Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:and others( 121 )


2018年 11月 22日

通販サイト開設

立ち上げたばかりの当ブログの姉妹サイトも
おかげさまで順調な滑り出し

皆さま、本当にありがとうございます



と言いましても、私的に要らなくなった釣り具というのも
実はなかなかございません

いや正確には、元々そんなに持っている方でもないわけで
釣り仲間のご協力が必至

そんな中
c0095801_00004855.jpg
実はサイト内で

公私ともにお世話になっている『Flux』さんの
メーカー直販のページを追加しました



フライフィッシング業界は、皆様ご存知の通り
かつてない不況から、なかなか脱しられずにおります

特に販売店さんに置かれては、仕入れの在庫を絞り込みながら
耐え忍んでいる、というのが現状

我々釣り人としても
明日の釣りで必要な消耗品が、店頭で直接入手できない‥‥‥なんて状態が
ずっ〜と続いています

その原因の一端は
『ネットでポチッ!』の我々にもあるわけですけど(笑)


複数店舗を回って、お目当ての商品を探して回る
労力・時間・経費
を考えると

多少の送料を払ったところで、充分にお釣りは来るかもしれません
まぁ、そういう時代になってしまったのですから、それを恨んでも
仕方のないことです


それはいいとして

せっかく、自分が絡む『通販サイト』
普通にやっているのなら、そこには何の面白みも目新しさもありません

というわけで


当ブログで過去に紹介してきたり
紹介しないまでも、自分が使ってきた商品で

これはオススメ!

といったモノだけを厳選

よく見るメーカーカタログのコピペではなく、自分が使った感想や開発秘話なんかを
自分の文章表現で書き添えていきたいと考えております
c0095801_23555231.png
多分、そういうのは今までなかったんじゃないか?

と思います





もちろん、自分の本業の合間に構築していきますので

いきなりのアップは無理(^◇^;)

1日に1Pくらいの追加更新を目指していますので
皆様の寛大さに甘えさせていただきます(笑



それと

あくまで『窓口』は僕なのですが

代金のお振込と商品の発送につきましては
直接メーカーさんとのやり取りとなります


INAXが代金を『遣い込んじゃう』とか
INAXが釣りに行ってて『発送が遅れる』なんてことはありませんので
どうぞご安心ください



そしてなにより

こちらでお買い求めの商品は

料金に関わらず、全国一律

送料無料!!

そんなわけで、こちらのサイトを引き続き
宜しくお願いいたします

注)新しいドメインを取得しました



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


















by sureyamo | 2018-11-22 00:33 | and others | Comments(0)
2018年 10月 09日

お知らせ

c0095801_22001562.jpg
アクセス110万突破間近

その記念として
自分の中古釣り具やフライを販売するサイトを立ち上げました

(商品の写真はキチンと撮り直して後日追加します)
スマフォでの体裁は随時整えていきますので、今の段階ではPCからアクセスしてください


中古品の処分であれば、ヤフオクとかメルカリで良いのですが
やはり折角なら、自分と少しでも関わりのある方(ブログを見ていただいた方)に使っていただいた方が
本望だと思ったからです

やはり道具は
使ってナンボ!

出番を逸した道具たちには、これを機に新しいオーナーの元で
新たな思い出を刻んでもらいたいと思います


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


by sureyamo | 2018-10-09 22:08 | and others | Comments(0)
2018年 10月 06日

釣り具アライ

c0095801_13061092.jpg
ジグヘッドの購入に
久しぶりに高崎の『釣り具アライ』の秋元さんのところへ出向きました


あわよくば良質なマラブーでもあれば、ついでに‥‥‥なんて目論んでいたのですが

なんとマラブーがない?!

他のマテリアルはそこそこ充実しているのに
あれれ??自分の見落としかなぁ、と思い改めて探してみるも

やっぱり無い


仕方なく、目についたグリズリーマラブーを2袋だけ購入
レジで秋元さんにお話を伺ったところ

近々お店を閉められる?!
という話でビックリしてしまいました



ご本人的には、お店は早々に閉めたいらしいのですが
なかなかそうもいかず、来年のシーズン明けくらいを目処にお考えのようです

詳しい理由はともかくとして
(聞いたけど書きません)
また一店、群馬の老舗釣り道具屋さんがなくなってしまうわけですね(-。-;




現在は在庫処分のセール中で
フライ商品に関しては店頭に並べきれず、倉庫にかなり眠ってるものがあるそうで
(プロショップ・アライ時代)
秋元さん的には、ここら辺をなんとか処分したいらしいです


どんなものが眠っているかは判りませんが
気になる方は一度訪ねてみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


by sureyamo | 2018-10-06 13:25 | and others | Comments(0)
2018年 09月 29日

シュートを見直す

このことは誰にも話していませんでしたが(笑)
実は最近、シュートの壁にぶつかっておりました


悩み的には

飛距離とラインの飛行姿勢

が気に入らない(笑)


たまたま『うまく行く(納得のいく)』ときもあったりはするのですが
失敗しちゃうシュートというのも結構多いのです


密かに投げ方を変えてみたりと、試行錯誤を繰り返し
ここ数回の釣行で『あることを意識』するようにしてからは
『失敗シュート』が大分減るようになってきました

今回はそのお話


c0095801_21263464.jpg
以前、天然釣人さんのブログから乗せていただいた画像を無断で拝借いたします(笑)





最近の湖では
アンダーハンド的なキャスティングをされる方を多く見かけるようになりました

非常にコンパクトで玄人好みの投げ方ではありますが‥‥
思ったほど飛距離が出ていないのかな?という方も多く見受けられます
c0095801_21444092.png
正式なアンダーハンドキャストのことはわかりませんので
あくまでアンダーハンド的としての話なのですが

ここでは

『上手とプッシュ』と『引き手(アンダーハンド)のプル』な操作で
グリップのどこかを支点とし、そこを中心にした円運動のキャスティングのこと全般と解釈してください

上手はグリップの中間付近で保持し
感覚的には『スナップを効かせた』ような振り方になるかと思います

この振り方の場合、専用アクション以外のロッドでは必要以上にティップ曲がってしまい
ループの推進力が上下方向に分散してしまうオープンループになりがちです
それでも勢いがあれば良いのですが、スナップ程度の反発力では生まれたパワーでは
たかが知れています

20m前後の釣りであれば問題もないのですが
いざ30m以上を飛ばそうとすると、ループ展開が先端に行くほどパワーが失われ

パワー不足ならループの展開未遂
オーバーパワーなら暴走テーリングループ

といったところでしょう


c0095801_22275140.png
こんなことは、今更僕(ごときの)の口から言うことでもないのですが

距離を稼ぐシュートは、月並みですが

『ティップを円運動させないこと』

結局はこれに尽きます

まぁ言うのは簡単ですけど(笑)


もう少し別の言い方をすれば

『支点を下げる』


支点がある以上、大なり小なりティップは円運動になるわけですが
支点が下がればティップの高低差も少なくなります

またそういった振り方をすることで初めて
ロッドのバットセクションが曲げられるようになります

自分が注意しているのは
下手は上手の動きに追従(並行)させること

キャストアウト後、上手と下手は突き出した状態になるはずです




更に言えば

ロッドの水平(できるだけ)移動区間で

しっかりフルパワーを掛ける!
やっぱり最後は腕力(爆)

飛距離は伸ばすのにはループの初速を上げることが
一番手っ取り早いです





また、上手も下手も
ロッドを保持するのは指三本だけです

シュート時の入力は親指と人差し指の腹に当てる程度で
いずれにせよ握り込んだりはしません

これは意識して『そうしている』のではなく

指三本で充分事足りる

からです






そして最後ですが

ロッドは縦に振らない

スリークォーター気味に、ループはやや斜め方向で展開させます
今の所これを意識するだけでループの飛行姿勢は不思議と

安定しています


飛距離に関しては‥‥‥まだまだですけど(笑

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


by sureyamo | 2018-09-29 23:39 | and others | Comments(0)
2018年 07月 23日

柿崎のキス釣りと新型ジムニー

c0095801_21405548.jpg
前日の夜11時30分に埼玉の自宅を出発!

真夜中の下道をノンストップで走ること約4時間
直江津にある『本間釣具フィッシャーズ上越店』に、朝三時半に到着しました

こんな時間から営業しているなんて、とてもありがたい釣具屋さん
こんな時間でも駐車場は満車のこともあるみたいです




ここで本日の釣りの同行者でもある『店長』さんと合流
今日の店長は、巷で噂の『新型ジムニー』のテストドライブを兼ねての参戦

すでに外装カスタムまで施してあるので、当然注目度は満点!

c0095801_21405955.jpg
まず手始めに『黒井新堤』にサーフに一番乗り

隣にそびえ立つ火力発電所が、妙な威圧感の釣り場ですが
この界隈のキス釣りのメッカのようです


仕掛けを投入直後から、小気味良く竿先を『ブルブル』震わせたのは
本命のシロギスなのですが

なんとも小振り
c0095801_21410321.jpg
隣の店長も、同様のサイズを釣り上げます

その後も『あたり』はあるものの、なかなか型は上がりません
周囲の釣り人の様子をみても、あまり芳しくはなさそうです


ここで場所替えを決断!
前回のポイントでもある、柿崎周辺で仕切り直しを決め込みます
c0095801_21410755.jpg
新型を追っかけて北上!

前回同様の柿崎は、ほとんど貸切状態でした。
午前中まで目一杯釣りを楽しんで、二人揃って『まぁまぁ』の釣果


あまりに釣りに夢中のために
肝心の釣りをしている写真がなかった∑(゚Д゚)のはご勘弁
(笑)


まぁとにかく、今回は
仕掛けやら釣り方やら、色々と勉強になりました

新しい釣りを習得していく過程で
次々出てくる新たな発見と課題!
釣りはなんでも楽しいですね


なんとか次に繋げたい(次はいつなのか不明)ところです

c0095801_13453802.jpg

実はこの車は、店長のお店の試乗車

納車?された時も、ちょうど自分もお店にいて
その時は何も感じなかったのですが

こうして真夏の青空の下で見る『ブルー』の車体も

なかなか映える!


タイヤ&ホイールとキャリア、ロッドホルダーにナビといったところに
すでに手が入っています

僕は(部外者としては)一番最初に試乗させてもらったのですが

大概の軽自動車が持っている『ペラペラ』『フラフラ』といった感じが無く
直線を走っただけでも、なんとなく剛性があがった雰囲気は感じ取れます

さらにそこからステアリングを切ることで
感じていた高剛性感がハッキリとした『確信』へと変わります

車窓からの風景はスクエアに切り取られ、ルーフも低いことも相まって
ともすると狭く感じてしまうような空間も
自分にとっては心地よい『手狭感』
(私的に、もともと運転に集中できる狭い車が好きなだけですが)



ただし、全てが全て、既存のJB23を超えて『あっぱれ!!』
‥‥とまでは行きません



それはやはりエンジン

効率化を求めた結果なのか
万人受けの無難な味付けに感じます


従来のジムニーに潜在的に存在していた

『乗ってて楽しい』とか『ワクワクする』『走りたくなる』

なんていうか

『機械を操作している』という感じ

がなくなってしまいました






また店長の話によると
『クルーズコントローラで時速100km設定時の燃費がリッター10km』
とのこと

まずこれを『良い』と見るか『悪い』と見るか

もともと軽自動車の中でも重量級のジムニーです
新型のジムニーから軽自動車に参入してくるユーザーにとっては
この燃費は、多分『悪い』と判断を下されてしまうかも知れません
(いちいち燃費なんてどうでもいいくらいに魅力的な車であることの方が大事なんですけどね)

所詮は小排気量の車、高速巡航向きではないところに持ってきて
大気に喧嘩を売っているような(笑)真四角なボディを考慮すれば
個人的には『妥当な数値』に感じます




総評して新型は良いですし
この車なら、正直一台追加で欲しいくらい


そう、これはもう

ジムニーという名の別の車

なのでは
c0095801_21411016.jpg
JA71(昔、代車で乗っていた)→JA11→JA12c→JB23

と乗ってきた感想としては、ジムニーはモデルチェンジのごとに
『トラック』から『乗用車』への進化を肌で感じてきました

そんな視点で、改めて今回の新型を見てみると

やはりJB23まではトラックだったのかな?

と思えるほどの出来栄えであり

ジムニーとしては正常進化として
これは素直に受け入れるべきだと思います
(好き嫌いは別として)


まぁこれで
僕のJB23も、めでたく型遅れの仲間入りとなったわけですが(笑)

なんだか逆に
ヤンチャなJB23が、ますます好きになってしまった(ぷっ)


新型が出たからといって、JB23の相場が急降下する‥‥とも思えないので
(良質のノーマルJB23車が下取り等で出回るとは思います)

JB23乗りの方は自分も含め、これからも大事に乗り続けていきましょう





まぁ、そんな感じで
帰りもノンストップで下道使って戻ってきました

半分フラフラになりながら

鱗と頭を落として、内臓も処理
c0095801_21411209.jpg
c0095801_21411484.jpg
そして、27匹分の『背開き』まで処理しました

骨の処理に失敗して、ごっそりと半身が取れてしまったのが1匹出てしまいましたが
あとは概ね良好でした

もっと釣ってくる気でいましたが、後処理を考えると
今回ぐらいの量が限界かもしれません。







by sureyamo | 2018-07-23 23:10 | and others | Comments(2)
2018年 07月 17日

海の日の海つり

c0095801_06262533.jpg
『海の日』なんて、今まではほとんど無縁だったわけですが
今回は家族への慰労?を兼ね、上越市に一泊してきました


『海の日』の1日前に柏崎で海水浴
翌日は柿崎でサーフから、久しぶりのキス釣りに挑戦!というスケジュールです


海水浴の記事は割愛するとして(笑)
釣りの方は、いつもお世話になっている店長さん御一行とスケジュールを調整し
ご一緒させていただきました



それにしても
キス釣りなんて軽く40年ぶり(笑)くらいなんですが、大丈夫でしょうか?


事前に再調査した仕掛けは、以前とさほど代わり映えしないものでしたが
投げ釣り用『錘』は、いろんなタイプが出ていますね

もちろん昔ながらのジェット天秤も準備してきました


ただ、用意した竿が柔らかすぎで
購入したジェット錘の重さが合わず、結局はあまり出番はありませんでした

c0095801_06262759.jpg
青空をバックに穂先にだけに意識を集中する釣り

なんて平和なのでありましょう




時合いに当たれば、仕掛け放置でも勝手に食ってきますし
効率よく尾数を稼ぐことができます

アタリも穂先に明確に現れるので、コレはコレでなかなか楽しい


ただ問題は時合いを外した場合には
放置では効率が悪いようです

地元?(常連)の方の釣り方を見ていると
超スローのリーリングで釣っているようです

今回は、昔購入した安物リールの調子がイマイチ良くないので
ロッドをゆっくりと煽りつつ、余ったラインだけリールで巻き取るような釣り方でしたが
それでも十分に対応できました
c0095801_06262937.jpg
ただし釣れるのは1匹つづですけどね

放置と違って針を飲まれることはありませんが
『あたり』の割に乗らないことも多々あります

ここら辺の駆け引きも、ひとつの楽しみとすれば
それもまた良し!

c0095801_06262180.jpg
こういう釣りは、まだまだ早い二人のチビらは
早々に戦線離脱(‥‥というか邪魔)

店長さんらが早上がりされ、ウチらもそろそろ上がろうか、という時に
隣で釣られていた釣り人との仕掛けがお祭り

絡んだ仕掛けを解いてあげていたら、なんと6本ばり!
効率は良さげだけど、なんだかトラブルも多そうかなぁ

まぁ、勉強になりました(笑)

午後の早い時間にはウチらも撤収
下道4時間強をかけて、自宅埼玉に戻ってきました



そのまま夕食の支度を開始
生まれて初めて『キスの背開き』に挑戦!

c0095801_06263116.jpg
切れない包丁でしたが、なんとかソレっぽい形にはなりました(笑)
もちろん天ぷらにして、美味しく頂戴いたしました

やはり釣りたてが一番ですね



次に機会があるとすれば
もっとライトタックルで楽しめる仕掛けを考えてみようかしら





by sureyamo | 2018-07-17 07:22 | and others | Comments(0)
2018年 01月 19日

カメラのお話


c0095801_11120250.jpg
コレは仕事の関係なのですが
結構まとまった点数の写真撮影(ブツ撮り)が決まりました
(後日、皆さんの目に留まるものになると思います)



そろそろ仕事用にキチンとした(自分用の)一眼の購入を迫られる時がきた‥‥という訳で
昨日は某家電屋さんで、目ぼしい機種のパンフレットだけ頂戴してきましたが
正直、どれも一緒ですね(笑)


カメラオタクさんから言わせれば

『全然違う』

‥‥と、怒られちゃうそうですけど
僕レベルでは、その差は全く分かりません









実はあまり知られてはいないのですが(笑)‥‥かくいう私も

一時、名刺に

カメラマン

の肩書があった時期がございました

しかし、コレもあまり知られてはいないのですが(爆)

実は撮影自体、かなり

苦手

単に仕事として割り切っているだけなんです!

当然最初は、やりたくなくて逃げて回っていたのですが
仕事となると、そうも言っていられず


結局

誰に教わるでもなく、半ば独学に近い感じで
弄って撮って、失敗を繰り返しながら覚えて行くことになるわけですが

よくよく思い返すと
コレは自分のフライフィッシングと通じるところがあるんですね


で、なんでカメラが苦手なのか
(筐体自体は好きですが)

きちんと理由があるのです
c0095801_11315799.jpg
その原因は、何を隠そう

父親です


ウチは、父も祖父も代々がカメラ好き

祖父のお葬式の時、遺品を整理していたら
兵役時代に撮影されたであろう朝鮮だか何処かで撮られた
現地女性の写真がズラズラと出てきて、一同で唖然としたものです
(祖父は戦時下、現地での治安維持が任務だったらしいです)

父も自室に現像室を作るほどのめり込んでいました



今でも覚えている出来事があります
c0095801_11423193.jpg
それは、このカメラ(通称:バケペン)

コレを買いに『ヨドバシカメラ』と『さくらや』に付き合わされ

その足で上野動物園に連行!
見たくもない『パンダ』の撮影に付き合わされ

挙句『調子が悪くなった』そのカメラの修理に、再びカメラやへ‥‥(^_^;)



時代は高度経済成長末期

田舎のクソガキが

大混雑の都心で、一日中人並みに揉まれていたら

カメラと一緒に山手線まで大嫌いになりますよ

c0095801_11515689.jpg
そのカメラが
コレから仕事で使うカメラを検討中の手元にあるわけです
実に因果なものです



このカメラに使うフィルムは、俗にブローニ判って呼ばれていたもので
普段見慣れた35㎜のフィルムより一回り大きいタイプ
コレは6×7(ろくなな)判

普通の35ミリの他に、自分が通常仕事で使っていたのは、
コレより、もう一回り大きな『6×9(ろくきゅう)』判
ホースマンER-1でした



商品撮影の基本は『パンフォーカス』と考えますので
使用するフィルムの感度は、毎回ASA30か50
(感度が高くなるほど撮影しやすくなる反面、粒子が粗くなると聞いていたので)

コレを最大絞りf45:シャッタースピードは基本『開放』

ライティングで、だいたい60〜3000secという場面が多かった気がします


当時撮影したポジは流石に残ってないものの
印刷物のデータは残っていました
c0095801_13004045.jpg
当時、TRUTTAさんからのご依頼で作らせていただいた
雑誌広告に使われているロッドとリールの写真なども

その手の手間を掛けて撮ったものです

画像だとわかりにくのですが、ロッドエンド〜インスクリプション‥‥そして、その先まで
全てにピンが来ています

長時間に及ぶ照明の熱で、汗だくでの撮影でした


ちなみに当時からフォトショップは使用しておりましたが
映り込み等の修正も全体の1%以下に抑えた、極力

無修正

を目指していました



シャッター1回の重さは
今のデジカメとは比較にならない時代

あの頃は『良かった』とは思いませんが

まぁ、それはそれで貴重な経験だったと思います


by sureyamo | 2018-01-19 13:29 | and others | Comments(0)
2018年 01月 14日

荒雄川C&R区間


昨年に引き続き、今季も荒雄川の釣り場案内マップ製作の
お仕事を頂戴いたしました

昨年の状況をご存じない方にはわからないお話だとは思いますが
今シーズンはルアー、フライ、テンカラ釣り専用の
C&R区間が延長されました

c0095801_13343317.png
c0095801_13343012.png
『C&R』という言葉も、今ではすっかり根付いた感があります

今住んでいるところからは
そうそう気軽に訪れることができる釣り場でもありませんが

何とか時間を作って、釣ってみたい流れですね


ちなみに、鳴子漁協さんからは
今シーズンの『日釣り鑑札』のご注文を、オリジナルタイプで注文を頂戴いたしました

ありがたいことです




by sureyamo | 2018-01-14 13:18 | and others | Comments(0)
2018年 01月 04日

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します

何だか今年も

お掃除していたら
いつの間にか年があけてしまった感がございます

全然進歩がありませんね

そんな中、1日ぐらいは家族サービスでもしないと‥‥


てなわけで

猿ヶ京温泉に行ってまいりました

当然、日帰りですけどね

c0095801_09584681.jpg

実は密かにお気に入りの日帰り温泉

まんてん星の湯


こっち方面に来る際には、必ず寄ってしまう日帰り温泉施設で
もう結構、長くやっていますね

何かが特別に良いっていうこともないのですが
強いて言えば全体的に小綺麗なことと

延々と浸かっていられる露天風呂ってところでしょうか
c0095801_13262944.jpg

まぁ、滞在中もワンワンと降り積もる雪で 露天風呂は風情を通り越して
寒くて痛いくらいではありましたが

子供は大喜びでしたので
まぁ、これはこれで良かったかな


一昨年も去年も、仕事を追い掛けてばかりでしたし
おそらく今年もそうなるんだとは思いますが

釣りの方もしっかり再開したいと思いますので
よろしくお願い致します。




by sureyamo | 2018-01-04 10:42 | and others | Comments(0)
2017年 12月 08日

ライセンス

c0095801_20443488.jpg
大先輩のフライマンの方から
とっても懐かしい昔の日釣り鑑札が出てきたというので
その画像データを送って頂きました

日光湯川の日釣り鑑札




昭和55年

‥‥と言うと、当時僕は15才

フライフィッシングを初めて2年目くらいでしょうか
すでに渡良瀬川ではフライを振っていましたが
ヤマメなんて早々に釣れるはずもなく

部活が終わった後に
ウグイとオイカワばかり釣っていました



当時から『日光湯川』はフライマンの聖地として
雑誌等には度々取り上げられていました。

今でこそ、準地元と言っても良いくらい
身近なフィールドではありますが

免許もバイクもない中学生が
おいそれとは簡単にいける釣り場ではありません
(当時は友達同士、電車で隣町の足利に行っただけで、それがバレて職員室に呼ばれるくらい厳しかった?)

それがかなったのは、それから三年後の高校二年生になってからです

その時の記憶も、この釣り券を見たら思い出したほどですから
デザインは、ほとんど変わってなかったと思います

c0095801_20443262.jpg
そう言う意味では『丸沼』って、紙質が変わったくらいで
デザインは今もほとんど変わってませんね

雨に弱いのは今も昔も一緒のようですが(笑)




c0095801_20443018.jpg
中禅寺湖の日釣り券

これは見覚えある方も多いのではないでしょうか?

釣り券を魚型にする

こうした遊び心は、今よりも昔の方が遥かにあったようですね

僕も今ではこうした『日釣り鑑札』のデザインおよび製作が
生業の一つになりつつあるわけですが

魚型の日釣り鑑札は、これのリスペクトであることは言うまでもありません
ただコレも、雨の日には気づくと大概

無くなっていたり

はたまた、誰かの鑑札が波間に漂っていたりしたものです


c0095801_20442512.jpg
そしてやはり、自分の中では一番衝撃的だったのは
コレです

特別解禁限定

実はコレ自体シールになっていて
車やロッドケースに貼ることで『中禅寺通?』をアピールできる
貴重なアイテムでありました

もう、当時はコレ欲しさのために中禅寺湖に行ってもいいくらいな(笑)勢いでした


こうした歴代の日釣り鑑札の数々を見ていますと


今の時代にスタンダードな荷札による
遊び心のない『購入証明』的な日釣り鑑札って

保存しておく気にならないほど

つまらなよなぁ〜

と思ってしまいます




個人的には
どういう形でも、こうして記念に『とっておく』気になれるような日釣り鑑札が作れたら
最高に嬉しいものです








by sureyamo | 2017-12-08 21:54 | and others | Comments(0)