Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:under ♯20 Maniaccs( 25 )


2019年 01月 10日

初釣り

c0095801_16552468.jpg
今日は上野村漁協さんへの納品(初荷)のついでに
初釣りまでしてきちゃいました

神流川冬季釣り場といえばハコスチですけど
ここ最近はスレと寒波の襲来で
釣り人の数はメッキリ激減!

この日も国道の外気温度計は
しっかりマイナス1℃!

ということで、大した期待もしないまま河原に降りてみます

ちょうどお昼時ということもあって?
結構な頻度でライズが始まってます

初釣りでミッジング!なんて

贅沢
\(^o^)/
c0095801_16553491.jpg
今回はニューウエポンの入魂でもあります

先日まで買い手のつかなかった(笑)ロッドですが
意を決しておろす事にしちゃいました

まぁ、元々欲しくて買ったロッドですからね
内心ウキウキ





スペックは8ft8inの♯1

♯1ロッドというと『繊細』でヘロヘロなアクションを想像してしまいそうですが
そういう竿は実際の釣りでは
ストレスばかり溜まって使い物にはなりません


このロッドは
♯3も余裕で乗りそうなバットセクションと
♯1でもスカらない繊細なティップセクションが

無理なく繋がったファストアクション
(なかなかうまく説明出来ない)




このロッドを最大限に活かすのなら
♯1のメリットを最大限の武器にした使い方がベストでしょう
c0095801_16553245.jpg
あいにく、♯1のラインなんて
遥かその昔、ランニングラインで買ったレベルラインくらいしか経験がありません

もちろん、この日のために
新調
なんてするはずもなく

リールバッグを弄っていたらタマタマ出てきた
湖用のポリリーダー(フローティング)をシューティングヘッド代わりに
昨年使ったダイレクトラインアウトリガーのナイロンラインに結んでみました


こうしたフライラインを使用しないポリリーダーのキャスティングは
マエストロさんで以前から紹介していましたが

もしかしたら、このロッドでも投げられるのでは??
と試してみることに‥‥‥


そうしたら

減水期とはいえ、この区間の対岸くらいなら
シュート一発で届いてしまうキャスタビリティーを発揮(笑)

あぁ

フライラインなんて全然いらない(ぷっ)
c0095801_16553093.jpg
このシステムの凄いところは

こんなにクリアな水面にも関わらず
魚の鼻先にフライを連射しても

魚があんまり逃げない

さらに

メンディングの必要が全くない

ということです

そもそも
メンディングしたくても『出来ない』システムなのですが(笑)

つまり、その必要がないくらい
短いヘッドセクションとフライは自然に流れていきます


これは普段から♯3〜4ラインを使っている人間からすると

かなり衝撃的な感覚です

もしかしたら
今年から自分の釣り方が変わってしまう

かも知れません




幸いにして自分の場合
プレゼンテーション時のシステムの置き方は、着水部位と侵入角で形を決めてしまう
『投げきり』スタイルなので難なく馴染めましたが

それでも全長で8ft前後しかないポリリーダーのターンスピードは想像以上に早く
コントロールの余地は、さらにありません

となると
ポリリーダーに接続するティペットの太さや長さが
重要になりそうです

これはテストの末に、追ってご報告いたします。

c0095801_16552650.jpg
活性化したライズは短時間でしたが
パタパタと釣れてくれました



そうそう

ポリリーダーがショックリーダー的な役割もしてくれるらしく
結構細いティペットも切れませんでしたし
(ちなみにティペットは9X)

激しい魚の動きにも、スーパーファインなシステムは難なく追従
c0095801_16552802.jpg
フライは小さくしないと食いませんが
こんな細軸のTPでも、危なげなく取り込めました


何気に組んだシステムですが
ミッジング(マッチ・ザ・ハッチ)に新境地を垣間見た気がします



マッチ・ザ・ハッチの釣りは、まだまだ進化しそうです



by sureyamo | 2019-01-10 18:12 | under ♯20 Maniaccs | Comments(0)
2018年 12月 15日

絶版フック

c0095801_12461258.jpg
ガマカツから販売されていて
既に絶版となったミッジフック

R13-VHBMとR11-BM


Webでは、ようやく探してきても、基本的に定価販
これに送料(商品の代金以上)がつくと
一個で1000円近い出費(笑)


そんなフックをリアル店舗で探し出してきました
\(^o^)/


そしてもちろん大人買い! いや
全部買い占めてきました(笑)



到底、僕一人で使い切る量ではありません
そこで

我こそは真のミッジマニアという方(‥‥でなくても良いです)
このフックの凄さを知っている方に

お分けすることにいたします


詳しくはこちらに(近日中)アップしておきます

それも、びっくりプライス(爆)


よろしくお願いいたします



by sureyamo | 2018-12-15 12:52 | under ♯20 Maniaccs | Comments(0)
2018年 05月 19日

ミッジングの将来

c0095801_15492580.jpg
視力の低下に伴って
ミッジングを嫌厭するフライ仲間も増えてきましたが
(フライマンの高齢化)

こうしたミッジングを強いられる場面というのは
今も昔もこれからも、増えることはあっても

減ることはありません



そんなミッジングの生命線と言ってもいいのが

ミッジフック


ミッジフックが売れなくなり
メーカーさんから続々と廃盤にされてしまうようなことが続くと
僕らのような『ミッジ・マニア』な人間にとっては大ダメージ


というのも、これは先日の話なのですが
G社のR11-BMというフライフックの補充に
地元のフライショップやwebで探しまわったのですが

何処にも無い

廃番、メーカー欠品、入庫未定?
あちこち手を回して
とりあえずは今回は何とかなりましたが‥‥

確かにアイにティペットを通す作業は
年々大変になって来るものの

ウチらのホームグランドでは
魚側の事情に、こちらから『寄せていく』必要性がある以上
ミッジングというジャンルは避けて通れないカテゴリーです

取れないライズが一つでもあるのであれは当然の事
納得出来る自然なライズフォームでフライを咥えさせたい
と言う気持ちが何処にある以上

この探求に終わりは有りません



日本のフライフィッシングの数十年の歴史の中にあって
ミッジングの、とりわけフライパターンに関して
真剣に深く掘り下げて考えているフィッシャーマンが
プロ・アマ混ぜこぜの状態でも、ごく一部と言わざる終えません

数十年前から変わり映えのない、焼き鈍しなフライパターンが
未だに専門誌に掲載されている事は、マニアな僕としては残念な気がしています







いままで自分が強いられてきた、様々なミッジ経験の中で
培ってきたノウハウは、これらフライボックスに詰め込まれています

まぁ、こんなパターンは出したところでパクるどころか
実際の現場でティペットに結ぼうと思う方もいらっしゃらないと
タカをくくって(笑)公開致します


冒頭の写真は『水面上』用
次の三箱は『水面直下』用
最後は『水中』用と
使うステージで別けております

(コカゲロウ類のミッジは、また別です

c0095801_15562801.jpg
水面直下用が細分化されているのは
それだけ苦戦してきた証拠(笑)

あっ、ちなみに
『貰いフライ』も混ざってます(爆)
c0095801_15500463.jpg
c0095801_15501410.jpg
c0095801_15494823.jpg
ミッジフライは弾数よりもバリエーションが命!


一コマに詰め込み過ぎてしまうと
一見見栄えは良い(迫力ある)のですが
肝心な時に、いざ使おうとしているフライが埋もれ見失ってしまうので、これくらいが使い勝手が良いですね

ちなみに数本しか入っていないコマは
試作で未だ結果が出ていないか、すでに結果が出て量産に入る前のパターンのいずれかです
(あえて書きませんけど)

今まで様々なフライボックスを試して来たけれど
ミッジに関しては
フライのフォルム(微細な違い)が容易に判別できる
フライフックケースが秀逸!

ネタとすると、もう一箱分くらいはあるのですが
それは現在進行中です




by sureyamo | 2018-05-19 16:15 | under ♯20 Maniaccs | Comments(2)
2018年 05月 05日

実釣テスト

c0095801_09343929.jpg
というわけで、そんな新兵器?をGW真っ只中

フィッシングプレッシャー‥‥というより投石プレッシャー(笑)真っ只中の
上野村C&R区間、役場前に持ち込んできました

時間帯はドピーカンの正午という
結構好ましくない?条件ではありましたが

幸いにして対岸の反転流には数匹の『やる気満々』なヤマメが
結構な頻度でライズを繰り返しています

この日は好天ではありましたが、時折突風のような風が吹き降ろすような感じで
水面には吹き飛ばされた木の葉やら小枝やらがフィーディングレーンに流入

混沌とした水面では虫なのかゴミなのか、判断が難しい条件ではありましたが

前記事にあげたフライは
想像以上の視認性を発揮してくれます

c0095801_09344114.jpg
頻繁にライズしていた三匹のヤマメですが
全く疑うそぶりもみせることなく、実に呆気なくフライを咥えてしまいました

ただどうしても最後の1匹だけは
どうにも騙すことは無理

フライを変えた心理戦も通用しませんでした(^◇^;)

まぁ、そんなもんでしょう

c0095801_09344598.jpg
ここでの流下は、ヴィラ裏とは少々異なるレシピ

木々が多数張り出している、こんなポイントでは
風の強い日には、ビートル類の甲虫は捕食対象になりやすい、ということが
ストマック採集からも伺い知れます

釣果はともかくとして


感動的だったのは
このマテリアルの視認性

今まで流すことに少なからず躊躇していたラフな水面でも
これだけの視認性が見込めれば積極的にフライを流し込めます


濡れてしまってもリカバリーも早く、そして確実な復元性

このマテリアルはCDCよりも優れている点は、まさにココ。
ミッジングが叩き上がりで使えてしまいますね



さらに、CDCよりも投射性に優れてる

流芯を跨いだ対岸のバンク下の巻き返しといった『猫の額』的なピンポイントに
結構な確率で入れることができました

腕が上がったような錯覚を起こしかねないぐらいです(笑)



こりゃ、早々に
ミッジフライを一から見直さなければなりませんね



by sureyamo | 2018-05-05 10:08 | under ♯20 Maniaccs | Comments(0)
2013年 01月 11日

ユスリカのフライバリエーション

c0095801_017151.jpg

フローティングピューパのパターンは
日本のミッジングステージの中でも定着した感がありますね。

それと同時に、皆の使用頻度の高くなるフライパターンというのは
案外と早く見切られる…というのもまた事実。
特に人気河川の激戦区の現場などにおいて、その傾向は顕著に現れます。

そんな時、ひとつのステージに対して切り口を替えた幾つかのパターンを準備しておかないと
八方塞がりになってしまうこともしばしば。

ドリフト技術だけでどうにか出来るものではありません。



これは、浮力と視認性の要となるCDCの代用に
獣毛を使用したフローティングミッジピューパのパターン。
もっとも、CDCなんていうマテリアルが一般的になる前は、こんなフライに頼っていたわけで、
フライパターン的には、むしろコッチの方が『先輩』にあたります。



リフレッシュに掛ける手間はCDCほどシビアさは求められませんし
耐久性に関しては段違いです。
水切れも良く投射性もあるので、ロングティペットとの相性も良好です。

そしてなにより、どんな着水インパクトの後でも
ほぼ間違いなく「吊る下がり」姿勢を保持してくれので
信頼してライズに流し込むことが出来ます。


もちろん良いことばかりなら、CDCよりも主力になるわけなんだけど
そうならないにはソレなりの欠点がある、とも言えるわけで…


●視認性が低い。
※CDCと比較して。

●タイイングが面倒
※CDCと比較して。

●浮力の持続性に難あり

といったところでしょうか。

そしてやはり『視認性』というのが最も致命的であり
CDCを超えないうちは、あくまで脇役なのですね。
c0095801_017052.jpg

使用するフックを変えるだけでも印象は大分変わります。

色々試してみると反応に差が出るかも知れません。


by sureyamo | 2013-01-11 09:19 | under ♯20 Maniaccs | Comments(8)
2011年 10月 30日

Akagi midging field

ここのとこ湖の釣りばかり“お盛ん”で、12番以下のフライを使う機会がめっきり減少。

繊細な釣りがボチボチ恋しくなってきた矢先、この人が群馬に来訪。
…とくれば、この時期に向かう先きといえばココ以外に思いつきません。
c0095801_22371868.jpg
県内屈指。ハイレベルなミッジングが要求される管釣りと言えば、赤城フィッシングフィールド。

到着早々、魚達は表層をウロウロでヤル気満々な状態。
特に流れ込み付近の群れは、旬の亀虫が大人気らしく
その手合いのフライを投げ込むと、飽きない程度に釣れてくれます。

ただ…

連れて来たオッサンすんごい勢いで爆釣しちゃってるw。
この想定外の事態(爆)に、軽いパニック状態に陥るワタシ。

フライは何を使ってるか聞いても
ノラリクラリと…全く答えない。

ゔー
このおっさん、しばらく一緒に釣りしない間に
性格変わったなっ(ぷ)
c0095801_2237321.jpg
日が高くなるにつれ、水面が俄に活気づいてきます。

さしずめユスリカタイム…キターってトコでしょうか。

ユスリカとくれば、CDCのパターンの出番が圧倒的に多いのですが
僕の場合は手返しを考えて、ハックルを使った“ミッジ”で攻めることが多いんですが

それでも手こずる場合
c0095801_6344844.jpg
コイツの出番。

我が拙ブログ、古くからの閲覧者の方なら
何のパターンかバレバレでしょうけど…?!

ふざけたフライに見えますが
誰もこんなフライなんて使わない?!のが良いのでしょうか。
c0095801_22373428.jpg

c0095801_22373711.jpg

普通のミッジは呆気なく見切る魚達も、割とギリギリまで観察してました。

狙いを付けていた魚のほとんどが悩んだ末に、最期にはパクリ…といってくれました。

c0095801_6344696.jpg
詳細につきましては、次号紙媒体にて公開予定。(爆)


ただし、この日の夕方は期待はずれ。
魚は殆ど口を使ってくれませんでした。

日中が良過ぎたのでしょうね。
自然河川(湖沼)でも良くある展開。
c0095801_22374012.jpg

ゴリさんお疲れさまでした。

赤城のミッジングもコレからが本番。
今シーズンオフも、年跨ぎで楽しみましょう。

by sureyamo | 2011-10-30 07:49 | under ♯20 Maniaccs | Comments(16)
2008年 02月 09日

リバースドフライのフッキングテスト

c0095801_17102092.jpg
フッキングテストに赤城フィッシングフィールド行ってまいりました。

普段いたるところで見受けられるハズのライズも、
夕方から雪になる…という本日は朝から尋常ではない冷え込みで、めっきり少なめです。

ただこんな雪前というのは、必ず何かが起こるもの。
事実、昼前から始まったユスリカのハッチはダラダラと…止む事も無く続けられたのでした。
最終的な羽化量にしたら、少なくとも今年一番(笑)のハッチでしょう。

鱒達の方も終始スウィッチが入りっぱなしに近い状態で、アダルトのハッチにフライがマッチしてしまうと(今回はテストのアダルトしか使いませんでしたので…)こんな風にほぼ丸呑み状態なわけです。
c0095801_17105064.jpg

これじゃあ〜フッキングのテストというよりは…耐久テスト。


それでも
c0095801_17111614.jpg

あいつも
c0095801_17113497.jpg

こいつも
c0095801_17115325.jpg


サクラ鱒も虹鱒も普通に(笑)フッキングします。
現状では普通の?フライと、何ら変わるところはありませんでした。


追記
ちなみに冒頭の写真は30センチ後半のブリッブリなサクラちゃん。
こんな魚が平然とミッジにライズしているんですから…
やっぱりハマってしまいます。

by sureyamo | 2008-02-09 17:19 | under ♯20 Maniaccs | Comments(12)
2008年 02月 06日

リバーズド・ユスリカ(番外編)

c0095801_2032011.jpg
リバーズドスタイル。
ハックリングの位置を、更にゲイプ寄りまで下げて巻いてみました。

さすがに、こんなトコロにハックルを巻いてしまうとフックポイントはかなりの確率で上を向きます。俗に、キールスタイルというヤツですよね。
水中から見た感じでは普段見慣れたピューパパターンとは、かなり違った印象になります。

実際にはお尻にティペットが結ばれるワケですから、フライのボディーは浅い角度で水面直下にぶら下がります。CDCと違ってライトパターン自体、ちょっと派手目?になりますが…それが逆に、プラスに作用する事を期待したいものです。

また今回は、フックの下巻きには明るめの「タン」をスレッドを使ってみました。
光を透過させたとき、透過部位の色合いに若干反映されるようです。

そして、さらにエスカレート。
ハックルを…思い切ってゲイプに巻いてしまいますと…
c0095801_2033832.jpg

こうなります。(笑)

魚は出るとは思うのだけれど…果たして実戦で使えるのか(フッキングする?)週末に検証してまいります。

by sureyamo | 2008-02-06 20:04 | under ♯20 Maniaccs | Comments(12)
2008年 02月 01日

リバースドミッジアダルト。

c0095801_0171772.jpg

ひょん?な事から、先日より使う羽目になった

「リバースドスタイル」のミッジアダルト。

スタンダードなドライフライに見慣れている人からみたら

このバランス感覚は違和感の塊?でありましょう。


よっほど好奇心旺盛な方でもない限り、巻く気も起きないでしょうし

ましてや使う機会なんて、まず与えられないフライなのでしょうが

何故だか今回は、妙に調子が良かったのであります。


そんな事もあって、ちょっと意識して巻いてみることに…。

普通の行程で巻いていくと、フィニッシュとなるアイ側(お尻)が

どうしたって「モッコリ」してしまいがちで、どうにも格好悪い。

今回は、そんなところを考慮して、ボディーに一切スレッドを入れずに巻いてみたのですが

どうやらこのマテリアルなら、これが正解なようで…

エロいお尻となりました。

これで、Shakira のようにお尻をクネクネしてくれれば

もう何も言う事無いのだけれど。

c0095801_733234.jpg

アダルトパターンを謳いながらも、水面下に入ってしまったらしまったで

シャックを脱ぐ前のピューパのボディーを暗示できればOK…といったところ。

ステージをスッパリ断定しない曖昧路線は

試行錯誤のマッチング・ザ・ハッチでは時として強力な味方。

by sureyamo | 2008-02-01 00:27 | under ♯20 Maniaccs | Comments(10)
2008年 01月 28日

スティルボーンとアダルトと…

c0095801_0185763.jpg
実際に鱒達の捕食の的とされた個体のひとつ。
ユスリカのアダルトの完全体です。

正常に羽化後、羽を乾かしている最中の水面で補食されたのか…それとも、飛んでいる所をパクリとやられたのかは定かではありませんが、まだ棒状の触覚や、ウイングのくすみ具合で羽化して間もないような印象。

アダルトの特徴は、こんな6本のレッグとウイング。
特にレッグはボディーとほぼ同等近い長さだから、存在感もそれなりに…。
普通のスタンダードパターンでも、こんな部位をフライに入れ込んでやることで、好反応が期待出来ることが多いように感じます。

c0095801_0191698.jpg

もう一方は、そんなレッグとウイングが絡んで溺れ死んでしまったと思われるスティルボーン。
長いレッグは、実はこんな風に格納されている!という事なのだろうけど、正常な羽化では、この長いレッグがシャックから一直線に抜け出さないとマズい。
羽と絡んでしまったのか、シャックに引っかかってしまったのかは判らないけど…この状態になってしまったら最後、正常な羽化は殆ど期待出来ない。
既に鰓から肺呼吸に切り替えられているから…上手く大気中に出られなければ、待っているのは「溺死」という名の終焉だ。

c0095801_0193136.jpg

羽化に失敗したユスリカ、またソレに成功したんだけれど最終的に捕食されてしまったユスリカ。
そして…そんな捕食者(魚)を最後まで騙し通したフライをアップ致します。

キワもの?のリバースドスタイルですが、フッキング率自体はまんざら悪くはありません。先入観なんて、つくづくいい加減なもんです。
また一度フッキングしてしまうと、ハックルが踏ん張るせいなのか?意外と外れにくいようです。

by sureyamo | 2008-01-28 00:26 | under ♯20 Maniaccs | Comments(14)