Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2019年 07月 26日

2019丸沼 夏の陣

2019丸沼 夏の陣_c0095801_16473687.jpeg
ここ最近の丸沼常連、群馬の『Tさん』のブログで公開される釣果報告に
焦る日々(笑)が続いていたのですが

ようやく自分にも丸沼釣行のチャンスがやってきました

と言っても、午後4時には次男のお迎えに、地元の保育所まで戻らなければならないので
釣りの方は、どう頑張っても正午まで
(帰途に高速を使えば、もう少し粘れるけど)

最近、そんな中途半端な釣りばかり
だけど現状で置かれている立場上、仕方ありませんよね




圧倒的弾不足が否めない現状の中、フライは前夜に突貫補充
そんな事もあって、出発時間を見事寝過ごしてしまい

現場到着は7時



メインの流れ込みには釣り人は2名のみ
釣れている?という割には人が少なく、少し拍子抜け



スリットには常連(千葉の)Tさんの姿

丸沼は泊まり込みで、昨日に引き続き二日目というTさんの話では
昨日は、結構釣り人も多かったという

温泉スリットを左右から攻める


開始して間も無く、Tさんのラインが沖に向かって張り詰めます







2019丸沼 夏の陣_c0095801_16481520.jpeg
50、60cmと、立て続けに良型を連発!

同じスリットを攻めているハズなのに、こちらにはアタリすらありません
(Why?)


堪らずお話を聞くと、狙いは『ベタ底』

※自分もさっきから、同じ『ベタ底』狙ってるんですけど(^◇^;)
何か違うのでありましょうねぇ



自分もTさんに習った超デッドスローのリトリーブに変えてみるものの
状況は変わらず

ただ、そんな感じで続けていううちに
イキナリひったくられる様なストライク!

そのままストックしていたラインを全て放出
逆転をはじめたリールのドラッグを、慌てて締め上げ

上がってきたのは
2019丸沼 夏の陣_c0095801_16483266.jpeg
40cmにも満たない感じのレインボートラウト

ご覧の通りのヒレピンですが、恐ろしい瞬発力!!
一体、何が掛かったのかわからないぐらいでした


丸沼では、こういう個体が徐々に釣れるようになってきたように感じますね
以前であれば、岸釣りで釣れる成魚放流魚の大半は、ヒレの丸くなった個体ばかりだったんですけどね


時間が10時を回った頃、ようやく風が吹き始めます

少し投げ難いくらいの風が、ここの釣りにはベスト

縮む飛距離に高まる期待(笑)
2019丸沼 夏の陣_c0095801_16484201.jpeg
ちょうど、ベタ底の当たりが遠くなった頃でもあったので
前夜に巻いた『ノーウェイト・マラブー』(レッドワイヤーが見当たらなくて‥‥)を結んでみます


今までのデッドスローから一転、早引きのリトリーブにスイッチした途端

アタリ連発

2019丸沼 夏の陣_c0095801_16490325.jpeg
うまく乗せられれば、45〜50cmをアベレージの元気印なレインボーが
ツーハンドロッドをギャンギャンに締め上げてくれます

若干スキニーな個体も混じりますが
ほとんどが栄養状態良好のナイスプロポーション

この強烈なファイトが何より良い証拠


まさか、ここ丸沼にもハコスチが入ってるのかなぁ?
 いや
噂のハコスチにも負けず劣らずかも❤️
2019丸沼 夏の陣_c0095801_09114033.jpeg
ハコスチみたくジャンプこそしないけど
ネットインのその瞬間まで
全く諦めを見せない、そのファイトに圧倒されまくり


※後日確認したところ、これが噂の頂鱒とのこと
強めのレッドバンドとピンク色のヒレが特徴とのことで、30センチ程度の個体でも赤身
そして、その味は絶品!


いやぁ、それより何より、やっぱりこのパワーでしょう

♯6スイッチロッドを使ってハコスチは何匹も釣っていますが
14ftの♯8ダブルハンドを、ここまで締め込む様は
完全にハコスチは超えてます


論より証拠

是非、一度お試しください


2019丸沼 夏の陣_c0095801_16491327.jpeg
このノーウェイトなマラブーは根掛かり対策をしておらず
結構な頻度でロストしてしまいました

仕方なく、定番『ズル引きちゃん』に切り替えたものの
此方も同じくらいに『あたり』は有りました

ウェイトは関係ないのかもしれませんね





『二回リトリーブすれば、そのうち一回は当たる』

こんな高頻度のストライクというのは
実に久しぶりな気がします
(セットフック出来なければ意味ないんですが)


まだまだ釣れそうな雰囲気プンプンの丸沼でしたが
あっという間のタイムアウト

あぁ、次はいつ来れるのかなぁ(笑)


2019丸沼 夏の陣_c0095801_16492187.jpeg


by sureyamo | 2019-07-26 19:55 | Lake fishing | Comments(0)
2019年 07月 18日

鱚釣り

鱚釣り_c0095801_17002508.jpg
上越市の本間釣具店

新潟のキス釣りは、このお店への来店から始まります

毎回思うのですが、このお店の品揃えには圧倒されてしまいます

海なし県の某釣り具チェーン店と比較するのは酷なのかも知れないけれど
目移りしそうな程に豊富な仕掛けの数々は
見て回るのだけでも楽しい





事前情報で

この前までは良かった

というキス釣り

ということで、今回は『一足遅かった』感満載の中でのスタートとなりました



キス釣りのメッカ、銀座的な直江津周辺でも
釣り人の姿はまばら

そのまま北上し、柿崎港へ

少し釣り人の姿が見られたので

もしかしたら

という淡い期待は
鱚釣り_c0095801_16592782.jpeg
バッサリ!一刀両断(笑)


ほんとに釣れない






結果午前中だけで

本命のキスは1匹のみ(フグは結構釣れた)

それでも羨ましがられる?ほどに
周りは、更に釣れていませんでした

波も高く、底は撹拌しているようで
枝針仕掛けは絡むは、波打ち際の漂流物に根こそぎ持っていかれるわ

モチベーションはダダ下がり
鱚釣り_c0095801_17200633.jpeg
そんなわけで、釣りは一旦打切り

上越市の水族館で家族サービスに徹することに(笑)
シロギスは水槽の中にいるヤツを観察しただけで終わりました






この日は上越市で宿泊

素泊まりだったので、夜食は街に繰り出して
適当な料理やさんに乱入

上越市ですので新鮮な海産物には事欠かない土地柄ですが
素材の良さに乗じて、料理の味付けや小細工というのは案外手薄?だったりするのかな
臭みとか取りきれてなかったりしますね

変に舌が肥えちゃってるのかもしれませんけど
地元(埼玉・群馬)の料理店の方が美味しかったような‥‥‥


今回僕は、海鮮石焼飯というのを注文しました

激アツのドンブリの中のご飯に専用のタレを掛けて攪拌
早い話『石焼ビビンバ海鮮風』ってところでしょうか

こういう料理は、大概ハズレがないので安心

鱚釣り_c0095801_17132214.jpg
明けて二日目は、宿から近い直江津でのキス釣り

前日同様り人もまばらで、どこでも入れそうです


消波ブロックの前の、
なるべく波の静かなポイントを選んで入ります

ここではフグの猛攻撃はなく、仕掛けも絡むこともなく
のんびり釣りができそうです


子供らも、たまらず浜で遊び出してしまいました

『目の前で邪魔だ!危ない!やめろ!』
と言って聞く連中じゃありません

まぁ無理もないですよ
自分の血を引いていますので(爆)
鱚釣り_c0095801_17134891.jpg
普段の内水面での遊漁では
他の釣り人の動向(先行者等)やポイントの場所取り、争奪、牽制などといった事が
当たり前のようになっています

余暇のストレス解消でもある釣りが
逆にストレスを溜めちゃうことも多いので‥‥

であるからこそ
広い砂浜で、漠然と掴み所のないポイントを前に行う、こんなサーフの『キス釣り』には
何とも言い知れぬ魅力を感じてしまいます

少し疲れているのかなぁ(笑)




あと

キス自体も旨いしね❤️


追記

二日目(午前中まで)の釣果はキス8匹、メゴチ2匹でした


いや、この
メゴチが意外に旨くてビックリ!でした






by sureyamo | 2019-07-18 18:10 | and others | Comments(0)