行動力と探究心は(無礼と知りつつ)お年を全く感じさせない



最近の僕のスリット攻略は、少々重めのフライとフローティングラインの組み合わせ…というのが定番
これは仮にタナがボトム付近だとしても変わらなくて、インタミを含めたシンキングラインは殆ど使わない(厳密にはカケアガリの斜度によって勝手に決めている)

実に“ありきたり”なシステムなんだけど、刻々と変化する状況を考えると
小細工無しのこのシステムが、実のところは一番実戦的…という結論に(私的)到達している


沈下の最中にリーダー部に発生するスラックを相殺してしまうほどフライの沈下が大先行なので、スラックに起因するアタリのボケも個人的には許容範囲。
…というか、むしろシビアなアタリが出るようにロスを最小限にしたところで
40m程先の微細な変化に対応出来る自信など、僕にはないのだから

このくらいアバウトで丁度よい(爆)
 

勿論、狙いはボトムである以上、根掛かり自体は避けようがないのだけれど
シンキングラインに比べれば、その確率は遥かに少なくなる

ちなみに『根掛かり』の原因の全てが湖底に介在する障害物だけではない…ということも知っておきたい
減水時に湖畔を注意深く観察して歩くと判るのだけど、泥底の湖底から僅かに突出した

『ただの底石(もしくは、ほとんど埋まってしまって僅かに露出している倒木の一部)』
実になんてことはないモノをハリ先が拾ってしまっている、ということが案外多いことに気付く

c0095801_06241070.jpg
いきなり…引ったくるようなアタリは、やはりボトムから
スリットのアベレージは40〜45cmといったトコロ

丸沼のニジマスのファイトは相変わらずパンチが効いてて
ネットに収められても尚、遁走を諦めない個体は、当然ヒレの欠損なんてのもない


こんな風に、いきなりドカン!とくるアタリの殆どは(前アタリに気付かず、イキナリ“来た”ように感じてしまうのだろうけど)
フライを飲まれてしまうことでティペットが歯で切られてしまったり…
さらには『合わせ』も効いていないことからフッキング自体が中途半端で割と
アッサリ、フックオフしてしまうことも多い

そんなことを繰り返し、朝のマズメ時だけでも結構な数の魚達を無駄にスラセてしまっただけに終わってしまった


ただそんな中、ボート乗り場のミヨ筋沖に入られたダブルハンドのフライマンのロッドだけは頻繁に曲がり続ける
沖からのフレッシュな群れが入ってくるポイントとして『良い目付け』なんだけど
このポイントで、こんなに頻繁に釣っている様子は初めて見た

釣れているサイズから察すると、昨日放流した残党が
どうやらその付近に溜まってる印象

ただ…
そんな『一人だけ爆釣』劇を演じていると、回りのボート釣り師が黙ってません(笑)
一艘のボートがチャッカリ近づいた途端、さっきまでの爆釣劇は終了
…いや正確には、終止符を打たれたって感じ
c0095801_06223996.jpg
ボート釣りのルアーマンがスリットのポイント真上に集結
湖上でバタバタやられたら釣れるモノも釣れなくなるので
スリットは諦め、流れ込みに移動

ポイントを譲って頂き、いきなり一等地(笑)

このタイミングでアゲインストも吹いて来て、待望の湖波が発生
速やかにラインをスローインターに変更。
丁度良い群れが回って来ていたようで、中〜表層付近でアタリ頻発
ただ…当然乗せ切らないアタリはココでも多数(-.-;)

そうこうするうち、二艘のボートが急接近
お約束のアタリ消沈(-.-;)



しかしながら、お昼休み?でボート衆が湖面から姿を消すと
程なく遠のいていた魚信が戻ってくる

こんなことを何度も何度も経験していると
湖上のボートがどれだけ魚達に多大なプレッシャーを与えているか
岸釣りをしていると痛いほど良く理解出来る

(初めて丸沼で釣りをするなら、いきなりボート釣りではなく
最初は岸釣りで、キチンとマス釣りという遊びを根本から理解されてからボートに乗られることをお勧めしたい。これは周囲の為、強いては自分の為。)


人気のなくなった湖面に向かってフルキャスト
その直後、いきなり沖に向かって引ったくられたライン
半ば強引に止めよう…としたけど止められず(笑)バンキッシュは残りのランニングラインを一気に放出
その刹那、沖目で何度も飛び上がる巨体
c0095801_06243822.jpg
c0095801_06243393.jpg
ゴーマルちゃんゲット♡


その後も、この場で数匹釣っていると
いつの間にか視界ににじり寄る、さっきの二艘

もちろん、この時点でアタリは消沈
フライ着水点からの10mも離れていない湖上でウロウロされて
それでもフライを追うような図太く無神経な鱒などここには居りません

折角こんなに状況が良いというのに、こんなことが繰り返されると
非常に残念ならないのですが…悲しいかなこれが現実



その頃から雲行きが怪しくなり、ポツリポツリと天粒が…
c0095801_06242306.jpg
そんな『通り雨的』なお湿りも、程なくして去り
西日で温められ湿気を含んだ重量感のある大気が、一気に湖畔を包んでいる


今日のポイント選択で非常に重要なのは
魚は居るけどボートの居ないとこ(笑)

…ということで、僕は朝の爆釣劇のあったミヨスジへ

一艘のボートがドッカリ居座る間は、何のアタリもなかったのだが
そのボートがいなくなって間もなく、頑張って一番奥のブレークまで投げると
ちょくちょくアタリが出始めた

釣れてくる魚も一回りほど小型で、ヒレを含めたコンディションはお世辞にも良いとは言えない個体ばかりだった
当初の読み通り、これらは放流直後の個体にまず間違いないだろう

結局はこの場所での釣りを本日の〆とし、暗くなる前に納竿とした

振り返れば色々なことがあったけど…この時期にして、コレだけの数の魚信が得られる丸沼には正直ビックリ
今年の秋のベストシーズンを迎えるにあたり、なんだか過剰な期待をしてしまいそうである



ボート釣りのマナーについて

by sureyamo | 2014-08-31 06:25 | Lake fishing | Comments(14)