Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:fly pattern( 38 )


2019年 02月 19日

マイクロニンフの概念

c0095801_19510675.jpg
ドライフライの釣りの時は、割と細かい所にまでこだわる割に
ことニンフィングとなると、フライも仕掛けも大雑把になる‥‥という方は割と多いです
(はい!かつての自分の事ですが何か?)

ですが、もうチョットだけ慎重、そして真剣に考えることで

この釣りは更に釣れるようになる

ということを、お伝えしておこうと思います





そんなニンフィングでも、自分が思う所の最強のニンフといえば、これ

マイクロニンフ

c0095801_19510710.jpg
写真はTMC100の♯26


もし仮に、自分が渓流魚だったなら
多分一番『やってもらいたくない』釣り方とでも言いしょーか‥‥‥


その効果は絶大であり
目的の渓流魚のみならず、流れに同居するウグイ達もろとも
容赦無く釣れてしまう



このフライを流した後はぺんぺん草も生えない
いやいや
水中にぺんぺん草は、そもそも植生しておりませんけど‥‥
要するに、そういうレベルのフライということです




僕の推奨するところの『マイクロニンフ』とは

ただ単に

サイズが小さい

ということと

基本的にノーウェイト

であると言うこと以外
普通のルースニングに使用するニンフと何ら変わるところはありません


もちろん、使用するフライが小さいのでティペットは必然的に9X、ないしはそれ以下になりますし
そうなった場合に多発するトラブルに関しては、甘んじて受け入れなければならないわけですが

その対価は推して知るべし



小さいフライに対する先入観として
アピール力不足を懸念する方も多いと思いますけど
そう思っているのは釣り人だけです

サイズの大小に関わらず
フライ自体、かなり『目立つ存在』であると僕は解釈しています

そもそも魚達というのは
色々なものが流れてくる水中にあって
餌となる水生昆虫(基本的に保護色)だけ選別し、捕食する能力を兼ね備えているわけで
魚がフライを見逃すことの方が可能性として少ない気がしています







少なからず一つのポイントで、複数の魚を釣りたいと考えた場合
釣りの鉄則としては

ローインパクト!!


そういう意味もあって
僕の使う『マイクロニンフ』は、かな〜〜り地味です



このマイクロニンフィングの戦略については
実は今期の課題の一つでもあります


こんな『ちぃ〜せぇ〜』ニンフで何が出来るのか?
今年の群馬の解禁から、改めて実釣で検証していきますので
(変態さんは)ご期待下さい



by sureyamo | 2019-02-19 16:21 | fly pattern | Comments(0)
2019年 02月 16日

マイクロニンフの魔力

上野村の冬季ニジマス釣り場も残すところ明日まで(今日は16日)となりました

今回は
クロカワゲラのライズでキッチリと結果を出す

というお題目を己に課して
久々の本気モード(だから今回、写真はありません)で臨んできました

10時スタート
目標のライズ縛りで『ツ抜け』達成には、2時間以上かかってしまったものの
魚たちは全て納得のいく『出方』をしてくれたのでした


午後はポイントを変え
川底に身を寄せ合う魚達を相手にルースニングを敢行

そこはやはり、連日攻められているだけあって
ニンフといえど、これがなかなかに渋い!


こんな時の救世主となるのが

マイクロニンフ

通常ニンフとなると、サイズは♯12〜14前後
人によっては♯8〜10は普通に結ぶとは思います

自分の場合も御多分に洩れず、その流れに従ったわけです
まぁ、釣れるには釣れるものの

やはり反応は芳しくありません



そこでINAXとしては
普通に♯22〜26サイズのニンフを結ぶ!



すると、ここからお約束的な

確変モード突入!!

さらなる追加分23匹は、あっけなく達成してしまいました
(ちなみにこのポイントは、午前中だけで20匹ほど釣られた後だったとのこと)


薄々判ってはいたものの(笑)改めて

恐るべしマイクロニンフ

なのでした!


追記

この釣れ方はヤバイので(爆)詳細につきましては
差し控えさせていただきます
悪しからず


とか言っちゃって、そのうちシレっと取り上げますので(ぷっ
お待ちください



by sureyamo | 2019-02-16 18:53 | fly pattern | Comments(0)
2018年 11月 17日

Rip fly

c0095801_08093723.jpg
『フライを泳がせる』には様々な手法があるわけですが

もっとも一般的かつ確実な方法の一つとして

リップ付きのフライ

というのがあります



フライキャスティングの場合
キャスティング時におけるフライの空気抵抗(それに伴う様々な弊害)というのは
案外と馬鹿にならなかったりするのですが

近年のシューティングスペイの普及により
今までオーバーヘッドでは投げられなかった(投げにくかった)重量級のフライや
高抵抗のフライが、最小限のリスクで投げられるようになってからは
現場で普通に使えるように来ました


私的には『マジックヘッド』を使用したリップフライは
使い始めて、ほぼ一年過ぎたわけですが

効果はあったか?

という問いかけには、はっきり

『ある』


と言っても良いというレベルまでの信頼度は(私的に)得ています






今回は神奈川の古い釣り仲間の一人

細川氏の考案したリップフライを、軽くご紹介します
c0095801_08093334.jpg
元々のターゲットは(おそらく)塩系であると思われるのですが
淡水でも問題なく使えるスペックであります

まず特徴なのは、独自のリップ形状

材質の詳細は本人を問いただしてみないことには(笑)わかりませんが
なかなかにユニーク




ダンベルアイの重心と形状からして

このまま着底させても、
このキール状態を保持してくれるのは間違いないでしょう


実際の遊泳動画を拝見しました


マジックヘッドの場合
ある程度、高速リトリーブでないとウォッブリングしませんし
また、その動き自体は『控えめ』だったりするのですが


ここまでしっかりしたリップ形状では
振り幅の大きい、派手目なウォッブリングアクションを見せてくれます
c0095801_08093569.jpg
まぁ、このアクションが派手なら良いのか?というと
断じてそんなことばかりではなく

派手な動きは即効性があるものの『すぐに飽きられる』
という側面も持ち合わせていますから

うまく使い分けることが大事でしょうね



ただ難点があるとすれば

作るのに手間がかかりそう

って所でしょうか?(笑)


とにかく、丸沼最終戦にも持ち込んでテストしてこようと思います。


適時更新中
一部商品値引きしました。
こちらもチェックお願いいたします

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


by sureyamo | 2018-11-17 08:47 | fly pattern | Comments(0)
2018年 10月 03日

ズル引きリーチ

c0095801_06260546.jpg
ボトム攻略用のリーチパターン

バスタブでテストして、その後実釣でも使用しました


フックのクランク部にウェイトを集中させることが
ボトムでキール姿勢を保つためのキモですが
着底部をフラットにして、さらに『座り』を良くしていることが
ルアー用のフェザージグとの違いになります
(あと、軽さも)

これはマラブーだけを巻いたリーチですが
他のマテリアルでも問題はないでしょうね


使用するフライラインに関しては

水深3m前後のシャローであればフローティングライン+シンキングポリリーダー
それ以上の深場ではインターミディエイト

これは現在テスト中ですから、今後変更の可能性は大です


今まで使用したフライの中で、もっとも根掛かりしにくいので
デッドスローでもリトリーブに集中できますから
湖底の形状や障害物を把握するのにも向いています


ボトムの釣りはリトリーブに時間が掛かるため
キャスティングの回数が減ります

正直、性に合った釣り方ではない(爆)んですが
魚側に合わせることも大事です


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


by sureyamo | 2018-10-03 06:46 | fly pattern | Comments(0)
2018年 09月 24日

フェザーライトフェザージグ

フェザージグ

ズバリ言ってしまうと、これがボトムランナーの正体




フェザージグそのモノが
そもそも『ルアータックルで投げるフライ』みたいなもの

よく釣れて当たり前なところに持ってきて
再びフライで投げられるよう、カスタマイズして軽量化したパターン

つまり

滅茶苦茶フロントヘビーなマラブーリーチ

というのが“ズル引きリーチ”のカラクリだったのでした




一番のキモとなるのは、当然

ジグヘッド!

c0095801_22310414.jpg
ジグヘッドといえばワームをセットする鉛付きフックのことですが
アジやメバル用に1g以下の小型のジグヘッドが多数出回っているので、これらを流用します


このジグヘッドは自重で投げるわけではないので
選択肢は1g以下からのチョイス




探してみると
各メーカーからたくさん出ていて、正直かなり迷います

最初は総合釣具店で現物を確認しながら物色していたのですが
全ての種類が店頭在庫で置いてあるわけではないですから
最終的にはWEBで探したらマウスでポチ!



で、揃えた銘柄は以下の通り

c0095801_22292411.jpg
まず最初に
現時点でフライにはオススメ出来ないフックから‥‥‥(笑)


『Diamond Head』

このフックはバナジウム合金鋼『110carbon』使用がウリなのですが
根掛かり(※残念ながら湖底の形状により根掛かり率は0%はありません)した際に曲がりやすく
限界を超えると(かなり低次元で)あっさり折れます



また
『サブマリンヘッド』
c0095801_22303135.jpg
このフック形状は
掛かった際に一気に抜き上げるような、上方向の釣りには良いのですが
引っ張りっこのやり取り(横方向)では、多分相当にバラしやすいことが予想されます




『小悪魔』

に関してはワイヤーが細すぎ


これに限らず、元々の対象魚が小型アジやメバル用の
細軸・ワイドゲープのジグヘッドについては
最後まで不安材料が残ります

これら以外のフックに関しては、まぁソコソコに使用可能と思われます




ボトムを引きずり回すことが目的なので
ヘッドの部分の着底部分のみ、リューターでフラットに削ります

鉛の形状にもよるけど、ここでおおよそ0.1gぐらいの減量かな
削り過ぎると鉛が外れちゃうので注意
c0095801_22295805.jpg
この形状は、ボトムに完全に着底させる場合はもとより
通常の泳がせでも、安定したキール姿勢を保持するのが特徴です


これはユーチューブ等で、すでに沢山の動画の中で紹介されています
百聞は一見にしかずで、見れば納得でしょう

c0095801_22304567.jpg
(マラブーをボディに使用した場合)マラブーの抵抗(浮力)により
フックが逆立ちします

これが結果として、激しい上下動を生むことになるのですが
激しい動きは、結局『マスを早くスラせる』ことにもなりますからね

ランガンならまだしも、粘着気味な(笑)フライフィッシングでは
動きは地味に抑えた方がポイントを長く攻めれます

ということで

ヘッドの部分の下部をフラットに削り、さらにはシャンク後半・ベントの起点にウェイトも仕込むことで
極力『水平移動』を意識したバランスにしています


根掛りが怖くて、今一歩踏み込めないボトム攻略法の一つとしては
このフックはかなりの可能性を秘めています

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


by sureyamo | 2018-09-24 23:02 | fly pattern | Comments(0)
2018年 09月 08日

新兵器

 先日、店長との丸沼攻略談義の中で‥‥‥

『アレ』使ってみたらいいんじゃないか?

とのヒントを頂戴し、早速釣具屋さんに出向いて『例のブツ』を購入。
 
バイスの前で、あーでもない、こーでもないと試行錯誤した結果
一本の試作フライが完成

早速バスタブに水を張ってのスイミングテストを繰り返し
ようやく完成まで漕ぎ着けました

その名も
『ボトムランナー』

またの名を

『ズル引きリーチ(^_^;)』





何だかヤバくないですか?これ(笑)


重量は0.3g前後に抑えたので、フライとして飛ばすのに問題ありません
(通常自分の使用するマラブーは0.2〜0.4gですので)


このフライの一番の特徴は

沈下中は勿論のこと、完全に着底した状態であっても
フックはキール状態で保持される、ということです

通常のキールフックの場合には着底と同時に横倒しになるため
ポイントが湖底に接触
根掛かりのリスクを無くすことは不可能なのですが
(それを回避するには、的確なカウントダウンで底スレスレを引いてくるしかない)

このフライは、仮に湖底に傾斜がついていたとしてもフックが倒れてポイントが底を拾うことはマズありません

また、フックは常にキールをキープした状態なので
上方から底のベイトを啄むように捕食するトラウトにとって、真っ先に触れる部分がフックポイントになります
ショートバイトの対策にもなりそうです


実際には、数十メートル沖合の湖底に沈ませるフライですから、動画のように細かなアクションというのは無理だとは思いますが
スローなズル引きでも、これだけ動くフライ(安心してリトリーブできるフライ)も、そうはないでしょう
因みにマテリアルはマラブーしか使ってません


湖に立ち込んでいると、足元で右往左往するベイトの
まさに、そんな動きが演出できそうです


フライカラーとしては湖底と同色のカモフラージュカラーを準備したので
次回の丸沼でテストしてみたいと思います

今現在で、もっとも懸念されている問題は
こんなフライ、短気な自分にリトリーブできるのか?というトコロでしょうか。

まぁ、そんなところも含めて
乞うご期待


by sureyamo | 2018-09-08 21:44 | fly pattern | Comments(0)
2016年 11月 21日

マジックヘッド


この手のフライは好き嫌いがハッキリ
別れるかもしれませんね

c0095801_18462356.jpg
フライにリップなんて付けたら、その時点で

ルアーだろ!


ここら辺はいろんなご意見があると思います

どこまでがダメで、どこまでが許されるのか

この場で白黒つける気は毛頭ございません



使いたければ使えばいいし
生理的に受け付けないのであれば、使わなければ良いだけです
c0095801_18463233.jpg
この手のフライは個人的に

全然アリ!

★皆さんに使われると、逆に困ります(爆)★





マジックヘッドは誰でも簡単にタイイングできます
フィニッシュでアイを潰さない(潰せない)分、タイイングも楽!

肝心の動きはデォルトのままだと意外に控えめなウォッブリングアクション

激しいアクションは即効性はあるものの、すぐに見限られてしまう恐れがありますから
それを考慮すると丁度いい感じだと思います

泳ぎ(逃げ)疲れたベイトっぽいと言えば、見えなくもないし‥‥


噂では(笑)リップをカットすると激しく動かせることもできるらしいです
(自分は勿体無くてカットしたことがないのですが)

そこらへんはフライならではの芸当!




マジックヘッド自体は輸入されて久しい商品ですが
先入観のせいで?あんまり売れなかったのでしょうかね
店頭在庫から消えつつあります


こういうフライは、フライボックスに何本か忍ばせておいて
フライローテーションの1本に組み込むことで
戦略の幅を広げることができます


オーバーヘッドだとキャスティングは大変ですけど
シューティングスペイのように、一旦フライを水面に置くようなキャスティングが主流になってから
この手のフライは他のフライと同様、実践で普通に使えるようになりました

もし嫌でなかったら、お試しあれ‥‥いや
無理に試さなくてもいいです(ぷっ)



by sureyamo | 2016-11-21 19:36 | fly pattern | Comments(2)
2016年 08月 21日

ロックガードマラブー

確か、2007年11月の記事で既出ですが
ここにきて再登場(笑)

ただ今回は、ウィードガードマテリアルとして‥‥です

前回の記事で『カジキでも釣りに行かない限り、一生掛かっても使い切れない』宣言をしておりましたが

あの記事から10年近く
案の定、当時のまま(爆)


それにしても

7〜80年代を彷彿させる(‥‥というか、まんまリアル)
パッケージデザインはカッコ良過ぎでしょう(笑)

c0095801_07222072.jpg
ウィードガードと言っても
今回は丸沼スリットのエッジを通過させる時の根掛かり対策だから
ウィードではないんですけどね



とにかく、このデッドゾーンにおいては、フライの生還率が非常に低いので
フッキング率が落ちるのは承知の上で‥‥ついにガードの取り付けに踏み切りました

実はフライにガードなんて付けるのは
僕のフライ人生でも初挑戦(笑)




こうした根掛かり対策の候補としては

一つはフライのキール化が有効ですよね

それだけでも根掛かり率を飛躍的に下げることが出来るのですが
完全に着底し、フライが横倒しになってしまった状態ですと
どーしたって根掛かりの可能性が出てきてしまいます



ということで
今回はしっかりガードを付けてみることにしました


実際に調べてみると
ガードには、いろんなパターンがあります

そんな中から幾つか作ってみたのですが
今回は、このスタイルで試してみようと思います
c0095801_07222554.jpg
ここで装着するガードに、先のハードナイロンを使用しています

私感ですけど、フライのサイズ的にはワンランク細い14lbくらいの方が良さそうですけどね



このスタイルのキーは

ポイントとガードが離れている

ということと

自立ができる
(どう転がってもポイントがどこにも触れなければ良いので、別に自立にこだわる必要はないです)

ということです


急稜なカケ上がりの角などにフライの接触が余儀なくされたり‥‥とか

カウントダウンのし過ぎ?
(シュート後のライントラブルで、リトリーブが直ぐに開始できない状況)
による、湖底にズル引きを強いられる場合にも効果を発揮することでしょう

それともう一つ



このスタイルは、ガードの後付けが出来るのです

他のガード類は、タイイングの初期段階でタイイングレシピに盛り込まれているのが殆どです

つまり

正規のタイイングを行う上ではとても邪魔

そんな面倒なことはしたくないのも、このスタイルにした理由です

タイイングの最終工程であるヘッドの巻き上げを
通常より2〜3mm手前(ゲイプ側)で終わらせて、ガード装着分の
クリアランスさえ作っておけば良いのです


このパターンで根掛かりが減り
フッキングへの悪影響が許容範囲でしたら
キチンとした製作工程はご紹介します

現段階では試作も良いトコなので‥‥




とりあえず、次回の丸沼釣行では
ロストを恐れずデッドに責めてこようと思います
c0095801_07222758.jpg


by sureyamo | 2016-08-21 08:08 | fly pattern | Comments(0)
2016年 04月 01日

Faile emerger

今シーズンの渡良瀬川で
c0095801_23132561.jpg
多分(笑)一番ヤマメのライズを仕留めているフライパターン

羽化に失敗したガガンボイマージャーってトコでしょうか

ガガンボパターンにはお約束の『長いレッグ』はつけてません
このパターンに関してだけ言えば、レッグの有無が現段階で釣果に与える影響はないと考えています

ただ、全てのマテリアルがシンセティックで構成されているフライというのは
何とも味気ないモノですね


釣果に影響がないなら、割り切って『つけて』しまっても良いものですけど
姿勢に影響が出そうで…怖いです(笑)







フックはTP88 ワールド ♯16・18

今年は意識して多用していますが
フッキングは凄く良いですし、ワールドなので強度に関しても問題ありません
(この季節のヤマメ相手なら“ワールド”でなくても大丈夫でしょう)


両ウイングが水面を捉え、インジケータが視認できている限りは
ボディ部は独特の急角度で水面直下にぶら下がるように浮いてくれます

この姿勢が良いのどうか判りませんが
水面膜内の流下物(十中八九、ガガンボの落ちこぼれイマージャー)を食べているライズにこのフライを送り込むと
モノホンを捕食している時と寸分違わぬ出方をしてくれます
意識してゆっくり目に合わせると、口腔深くまで飲まれることもしばしば

釣っていて、どうも『すっぽ抜け』が多いと感じたりしたときには
自分のフライが思惑通りの浮き方をしているかどうかは
面倒臭がらずにマメにチェックしましょう

このズボラな僕でさえ、ソレだけは怠りませんから(爆)

最近のフロータントは昔と違ってパワーアップしてますから
塗布には少々気を使った方が良いです


パウダー系を使う場合にはインジケータ部のみ
ゲル状の場合には、さらにウイング部まで
決してドブ付けなんてしないで下さいね(笑)
c0095801_23134358.jpg
ボディは最近話題の『シマザキ ストレッチボディ』

伸縮性があるので、タイイング時の力加減が判らない初心者も
最初から安心して綺麗に巻く事が出来ます

僕個人としては、吸水時の色変化がない点が特に一番気に入っています
一つ難点を挙げるとすれば‥‥値段かなぁ(笑)


ボディは『ガガンボイエロー』を二本を束ねてキツめにツイスト
リブを際立たせて巻き上げます

ストマックから出てくる『落ちこぼれたガガンボ・イマージャー』のボディーは
寸づまりだったりリブも不均等だったりで割と不格好なものです

これはツイストを強めにかける事で、いい感じで表現できます
(写真のフライはツイストが弱めなので無難な仕上がりになってしまいました)


伸びきる前のウイングも特徴的
僕は相変わらず『フライウイング2』ですね

このパーツは、他のマテリアルやタイイングの手法で表現する事が出来ると思いますけど
(大きくする)と影響があるように感じるので
細目の二等辺三角形で切り出します

ウイング材はよく絞ればスピンなどしないのですが、使っていくうちに解けてくると
その限りではありません

また、ティペットと絡んでしまうことがあるので
まめにチェックした方が良いかもしれません



釣りの方ですが

その後、市民広場は散発で3回しかライズを確認できませんでしたし
鉄橋ではライズはあるものの、風でまともにフライをドリフトさせることが出来ませんでした
結局、中途半端なドリフトに一度反応させてしまって終了

二連続でおデコです









by sureyamo | 2016-04-01 21:38 | fly pattern | Comments(0)
2016年 03月 13日

Heaven and Hell

先日の記事ではフライパターンを伏せていましたが

神流川釣行を目前に情報を求めて訪れて頂いた方のために種明かし

そんな勿体付けるようなネタでもないんですけどね
c0095801_21460717.jpg
フックはTMC518の♯30か32…って感じでしょうか。

デフォルトではシャックを暗示させるマテリアルをエクステンデッドさせていたのですが
見に来ても食わないので早々に取っ払っちゃいました。

ソレでも無視されちゃいました。

c0095801_21461193.jpg
そんなライズ達を
片っ端から仕留めることができたパターン
(実物は現場で仲間にあげちゃったので手元にありません)

TP88の♯30

建前的にはピューパパターンですが
モノスレッドをボディ材に使用することで
シャックのイメージも兼ねている(つもり)いわば汎用パターンです

実際の流下物を捕食するライズと全く同じ感じで
スレたヤマメが余裕たっぷりにスローな出方をしてくれましたよ

あまりにユックリくわえるので
合わせが早過ぎて何匹かバラしてしまったくらい





そんな両者を並べてみました。
c0095801_21461508.jpg
CDC自体(量と長さ)に大きな差はありません

※ちなみに使用したティペットは双方とも9Xナイロンでした


(元)シャックフライの方はハックルが邪魔くさい(笑)
ボディの長さは単純比較で後発の方が長いくらい

でもやはり、何と言っても一番の違いは
フライフック
ですよね〜やっぱり

ほんと、小さくなればなるほど
フック自体の存在感って馬鹿になりませんね






豊富な知識で多種多様のフライパターンをベストに沢山忍ばせていても
ここ一番という時に結ぶことができなければ
改めて意味がない
っていうことを肝に命じたのでした











by sureyamo | 2016-03-13 22:53 | fly pattern | Comments(0)