Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 31日

フロロ or ナイロン

c0095801_20415311.jpg
フライ用のティペットとして(あくまでパッケージ的なお話)フロロカーボンが出回った頃のお話をしようとすると
そこそこ時代を遡らなければなりません

良い悪いは別として
まぁ、そのくらい古くから存在だけはしていました



にも関わらず
なかなかフライの世界で浸透してこれなかったのは
色々な意味でナイロンを超えることができなかった‥‥‥
ということなのでしょう

ただこれは、あくまで『フライ専用』の商品の中だけのお話であって

フロロカーボン

という素材ソノモノを避ける理由など、どこにもなく

自分のミッジングでおいては
高価な『鮎釣り用の極細フロロカーボン』などを流用(笑)する事で
当時からチョコチョコと使っていました


スプールから引き出した時の『引っ張り強度』たるもの
当時のナイロンの感覚しか知らない自分にとっては
驚異的でしたから…


そうして使っていくうちに
いくつかの問題点と直面することになります


まず
すごく強くて切れない時とあっさり切れちゃう時がある
ということ


今にして思えば、ナイロンとの相性(結束方法に)であったりと、諸々の原因はわかるのですが
当時の自分には不可解かつ、理不尽極まりない事態です


解禁まもない厳寒期、2月の千曲川(川上地区)において
一度だけマイナス22度という状況下でのミッジングで
鮎用フロロカーボン(0.175)が、まるで髪の毛のようにプチプチとちぎれてしまう事態にも遭遇しました
(帰宅後の自宅では元に戻っていた)


屈折率、比重、アンチ吸水性、であるとか
フロロカーボンならではの特性が、釣りにプラスに作用する状況であれば
これらを率先して投入することに意義は唱えませんが

そんなこともあって
僕は単純に『フロロカーボンは強い』という理由だけ
率先して使う気にはなりません

c0095801_20443429.jpg
フロロカーボンって、過去に遡って現在に至るまで
劇的な進化はあまり感じられないのだけど(あくまで私感)

ナイロンに関しては以前より更に使いやすく、強くなりました
少し前から、僕程度の釣りではナイロンだけで充分事足りています




近年、進化の方向性としては
ナイロンはフロロ寄り(強度アップ)フロロカーボンはナイロン寄り(しなやかで伸びる)
になっているように感じます

ナイロンの強度が上がることは願ってもいないことですが

フロロカーボンにしなやかさを求める意味っていうのには
少々疑問が残ります


そもそも
フロロカーボン特有の低伸縮性というのは
『あたりを取る』釣りでは最高の武器であるハズなのにも関わらず
それをスポイルさせてまで
ナイロンに寄せる意味とは何なのでしょう?


結局のところ、ナイロンもフロロも
双方の持ち味を最大限に極めて行けば良い(二極化)わけで
お互いを寄せ合うことの裏側には

最終的には何としても高価なフロロ一本化に導こうとする
『メーカー側の営業戦略』が見え隠れしてしまいます


皆さんは、どう思われますでしょうか?




実は

by sureyamo | 2018-03-31 22:55 | item | Comments(0)
2018年 03月 25日

不発

c0095801_21063636.jpg
今回は、下流のJR鉄橋下のプールからライズを探して遡ってきました

問題の濁りの方ですが、あまり解消されてはいなくて

結局今回は(も?)、ライズに恵まれず
泣く泣くの撤収となりました

風向きも途中から吹き降ろしに変わってしまいましたしね



先に放流したサクラマス達の大半は
どうやら下流の足利の方まで下ってしまったようです



それにしても『釣れない』情報は、瞬く間に広まってしまうのでしょうか?
日曜日だというのに釣り人の数は少ないですね
(団地裏以外)

まぁ、今回は梅田湖の特別解禁と重なっていたせいもあるのでしょうね

ちょっと寂しい気もしますけど
誰に気兼寝することなく、のびのび釣りをするには良い環境とも言えます

他人発信の情報に振り回されることなく
己の嗅覚だけを信じて通い倒していれば、そのうち良いこともあると言うものです



目の前でライズする魚を釣ることだけではなく

こんな状況だからこそ
川とそれを取り巻く環境を多角的に読んで
ライズを探し出すスキルを益々磨きたいところです




by sureyamo | 2018-03-25 21:07 | River fishing | Comments(0)
2018年 03月 18日

2018渡良瀬初釣行

c0095801_18585242.jpg
今年の渡良瀬川も早々は良かったようですが
その後の増水から出た『濁り』がなかなか取れてくれず
ちょっと厳しい幕開けです


この濁りも、下(しも)に行けば希釈され、さほど気にはならないのですが
区間上流となる核心部においては、まだまだこんな感じ

ダム下特有の濁りの色

どこの川に行っても、こういう色の時は大概良くないです
c0095801_19005347.jpg
水色のクリア待ちってところでしょうか

そうなれば一気に良くなると思います
まずは、その機を逃さないようにしたいものです



c0095801_19025376.jpg
今回は、FLUXから販売されているFLYROD

N1 DD2(8.5ft ♯2)
を社長さんからお借りして実践投入

このモデルは昨年から出ています

今まで自分が愛用してきたHI-LOOPとコンセプトが近しく
ゆえに、とても気になっていたロッドではあるのですが
渡良瀬で使うのは初めてです
※ちなみにインプリは僕のデザインです

繋いで持った瞬間に、真っ先に感じた印象は
フロントヘビー!

ティップセクションのみソリッドを使用している事が
ハッキリと感じられます

軽量なカーボン製フライロッドばかり振りなれている方には
これを違和感と感じる方も少なくないと思います

感覚的にバンブーロッドに近い持ち重り感
ティップセクション以外はメチャメチャ軽量なので
余計にそう感じるのかもしれません
c0095801_19455604.jpg
本流用するならば、グリップは細すぎるかも知れません
細さ的には、以前散々使っていた『FREE LOOP』に比べてもいい勝負(笑)な細さです

もちろん使えないって事ではなくて

ミドルレンジを頻繁にドリフトする事の多い本流では
グリップは少し太いほうが疲れません
(繊細な釣りとグリップの細さは関係ありません)


一応ロッドは♯2指定ですが
ラインを乗せると♯3でちょうど良い感じ

この川で使う場合、想定されるシチュエーションでは
バットは♯4を乗せられるくらいトルクがある方が
何かと使いやすいので
その点からいうと、少し心細い気がします

ただし、この竿の一番の特徴は
何と言っても

ソリッドティップ

DD2では柔軟性の高いソリッドを売りにしていますが
私的にはソコソコの張りとムチのようなシナリこそが身上
 
自分の釣り方は、こういうティップなくして
語ることはできません


c0095801_19032546.jpg
実は先日より、ひどい花粉症で
マスクを手離せない状況になっています

そんな時、意外に困るのがメガネの曇り

専用のアンチフォグ‥‥なんて持ち合わせていないので
どうしようかと悩んだ末に

コレが結構使えました(笑)

薄く延ばしてふき取ると
まぁ、そこそこに持ちこたえてくれますね

あっ、kty2のコレって、既に廃盤でしたっけ(ぷっ)

c0095801_19104911.jpg
この日は放流もあったので、なんとかヒレを見る事は出来ましたけど

それが無かったら‥‥
















by sureyamo | 2018-03-18 20:55 | River fishing | Comments(0)
2018年 03月 12日

ショートバイト対策

c0095801_21143233.jpg
今日は2時間だけ神流川に行ってきました

前回の活性を期待していたのですが
心なしか若干の濁り

そのせいなのかどうか確証はありませんが
11時の段階で、すでに7℃超えの水温で
羽化も見込まれそうなわりに
魚達の反応がすごく悪いです

中層付近に浮き出したヤマメは目視しやすいのだけれど
今日は、そんな魚達の動きもあまり感じられません

魚達が急に居なくなった?

なんてことはなく、シッカリと
そして丁寧に流れを考えながらマーカーを送り込んであげれば
c0095801_21134895.jpg
釣れないこともないのですが

そのほとんどが
『あたり』らしい『あたり』というのは出ません

『フライをうまく吐き出せなかった』ヤマメ達が
運悪く?フックキングする‥‥そんな感じでした

こうなると、そこそこ釣れるルースニングでも、イマイチ
面白みに欠ける

というものです


じっくり観察しながら釣りをして見ましたが

魚がなんらかの理由でフライなり、糸なりに接触している感じの仕草から
それらがマーカーに動きとなって現れるまでのタイムラグが

どーにも気になって仕方ありません


自分の勝手な思考で、水中糸はナイロンの極細(9X)を使用してきましたが
逆に太くてハリのある水中糸なら、もっとシッカリと当たりが出るのかどうか?

そこらへんを踏まえ、次回はシステム変更を考えています


c0095801_21381085.jpg
ストマックは‥‥相変わらず
ですけどね



今年は解禁早々から、何やらと課題が多いです(^_^;)






by sureyamo | 2018-03-12 21:14 | River fishing | Comments(0)
2018年 03月 07日

祝解禁

仕事の都合で、なかなか時間が取れないままに
群馬が解禁

このままダラダラと仕事漬けの毎日から脱せない気がしたので
意を決し、釣り具を車に詰め込んで
我ながら(笑)半ば強引に釣りに出掛けることにしました


場所は上野村の神流川C&R区間

解禁の儀は、だいたいココで済ませることが近年の恒例なのは
安定した魚影もさる事ながら

人と競うような殺伐とした雰囲気が皆無なことや
釣りの前後に漁協の方々を含む
地元の人々の温かさに触れらる‥‥という事でしょうか

シーズン初日くらいは
確実に良い気分で終えたいですからね
c0095801_16150504.jpg
実は仕事の合間を縫って
解禁前、少しだけ川は覗いていました

その時には渇水が気になっていたのですが
後の降雨のおかげで、そこそこの水量になっていました



一仕事終えてからの出発だったので、現着は9時過ぎ‥‥ということもあって
ヤマメ達の活性は開始早々から上がりはじめました

単発ながらライズも見られたたものの
水中に流下する水生昆虫に対する捕食行動が大半ということで
まずは魚側の都合に(素直に)従うカタチで
ニンフで攻めることにします



ユンボで掘られたであろう川床のせいか
深い場所と浅い場所が短い区間で形成されていて

いつものルースニングシステムでは
なかなか思った層にフライを流すことが出来ません

まぁ、半年釣りしていなかったせいもあるのでしょうけど
我ながら超ド下手になっていました

まぁ、元々も大した事ないんですけどね(^_^;)
c0095801_16151616.jpg

ショットウェイト、ショット→フライまでの距離、マーカーの位置等々を
2キャストごとにちょこちょこ変えて

うまく決まると連続ヒット!


でも
他のポジションについた魚を狙うために
流れや立ち位置を変えると
バランス取りは一からやり直し(^◇^;)

まぁ、こんな手間も
ルースニングの面白味の一つと捉えれば
苦でもなし


中層付近で、しきりに捕食している仕草を見る限り
魚の活性自体に文句なし!なのですが

あたりそのモノはメチャクチャ小さい!


まぁ、それなりにスレているって事でしょう

c0095801_16151222.jpg
ストマックは、この時期の典型的な流下昆虫で溢れています

後日談ですが、上流のふれあい館前では、ストマックから♯30前後のユスリカくらいしか出て来なかった‥‥との話ですので
下流のヴィラの方が、少しばかり春が早いようですね


この時の外気温は2度前後
風がなければ、まぁまぁ辛抱できるモノの

一旦風が吹き始めると

やってられないよ〜
c0095801_16150060.jpg
正味三時間ほどの釣りで
総じて12匹ほどの釣果とはなりましたが

内容的には、ちょっと厳しい釣りの部類に入るのかなぁ‥‥


まぁ、始まったばかり

今年も楽しい釣りシーズンの開幕ですね
今シーズンもよろしくお願い致します


by sureyamo | 2018-03-07 20:10 | River fishing | Comments(0)