Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2020年 11月 20日 ( 1 )


2020年 11月 20日

水中動画解析

Sidewinderの水中動画です
水中動画解析_c0095801_17093589.jpg
センター下部で身を捩りかけているイワナが
ニンフを捕食した瞬間の静止画になります

水面に浮かぶ「Sidewinder」が、この時点で三分の一近く
水中に引き込まれているのが分かります



水中動画解析_c0095801_17101672.jpg
マーカーは更に水中に引き込まれています
イワナは違和感を感じながらレーンを変えますが、まだフッキングしている事に気付いていないみたいです




水中動画解析_c0095801_17064348.png
ここでアワセが入り、イワナのファイトがスタート

浮き抵抗の少ないマーカーだと、合わせのタイミングが(若干ですが)稼げる…
ということでしょうね





それも、もう一つの静止画
水中動画解析_c0095801_17234523.jpg
魚の頭部にショットが見えます
水中動画解析_c0095801_17261778.jpg
後追いのフライも通過

ショットとフライが同じような深度でドリフトしてます

双方の重量と表面積のバランスをとることで
こういうドリフトになることを
ずっ〜と考えていたんですけど

案外、思惑通りに流れてくれていました(笑)





直近で訪れた上野村冬季ニジマス釣り場で
実はオデコを二回食らっているのですけど(笑)
〔場所に入れないのだから仕方ありません〕

そのおかげ?で、魚の活性に左右されること無く
逆に、色んなテストが出来ました


これらはフライ側で調整していたのですが
今回はショット側に、ちょっとした細工を施すことで
さらに理想的なドリフトに一歩?近づくことが出来たと思います。

コレが上手く行けば
ショットとフライの距離を長く取らなくて、魚が長くフライを咥えていてくれますし
短い分、ストライクも出やすくなります




そんな記事のアップですが

とりあえず

もう少し、ハコスチ釣ってからにします(爆)


by sureyamo | 2020-11-20 18:07 | item | Comments(0)