Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2018年 09月 29日

シュートを見直す

このことは誰にも話していませんでしたが(笑)
実は最近、シュートの壁にぶつかっておりました


悩み的には

飛距離とラインの飛行姿勢

が気に入らない(笑)


たまたま『うまく行く(納得のいく)』ときもあったりはするのですが
失敗しちゃうシュートというのも結構多いのです


密かに投げ方を変えてみたりと、試行錯誤を繰り返し
ここ数回の釣行で『あることを意識』するようにしてからは
『失敗シュート』が大分減るようになってきました

今回はそのお話


c0095801_21263464.jpg
以前、天然釣人さんのブログから乗せていただいた画像を無断で拝借いたします(笑)





最近の湖では
アンダーハンド的なキャスティングをされる方を多く見かけるようになりました

非常にコンパクトで玄人好みの投げ方ではありますが‥‥
思ったほど飛距離が出ていないのかな?という方も多く見受けられます
c0095801_21444092.png
正式なアンダーハンドキャストのことはわかりませんので
あくまでアンダーハンド的としての話なのですが

ここでは

『上手とプッシュ』と『引き手(アンダーハンド)のプル』な操作で
グリップのどこかを支点とし、そこを中心にした円運動のキャスティングのこと全般と解釈してください

上手はグリップの中間付近で保持し
感覚的には『スナップを効かせた』ような振り方になるかと思います

この振り方の場合、専用アクション以外のロッドでは必要以上にティップ曲がってしまい
ループの推進力が上下方向に分散してしまうオープンループになりがちです
それでも勢いがあれば良いのですが、スナップ程度の反発力では生まれたパワーでは
たかが知れています

20m前後の釣りであれば問題もないのですが
いざ30m以上を飛ばそうとすると、ループ展開が先端に行くほどパワーが失われ

パワー不足ならループの展開未遂
オーバーパワーなら暴走テーリングループ

といったところでしょう


c0095801_22275140.png
こんなことは、今更僕(ごときの)の口から言うことでもないのですが

距離を稼ぐシュートは、月並みですが

『ティップを円運動させないこと』

結局はこれに尽きます

まぁ言うのは簡単ですけど(笑)


もう少し別の言い方をすれば

『支点を下げる』


支点がある以上、大なり小なりティップは円運動になるわけですが
支点が下がればティップの高低差も少なくなります

またそういった振り方をすることで初めて
ロッドのバットセクションが曲げられるようになります

自分が注意しているのは
下手は上手の動きに追従(並行)させること

キャストアウト後、上手と下手は突き出した状態になるはずです




更に言えば

ロッドの水平(できるだけ)移動区間で

しっかりフルパワーを掛ける!
やっぱり最後は腕力(爆)

飛距離は伸ばすのにはループの初速を上げることが
一番手っ取り早いです





また、上手も下手も
ロッドを保持するのは指三本だけです

シュート時の入力は親指と人差し指の腹に当てる程度で
いずれにせよ握り込んだりはしません

これは意識して『そうしている』のではなく

指三本で充分事足りる

からです






そして最後ですが

ロッドは縦に振らない

スリークォーター気味に、ループはやや斜め方向で展開させます
今の所これを意識するだけでループの飛行姿勢は不思議と

安定しています


飛距離に関しては‥‥‥まだまだですけど(笑

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


by sureyamo | 2018-09-29 23:39 | and others | Comments(0)
2018年 09月 24日

フェザーライトフェザージグ

フェザージグ

ズバリ言ってしまうと、これがボトムランナーの正体




フェザージグそのモノが
そもそも『ルアータックルで投げるフライ』みたいなもの

よく釣れて当たり前なところに持ってきて
再びフライで投げられるよう、カスタマイズして軽量化したパターン

つまり

滅茶苦茶フロントヘビーなマラブーリーチ

というのが“ズル引きリーチ”のカラクリだったのでした




一番のキモとなるのは、当然

ジグヘッド!

c0095801_22310414.jpg
ジグヘッドといえばワームをセットする鉛付きフックのことですが
アジやメバル用に1g以下の小型のジグヘッドが多数出回っているので、これらを流用します


このジグヘッドは自重で投げるわけではないので
選択肢は1g以下からのチョイス




探してみると
各メーカーからたくさん出ています

正直かなり迷います

最初は総合釣具店で現物を確認しながら物色していたのですが
全ての種類が店頭在庫で置いてあるわけではないですから
最終的にはWEBで探したらマウスでポチ!



で、揃えた銘柄は以下の通り

c0095801_22292411.jpg
まず最初に
現時点でフライにはオススメ出来ないフックから‥‥‥(笑)


『Diamond Head』

このフックはバナジウム合金鋼『110carbon』使用がウリなのですが
根掛かり(※残念ながら湖底の形状により根掛かり率は0%はありません)した際に曲がりやすく
限界を超えると(かなり低次元で)あっさり折れます



また
『サブマリンヘッド』
c0095801_22303135.jpg
このフック形状は
掛かった際に一気に抜き上げるような、上方向の釣りには良いのですが
引っ張りっこのやり取り(横方向)では、多分相当にバラしやすいことが予想されます




『小悪魔』

に関してはワイヤーが細すぎ


これに限らず、元々の対象魚が小型アジやメバル用の
細軸・ワイドゲープのジグヘッドについては
最後まで不安材料が残ります

これら以外のフックに関しては、まぁソコソコに使用可能と思われます




ボトムを引きずり回すことが目的なので
ヘッドの部分の着底部分のみ、リューターでフラットに削ります

鉛の形状にもよるけど、ここでおおよそ0.1gぐらいの減量かな
削り過ぎると鉛が外れちゃうので注意
c0095801_22295805.jpg
この形状は、ボトムに完全に着底させる場合はもとより
通常の泳がせでも、安定したキール姿勢を保持するのが特徴です


これはユーチューブ等で、すでに沢山の動画の中で紹介されています
百聞は一見にしかずで、見れば納得でしょう

c0095801_22304567.jpg
(マラブーをボディに使用した場合)マラブーの抵抗(浮力)により
フックが逆立ちします

これが結果として、激しい上下動を生むことになるのですが
激しい動きは、結局『マスを早くスラせる』ことにもなりますからね

ランガンならまだしも、粘着気味な(笑)フライフィッシングでは
動きは地味に抑えた方がポイントを長く攻めれます

ということで

ヘッドの部分の下部をフラットに削り、さらにはシャンク後半・ベントの起点にウェイトも仕込むことで
極力『水平移動』を意識したバランスにしています


根掛りが怖くて、今一歩踏み込めないボトム攻略法の一つとしては
このフックはかなりの可能性を秘めています

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


by sureyamo | 2018-09-24 23:02 | fly pattern | Comments(0)
2018年 09月 18日

バラシが多い人と、そうでもない人

c0095801_09082419.jpg
側で取り込みを拝見させてもらっていて
『あぁ、なんだかバラしそうだな』
って雰囲気の方は、結構お見受けます


魚との駆け引き(掛けてからのやり取り)というのは
頭で考えているうちは、対処が遅れがちになってしまうもの
此ればかりは経験を重ねる(体が勝手に反応するようになるまで)しかないのですが

ただ、ちょっとしたことでバラシを減らすことは出来ます



前述で記した『バラしそう』なやり取りをする方に共通すること


それは
魚が掛かると、これ見よがしに(笑)

ティップを立てる方

渓流を主でやられている方や
バーブ付きフックを使用されている方に多く見られます


魚の抵抗など一切無視して、一気に魚を引き寄せてしまう方くらい強引な方(爆)ならまだしも
魚との距離が、まだ離れてる段階でコレをする方は
バラしやすく感じます




特にバーブレスフックを使っていると、よほど理想的な部位にフッキングしているか
飲まれでもしない限り、バラシの原因の大半

テンション切れ



渓流の場合、使用するフライラインは細くて軽いので
ロッドティップを高く保持しても良いのですが

湖で使われるフライラインは太く重く
水面から持ち上げてしまうことで、魚からの瞬時の動きにラインが追従できなくなります



だから自分の場合には

魚が掛かって、アワセをいれても

ロッドティップは水中に入れたまま!

c0095801_09295000.png
フライラインは常に水中に入れておくことが重要です

今度釣りに行かれたら、他の釣り人のやり取りを意識して見てください
これを実行されている方は意外にも少ないです




魚が急激な方向転換を行ったり、首を振ったりした場合
テンション切れを起こしやすいのですが

ライン全体に負荷をかけることで、極力糸を弛ませないようにすることが大事です

また、こうすることは
フライラインの抵抗を全て魚に背負わせるのと同じこと

常に魚にプレッシャーを掛けていることになるので
魚の体力を奪うのに有利と『一石二鳥』です




もちろんフックの掛かり具合や部位によってはバラシは起こります
バーブレス・バーブ付きに関係なく、絶対にバレない保証はありませんが
確率的にはかなり下げることができるでしょうね

実際に一番バラすのはランディング直前で
ロッドティップを上に上げなければならない時ですが、バレてしまう理由は一緒でしょう


これはその昔
加賀フィッシングエリアの通称『加賀プロ』と呼ばれた方達のランディング方法(取り込む直前までロッドは上げない)を見て
自分なりに感じたことですので、そんなに間違った解釈ではないと思います


それともうひとつ

魚の動きに呼応してロッドティップを左に右に倒す方もいますが
自分はティップ(支点)はあまり動かさないように注意しています

引く方向が変わると、魚はソレに対抗して逆向きに行こう(向こう)とするので
釣り人とフッキングしたフックの位置関係が変わりやすくなります

傷口も広がりやすくなるし、そのことでフックも抜けやすくなります
何より、フックが外れやすい側に転換してしまうことが怖い!



あくまで自分の場合ですが
極力掛かった時の頭の位置関係はそのままを保った状態
(左右どちらかでフッキングさせたら、その位置関係は最後まで保つ)
でランディングまで持ち込むように心掛けています


正直なところ、そこまでしないと
バーブレスフックなんて簡単にフックオフしてしまうモノなのです


by sureyamo | 2018-09-18 09:44 | tips | Comments(0)
2018年 09月 15日

祝100,000km

c0095801_19022697.jpg
愛機ジムニーも、先日ついに大台に乗りました

今から遡ること8年前
店長のお店から自分のところに嫁いで来て‥‥

あわや!的なピンチは幾度来なく有りましたが
なんとか無事故(無違反ではない)でここまで来れました


10万キロともなると、流石にアチコチにガタが出始めます
c0095801_19075364.jpg
先日はハンドルのガタと、高速域でのハンドルシミーを見てもらったのですが
ジムニーでは『お約束』とも言えるキングピンベアリングの破損でした

店長のお店でしっかり修理していただき
とりあえず一安心

ただびっくりしたのは
ブレーキパッドが半分くらい残っている(^◇^;)ということ
そんなにブレーキかけてない??かしら

でもね、やはり峠をソコソコのペースで走っていると
ブレーキの効きは明らかに悪くなるので

どこかに突っ込む(むしろ落ちる方が確率的に高いかも)前に
交換した方が良さそうです

c0095801_19134312.jpg
そして、なんと2年以上も持ってしまった
ヨコハマ・ジオランダー(ワイルドトラクション)に変わり

いつかは履いてみたかった

ななごーまるMT2

今回はライフを犠牲にしても、好奇心が勝ってしまいました

7.00のMT2は、すでに2セット履きつぶしているのですが
見た目で一回りどころか
二回り以上もデカい


見るからに
重そう(^_^;)

エンジンいじるかギヤ比を変えないと
回せるのか不安なサイズです

そもそも、こんなタイヤ履けるの??
c0095801_19185113.jpg
なんとなくスッポリ収まるところが

怖い

ですね


タイヤハウスのクリアランスが
相当埋まりました


ただ乗ってみて感じたのは
ハンドリングは意外に軽い、軽く感じる?ということです

そしてそして

やっぱり、きっちり

遅っそくなりました


おまけにブレーキは効かないし
すぐにABSが作動しますね

こりゃぁ、今回限りのタイヤかなぁ



c0095801_19224200.jpg
そんな感じで、早速林道に持ち込んできました。

安全を確認して、結構なペースで走ってきたのですが

これが実は

コーナーリングがかなり良い!


一発で舵角を決めると、まるでレールの上を走っているように
すごく安定しています

さすが大口径です
多少のギャップなら何事も無かったかの様に
そのままの速度で普通にクリアしてしまいます

7.00でも、ペースを上げると割と操作が忙しいのですが
7.50では全く別物

よって軽く流しているつもりでも
結構なハイアベレージ

(もちろんタイヤは止まらないので危険)

c0095801_19293627.jpg
そんな訳で

東御荷鉾線(土砂崩れで通行止め)とスーパー御荷鉾の二本立てで


c0095801_19301669.jpg
フラップのステーが
ベコベコになってしまいました

(帰りに『上野村ふれあい館』でプライヤーをお借りし、応急措置済みの図)

‥‥‥ていうか、もう山が削れてる(^◇^;)

んー、普段履き用に
もうワンセット(普通のタイヤ)買うようかなぁ。


by sureyamo | 2018-09-15 19:34 | JB23w | Comments(0)
2018年 09月 10日

ボトム攻略

c0095801_18140320.jpg
丸沼では

活性の高い群れに当たることが、もっとも釣果を伸ばすコツなのだけれど

特定のポイントからあまり動かない魚‥‥‥
かりに動いても、回遊範囲が広くない魚というのも結構います

そういう魚たちは、すでに嫌という程ルアーやフライを見てきているし
痛い思いをしてきている訳ですからね

そう易々とは釣られません



そんな一筋縄ではいかないマス達こそ
ボトム攻略
の重要性を感じます

そこで生き残るような魚というのは
餌を障壁(湖底や水面、そして岸)に追い詰めて
なるべく効率よく、勝算の高い捕食をしたがる(無駄に追い回したりはしない)みたいで
そういう魚にとって理想的なシチュエーションを演出できることは
なんといっても有利です

何度フライを流しても見向きもしないのに、フッと突然スイッチが入って人が魚が変わったように(笑)
突如捕食行動に転じることがままあるのだけれど
恐らくは、彼らなりの『行ける!』タイミングがあるのではないか
‥と、勝手に想像しています(笑)




釣り人は攻めているつもりでも
実は意外に攻め切れていない
のもボトムです


その理由はひとつ!
根掛かり



ボトムを攻略する上で一番重要なのが、まずは

根掛かりしないフライ

の創作です
c0095801_20010440.jpg
そんなことを考えて
過去に色んな小細工を施したフライを投入してまいりました


その全てに共通して言えることは

『フックアイを(底に)付かせないこと』です


どういう事かと言うと
『フックアイが底につく』=『自然とフックポイントが底に突き立つ角度』
になるからです

フックアイが直接底が付かないよう
何かを介在させる

ことで、根掛かりの確率は飛躍的に下げることができます

ただし、それでも完璧ではありませんけどね



というのも、フックが着底した時に横倒しになってしまえば
結局は同じことだからです

これは根掛かり対策に有効と言われるキールフックでも
完全に着底させてしまえば同じことです

そうならないため、できる限り着底を避けるために
かなり的確なカウントダウン(タイマーを使用)は求められます



最終的に行き着いた答えは

★キール姿勢で沈下★

★そのままの状態で着底★

★完全な静止状態でもキール姿勢を維持★

★リトリーブしても同様★

これが叶えば、かなりの確率で根掛かりから解放されるのではないかと


そんな都合良いフライなんて
ないだろ?


いや、あるんです

出来たんです

前回の動画の奴が、まさにソレです


もちろん、自宅のバスタブテストなんて説得力ないでしょ?
だから今日(無理して)丸沼に行ってきたんです

c0095801_20022598.jpg

もちろん、パターン的には定石のマラブーなので
魚は釣れました

いやボトムを狙えばチャンと釣れますって!

c0095801_18140883.jpg
言いたいことはそんなことではなくて

いつも攻めるスリットに、完全にフライを沈め切った
ヘッド自体もズルズル底を這いずってくるような状態でのデッドスロー(多分、毎秒5cmくらい)で引いてきても

一切根掛りしない
デカ!(^◇^;)


キチンと着底していなかったか?というと
そんなことはなく

リトリーブでフライを回収するたび
湖底の沈殿物(草、葉っぱ、木片)がしっかりフライに付いてきます




そんな感じなので、今日は正味4時間程度の釣りでしたが

ほとんどキャスティングした記憶がないくらい

ずーっとリトリーブしてた気がします
(それもどうかと思うけど)


根掛りがしないとわかると、気持ちに余裕が出来てきますね
言うなれば『微細な“あたり”に集中できる』ということ
これはメンタル面で非常に有利です




ちなみに、こういう釣り方では
上からグッと押さえ込むような感じで『あたり』が出ます
すごく判りやすいです

c0095801_18135718.jpg
ただし、完璧か?というと、実はそんなこともなくて

このスリットも反対側からのカケ上がりを狙うと

少し引っ掛かる

またリトリーブ速度を上げるとガッツン!

なんだよぅ〜やっぱり根掛かりするじゃーん(^◇^;)


もっとバランスを考えた方が良いのか?

はたまた、湖底の形状が想像を超えて複雑(倒木を跨いでいるとか)なのかもしれません。

とにかく、まだまだ研究の余地、試したいことがあります


 ブログで公開するには、まだあと三シーズン以上は実績を積んでみないとダメですよ

皆様におかれましては、それまで

悶々としてお過ごしください(爆)

と言いたいところですが
現場で直接聞かれちゃったら、教えちゃうかもね(ぷっ)


by sureyamo | 2018-09-10 20:55 | Lake fishing | Comments(0)
2018年 09月 08日

新兵器

 先日、店長との丸沼攻略談義の中で‥‥‥

『アレ』使ってみたらいいんじゃないか?

とのヒントを頂戴し、早速釣具屋さんに出向いて『例のブツ』を購入。
 
バイスの前で、あーでもない、こーでもないと試行錯誤した結果
一本の試作フライが完成

早速バスタブに水を張ってのスイミングテストを繰り返し
ようやく完成まで漕ぎ着けました

その名も
『ボトムランナー』

またの名を

『ズル引きリーチ(^_^;)』





何だかヤバくないですか?これ(笑)


重量は0.3g前後に抑えたので、フライとして飛ばすのに問題ありません
(通常自分の使用するマラブーは0.2〜0.4gですので)


このフライの一番の特徴は

沈下中は勿論のこと、完全に着底した状態であっても
フックはキール状態で保持される、ということです

通常のキールフックの場合には着底と同時に横倒しになるため
ポイントが湖底に接触
根掛かりのリスクを無くすことは不可能なのですが
(それを回避するには、的確なカウントダウンで底スレスレを引いてくるしかない)

このフライは、仮に湖底に傾斜がついていたとしてもフックが倒れてポイントが底を拾うことはマズありません

また、フックは常にキールをキープした状態なので
上方から底のベイトを啄むように捕食するトラウトにとって、真っ先に触れる部分がフックポイントになります
ショートバイトの対策にもなりそうです


実際には、数十メートル沖合の湖底に沈ませるフライですから、動画のように細かなアクションというのは無理だとは思いますが
スローなズル引きでも、これだけ動くフライ(安心してリトリーブできるフライ)も、そうはないでしょう
因みにマテリアルはマラブーしか使ってません


湖に立ち込んでいると、足元で右往左往するベイトの
まさに、そんな動きが演出できそうです


フライカラーとしては湖底と同色のカモフラージュカラーを準備したので
次回の丸沼でテストしてみたいと思います

今現在で、もっとも懸念されている問題は
こんなフライ、短気な自分にリトリーブできるのか?というトコロでしょうか。

まぁ、そんなところも含めて
乞うご期待


by sureyamo | 2018-09-08 21:44 | fly pattern | Comments(0)
2018年 09月 03日

再々挑戦

現在好釣が続く丸沼

これから本格的なターンオーバーが起こる前の
このタイミングに少しでも多く通い倒したい‥‥‥ということで

今回、急遽丸沼釣行を決行!!



我々と同じようなことを目論んでいる?アングラーで
発券前の早朝の丸沼は珍しく賑やか


通常であればルアーアングラーの方が多い印象なのですが
今回は何故かフライマンが圧倒的多数!
c0095801_17312831.jpg
静寂の湖面

朝から随所でライズが見られ、この日は至る所で『魚っ気』がプンプン❤️


前日、店長さんとの作戦会議で
比較的浅棚を回遊してくる『ヤル気のある』マス達を狙おうという事で
自分はフローティングラインをベースに、ポリリーダーの各レートを用意
(店長は、今回は敢えてルアーで挑戦する!とのこと)


前回、カケ上がりでの根掛かりを恐れるあまり

ポイントを攻め切れてなかった(^_^;)

という反省を踏まえた末の選択





発券場前では、常連Tさんの姿が!
(この状況で来ないわけがない‥‥‥か?!)

お願いして一級ポイントの片側に入れてもらいました
(ありがとうございます)

c0095801_17313347.jpg
今回のファーストフィッシュ

メインとなる流れ込みで釣れる魚より、ここの場所は若干大きめ
このポイントでこのサイズは小さい方

最近、成魚放流される、こうしたヒレのシャンとした個体は
釣り味(引き味)満点

ダブルハンドでも、まぁまぁ楽しむことができます



いやそれにしても、スリット対面に入られたTさんの
釣ることと言ったら‥‥‥

同じポイントを狙っているんですけどね
こうも違うモノなのか?

これ、結構凹みます(爆)


でも当然、それ以上に勉強にもなりますからね



Tさんはラインのシンクレートを上げた『ベタぞこ狙い』

それは判っていても、早々に真似して釣れれば
世話のない話でございます




己を信じて(←コレは冗談でなく、結構大事)

フォール中のバイトに全神経を集中!


運良く今回は、凪の時間も当たりが続いてくれたので
ラインスラックの目視で当たり連発

【この手の釣りは、風が吹くと(水面の波でラインに余計なスラックが入るし、目視での当たりも取れなくなる)継続が難しい】



実はこのフォール中で食ってくる魚って

どういう訳か

デカイ魚が多い

というのが自分の定説です
c0095801_17313762.jpg
ツンツン引くと、向こう(魚も)もツンツン❤️

こんな駆け引きは

結構楽しい

まぁ、実際には、魚の方でドーン!!と持って行ってくれないと
なかなかフッキングまでは至らないのだけど‥‥
c0095801_17313580.jpg
そんな釣りで

尾びれが欠けてなかったらロクマルだった(であろう)

デカ虹ちゃん

そして、その後に掛けた魚は
この魚以上の引き味


私的感覚では

魚の重みが乗ると、ワンテンポ遅れてゴクンゴクンなヘッドシェイクが始まるのがロクマル(まで)クラス

魚の重みが乗って、そこからグッと引き寄せても、まだ重いまま
それでも耐えてると、面倒臭そうに(笑)ストロークの長いゴック〜ンゴック〜ンのシェイクが始まるのが
ソレ以上のクラス



コレはもちろん後者の方



でもまぁ、結局はラインブレイクしちゃうんですが(ぷっ)
このポイントでは、先日ナナマルクラスも上がっているので

別に、こういう出来事は
現在の丸沼の状況からすると

珍しくはない!!

ようです(爆)
c0095801_17313995.jpg
好調なTさんには遠く及ばないものの

4〜50クラスは、ポツリポツリと釣れてくれています

こういう状況が、果たしていつまで続いてくれるのでしょうか?



今回も仕事の都合でお昼で上がってしまいましたけど
いつも家に着いてから『もう少し粘れば』と後悔ばかりしてしまいますね

次の機会に備えて、新たな作戦を練りたいものですし
最近では、そういう時間が妙に楽しかったりしますからね
(だから最近、1日釣りだけに没頭できないのかしら?)






追記

by sureyamo | 2018-09-03 20:57 | Lake fishing | Comments(0)